【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

「前田さん、診察室へどうぞ」名前を呼ばれた私は、自分でも顔が赤くなっているのを感じながら診察室へ入りました。

「どうされました?顔が赤いですよ」

「あのぅ、えーと、あの主人が」

「ご主人がどうかされましたか?」

「主人が最近、そのぅ、EDになって勃たないんです…」

「あぁ、そういうことですか。大丈夫です。心配いりません。ハハハ」

男の先生でしたが、あっけらかんとして言われ、ちょっと恥ずかしさが消えていきました。

「今はいい薬がありますから直ぐに治りますよ」先生は棚から錠剤を取り私に見せます。

「この薬は副作用がなくEDを治してくれます。」

「ただ飲むだけでいいのですか?」

「はい。営みの一時間前に飲めば効果は保証しますよ。薬が効いている時間も24時間と長時間になります。」

私は恥ずかしさもなくなり食い入るように話を聞きました。

「そうだ。実は私も愛用してるんです。効果を見てみますか?ちょうど一時間ぐらい前に飲んだんです。ほら、こんな具合です」

医者はズボンのファスナーを下げ勃起した逸物を私の目の前に突きだしました。

長い間勃起したぺニスを見ていなかった私はじっと見てしまいました。

主人のより大きく反り返っています。

「さぁ、硬さも確認していただいてもいいですよ。触ってみて下さい。薬の効果がわかりますから」

私は言われるがまま手を伸ばし先生のいきり立ったベニスを握りしめました。

「どうですか?良く効いているでしょう?もっと近くで試して下さい。遠慮はいりません。」

顔をベニスに近づけると男の匂いがします。

久しぶりの男です。

私は先生の股間に顔を埋め硬くて熱いペニスを口に含みました。

「実感できますか?ぅぅぅ、気持ちいい」先生はそう言いながら私の太ももをさすり出します。

それも、徐々に付け根の方へ移動してきました。

私は堪らず脚を少し開き先生の手が奥まで届くようにしました。

スカートの中に指先が届き、すでに湿り気を帯びた敏感な部分をサワサワと触ってきます。

「あぁ、気持ちいいわ。凄く感じる!もっと弄って!」

ぺニスを口で扱くように舐め、鴈首を舌先でレロレロしたり夢中でしゃぶっていました。

先生は私を後ろ向きに立たせ机に手をつかせてお尻を持ち上げるのです。

下着を脱がされた私は脚を大きく開き、迎え入れやすい格好でぺニスの挿入をおねだりしました。

「先生、早くはめて!薬の効果をもっと感じたいの!奥まで嵌めて!」

私の卑猥なお願いに先生はお尻を擦りながら言いました。

「わかりました。お尻をもっと突きだして下さい。ほぉ、凄く濡れてますね。朋美さんも相当溜まってたんですね。ビショビショだ。いやらしおまんこですね」

私は恥ずかしさに愛液が溢れだしてくるのです。

早く入れて欲しいのに…突然先生はお尻を抱え割れ目にカチカチのぺニスをあてがいます。

「やっと嵌めてもらえる」とお尻を突きだしたのですが、チンポの先っぽ、鴈首までしか入れてくれません。

奥まで欲しい私はお尻を押し付けるように後ろに動かしますが、先生は腰を引いて奥まで入りません。

今、考えても私はただの雌になっていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

美魔女な叔母に「うわーいっぱい出たわねーK君、体洗ってあげるわね」と言われ、スポンジにボディソープをつけ首から背中、尻、足・・

そして前特に勃起しているペニスとタマタマは念入りに

当時マスターベーションはエロ本を見ながらやっていたので亀頭はいつも出ていた。

そして一緒に向かい合って風呂の中に入り「K君、好きな女の子はいるの、SEXはしたことある?」といきなり聞いてきて

「いないですよ、SEXなんかしたことありません」

「そう、それじゃあ叔母さんが教えてあげるわ」と言いながら勃起しているペニスを触りながらキスしてきた。

初めは唇だけだったが、舌を入れてきて吸うような感じで・・・

もう頭の中はパニック状態で・・・

いつの間にかS叔母さんの大きいオッパイを両手で掴んでいた。

「それじゃあお風呂出てベッドに行きましょう」体をバスタオルで拭いてS叔母さんのあとについて行きました。

両親の寝室のWベッドでS叔母さんが

「K君、じゃあここ見て」

と両足を大きく広げマンコを指で広げながら見せてくれた。

陰毛はほとんどなかった。

とても綺麗で益々興奮した!!

初めて見るマンコだった。

「触ってもいいわよ。主人にこの間出張から久し振りに帰ってきた時に剃られちゃってツルツルなの」

おそるおそる震える指で触り始め、膣の中に指を入れたり、クリをこすってみたり・・

「あっあっ!いぃっわ!もっと・・」

とS叔母さんの声がだんだん大きくなり、マンコから愛液が出てきたので夢中で舐めた。

暫く舐めているとS叔母さんの太腿に頭を挟まれながら

「あっーーーあっ」

とS叔母さんがイッタ。

私はそのまま舐めていると

「K君!とっても上手よ!そのまま続けてちょうだい!!」

と・・またイッタ。

「K君、初めてとは思えないくらい気持ちよかったわよ。じゃあ今度はK君寝て」

と仰向けに寝ると、S叔母さんはビンビンに勃起しているペニスを舐め

「K君マンコに入れるからよく見てて」

ペニスを持ちながら跨り、愛液で濡れているマンコにゆっくり入れた・・

ニュッルと全部入った。

「あっあ、S叔母さん、き気持ちいいです!!」

生暖かく、初めての感覚で、S叔母さんがゆっくり腰を動かし、徐々に早めたり、そして私の両手をオッパイにあてた。

私は下からS叔母さんの大きなオッパイを揉みながらしていると射精感がきて「叔母さん!出るっ!」

「いいわよ、おもっいきり出してちょうだい!」

「あっあっ、うっ!!」と中で射精した。

その時S叔母さんは腰の動きを止め出る感覚を味わっているようだった。

「叔母さん、すごーく気持ちよかったです。初めてです、こんなの!」

「うふ、K君、童貞卒業ね!おめでとう」

「叔母さんも久し振りに感じちゃった。K君のチンチン主人のより大きいんだもの」

S叔母さんが離れるとマンコから精液が垂れて、ペニスと陰毛は精液だらけだったがS叔母さんがなんと綺麗に舐めてくれた。

また勃起して「K君、今度は私が寝るから上から入れてみて」

「はい」S叔母さんがペニスをつかんでマンコに入れてくれた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は四十路の主婦で、結婚していますが夫との夫婦の営みが全く無くなり

SEXレス自分の性欲を持て余す毎日でオナニーだけでは、我慢できなくなり出会い系に手を出したんです

そして、何度か出会い系で知り合った男性とHするチャンスに巡りあわせある時、童貞さんに筆下ろししてから、筆下ろしの魅力の虜になりました

それ以来、童貞を募集して、筆下ろししているんです

それで、以前、応募のメールを頂いた童貞さんとお会いしてきました。

メールでは「太ってます」との事でしたが、第一印象ではそんなに太ってないなぁという感じでした。

ただ誰かに似ているなぁとは思いましたがその時は思い出せず服装は、カジュアルな綿シャツとジーンズというこざっぱりした感じの方でした。

ちなみに、当日私の用事があって、待ち合わせに1時間近く遅れてしまったのですが、

嫌な顔みせず快く待って頂いて本当に申し訳なかったです挨拶をすませ、とにかくお腹がすいていたのでw約束どおりサブウェイへ。

お相手の方は初サブウェイだし私も4~5年前に東京で食べたっきりだったので、

注文の仕方とかすっかり忘れて二人でオロオロとりあえず同じサンドイッチを頼んでポテトを分け合いながら世間話をしました。

隣県の方でしたが私の実家も近かったのでほぼローカルトークでしたね。

お話のノリが良い方で、最初関西出身なのかなぁ。

なんて思ったり(違ったのですが)親しみがもてる感じでした。

食後、久しぶりにロフト行ってみたくなって一緒にお弁当箱みたりしてました。

お給料入った直後だったので散財癖が出そうで困ったのですが(汗)なんとかセーブ。

横から「折角だから買ったら良かったのに」なんて事言うんですか(汗)みたいな。

お相手の方は「まだ見たいとことかあります?」とか気を使ってくれて嬉しかったです。

が、ゆっくり二人で話したいし、ロフトの裏はちょうどホテル街なので行きましょうと誘ってみました。

とりあえずコンビニでお茶を買って、新しめのきれいなところへ。

ちょっと狭いかなぁとは思いましたが・・・お部屋に入るとテレビの大きさやベッドの大きさに感動していた様子でした。

でもやっぱり落ち着かなさげ(笑)しょうがないですよね。

私は椅子に座って、向かいのベッドに座ってもらってお話ししました。

内容はまぁ、今まで機会がなかった事や、私の今までの体験談など前に童貞卒業させた方とかがどうだったのかとか気になっている感じでした。

ふと、「隣に来て下さい」と両手を引っ張られてベッドの上に、隣同士で座りました。

その後、「抱っこしていいですか?」と聞かれたので「どうぞ」と返事をしたのです。

あぁ、押し倒されるかなぁと思ったら、なんていうのかな、そのタックルされるような姿勢で抱きしめられましたw

「?」と思いましたがものすごく満足している様だったので、なんか微笑ましくなってしまって。

しまいには「これ(抱っこ)だけでもう良いかも」とか…そんなの私が嫌ですw

しばらくその体勢でいて、キス。

舌がちょっと引っ込み思案だったかな…自分から吸っちゃったのでw

しきりに「ヤバイ」

「可愛い」と言って下さったのでものすごく嬉しかったですw

触りたいところ触ってもらって、先にシャワー浴びる?と聞いたら、

「ヤダ。離れたくない」なんて。

「でも蒸し暑かったし汗かいてるよ?」

と返したら「じゃあ一緒に入る」

え!大胆な…いや、私はそんなに恥ずかしくないけどこの時期掻き毟ったりして見られたくない恥ずかしさはあるけどとりあえず一緒にお風呂に。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ