【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

自宅から出て一人暮らしをし、学生時代から始めたスロット。
少ないながらも年間100万円以上の収支を出していた。
ある事情から自宅に戻る事になり、地元のスロット店へ通いだす。
2年前の冬。

通うパチ屋にコーヒーレディーが派遣されるようになった。
自動販売機で買えば120円で済むのに、1杯15枚のコイン(300円)もする。
当然、そんな高いのはもったいないから、何人かいるコーヒーレディーが回ってきて「お飲み物はいかがですか?」
と言われても「いらない」と答える。

120円の缶ジュースも頼めるので、缶ジュースは頼んだ事はある。
しかし、美人とは言えないが、とても声がかわいいコーヒーレディーがいた。

高い飲み物は頼みにくいので、120円の缶ジュースとタバコを頼むようになった。(売り上げには関係ないようだが、缶ジュースとタバコも頼める)

少しは売り上げにも貢献してあげようと思い、それからは勝っている時には1杯だけ頼む事にした。

当然自分は沢山いる客の1人に過ぎない。でも特別になりたかった。
そこでインパクトを与えようと思い「クリープと砂糖は?」といつも聞かれていたが、「いつもの」と言い、持ってきてもらえるか試してみた。

すると、タバコの銘柄、コーヒーは砂糖少な目と覚えていた。
さらにインパクトを与える事にした。
コーヒーを頼むときに「おしぼりもちょうだい」と言う。
すると次からコーヒーとおしぼりを持ってきてくれるようになった。
この時点でもただのわがままな客の一人に過ぎない。

コーヒーレディーは時期ごとに違う征服を着ている。クリスマスのサンタクロースはやばかった。
身体も大きいが胸も大きい。
こぼれおちてきそうな大きな胸。

続きを読む

希代ちゃん、当時42歳。痴漢プレイ出会い系サイトで出会った。
俺がスレッドを立ててから忘れた頃に直接メールが届き
『興味があるから会ってみたい』と、言ってくれたのだ。

しかし、時間は既に21時を回っていて、場所も朝里ということなので、札幌在住の俺はどうしたものか?と、一瞬悩んだ。

しかし、こんなチャンスは滅多にない!(笑)22時にとあるコンビニで会う約束を取り付けた。

そのコンビニ駐車場には時間どおり希代ちゃんが軽でやって来てくれた。「どこに行こうか?」
すると彼女は、24時間営業のスパがあるからそこに自分の車を置いて、俺の車に乗ると提案してくれた。

彼女の先導でスパへ向かう。そして彼女は車を置くと助手席に乗り込んできた。希代ちゃんは、どこからどう見ても普通の主婦。

そこらのスーパーで夕暮れ時に食材を詰めたカートを押していそうな感じ。ピッチピチのTシャツにスリムジーンズに身を包み、真夏だったのでサンダル履き。身長は165は超えていそう。そして、何より胸が大きい。本人曰くEカップだそうだ。

赤井川方面へ向かう途中の朝里の街の夜景が見下ろせるパーキングに車を停めた。まずは世間話。

やがて、どうして痴漢ごっこしてみたくなったかを俺に話し始めた。恋愛経験はなく、今の旦那とは見合い結婚。しかも初の男性。それ以来、家事と子育てと旦那の世話の十数年間・・気が付くと四十路になっていた。ハメを外したこともなく、このままただただ枯れていくのは後悔が残る。基本、エッチは好きでほぼ毎日オナニーに耽るも所詮は妄想の世界。

旦那との愛のないセックスはただの夫婦愛だの義務でしかなく、しかも旦那の性処理でしかなく虚しい。刺激が欲しい、女の歓びを感じたい、以上が彼女の気持ちだった。

「それにしても初対面の俺と会おうなんて、すごい勇気だね(笑)」「うん、貴方とメールのやり取りしみて、大丈夫そうだったから^^;」と、彼女は照れくさそうに笑った。

続きを読む

火曜日。
たまりまくっているデスクワークを速攻でこなし、外出。
時間は午後4時45分。

ここで私は困っていた。
出撃場所である。
巣鴨、渋谷、町田のうち、どこにするべきか。
結局、渋谷へ出撃することにした。

巡回もせず、店へ。
待ち人一人。
30分で入れるとのことなので、待つことにした。

18時50分

同じ歳の人妻。

既婚者同士の話をする。
結婚して1年半。
でも、もうすぐ離婚するという。

「誰かに似てるっていわれたこと、ある?」
「ずーっと前だけど、森尾由美とか」

なにーーー?本当か?しばらく話をして、マイアミ前でアポ。
速攻で出撃。

マイアミ前にいくと、いた。
おおお。
確かに10年前なら超テレ特上かもしれない。
肌に歳が感じられるが、もともとの作りがいいので気にはならない。

声をかけた。
「あつこさんですか?」
「○○さん?」うなづくと、彼女を誘導して、歩き出した。

続きを読む

このページのトップヘ