【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

世の中にはエッチな人もいるものですね。

僕もそのせいで少し変態的な生活をするようになってしまいました。

大学を2年でやめて遊んだりバイトしたりしていたのですが、22歳の時に知り合いの紹介で建材や不動産の商売をしている会社に入れてもらいました。

ただ特にこれといった仕事は無く、会社の雑用や社長の運転手をしたり、社長の家や奥さんの用事に駆りだされていました。

まあ、これといった特技や能力も無いので、給料を貰えるだけで有難かったです。

社長は50歳くらいで、後妻の奥さんはびっくりするくらい若くて、30前だったと思います。

僕から見ればお姉さんみたいな年齢でした。

社長はそんな若い後妻さんがいるのに、他にも女が何人かいました。

社長を女のマンションに迎えに行ったり送ったりしたこともありました。

社長の奥さんは僕のことを「ショー君(翔太)」と呼んで可愛がってくれました。

「病院に行くから送って」とか、「買い物に行くから送れ」とか、「家の模様替えを手伝え」とか、僕の仕事の3割くらいは奥さん関係の仕事になっていました。

奥さんは、家ではすごいエロい格好をするんです。

谷間が見えるようなシャツを着たり、タイトなミニを穿いたり、明らかに僕を挑発していたと思います。

「ショー君は彼女がいるの?」「溜まっているんじゃない?」とか下ネタな話も色々してきます。

僕は女の経験はあったけど特定の彼女はいてなくて、奥さんのことを思って一人オナるような毎日でした。

続きを読む

私と夫は最近お腹のポッコリが気になり始めたので、二人でウォーキングでも始めようかと話していました。

たまたまお隣の奥さんとお茶しているときにその話をしたら、お隣のご夫婦もウォーキングを始めたかったらしく、話の流れで一緒に始める事になりました。

「平日は夜しか時間がないのに、この辺て割りと暗いし、近くの林道も暗くなると怖そうだからどうしようかと思ってたの」

隣の奥さんがそう言うので、「四人なら心強いし、楽しそうだよね、それに夫の都合が悪くても、奥さんたちが一緒なら毎日続けられそうだし」と言い、四人でウォーキングを始める事になりました。

平日は夜、休日は夕方に歩くことにしました。

実はお隣のご主人がとてもやさしい方で、以前から好意を持っていたので、ご一緒することを密かに期待しつつ、

初日からご主人の気を引こうと、ピチピチのジャージを着て、わざとお尻のラインを強調するようにして、視線を気にしながら、ひとりでドキドキしていました。

何度かそんなことをしていたら、だんだんそれだけでは満足出来なくなってきて、

レギンスにホットパンツとか、レギンスにスカートとか少しずつ大胆になっていき、もはやウォーキング目的じゃなくなって、

隣のご主人の視線を感じることが目的になっていました。

そしてある日、隣の奥さんが、「明日は都合が悪くなっちゃったからうちの旦那よろしくね」と言っていた時があって、翌日たまたまうちの主人も都合が悪くなっちゃって。

(それじゃあ、隣のご主人と二人きりになるってこと!)

考えただけでドキドキしてきてしまいました。

続きを読む

引っ越してきて4年。

その関係が始まって2年ちょっとが経ちます。

ご近所の旦那さんにお願いされて、美人な奥さんを目の前で抱いています。

一戸建てですが、同じ時期に引っ越してきたのもあり、ご近所で仲良くなっていきました。

そのうちご主人と二人で飲みに行くことも増えてきた時の事です。

いきなり、「自分の奥さんに性欲って湧く?」と聞かれました。

うちはレスではなく、むしろ盛んな方なので、それなりには…と答えると、なにやら難しい顔をしていました。

「〇〇さんは良いじゃないですか~ 奥さん美人だし、羨ましいですよ」

俺のその言葉が何かのきっかけになったようで、「うちの女房は君よりも年上だけど抱けるの?」と聞かれました。

酒の勢いもあり、もちろんと答えると、ご主人は真顔になり、

「お願いがあるんだけど、俺の目の前でうちのを抱いてみてくれないか?」と言われました。

始めは、『この人、何を言ってるんだ?』と思いましたが、どうやら雰囲気がマジなので、俺は微妙に緊張して、答えに困っていました。

すると、「良いんだ。忘れてくれ。」と言われてしまい、何となく据え膳を逃した気がしてしまったので、

「良いですよ。どうやって?」と一応答えました。

すると、子供のいない、あちらの自宅で3人で飲んで、奥さんを酔い潰してからという話になりました。

続きを読む

このページのトップヘ