【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

結婚した相手は最低の糞亭主でした

ギャンブル狂でヤミ金まで借金し、
酒に酔っては暴力を振るうDV夫

そんな夫と夫婦生活を続けては殺されてしまうと
2歳になる息子を抱え離婚を決意しました

この最低で屑人間の夫のトラウマで離婚後は
「もう男なんてマッピラ」

と取り合いもせずシングルマザーを貫いてきました

セックスなんて欲求を感じる余裕など
本当に無いまま

社会からの母子家庭に対する厳しい洗礼を耐えるのに
イッパイいっぱいだったんです

父親が居ない事で淋しい思いをさせてはいけない

保育園に迎えに行けるのも一番最後

いつも二人で居る時間は何かと
スキンシップが大事と抱きしめてあげていました

もしかしたら、
それで過干渉になっていたのかも

去年、それに気付いたんです

膝枕で耳の掃除をしてあげた時
さり気無く私の短パンの脇から下着をのぞきこむ
息子の視線に

そして洗濯物から
私の下着が無くなる事も

何をしているかは分かるし
外で変な問題を起こすよりいいかと
知らないふりをしていたのですが余りにも頻繁になり困って

「お母さんのパンツが無くなるんだけど知らない?」

と、聞くと顔を赤くして

「知らない」

と予想どうりの答え

「怒ってないよ、男の子だから仕方ないし
お母さんはむしろ
アナタが大人になったんだなって嬉しい位だよ」

と息子を傷つけまいと此方も懸命でした
想定外はその後に起きたんです

続きを読む

関西で小学校の先生をしています

私は、俗にいう女教師で、
年齢は、おばさんと呼ばれるのは
まだまだ早い30代前半で、
大人の色気も最近出てきたような?

そんな感じのアダルトな色気を持つ
アラサーの女教師です

名前は香織としておきます。

今年の夏は一つ年下の同僚の美奈(仮)と
二人で海に行こうという話になり、
彼氏がいない独身アラサー女二人組

車で日本海を目指し旅行した時に
ラグビー部の鬼畜にキメセクレイプで輪姦されたんです

宿泊する温泉ホテルは海岸から歩いてすぐの所に予約していたので、
先にチェックインを済ませ、
水着になって砂浜へと直行

昼間は海で過ごし、
ナンパされながらも適当に無視しながら、
楽しみました。

海は遠浅で凄く綺麗でした。

海から上がってホテルに備え付けの
シャワーで砂を落とし、
夕飯までの間に温泉に浸かろうという事になりました。

ホテルの大浴場に向かうエレベーターの中で、
あるポスターに目が止まりました。

絶景外湯!露天風呂、源泉かけ流し!
フロントで入浴チケットお渡ししております

ポスターの写真はとても綺麗で大きな露天風呂と、
女性限定のエステ等も紹介されており、
私達はその外湯へ行く事に

ホテル宿泊客は無料、
しかも送迎バスまで出してくれるとの事

迷う理由などありません。

「ホテルの大浴場は24時間だし、
こっちは後でまた入ろうよ!」

美奈は嬉しそうにそう言っていました。

外湯に着いた私達は、
やっぱりこっちに来て良かったと心底思いました。

田舎の温泉街で、こんなに大きくて
綺麗なお風呂に入れるとは思っていなかったのです。

露天風呂を楽しみ、
館内の自動販売機でジュースを買っていると、
男湯からガヤガヤと4人の男達が現れました。

4人共に体が大きく、
プロレスラーの様な見た目

私達は少し怖いなとは思いましたが、
あまり気にせずに送迎バスに乗り込み、
ホテルへ帰ろうとしたのです。

続きを読む

今から何十年も前

忘れもしない高校の受験発表の日の
母との性体験を

無事志望校に合格し、
春休みの間に、母から受験合格のお祝いに
母の女体でお祝いをしてもらったんです

その日の朝

まだ布団の中にいた時で、
母がベビードール一枚で
私の布団に入ってきたのです

肩紐をずらし乳首を
私の口に含ませてきたのです。

「洋ちゃん、起きた
オッパイ吸って可愛い
今日は高校合格のお祝いをしようか」

私は、お母さんの大きなオッパイを
夢中で吸ってました。

「いっぱい吸って
オッパイが好きだものね」

母に抱き寄せられオッパイを吸い肌を
密着して乳首を吸い上げてました。

「こっちも吸って
ママね、オッパイ吸ってもらうと気持ちいいのよ
もう赤ちゃんね
高校生なのに」

お母さんとの赤ちゃんプレイ

オッパイを吸っている最中に
ペニスが勃起を始め、パジャマの前が大きくなり、
母のお腹の辺りに触れてました。

「洋ちゃんが元気になっているわ
オッパイ吸ったから
いいのよ、今日はお祝いに母さんをあげる」

私は乳首を口から出し母の顔を見たのです。

続きを読む

このページのトップヘ