【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

数年前の7月の日曜日。

危うい天気だったが何とか持つだろうと思い、バイクで郊外に走りに出かけた。

トイレと飲み物を買いに大きなショッピングセンターに寄る。

店内で用事を済ませた後、駐車場に戻ると

「Hく~ん(オレ)」

と声を掛けられた。

「ん??」

と振り向くと、どこかで見た顔。

「あ!」

と気づいた。

前の会社にいた人だった。

「あ~お久しぶりです」

「凄い偶然。Hくん久しぶり」

前の会社で同じグループで仕事をしていた人だった。

モデルみたいな細身で、胸はCくらい。

髪も綺麗なストレートで30半ばだったけど、とても子持ちとは思えない。

オレは20代後半でセフレはいたが、彼女はなし。

当時、どこかへ出かけた時には彼女にだけお土産やお菓子を買ってきたり、好きな飲み物を差し入れで渡したり、

仕事中もよく話すようにして何とか気を惹こうと躍起になっていた。

その人を何度か誘ってみたが、

「独身だったら行くけど…」とやんわり断られていた。

結婚しているという事でブレーキがかかってはいるが、多少はオレに気があるらしい。

「Eさん(相手)変わりませんね。綺麗なまま」

実際、20代にしか見えない。

「も~そんな事ないって~。今日はバイク??」

持ってたヘルメットを持って聞いてきた。

「はい。雨が降るか迷ったけど、ちょっと走りに行ってました」

「そうなんだぁ。カッコいい~」

歩きながら話していると、クルマの前で止まった。

「今これに乗ってるの」

ホンダのスパイクだった。

クルマの前で話していると、顔に水滴が付いた。

「!?」

空を見上げた。

突然ザーーーーっと熱帯のスコールのような雨が降り出した。

「あー濡れちゃう!Hくん早く乗って!」

咄嗟に一番近いドアを開けてボクに乗るように勧めてきた。

「はい!!」

と2人でリアシートになだれ込む。

続きを読む

昔会社にいた同僚の女性(Iさん)とは、彼女が会社を辞めて5年経った今でもみんなで交流がある。

Iさんは23歳。顔は辺見エミリ似で巨乳、さらに性格も姉御肌でサバサバしていて入社当時会社でも結構人気があった。
現在はすでに結婚していて一児(男の子Y)の母になっている。

その日俺は同じ会社の友人(F)と彼女の家に遊びに行った。
着いたのは昼過ぎで、日中はIさんの1歳の息子Yと遊んでいた。

夜は旦那さんの帰りを待ってIさんの手料理を御馳走になる予定だったのだが、夕方Fが家庭の事情で急遽帰らなければならなくなってしまった。
俺も一緒に帰るべきか迷っていると...

「Aさん(俺)、ゆっくりしてきなよ。もう食事の準備も始めちゃってるし。」

と、Iさんが言ってくれた。というわけで俺はその言葉に甘えることにした。しかし数時間後、彼女はその自分の言葉を後悔することになる...
19時過ぎ、Yがぐずりだした。

「あぁもう眠くなっちゃたね。今日はお兄ちゃん達とたくさん遊んだから疲れたんだねぇ。」
Iさんがあやす。

「じゃあ寝かしてあげた方がいいんじゃない。」と俺。

「でも昨日この子お風呂入れてないから、今日は入れないとまずいんだよね。」

参ったね。俺、赤ちゃん風呂入れてあげること出来ないしなぁ。
旦那さんの帰宅は21時頃。さすがにそれまで待つわけにもいかないようだ。

「ごめん!悪いんだけど私入れてきちゃうわ。なるべく早く出てくるからさぁ。」
「ああ、全然いいよ。料理の方は?何かやることあれば、俺やっとくけど。」
「とりあえず、もうあとは暖めるだけだから大丈夫。じゃあホント悪いんだけど、ちょっとTVでも見て待っててね。」

かくして彼女は息子を連れ風呂に入った。
始めのうちはTVを見ていた俺だったが、聞こえてくるシャワー音にだんだんムラムラしてきてしまった。

今あのIさんがシャワー浴びてんのかぁ。

“覗いちゃおうかなぁ”

と思った時には、もうすでに二人が風呂に入ってからだいぶ時間が経っていたので、出てくる恐れがあるため、そのスケベ心もあっさり姿を消した。
数分後、風呂場のドアが開く音がした。そして...

「こぉらーY!ちゃんと拭かなきゃダメだってぇ!あぁちょっとぉー...ねぇAさぁーん!Yつかまえて。」
「えつ!なになに!?」

慌てて俺は居間を出た。居間の向かいが廊下を隔てて風呂場だ。
廊下ではYが濡れた体で走り回っている。

すると、風呂場のカーテンから濡れた髪の毛のIさんが顔だけを出して、

「そこの洗濯機の横にバスタオルあるから、それでY拭いてくんない?」
「うん分かった。」

続きを読む

美人にも飽きた。
ロリータにも飽きた。

金で遊ぶことにはもともと興味がなかった。
全ては素人や普通の女性たちだった。

15歳の大人になりかかった高校生から63歳の超熟女性まで、バツイチ、未亡人、人妻、キャリアウーマンのハイミスなど様々な女性の体の中に入ってきた。

性器の形や色、匂い、湧き出す愛液の味や粘度も様々で膣内の構造も千差万別。
それらの記憶はその女性の名前を聞けばいつでも思い出せる。

それだけ真剣にセックスしてきたということだ。

K子は当時50歳の超熟女だった。
大手の外資系生保の人事部長。

職場では男女の区別なく恐れられる存在で、私が彼女の上司で、
彼女を人前でこっぴどく叱責する様を見るときの社員たちの眼差しには異様な期待と興奮が窺えた。

スーツの上着に無理やり押し込んだ乳房や、屈んだ時の大きな尻肉の山を毎日見せられていた私は、
いつかあの巨体をひん剥いて真っ白な雌豚の下腹部を押し広げ、
真っ赤なルージュに塗り込められたおちょぼ口の中に怒張した陰茎を突っ込んで喉の最深部に思い切りザーメンを迸らせてみたいという欲求がくすぶっていた。

北陸へ出張する機会があった。

「Kさん今夜あたり仕事の後一杯付き合わない?」

と誘ってみたが、

「あら専務お飲みになれますの?」

と色よい返事が返ってきたので、

「強くはないけど酔っぱらったらKさんに面倒見てもらおうかな」と答えると、
「私が酔っぱらったらどういうことになるのかしら?」と相槌を打った。

「ここは金沢だよ、誰も見てる人なんていないよ」

とけしかけると、

「でも、ダメよ私をからかわないで。こんなおばあちゃんを。私黙っていてあげますから、街へおひとりで行ってらっしゃったら」

と拒む。
お堅いKさんだが、すでに私と手をつないで夜風を心地よさそうに受けてバッグをぶらぶらさせながらまんざらでもなさそうな様子。

ホテルに戻りロビーでキーをもらう間彼女の耳元で、

「あとで僕の部屋で飲み直そうよ。シャワー浴びて待ってるから」

とたたみこむように囁き、彼女の返事を聞こうとせずさっさと部屋に戻った。
来るか?いや、絶対来る?と自問自答の時間の長いこと。

やがて部屋の内線電話が鳴った。

「私、無理だわ。出来ないわ。やっぱり。だって私、主人がいるんですもの」

と、もぞもぞ話す。
きっと彼女の股間はすでに煮えたぎった粘液が沸騰していて、私の部屋に来るための口実探しに身を揉んでいるのがわかる。

続きを読む

このページのトップヘ