【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

10年前まで、僕は風俗以外での経験はなかったが、それがおばさんのおかげで卒業できた。

その夜、花火大会に新調した浴衣を着て、あわよくばと高校時代の同級生や近所の女の子を物色していた。
しかしカップルばかり、一人でいる女の子はまずいなかった。

あきらめて、一人で花火が打ちあがるのを見ていると、横から声をかけて来る中年女性がいた。
よく見ると、幼馴染の女の母親だった。

僕と同じ浴衣姿のおばさんは、大柄でお尻の大きい女性だった。
昔から知っている仲だけに会話が弾み、終わりまで彼女と一緒にいた。

彼女は年齢の割には巨乳の持ち主で、襟の隙間から胸の谷間を覗くことができた。

中学・高校時代は、叔母さんの巨乳見たさに叔母さん宅に遊びに行ったものだ。
茂みから双眼鏡でおばさんの入浴姿を覗いたこともしばしばだった。

娘の友達だから油断したのだろう、乳房の谷間を見せ付けてくれた。
一緒の帰り道、幼馴染が結婚して県外にいることがわかった。

夫も死別して、一人暮らしで寂しいとのこと。
暗い田舎道を歩くと怖いのだろう、僕と腕組んで歩く。

「カップルみたいね」と彼女が冗談を言う。

彼女は、僕のことをよく聞いてきた。
僕が独身で彼女もいないと知ると、彼女は話が滑らかになった。

昔のことだから、おばさんの巨乳見たさに遊びに行った事を話したら、胸を触らせてくれた。
やはり大きく揉み応えがあり、興奮した僕は肉棒を勃起させた。

彼女の家まで着くと、家にあがるように誘ってきた。
僕は二つ返事でOKして、久しぶりにお邪魔した。

食事をご馳走になり、不思議なくらい会話が弾んで、時計を見ると12時を過ぎていた。
幼稚園のころ、大きなたらいの中で幼馴染と裸で行水したことを思い出し、おばさんに洗ってもらったことを話したら、
たらいは今もあり時々自分が使っているという。

それを聞いたら、おばさんは蔵からたらいを取り出してきて湯をいれ、あの時のように行水させるから入れと言われた。
僕は戸惑いながらもおばさんの目の前で浴衣を脱ぎ、下着も脱いで肉棒丸見えの全裸になり、大きなたらいの中に座った。

「やはり若いわね、いい体してるわ。」

意味深な言葉を吐き、彼女も浴衣を脱ぎ下着姿になった。

「浴衣が濡れるといけないから・・・」

と年の差の開いた娘の友達の僕に、豊満な肉体を惜しげもなく晒した。

「おばさんみたいな中年女性は抱ける?」

勃起した肉棒を厭らしく触りながら聞いてくる。

「おばさんなら娘がいても抱けるよ、現におばさんの裸を見て勃起してるよ。」

彼女の手に握られた肉棒が硬く聳えていた。
湯水が掛かりブラジャーが濡れて、大きい乳輪と乳首が透けて見えている。

続きを読む

ボクは大学卒業後、地元の塾で講師をしています。小さな塾なのですが、合格率がよく、特にある大学への合格率がすごく高いんです。

それで裏口入学のコネやルートがあると勘違いしてる保護者が結構いるんです。

ボクらのような下っ端はよくわかりませんが、いまどき、そんなのまだあるんでしょうか?

それに頼むなら社長とか、塾長とかだと思うのですが、なぜか講師のボクにお願いしてきます。

もちろん、ほとんど丁寧に断るのですが、中には断らない時もあるんです。それも毎年、1人か2人。

断るか、断らないかの判断は頼みにきた人と子供の成績です。
そう、ボク好みの母親で、合格しそうな子供の時だけです。

しかも「なんでもしますから」なんて言われたら、本当に断れません。

「じゃあ、詳しい話を」なんて言いながらホテルに行くんだけど、受験に関する話なんかほとんどしません。

だって、裏工作なんかありませんし、ホテルに向かう途中で「私にすべて任せてください」なんて言えば、もうそれ以上、何もありません。

40歳くらいの美熟女という感じの優子さんは、ホテルに入るなり、ボクに抱きついてきて、ムチっとした唇を押し付けて激しいディープキスしてきたんです。

同時にチンコも一緒に触ってきて、さすがのボクでも即ボッキしてしまいました。大学受験しているような若い娘たちとはぜんぜん違います。

さらに目の前にひざまずくとビンビンのチンコにしゃぶりついてきたんです。

唾液まみれにしながらすごい勢いで舌を動かして、吸い付くんです。「おいひい、おいひい、ひんぽおいひい」ってうわ言のように言いながら。

優子さんには以前から何度か会っていましたが、普段の清楚な主婦という印象からは考えられないような変貌ぶりでした。

ボクはその変貌振りにも興奮して、思わず優子さんの口の中に発射してしまいました。

「あー、濃くておいしいわ。もっと、もっとちょうだい」と、吸い付いたり、玉袋を舐めたり、ズボンを脱がすとアナルまで舐めてきました。

アナルに舌先が入ってきて、中をツングリされて、すぐに復活してきてしまいました。

いまどきの若い子はエッチに積極的で、いろいろしたり、させたりしますが、アナルの中にまで舌を入れてくる子はさすがにいません。

ボクも優子さんの大きくて柔らかいおっぱいにむしゃぶりついて、激しく揉みまくりました。久しぶりのパイズリも堪能させてもらいました。

続きを読む

最近妻は浮気しているのかやけに化粧などをしだし、かなりファッションにもこだわるようになり派手になった。

前の妻の服装といえば、短パンにキャラクターの顔の絵が乗っているTシャツ一枚・・・

今は、女性に人気のブランド?の服に、生足の見えるスカートなど、とにかくエロさがハンパじゃないことは男の僕が保障できる。

その格好で出かけてくるというのである。

これは怪しいと思い同僚に相談したところ、確実に不倫をしているといわれ僕もすぐになっとくした。

それから僕は同僚にお願いして、妻の行動を見張ってもらうことにした。

僕は妻が次に出かける日を知っていたから、その日に同僚に準備してもらって早速作戦開始。

その日の妻は、胸元は開き目で、つけまつげも今まで見たことの無いような長さ。

そして、足元はヒールにショーパン・・・

一応妻は32歳で、結構若作りしているように見えた。

そして友人にそのまま妻の行動を監視してもらった。

僕は依頼料として、友人に少しばかりお金をあげたら張り切って行動してくれた。

僕はその日は友人に任せて家にいることした。

そして夜になり妻が帰ってきたから何をしてきたのかと聞くと、妻は久しぶりに会うことになった同級生と色々とお話をしていたという。

早速僕は友人の所にいくと妻に伝えて、同僚からすべてを明かされることになる。

それは、妻の不倫現場をばっちりと移した写真。

しかも相手の男性は高級車のベンツに乗っているお金持ちそうな年上っぽい男性。

友人は人の不幸なので楽しんでいるのか、ホテルに二人が入って部屋を選んでいる様子まで携帯の動画撮影で撮影してくれてた。

ショックだった・・・

あんな派手な格好をして、お金もちの男に抱かれている妻の姿がとてもリアルに想像できた・・・

そして僕は、同僚とともに数日かけてその不倫相手である男を突きとめた。

同僚抜きで、一人その日は会社を休み、その男と直接対決。

僕はその男が通っているエステの場所を同僚と突き止め、そこで待ち伏せ。

続きを読む

このページのトップヘ