【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

小柄な妻は今年で50歳になりますが、見た目は10歳は若いのです。見た目は若くても閉経しました。
私は47歳で、見た目も年相応です。

したがって、誰も姉さん女房だと思う方がいませんでした。

私達が出会ったのは22年前の2月、小柄で可愛いけれど地味な女の子がくれたチョコには手紙が添えてありました。
精一杯の愛情表現にノックアウトされた私は、その可愛いけれど地味な女の子と付き合うことにしました。

まずは居酒屋デートに誘うために年齢を確認すると、なんと3歳年上!でビックリしました。
見た目はともかく3歳年上の女性に好かれた以上、ヤラせてくれるだろうと押し倒したらまさかの処女!

ベッド上で正座して赤い染みを見つめる妻にその場でプロポーズして翌年結婚しました。

元々性欲の強い私は、可愛くウブな姉さん女房を抱きまくりました。
だから可愛いロリ顔おばさんのアソコはすっかり真っ黒になりました。

下の子供も大学生で都会に出ましたので二人きりになりました。いい年をした熟年夫婦が毎日体を重ねます。妻の閉経を確認した日、妻に、

「俺しか知らないまま終わってもいいのか?もう、子育ても終わったから、お互いもっと楽しもうか?」

この一言が、妻を変えました。今、私達夫婦は、夫婦交換に興じています。
名前は仮名、年齢は秘密のサークルは、何組の会員がいるかさえ知りません。

またお手合わせしたいご夫婦に対しては、管理人に「お気に入り」宣言をします。
双方がお気に入りであった場合、二度目、三度目と回数を重ねられます。私達とお気に入り交際しているご夫婦は3組います。

正確にはわかりませんが、見た目60代、40代、30代のご夫婦です。

この3組は子作りを打ち止めとして奥様側で避妊の処置または閉経する等妊娠の心配がありません。
更にハメ撮りもします。妻が60代のご主人の白髪に囲まれた肉棒を咥える姿はエロいです。

妻はアソコを広げられて

「40歳そこそこなのに、こんなに真っ黒なマンコはよほどご主人がスキモノなんじゃのう。」

と言われて顔を真っ赤にしながら悶える妻のエロさは私の前では見せない類の顔です。
30代の若いご主人に激しく突かれて白目を剥く妻も凄いです。

続きを読む

ことの始まりは中2の夏休み、お母さんが留守だと勝手に思い込み、
音量ガンガンにCDをかけオナニーしていたところを見られた。

お母さんは何も言わず「買い物行って来る」と言い残し家を出た。俺はすごく気まずい気分になり凹んだが、
お母さんはその後も何も言わなかったので「バレテない」と思い込み安心してた。

それから数週間後、お母さんが「ちんちんの洗い方を教えるから」と言って俺の入浴中に風呂に入って来た。

俺はビックリして断ったのだが許してくれなかった。
当時はもちろん包茎だったのだが

「皮をきちんと剥いて洗わないと」

と、俺のちんこの皮を剥いて石鹸で優しく洗い始めた。
初めて剥いて触られた痛さとこそばい感触は今でも思い出せる。

それからは夏休みが終わるある日まで、毎日お母さんが俺のちんこを洗ってくれるようになった。

何日かそんな日が続いたが、俺はもちろん勃起などする事はなった。
お母さんも洗い終わるとすぐに風呂場から出て行くだけだった。

そんなある日いつものようにお母さんに皮を剥いて洗ってもらってたが何故か俺は勃起をしてしまった。「やばい!」と即座に思い

「もういいから。後は自分がする!」

と言ったのだがお母さんは止めてくれなかった。初めて触られた時は痛こそばかったのだが、
何日か経つうちに慣れたのか少しづつ気持ち良くは感じてた。

お母さんは無言のままゆっくりゆっくり手を上下に動かしてくれた。
俺は恥ずかしさと焦る気持ちでいっぱいっったんだがちんこはそれに反してますます固くなってしまった。

お母さんは特に驚く事もなく、激しく動かすわけでもなく無言のまま石鹸のついた手をゆっくり上下に動かすだけだった。
俺の心臓は破けてしまうくらいドキドキし、頭は真っ白になった。

そうこうしてる内、多分そんなに長い時間ではなかったと思うが我慢できなく俺は逝きそうな気分になり

「ちょっ!止めて!!」

と言ったのだが・・・俺はお母さんの手で逝ってしまいました。
「あっ!」と、小さな声でお母さんが呟いた。

俺はすぐさま「ごめんなさい!」と言ったのだがお母さんは笑いながら
「いいよ」とだけ言ってシャワーで流してくれすぐに風呂場を後にした。

続きを読む

27才の頃のことでした。
当時は独身でやりたい盛りです。

車での営業だったので昼食後、とあるマンションのテラス側に車を停め昼寝しようとしてました。

少し眠って目が覚めると、やりたい盛りの僕は朝勃ちならぬ昼寝勃ちでした。
何となくズボンに手を入れまさぐっていると何やら視線を感じます。

構わず触り続けたため開放してやらないといけないぐらい硬くなってしまいました。

ファスナーを下げ開放した瞬間ふと上を見ると二階のテラスからじっと見つめる奥さんと目が合いました。

知らん顔して開放したぺニスをさらにしごいてもじっと見つめているのです。
わざと腰を浮かして見やすくすると体を乗り出して見ているのです。

そして、驚いたことにその奥さんがおいでおいでと手を振るのです。
手招きに誘われるようにマンションの二階へ。

二階のフロアに着くとドアが少しだけ開けている部屋がありました。

「あの部屋だ」

と確信しドアの前に立ち止まると中から先ほどの奥さんが上気した表情で僕の手を取り中へ引き入れたのです。
鍵を締めると僕にその肉感的な体を押し付けキスをしてきます。

舌を絡めるような濃厚なキスをしながら僕の勃起した股間をまさぐるのです。

僕は唇をうなじから耳元に。

すると奥さんは体の力が抜け崩れ落ちました。
しかし奥さんはベルトを慣れた手つきで外し一気に下着まで脱がしました。

目の前にある勃起したぺニスを見た奥さんは

「こんなに硬くて熱いの久しぶりっ」

と舌先で裏筋を舐めまわします。
先走りもいやらしい音をさせながら舐めとってくれます。

奥までくわえこみ頭を上下させながら舌は動き続けます。
今までに経験したことのない快感が頭を突き抜けます。

我慢出来なくなった僕は玄関先で奥までを押し倒し豊満な胸を揉みしだきながら下着の上から敏感な部分を撫でました。
奥さんは喘ぎ声を押さえながらしがみついてくるのです。

薄い布は湿り気を帯びていました。

「奥の部屋でもっと感じさせて!」

と言われリビングへ移動し全裸になりました。
全裸になった奥さんは、豊かな乳房、ピンと勃った乳首。

続きを読む

このページのトップヘ