【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

子供が保育園に通ってたとき、同い年の女の子のお母さんが、同じ団地の向いの棟に住んでた。
眼鏡にポニーテールで巨乳という奥さんで、当時28歳、Fカップ。

どっちかというと地味でおとなしめの奥さん、俺とは本の趣味とかドンピシャ合うので、妻の目を気にしながらも良く話しをしてた。
うちのとはママ同士が仲良しで、いつも母娘で遊びに来てた。ダンナは仕事ばっかりしててほとんど家に帰らないので、家事とストレスとで大変だったらしい。

俺おっぱい星人なもんで、普段は視線が奥さんの胸に行かないよう妙に努力してたけど、すきあらば、服を押し上げる巨乳をチラ見して楽しんでた。
ある冬の夜中、寝られなくてベランダにタバコ吸いに出たときのこと

うちの団地、大きな団地で部屋数も多かったが、平日の夜中とあってほとんどの部屋の電気は消えてた。
一軒だけ、うちと同じ4階で、浴室のオレンジ色の窓明かりがついてるとこがあった。これがその奥さんの家。ん?と、つい目が行く。
曇りガラス越しでもはっきり見える肌色のシルエット。なんと奥さん、風呂ん中で立ちバックでセクスしておるわけだこれが。

奥さんってば後ろから入れられてるのに、自分で腰ふっておられたのですよ。(腰から下は見えないんですけどね)
…夜中とはいえ煌々と電気つけてお風呂エッチなど、普段の奥さんからはとても信じられないことだった。ベランダに乗り出して凝視したよ。

奥さんガクガクと腰ふって、何度も何度も振り向いてはキスをせがんでた。
で、急にダンナが激しく動いたと思ったら、次の瞬間には奥さん、
ダンナの股間に顔を埋めていますた…

続きを読む

その日は朝から曇りで肌寒いです・・・
ぴんぽーん「おはようございます」「おはよう」「どうぞ?」
その日の彼女は紺色のダンガリーシャツにベージュのスパッツです。
コーヒーとチーズケーキがでました。
「上手にできてる、とてもおいしいよ」
「ほんと、うれしいわ?」
ソファーで並んでお茶してます。
最近の話題、世間話等をしました。
「こっちに来てよ?」「えっ」
彼女をだっこするように、私の股の間に座らせます。
「いいかな」「ええ、ちょっとなら」
後ろから手を回し、胸を鷲づかみにします。そして彼女のうなじのあたりに顔を擦ります。いいにおいがします。
「たまんない?、この重量感」
ずっしりとした乳房の量感が伝わります。
ダンガリーシャツのボタンを4つ外します。
濃い緑のブラです。肩ひもを外し両乳房をだします。
乳首を舐めます。「あ?ん、そこ敏感なの?」舐めたあと、ゆっくり乳房全体を揉みます。
しばらくし、ズボンに手をかけました。

続きを読む

その日の夕方、いつものようにべランで煙草をすってたんだ・・・
今日はうちの側に洗濯物が干してありました。隙間からちょっとのぞいたところ、私は「どきっ」としました。
ブラウス・ショーツといっしょにブラジャーが干してあるじゃありませんか。初めてです・・・
「すげー、でっかい」
見た瞬間、私の股間は熱くなり・・・
もう一度覗きました。ちょうどタッグが見え、E80、95と書いてあります。
こんなでかいブラジャーしてるんだ!
煙草をすってるとガラガラとガラス戸が開きました。
どうやら干し物を取り込むようです。気配がするとまずいとおもい、私は少し離れました。
それから、普通ありえないことが起きたのです。
その日は風ありました。干し物を取り込んでるとき、ブラジャーが落ちました。
そして風のせいかわかりませんが、仕切り板のしたの隙間からうちのところにはいってしまったのです。
「あっ」
奥さんはいい、慌てて部屋に入りました。
ピンポーン、私はインターホンを取りました。
「すいません、○○ですが」
ドアを開けます。
「すいません、下着が・・・」

続きを読む

このページのトップヘ