【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

俺は以前まで、いわゆる街金で働いていました。
大学で運動部にいた人は、経験ある人いると思います。
金融系の会社に入社後、切り取りの方に振り分けられたんです。
当時も就職難だったもんで、就職できただけ幸せな方でした。

俺は就職した金融会社は、3つの会社で成り立っていました。
でも実際働き始めると、もう2つの会社があったんです。
2年働いた後に俺はその1つの会社に回されました。

そこはいわゆる借金を強引でも取り立てる会社です。
本部で2年働いてて、ある程度感覚はマヒしていました。
アメフトやってた俺は、体力とガタイと力にはちょっと自信があります。
多分それを買われたんでしょうね。

いきなり配属されたんで出社してみたら、もうそこはヤ○ザの事務所ですよ。
映画で見るような「仁義」とか神棚はありませんでしたけどね。

俺はある先輩の下でまず働かされました。
「しっかり勉強させてもらえよ!」と上に人に言われただけで、いきなりでした。

取り立てに着いて行くと、ホント絵に書いたような借金まみれの人ばっかりです。
先輩はあんまり声を荒げる人じゃなく、逆に静かにプレッシャーかけるタイプ。
それがまた怖くて、債務者は土下座なんて当たり前でした。

働き始めて半年は辛かったです。
でも仕事だと割り切っていると慣れてくるんですよね。
今でもその感覚は怖いと思いますが。

続きを読む

昨日、掛かり付け歯科医の奥様に夢叶い挿し込み成功!
治療に行った際、駐車場に暫し車を停め、隣接に聳え建つ豪邸から、たまに姿を表す奥様を眺めては、いい女だな~!一回で良いから やりたいな~と、スケベ心を抱き会釈していた高嶺の華に挿入成功!

挿入の切っ掛けは、棚からぼた餅の諺の如く美味しい物でした。
私の知り合いから「○○に食事に行った際、マスターから 店主宰のゴルフコンペをするから出席してよ」と!お願いされたから一緒に申し込んでおいたから宜しくの連絡が。

マスターの店には、私も食事やビールを頻繁に頂きに行っている関係から「店に来てる客ばかりだし、暇だから行って楽しんで来れば良いか~」の楽な気持ち。

当日は、各自で直接ゴルフ場に行っても良いし、店の駐車場から一緒に向かっても良いからに、私は一人、直接クラブハウスに向かい、着替えを済まし、珈琲を飲んでいると、高嶺の華の奥様が、一人の女性を連れフロントに。


「まさか!同じコンペにかな? いや プライベートだろう」と考えていた処。
ロッカールームに向かう際、奥様の目に私が写り
「おはようございます、○○のコンペですか?」と!

私は「そうですよ!奥様達も同じコンペですか」
「ママさんに誘われ、友達二人で来ましたが、上手く無いから迷惑を掛けそうで申し訳無い感じ」

私は「大丈夫ですよ!迷惑何て考える事は必要無いですよ」
着替えられたら、珈琲でも飲みリラックスなされれば大丈夫!大丈夫!と微笑みを。

ゴルフウェアに着替え、私のテーブルに女性二人が近付き「御一緒しても構いません」と笑顔で!二人共に、素敵で美しい女性、断わる術は無く「どうぞ!どうぞ!」に珈琲を飲みながら、奥様が「○○の店には、良く行かれます?私達も良く行きますよ」

私も「行きますね、でも時間が遅めですから(笑)」
もう一人の女性が「マスターかママに、御一緒の組にして貰える様に御願いしますから、御一緒に回って下さい」
私の肚は「美女二人となら、もってこい、一日楽しく過ごせる」の考え。

続きを読む

うちの母親と仲良しのオバサン3人がいて、その中のオバサン(京子さん)から自分に電話があった。

「免許が無いから買い物に付き合ってほしい」との事、その京子さんは爆乳で以前から、おかずにしながらオナニをしていた程だったので2つ返事でOK!を出し行く事になった。

昼ごろ買い物も終わり食事をご馳走になり、ぶらぶらとドライブをしていた。
地方の為ラブホ街も多く、自分も又と無いチャンスだった為、自然とそちらの方へ車を走らせていた。

何も知らない振りをして「すごいね・・こんな所あるんだ?」なんて言ったら「本当にすごいね」と、
自分もここまで来たらといった感じで京子さんに「オバサンラブホ行った事あります?」と言ったら「私ないのよ」と言ってきた。

何気に「なんか設備が凄いらしいですよ?社会見学で入ってみませんか?」と言ってしまった。

京子さんも「夕方まで時間あるし入ってみようか」と、うちの母親が友達だったのか安心していたみたいだった。

ホテルに入り部屋のゴージャスと、テレビの大きさに驚いていた様子だった。そのうちに2人でソファーにすわりビールで乾杯していた、少し顔が赤くなってきた京子さんに

「おばさん、AVって見た事あります?」と尋ねたら「私見た事ないのよ、」かなり興味があったみたいで目を丸くしていた。

いざAVのチャンネルに!やっていたのが都合よく熟女もの、ちょうどフェラしているところで・・・
となりの京子さんを見てみると目がいやらしい感じで・・自分から京子さんの方に・・もう我慢出来ずに京子さんの手を握ってしまった。

その時京子さんはニコッと笑ってくれて自分の肩に頭をそっとのせてきた。自分は握っていた手をそのまま股間へもっていった。

京子さんは「こんなに大きくなっちゃったの?」と言いながらジーンズの上から摩りはじめた。

自分も手を後ろから回し、京子さんの胸の乳首の周りを触り始めるとペニスはガンガンになってしまった。

京子さんは「凄い!見てもいい?」と言い、ジーンズのファスナーは外されペニスが顔を出してきた。

続きを読む

このページのトップヘ