【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

同じマンションの若妻(23)長身(167)スレンダーで美乳ショートカットで凛々しい美人

今年の春先、たまたま直帰で18時前に帰宅したら、マンションが騒々しい
たんに子供の転落事故(軽傷)だったんだが、その時はなんか事件!みたいな感じで
住人がマンション前に集まって騒然としてた

管理人の爺ちゃんと俺とでなんとなく仕切って収拾したけど、
彼女は若いし近所に知り合いもいないみたいでなんとなく俺の傍で話聞いてて、
ちょっと落ち着いてからもなんとなく俺と話してて・・みたいなのがきっかけで知り合った

時々すれ違ったら挨拶するくらいになって、しばらくしてから仕事帰りにばったり
通勤途中の乗り換えのでかい中継駅前の関西最大級とかの本屋だった
そのまま立ち話しながらなんとなく併設のカフェへ
お互い数年前から似た時間帯によく利用してたから会ってたかもしれないねーとか
こないだはびっくりしたねーとかうちの子も今歩き回るのが楽しいからなーとか世間話
その時聞いたけど旦那は3つ年上の消防士、彼女は扶養範囲内で週3バイト
こっから先は後で親密になってきてから聞いたけど、彼女が大学の時の合コンで知り合って
無茶苦茶熱心に口説かれて卒業してすぐ結婚、
結婚後旦那が相変わらず合コンとか遊びまくり、ある程度男はそういうもんだと覚悟してたから怒らないけど、やっぱり多少面白くないとか
夫婦仲も悪くはないけど、なんか落ち着いてしまって寂しいらしい
休みの日に買い物はルーチンで義務化しててつまらん、
彼女は子供欲しいけど、旦那はまだ先でいいとか、要はまだ遊びたいんだろうと考えてるらしい

旦那見かけたことあるけど、確かに消防士らしくやや小柄だけどガッシリしてて精悍な感じ
イケメンとは言わんがモテそうではある

でまあこの時は携帯教えたわけでもなく、そのまま帰宅
一緒に帰るのもまずいかなーと笑いながらそこで別れた
なんか好きな作家とか映画とか趣味被るとこ多くて、しかも若い(嫁より2つだけど)美人
年甲斐もなくちょっと顔にやけて帰った

次に日もそんなうまいことないよなーと前日会った場所へ行ってみたら居ましたよ、彼女
「・・・もしかしたら会えるかなと思ったんです」と上目づかいに

ええもう完全にはまりました
お酒飲める?「少しなら」と言うことでちょっと高級なバーへ

続きを読む

別れた彼女は新妻だった。
旦那が大阪に単身赴任した直後、見送りに逝った駅でさみしそうに泣いてる彼女に、オレが心配して声をかけたのがきっかけ。

最初はナンパのつもりじゃなくって、本心からなぐさめのつもりで電話をかけてたけど、
やがて彼女から眠れない夜に電話をかけてくるようになって。
あとはなるようになってしまいました。

ままならない関係になって1ヶ月たった頃、やっと彼女の家に立ち寄ることができた。
それにしても主のいない新婚家庭の部屋というのが、あれほどさみしいものだとは思わなかったな。
蛍光灯にの光の下、居間のテーブルにはハネムーンで撮った、旦那との幸せいっぱいツーショット写真が飾られていて、
毎日こんなところで生活してたら耐えられないだろうな、などとと漠然と感じたよ。
思わず「ここで暮らしてるんじゃ、さみしくなるよね」ってつぶやいたら、身体をぶつけるように抱きついてきて、ふたりとも泣きながらキスをして。
でも次の瞬間、なぜだか頭の隅が冷えびえとして、彼女に残酷なことをしたい衝動が湧いてきて止められなかった。
「全部脱げよ。」命令するなんて初めてだったけど、彼女も催眠術にかかったように逆らわなかった。
「ほら、足。広げて」真っ白な素足が両側に伸びた。
「後ろ向いて」あやつられるように背中を見せる。
「お尻、突きだして自分で開けよ」再びいいなりに動く彼女。

背中を押してテーブルに上半身を倒させたところで、もう我慢できなくなり、オレは後ろからいきなり突き刺した。
夫と写った写真の前で犯されながら彼女は叫んだ。

信じられないような大音量で喘ぎながら彼女は絶頂へ…
涙に歪んだ横顔を凝視しながら、彼女の中にオレは激しく射精していた。

続きを読む

東京は新宿にある、某人妻風俗店での事。
雑誌などにも紹介がある為、何も期待でずに店内へ。
入り口で写真を見せて貰い、普通の主婦っぽいM嬢を指名。
時間は一番長いコースを選択。
待合室で待つ事数分。通路にM嬢の足元が、カーテンの切れ目から覗いています。
手を引かれて、個室へ。
薄暗い通路を歩いて行くと、個室の中からはそれと分かる声があちこちから聞こえて来ます。
部屋に入って、まじまじと顔を見ると、写真よりも若々しい顔。
しかも、胸はDカップ以上の巨乳。
おっぱいフェチの私は、それだけでも満足でした。
シャワーを一緒に浴び、お互いに洗いっこ。
下の毛は丁寧に処理されており、割れ目には毛は無く、上の方に短い恥毛が薄っすらと張り付いているだけ・・・。
個室に戻り、何もわからない私は、まずはM嬢に体を預けました。
軽いキスから乳首・わき腹と、熟女ならではの舌使い。
それだけでビンビンになった息子を、M嬢は焦らしながら舌先で刺激して来ます。
ぱっくりと咥えられた時には、恥ずかしい事に呻き声をあげてしまいました。
システムが分からないままだったので、
「何回行かせてくれるの?」と聞いた所、色っぽい上目使いで、
「時間いっぱい、何回でも行っていいよ」とM嬢。
その言葉を聴いた瞬間、私の中でスイッチが入りました。
M嬢と体を入れ替え、今度は私が責める番です。
大きくて柔らかい胸に舌を這わせ、豊かな腰などに、いやらしく指を這わせます。
肉付きの良い太股を開かせて、秘所に触れると、もうぐっしょり・・・。
舐めフェチでもある私は、M嬢の秘所に顔を埋め、大きく剥き出しになったクリトリスに刺激を与えます。
ビクビクと、演技では無い反応を見せていたM嬢は、周りに声が聞こえないように、必死で漏れ出る喘ぎ声を押し殺していました。
しかし、執拗な舌と指での秘所への攻撃に、絶頂間近になったM嬢の口からは、

続きを読む

このページのトップヘ