【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

もう5年ぐらい前の話ですが・・・嫁のA子は、大学時代のサークル仲間で、
小柄で鈴木あみに似た顔立ちだった為、サークルのアイドル的な感じでした。

大学卒業前の飲み会で距離が近くなり付き合いだして、そのまま就職してすぐに結婚。
当初はうまくいってたのですが、結婚してすぐぐらいから夜のほうを拒否されはじめて、
セックスレスになりました。付き合ってた頃から、A子はセックスがあまり好きではない、
と言ってましたし(処女ではなかったですが)、それもあってもともと回数も、
あまり多くなかったのもあったので、俺もそれほど気にしてはいませんでした。

まだ二人とも若かったので、子供を作るのもまだ先でいいかと思ってました。
セックスレスになって2年過ぎたあたりの頃でした。会社を出たら30前後ぐらいの、
スーツ姿の女性が立っており、こっちを見て会釈しながら近づいてきました。

背も高く美人と言える顔立ちでスタイルも良かったんで、どきどきしつつなんだろう?
と思っていると「Bの妻のC美と言います。俺さんにお話があって来ました」と言いました。

Bという名前に聞き覚えが無く、はぁと返事して、促されるままに近くの喫茶店に入りました。


「単刀直入に言いますと私の夫のBとあなたの奥様のA子さんは、不倫関係にあります」

「はぁ?」

最初は何を言われてるかさっぱりわかりませんでした、意味がわからないんですが?
と言おうとした瞬間にC美は、かばんからてきぱきと書類を出して机の上に広げました。

「やっぱりご存知なかったようですね。とりあえず、これを見てください」

俺は震える手で書類をつかみ、ざっと見ていきました。どうも浮気調査の結果のようで、
何月何日何時に会って、と細かい内容が書いてありました。写真が貼り付けられてるのもあり、
見知らぬ男と腕を組んでホテルへ出入りする姿をを撮影されてるのは、間違いなくA子でした。

C美は知らなかったのなら驚かれるのも無理はありませんね、と淡々と説明してくれました。

Bは、A子と高校時代の家庭教師だったこと。二人の関係は、再会した2年前からということ。
週2回定期的に会ってること。写真を見ていくとなんとウチにA子がBを迎え入れてるのもあり、
土曜日には、ほぼ毎週のようにウチへ来ていたようです。(俺は土曜は出社日)

「私は離婚するつもりですのでA子さんには慰謝料を請求させていただきます。
俺さんはどうされるか任せますが、離婚されるおつもりでしたら資料をお貸しします。」

離婚するにあたって有利になると思いますよ。とC美は淡々と話しました。

「ちょっと時間をもらってもいいですが、あまりに突然のことにちょっと混乱してしまって」

「無理もないです。いずれにしてもすでに弁護士には相談済で一ヶ月以内には、
お宅へ主人と伺うつもりですのでそれまでにどうされるか考えてください。」

続きを読む

369名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2011/04/12(火)14:13:41.96

俺は、40才、妻も同い年

妻はセックスに関してあまり積極的ではない為、俺がどうしても我慢出来ない時しか、性交渉はない。

よってもっぱら俺の性処理は妻に内緒で風俗で行ってるんだが…

先日、いつもの如く俺がネットで新規のお気に候補を探す為、最寄りの色んな風俗のサイトで嬢検索してた。

ふと、ある嬢に目が止まった…なんか、ウチとお付き合いがあるママさんに似てるなぁ…と少し気になった。

それもその筈で、実はそのママさんっていうのが、まだ年齢が若くて、顔は俺の超好みの可愛い奥さんなんです。
近所付き合いは長いんだが、当初から俺はこの奥さんが気になって仕方なかったのだが、最近はもう期待するような展開には進まないと諦めて普通に接していた。

その好みのママさんに似てるんだから、気にならない訳がなかった…

俺は、しばらく躊躇った後、出勤時間を確認して店に電話した。




続きを読む

学校を卒業して、とあるゼネコンに入社した。
今から約20年ほど前のことだ。
具体的に言うと、500円硬貨が出回った年だ。
最初本社で3ヶ月の業務研修があり、
その後同期入社約80名は全国7ヶ所の各支店に配属となった。

俺は大阪支店勤務を仰せつかり、ご他聞にもれず、
現場配属となったわけだが、最初の物件は神戸の山奥の町にあった。
その現場は始まったばかりで現場事務所もなく、
向かいのアパートの一室を借りて仮事務所としていた。
俺は吹田市にある会社の独身寮に腰を落ち着けて、
月曜の朝に現場まで行き、
平日は仮事務所のアパートに泊まり、
土曜日の夜に寮に戻るという生活サイクルだった。


続きを読む

このページのトップヘ