【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

台風が鹿児島の南に来ていてたが、海の様子をみて、午前中いっぱいなら西九州の波はまだ大丈夫だな・・・と確認し、近場の海へ潜りに行った。

狙いはサザエ・・・。一応地元で顔も利いているので漁協の連中も文句も言わない。ただ現地は岩が多いのでエントリーが大変なので、この海で潜るのは地元の漁協と俺ぐらい。

朝9時頃より素潜り開始、岩場で危険なのでスイム・アンダーウェアは上下に着、その上にこの5mmのウエットスーツ、グローブ、ブーツ、フィン、マスク、シュノーケル、ダイビングナイフ、ダイビングウェイトを羽織って昼近くまで、サザエ収穫に熱中!

昼近くに波が荒くなって来て、収穫も十分4kg程。岩場に戻って、帰り支度をしょうかと思ったら、思いもよらず1,2歳の子供を二人連れた奥様と思しき方々が三人・・・。
俺は今日みたいな台風前でこんなところ誰もこないだろうと思っていたすぐ横、そこは普段は、その場所を訪れた釣り人たちに少しの憩いために、地元住民が岩場をならして土を入れ、芝生が少し植えてあるところ・・・。

なんとこんな日にバーベキューをやっている・・・。
奥様らしき3人のうち一人は短パンだったが、残りの二人は場違いなワンピースと短めのタイトなジーンズスカートを履いていた・・・。

炭をおこしておにぎり・・・ソーセージ、肉、野菜などを焼いている。
ふと炭を起している場所を見直したら・・・なんとワンピースとジーンズスカートの奥の白いデルタが目に入ってしまった。

子持ちの奥様とはいえ、3人とも二十代半ば~後半にしか見えない。短パンの女はちょっと太めで尻もたるんでいるが、パンチラの二人は屈んだ尻と腰のラインがいい感じだ・・・。胸の膨らみもすぐに確認するが、まあそれなりというところだろうか・・・。

こりゃ・・・サザエのほかに今日のいいおかずが出来たと思いウエットを脱ぎながら、時折、チラチラと覗く彼女らの白いデルタを楽しんでいた。

子供二人は海は波が高くなって来たので奥様たちが注意を与え、芝生の近くで勝手に騒いでいる。午前中は晴れていたが、お昼過ぎになると雲が伸びてきており、太陽を隠してしまったが、彼女らの白くて柔らかそうな太股は男盛りの俺には目に眩しく、俺の肉棒にすぐに硬い芯を与えた。

一瞬ダイビングナイフで彼女らを脅し、人妻たちの黒い茂みを覆っているパンティを引き裂き、そのまま犯したい衝動に駆られるが、もちろんそんなことを出来る筈もなく、ただチラチラと彼女らを眺めて激しく勃起していた。

続きを読む

妻さん32歳に一目惚れしてしまいました。

その奥さん32歳は優しい人で仕事を教えてくれたり他にも色々お世話をしてくれたり僕の彼女の事等、悩み事を聞いてくれたりしました。

優しくて美人で会社でも人気者の女性でした、男性社員は皆が狙っているような感じが僕にはしました。

顔は黒木瞳さんに似ていますが身長は165cm有り95cmのFカップで巨乳でした少し豊満な感じですが決してデブではなく脚も長くて綺麗です艶っぽいオーラを出していました。

ある日奥さんが顔を腫らして暗い顔で職場に来ました。
僕が心配して奥さんに「どうしたの?」と話しかけると
「何でも無いの大丈夫だから...」と言いました。

僕は心配でした、其の日は会社全体の定時日だったので僕は奥さんに「駅まで一緒に帰りましょう」と声を掛けた所、奥さんが何か僕に言いたげだったので
僕は勇気を出して奥さんを食事に誘いました。

居酒屋でお酒を飲みながら奥さんの不満や旦那の暴力やEDで最近SEXレスの不満話を真剣に聞いてあげました。

奥さんの話を聞いているうちに若い僕は溜まらなくなりお酒の力も借りて自分の気持を正直に奥さんに告白しました。


奥さんは少し困った様子で「嬉しいけど・・私・・人妻だからゴメンネ・・」
とはっきりと言われ僕はショックだけど仕方ないかと思いましたが、居酒屋を出た前の歩道の所で思わず、奥さんを後ろから「好きだ」と言いながらギュッと抱きしめてしまいました。
続きを読む

夫の両親と同居をしていますので、SEXにも気を使い時々エッチなホテルを利
用することもありました。

昨年の結婚記念日に、夫と二人きりで過ごしたいと思い温泉旅行に行く事になり、
その旅行先で体験させられた恥ずかしい思い出をお話しさせて頂きます。
そこは、とても小さな温泉町でした。

主人が受付を済ませ、部屋に案内されたわたしは主人より先にお風呂に行きました・・。
浴槽も大きく、露天風呂まであって、のんびり身も心も温まり、
とても最高でリラックスできました。  
お部屋に戻ると 「なぁ・・マッサージがあるぞ、頼んでやろうか?」
そう言い出しました!。

いいわよ!・・してもらったら?とわたしが言うと「違うよ!・・お前だよ!!」
「下着を脱いで、浴衣だけを着て、受ける本格的なプロのマッサージがあるんだって。
ぜひ受けてみないか!」 とわたしに言ってきたのです。

「そんな事、恥ずかしいから嫌よ!・・
ましてや、他人の前で下着を取るのなんて恥ずかしいから絶対に嫌よ!
浴衣が捲れたら見られてしまうじゃない!あなた、わたしが他の人に見られてもいいの? 」

「そりゃ、もちろんお前を他人に見られたくはないけど、マッサージじゃないか。
疲れはいっぺんに取れると思うよ!」
「色白のお前のももを見せてやれば、マッサージもいつも以上に丁寧にやってくれるんじゃないかな。
ここのマッサージはうまいって評判らしいよ!・・フロントに電話しておいてやるよ。」
と熱心に誘われ、わたしは、夫の言葉に、しかたなく承諾しました。

「でも、あなたに側で見られていたら恥ずかしいから、
私がされてる間はお願い、外に出てて!」
そう頼むと、 「うん!・・風呂に入ってくるから。」 と言いました。

私は服を脱いで下着を取り、もう一度浴衣を着て待っていました。
10分ほどすると、ドアックする音が聞こえ、マッサージの人が来ました。
以外にも、ハンサムで、背の高い、イケメンの男性でした。


続きを読む

このページのトップヘ