【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

3年ほど前のことだが、出張の折、以前から尊敬している大先輩のお宅にお邪魔したときのことである。
私が新卒で入社したときの上司である。
彼はその後会社を辞め、親の貴金属店を引き継いで経営している。
そのとき、彼は先妻と離婚して数年が過ぎていた。
先妻はカルトと言われている「子連れで参加する某宗教団体」に心酔している女性で、教義が影響してか隠し事が多くなり、信用が大切な大手貴金属会社の「特約店」の経営に何か深刻な影響が生じたのだと聞いていた。
彼が再婚したと聞き、一度奥さんを拝見したいと思っていた。
再婚した新妻は彼の宝石店に入社してきた現在20歳の女性。
彼女は母子家庭の娘。

病弱の母親も一緒に住むことになったのだか手厚い入院加療にもかかわらず癌で亡くなったという。
母親を亡くした今は天涯孤独の身の上という。
成績優秀であったが経済的理由で進学せず高卒で採用に応募してきたそうだ。
非常に真面目な性格で今は会社の経理一切を担当しているという。
入社の面接のとき礼儀作法や言葉遣いから
「はっと運命的なものを感じた」
と言うだけあって、誠実で落ち着いた石野眞子似の素敵な奥様であった。
彼とは15歳の歳の差があるが、それほど差を感じさせない落ち着いた振る舞いで彼に接していた。
一週間ほど前に訪問する旨連絡してあったので、私に関する情報は得ていたのだろう。
「Kさんのことは主人からよく伺っています。すごく真面目な人なんですってね」
「いえ、そんなことありません」
などと初めての出会いとはやや異なるような会話となった。
出張の仕事も終わり明日から連休だったので泊まることになりゆったりとした気分でお酒を戴いた。
奥様も同席していろいろな話題に付き合ってくれた。
自身の身の上話に触れるときも臆することなく話し、ビールで少し酔ったのか、
 
続きを読む

数年前の話。その当時、花屋に勤めていた彼女とつきあいだして2年ほどが経っていた。 
俺も彼女も26歳。週末になると、しばらく前に彼女が引っ越した東京の下町にあるマンションに泊まりに行くというのがお決まりのパターンだった。 

マンションと言っても、1階にマンションのオーナー家族、2~3階に賃貸の6世帯が暮らす小ぶりなもので、彼女はその2階に住んでいた。 
人当たりも良く、人付き合いの上手な彼女は、30代後半と思われるオーナーの奥さんと既に親しくなっていて、頂き物やおかずを分け合ったりしていた。 

あらためて紹介されたわけではないけれど、週末だけとはいえ毎週彼女の部屋に出入りしている俺は、次第にオーナーの奥さんと顔を合わす場面が増えてきて、挨拶程度は交わすようになっていった。 
週末は彼女の部屋で寝泊りしていたけれど、花屋に勤めていた彼女は土曜日も仕事で、サラリーマンの俺は休日だった。
彼女が仕事に出かけても、そのまま彼女の部屋で寝ているのが俺の土曜日の常だった。

5月の土曜日、俺だけしかいない彼女の部屋に、オーナーの奥さんが「ケーキをたくさん頂いたからお裾分け。どうぞ。」と訪ねてきたことがあった。
その時にはじめて奥さんとしばらく立ち話をした。
いつも色々頂き物をすることへのお礼、幼稚園に通う奥さんの子供のこと、俺と彼女がつきあいはじめて2年くらいになること、そして、土曜日は彼女が仕事なので、日中は俺が一人でこの部屋にいること。

立ち話をきっかけに、俺と奥さんは路上で顔をあわせた時にも話をするようになっていった。

奥さんは、年齢の割りには幼い顔をした笑顔の可愛い人だったけれど、150cmそこそこの小柄な身体と、服の上からでもわかる豊かな胸と張りのあるヒップがどこかアンバランスで、出産経験のある人妻特有の色気というか・・簡単に言うと、卑猥な身体つきをしていた。

2階にある彼女の部屋のベランダからは、1階の中庭のようなスペースが良く見えた。 
そこで洗濯物を取り込む奥さんの姿を見かけることもしばしばあって、「洗濯大変ですねー」 
「そうなのよ・・やんなっちゃう(笑)」などと、上と下で軽く二言三言言葉を交わすことも多かった。 

続きを読む

人妻の朋美は子供を産んでないせいか、
引き締まったプロポーションと
しまりのいいキツいおまんこで、
整った顔といい、たわわなおっぱいといい、
奇跡のような上玉だった。
出会い系で会った朋美とは、
セフレとしてたびたびセックスする関係だった。
ホテル代や食事代などの費用を負担してもらえることを考えると、
風俗なんてアホらしくなるくらいのすばらしい相手だ。
こんな出会いがあるのもまさに出会い系ならではだと思う。
待ち合わせ場所で待っていると、
朋美の運転するシルバーのベンツが止まった。
いつものように助手席に乗り込むと、
後ろの席に朋美とはタイプの違う
清楚な感じのショートカットのお姉さんが乗っていた。
スポーツ選手かジムのインストラクターといった雰囲気のその女性は、
俺をみるとにっこりと微笑んだ。
「今日は3Pしましょ?」
朋美はさらりというと、
つややかな唇を舌でぺろりと舐めた。
「彼女はユカリさん。ステキなおっぱいと感度のいいおまんこをもってるわ。」
「あなた、すごくいいちんぽをもってるんですってね。期待してるわ。」
朋美もユカリさんも、上品そうなきれいな顔で、
いやらしいことを平気で口にする。
俺はホテルに着くのが待ちきれなくなった。

続きを読む

このページのトップヘ