【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

先日、暑い日の昼下がりでした。
私は、息子とその幼稚園のお友達を、私の家で預かっていました。

私はプログラマーをしており、ほとんどが在宅での勤務です。
お友達のお母さんは、景子さんといい、36才で3人の息子さんがいます。

小柄で、いつも元気いっぱいの景子さんとは、私達夫婦にとって良き友人です。
エアロビクスのインストラクターの仕事をしていて、お互いに子供同士も仲良しということもあり、仕事の時は子供を一緒に見ています。

家内は最近は夜6時頃まで、仕事で帰りません。
景子さんが1時頃、エアロビクスのインストラクターの仕事から帰ってきました。
子供は二人ともお昼寝をしています。
景子さんが、寝ている息子を抱きかかえようとしたときに、その事件は始まりました。


「痛いっ!」呻くような声を聞いた私が、リビングから和室を覗き込むと、景子さんは、自分の子供に覆い被さるようにして、ピクリとも動きません。

続きを読む

僕は55歳妻は49歳です。27年前に結婚しました。

結婚式で妻の同級生が大勢出席していて、その時に眼に入ったのが、妻の親友で大宮のデパートを経営する大金持ちの娘でした。
その子は物凄い巨乳で、真っ白い胸がドレスから零れ落ちるほどでした。その時に最初に気に入りました。

ハワイに新婚旅行に行ったのですが、飛行機の中でその子のことを聞きました。新婦は多分変な夫だと思ったでしょう。

その後、彼女も結婚して、大宮に住んでいまして、妻と僕は子供をつれて、新居を訪ねました。

僕らは東京で、借家住まいでしたが、彼女は大きな家に住んでいました。そのときは夏の前でしたが、タンクトップで大きなオッパイが眩しいぐらいに突き出ていました。


続きを読む

ひとみさんとの関係は、今でも続いています。
ですが関係を続けていくにあたり、ひとみさんから僕に出された条件が3つありました。
①.ひとみさんの母乳が出る間だけ。
②.SEXは絶対ダメで、射精する時は手コキだけ。
③.ひとみさんの前では、僕はひとみさんの赤ちゃんになること。

以上の3つの条件を守ることで、ひとみさんは、僕との関係を続けてくれています。

ひとみさんと会うのは、いつも水曜日の午後3時から5時ごろまでです。

水曜日は、翔太のラグビー部の練習が6時過ぎ迄あり、帰宅が遅いのと、ひとみさんの勤務が、午前中だけなので、その時間は安心して会うことができました。

(ひとみさんは、勤務医で産休を終えて職場に復帰していました)。

僕は、毎週水曜日になるのが待ち遠しく、ひとみさんのことを考えては、何度も激しいオナニーをしてしまいます。

ですが、会う前の2日間はオナニーをしないで、溜まりに溜まった精子を、ひとみさんに放出させてもおうと我慢しました。

水曜日の授業が終わると、ダッシュで、ひとみさんの家へ向かいます。

玄関のベルを押すと、直ぐにドアが開いて、スーツで、髪をアップにまとめた、いかにも知的な女医さんという姿のひとみさんが立っていました。

腰はくびれていながらも、ボリューム感のある熟女らしいヒップ、タイトスカートから出ている黒いストッキングに包まれた長い脚に、肉感的な太もも。

続きを読む

このページのトップヘ