【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

俺の女房は数ヶ月前に近所に住むある奥さんに車で跳ねられ入院した。かなりの重症で1年程の入院を余儀なく
された。俺は女房と毎日sexするのが楽しみだったのだが、それが叶わなくなったのだ。俺は謝罪に来た奥さん
にこう言ってやった。
「あんたのせいで俺はずっとムラムラしてしょうがないんだ!どう責任とってくれる!」と少し脅しながら出方
を見ていた。
「すいません・・・・・申し訳ありません・・・・」と頭をさげているが、当然ゆるすはずもなし。
「あんたの誠意を見せてもらおうじゃないか!」と吐き捨ててやった。すると、
「・・・・私とのsexを望んでおられます?・・・・・」と切り替えされたので
「何でもいい!とにかくすっきりさせろ!」といった。奥さんは
「・・・・・わかりました。奥さんが退院するまでの条件で・・・・・」
と承諾した。
俺はすぐさま奥さんを部屋へ案内し、準備を始めた。奥さんはうつむいて無言で正座している。
俺はズボンを脱ぎブリーフ1枚になって奥さんの座る位置仁王立ちした。ちんぽははちきれんばかりに勃起して
いる。やがてブリーフにスケベ汁がにじむ。
「奥さん、見てみろ!あんたのせいでこんなに溜まってるんだ!何とかするんだ!」とスケベな事を強要した。
奥さんはちんぽをまじまじと見つめて、「・・・・・こんなに大きいの・・・・・私・・・・入らない・・・」
とつぶやいた。俺は奥さんの手を取りちんぽを掴ませた。手でちんぽを揉ませた。ブリーフはスケベ汁でベタベタ。
「パンツ脱がせろ!玉を優しく揉め!満足したらちんぽの棒をしごきながらしゃぶれ!」と命令した。
「・・・・・んぐ・・ジュボジュボ・・・ジュボジュボ・・・・」と厭らしい音を立ててしゃぶっている。
「旦那のよりいいか?どうだ?」と聞いてやる。
「・・・・すごい・・・・おっきい・・・おっきすぎるわ・・・・玉もすごすぎ・・・あぁぁいぃ~」とほざく。
「じゃあ、今度は自分で服を脱げ!乳見せろ!パンツも脱げ!」奥さんはしゃぶりながら服を脱ぎ捨てていく。
ブラ1枚になったところで奥さんの乳を拝見してみた。以外にもまあまあでかい乳だ。
「サイズはいくつのブラしてんだ?」と聞くと
 
続きを読む

私は46才管理職ではあるけれど、部下を持たない「特命次長」で、ある意味フリーな立場で、若い連中の悩みや不満を聞いてガス抜きするようなこともやっている。
カミサンとははっきり言ってもう2年もしてないセックスレス。性欲旺盛なので、以前は彼女とかセフレみたいな女性もいたけど、最近はいないので、月イチでラブホで人妻デリヘルを呼んで発散してる。

1年前に私の部署に転勤してきた30才の由美は、165くらいの長身のグラマラス系。ボン、キュッ、ボンではないけど、私服の上からでもFカップ以上ありそうなのは判る。
でも「人妻の色気ムンムン」ではなく、「健康的」なキャラで未婚と言われても十分信じられる。新婚1年半だが、ダンナの金遣いが荒いとか、しょっちゅう喧嘩して実家に帰ってるとか聞いてた。
ある日、ちょっと落ち込んでる様子だったので「飲みにでも行くか?」と誘ってみた(この時点ではホントにお酒を飲みながら愚痴を聞くだけの目的だった)。
翌々日、オフィスから離れた渋谷でビールをグイグイ飲み干す由美は、色気のない白いブラウスに紺のタイトスカートで、学校の先生か極く普通の「OLさん」にしか見えない。
先輩の女子社員の愚痴や、ダンナのキャバクラ通いの話なんかを随分聞かされた。

「でも、そんなこと言ってもダンナさんとはうまくいってるんでしょ?」
「だからぁ、喧嘩ばっかりだって言ってるじゃないですかぁ」
「でも、そろそろ、お子さんだって欲しいんじゃないの?」
「欲しいですよ、私は……。でもダンナはぜ~んぜんその気ないんですぅ」
「え~?そんなことないでしょぉ。こんなキレイな奥さんなのにぃ?」
「またまたぁ。次長。そんなこと言ったって何にもでませんよー」
「俺だったら、放っておかないなぁ、勿体ない……あ、ゴメンねセクハラっぽいね……」
「いえいえ、ぜんぜんそんなことないですよ~。私なんかほったらかしですよ、ホントに」
「ホント?」
「そーですよ。もう半年近くもエッチしてませんもん……」
「ははは、ウチもそう、ウチもぜーんぜんないよ……」
「…………」

由美の目がウルウル潤んできちゃった。
「ゴメン、こんなオジサンと一緒にしちゃって……そ、そうだね、店変えようか……」
「はい……」

店を出て、どこの店に行くか考えながら由美の右側を歩いて、角を2,3回曲がると、意図せずラブホテルの並ぶ通りに入ってきてしまった。
そのとき、向こうから大きな外車が結構なスピードで走ってきたので、由美をかばうように「危ないよ」って言いながら道路の左手の空きスペースに向かって避けようとしたら、そこはラブホの入口だった。

2人も無言のままだったけど、何も考えてなかった私はそのまま由美の背中を押して入口の自動ドアの方に進んでいったが、由美も拒絶する素振りもなく足を進めた。
一瞬だけ「あ、彼女としたらW不倫だ」という思いが頭をよぎった。

ドアを入ってパネルのボタンを押して、そのままエレベーターに乗り込むまで2人とも無言だった。エレベーターが最上階に上がってドアが開くと、目の前の部屋の上のランプが点滅していた。
ドアを開けて由美から先に入った。入ったら私も覚悟が決まったので、後ろから抱きしめた。
驚いた由美が振り向いたので、何も言わせず飢えた高校生みたいに唇にむしゃぶりついた。次第に体の向きを変えて私の方を向いた由美の腕が私の背中に回り、ガッチリと抱きしめ合った。

「いいね……」
「はい……」
「じゃ。おもいっきり楽しもう……」

続きを読む

26才の人妻です。結婚して4年になります。

主人とはお見合い結婚でした。今時恥ずかしいのですが、主人が初めての男性でした。

そして、あの日までは主人を愛していました。

でも今は何人もの男に抱かれて淫らになってしまいました。もう主人とのセックスではものたりなくなってしまいました。

私たちは結婚して3年目に念願のマンションを購入しました。そして引越しの挨拶回りをしていると隣には大学生が住んでいました。

どこかのボンボンが親のスネをかじって暮らせているのかな?と思っていました。どこかチャラチャラしていて印象は良くありませんでした。
でもゴミ捨てなんかにいくとその子がゴミをだしていて話をするようになりました。話してみるととても気さくな感じでとても楽しい人でした。彼と話すと自分が若くなったような気がしました。

その事件が起こったのはそれから半年ほどたったときです。彼がお昼に田舎から送ってきた桃があるので一緒に食べませんか?と言ってきました。

私も一人で暇だったので彼の部屋で食べることにしました。もちろん警戒しましたが、隣人を襲ってはこないだろうということと彼を信用していました。

二人で食べながら彼のことを聞くと夜はクラブで働いていることや大学のことを聞きました。

クラブではオバサンの相手をするのは疲れるとか、奥さんみたいな女性がいたらいいのにとか話しているうちにエッチな話になってきたので私は帰ろうとしました。

突然彼は私の腕を引っ張り抱きしめられました。逃げようとしましたが彼に強引にキスされてしまいました。離そうとしても強い力でどうしようもできませんでした。

そのうちに彼の舌がはいってきて口の中をかきまわされました。私は気持ち悪くて必死で抵抗しました。でも男の力は強くてそのままベッドルームに連れて行かれベッドに押し倒されました。

「やめて、私には主人がいるからこんなことはできない。」「僕がご主人を忘れさせてあげるよ。」「本当にやめて、警察呼ぶわよ。」「そんなことできなくなるよ。僕の虜にさせてあげるよ。

奥さんはまだ本当 の女の喜びを知らないんだ。」私は彼のこんな言葉を聞いて余計に気持ち悪くなりました。絶対に許さないと思っていました。

必死で抵抗しても彼はあっというまに私をパンティー1枚にきれてしまいました。腕を押さえると舌を耳から首筋、そして胸にはわせてきました。

続きを読む

このページのトップヘ