【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

久しぶりの投稿です。
高校1年生の頃ですからもう17年前になります。
私の勉強部屋の窓の外は、塀もなにもなく隣の家と接していました。

高校1年の夏に、隣に若夫婦が引っ越してきました。
旦那は30前の眼鏡をかけた普通のおじさんという感じでしたが、奥さんの方はどうみてもまだ20代前半のとても可愛い感じの人でした。
というのも、当時の私にはとてもまぶしくて、まともにその人の顔を見ることができなかったのです。
若夫婦はとても仲がが良いのか、夜、旦那が帰って来ると、奥さんがエレクトーンを弾いて、二人でカラオケをしていました。
ある土曜日、学校から帰っていつもの様に勉強机に着いて何気なく窓の外をみると、隣の家の洗濯物が干してあり、その中に、奥さんのピンクのパンティーもかかっています。
そして、それからは毎日、悶々とした気持ちで、隣の洗濯物を眺める毎日が続きました。
16歳の私には目の毒と言うよりは、喧嘩を売られている様なものです。
中学生の頃から、勉強机について毎晩の様にオナニーをしていた少年に、目の前に若い綺麗な女性のパンティをぶら下げられるなんて耐えられません。
殆どの読者の方も多分我慢できないだろうと思います。

ある日、我慢の限界が来て、人の気配のないのを確かめて、窓からそっと外に出て、洗濯物のパンティをつかみとり、部屋に持ち帰りました。
童貞だった私には、女性のパンティを手にするのは勿論初めてです。
パンティのその部分には、うっすらと黄色いしみが残っており、私は必死で匂いを嗅いだのですが、洗濯石鹸の匂いしかしませんでした。
そして、あの部分を口に含み、しみの部分を吸い取ってみたりしていたのですが、最後にはやはり、ペニスを包んでオナニーをしてしまいました。
ただし、もとのところに戻すことを考える理性はのこっていたので、射精はせず、ガマン汁であの部分を濡らすのにとどめておきました。
見つかるのではないかというスリルと、パンティそのものの魅力で、私は度々隣の奥さんのパンティを拝借する様になりました。
今にして思うと、かなり小さめな布地のものが多く、紐パンや透けパンもあり、旦那の趣味だったのかなと思います。

続きを読む

出張先のテニスのサークルで知り合った29才の奥さん(里香)は、夫(34才)が最近大阪に単身赴任したらしく、子供がいない為か俺に「最近、寂しいんだ」ともらした。
俺はチャンスとばかりに、毎日のように夜になると電話で悩み事を聞いてやり、里香の信頼を得るようになった。
里香の家にも遊びにいけるようになったし、軽くキスしたり抱き合ったりもしたが、それ以上は発展しなかった。
俺は苛立ちを覚えた、俺の出張もそろそろ終わるころ、病院で睡眠薬をもらい俺の計画を実行することにした。
電話の内容から、最近夫とは、子供作りに励んでいるらしいが、離れてるため、なかなか排卵日といっちしないらしい。
今日がその排卵日にあたるらしいが、夫が帰るのが明後日だという、俺は今日しかない、そう確信して里香の家に行くことを告げたが
「今日は、ちょっと具合が悪いので来週にして」と言われた。
多分俺と何か間違いでもあるといけないと思っているらしい。
その言葉は、ますます俺の決行を促進させた、「よし、やってやる」

いろいろな道具を準備して、俺は里香の家に行った。
テニスのビデオを、持ってきたのでぜひ見てほしいと言うと、なんの疑いもなしで家にいれてくれた。
里香がビデオをセットしてる間にさっそく、ポケットからだした睡眠薬を出されたコーヒーにいれて、
「砂糖いくつ」と言って砂糖と一緒に溶かした。
テニスの話をしばらく真面目そうに話していると、里香が、ソファーに倒れこんでいた。

寝室に運び、上から順に脱がした。
下着はポケットに押し込んだ。
いつも遊びに来たときは洗面所からは、汚れた下着をいただいて、帰っていたのでもう5枚くらいはあつめた。
早速用意した手錠とロープでベットに固定させた腰の下には枕を入れて子宮が確実に上に向くように固定させた。
ラブオイルを割れ目に沿って塗りたくった後、里香の顔を叩いて起こしたじばらく呆然としていたが、ことの重大さに気がつき
「いやー、誰か、助けてー」と騒いだが寝室が夫の趣味で防音されていることは知っていたので、そのまま、乳首を嘗め回しながら、
「一回やらせてくれたらそのまま帰るよ、安心しろ、コンドーム着けて確実に避妊するから」「それとも、中だしして俺の子供を産むか?」「どうする」と聞くと
「避妊するなら」と言っておとなしくなった。
 俺はそのまま、身体中を嘗め回し乳首を吸った、乳首が硬くつんと上を向いたので
「おーい、乳首たってるぜ」と言うと
「感じてなんかいません、変なことはやめてください警察に訴えますよ」だって、馬鹿みたい、俺のほんとの事なんてなにも知らないのに、そのままかまわずに、バイブで小陰唇に刺激を与えると、少しクリが硬く、大きくなってきたので、指でクリトリスの皮を思い切り剥いてやったら白目をむいて、
「むー」とうなった。
少しは感じているらしかった。

続きを読む

転勤でとある地方に赴任していたときの話です。

俺が住んでいたマンションは転勤族それも夫婦が多いマンションでした。

もちろん、俺は当時独身だったのだが。

ある日、空き部屋だった隣に夫婦が引っ越してきたのだが、冴えない旦那と目鼻立ちのくっきりした美人系の奥さんが挨拶に来たのがはじめての出会いです。

その時は、うらやましいとは思いながらも人妻に興味は無かった。

ある日、夕方間近の中心街からマンションに戻る近道でのこと。

結構細い道で対向をかわすのも一苦労するぐらい細い道で、二台の車がすれ違おうとしたとき、一台が畦に脱輪。

対向車は素知らぬ顔で抜けて行った。

で、脱輪した車から降りてきたのが隣の人妻の彼女。
隣同士ということもあり、タイヤを畦から引き上げて上げた。

これが2ndコンタクト。

お礼を言う彼女は、俺の車の助手席に座ってる彼女を見つけ、流し目で

「ありがとうございました。後はゆっくり楽しんでね」

と言うとマンションのほうに車を走らせた。

三回目の出会いは、それから2週間後ぐらいじゃないかと思う。

続きを読む

このページのトップヘ