【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

妻と結婚して5年を迎えた。
お互い出遅れ気味の結婚で、30を超えてから出会ったんです。
妻は肉付きの良い可愛らしい女性で、彼女から逆ナンパされたんです。
彼女は見た目とは違い、Mっ気のあるエッチな女性でした。
最近は、妻と軽いSMプレーにハマり、寝静まった夜に妻を縛って楽しんでいました。

金曜日の夜、私達は夕食を済ませ軽くお酒を飲むと一緒に風呂に入ったんです。
妻は、”今日縛ってくれる?”と言うので、”もちろん”と言いながらキスをしました。
風呂から上がり、いつもの様にリビングにダイニングから椅子を持ち出すと、妻が
「今日は、玄関で犯してほしいの!」
「玄関でするのか?」
「ん~だって誰か来たら・・・何て思うと興奮するでしょ」
「そうだね!じゃ玄関前で縛るよ」
そう言って椅子を玄関に置き、裸で立つ妻の体を胸の上下から股間をVの字に縄を
這わせ、椅子に座らせ両手両足を縛ったんです。
「こんな姿で、玄関が開いたら・・・・」
「そうだな!お前の淫らな姿を曝け出す事になるな」
「見て欲しい!あ~こんな私を見て・・・」
すっかり妄想を始めた妻の体を鞭で叩くと
「あっ・・・もっとお願いします。ご主人様・・・」
「これを咥えるんだな」
そう言うと、妻のマンコにバイブを差し込みスイッチを入れたんです。
「あ~気持ちイイ・・・ご主人様・・・もっと私を甚振って下さい」
妻のマンコからは大量の汁が染み出し、椅子を汚していました。
その時、私の携帯が鳴り電話に出たんです。
電話の相手は会社の先輩(石田真二 40歳)で、昼間の書類をまとめたから渡したいと言うんです。
真二さんは、職場でも”仕事が遅く・小デブで汗っかき・しかもオタク”と言われ未だ独身です。
昼間に上司に頼まれた仕事を今ようやく終えたと言うんです。
「直ぐに取って来るから、待ってて」
「ん~早く来てね」
「分かってるよ」
そう言って妻が興奮する様に目隠しをした状態で、先輩に会いに行ったんです。
続きを読む

先日会社の部下がマイホームを買ったというので、お祝いに駆けつけました。この部下は最近結婚したばかりで、一度奥さんにも会ってみたかったので、ちょうど良い機会だと思い、忙しいところ時間を作りました。
地図通りに駅から5分くらいで、マンションの一室でしたが、とてもきれいで良さそうな家でした。玄関のチャイムを押すと、すぐに奥さんらしき人が笑顔で「いらっしゃいませ。いつも主人がお世話になっております。」と丁寧に頭を下げました。

彼女はキャミソールみたいなのを着ていましたので、前かがみになるとすぐに胸が丸見えになります。思ったとおり、彼女が頭を下げた時、白いブラジャーと白い胸がちらりと見えました。
警戒心のない人だな、それとも、緊張してるのかな?と思いながら、しばらく胸を拝見させていただきました。
「どうぞ」と中に案内されるとすでに何人かの部下が集まっていました。そして楽しい食事会が始まりました。
部下たちは仕事の話に夢中になっていましたが、部下の奥さんにすごく惹かれました。ちょっと大きめの胸、引き締まったお腹、ぷりっとしたお尻、白い肌、クリーム色でストレートの髪、整った顔立ち、洗練された話し方、私の理想の奥さんでした。
そして性格がすごくよいのです。とても愛想がよくて、それでいて控えめで、とても気を使ってくれています。また手料理もおいしくて、パーフェクトな女性です。
私はその日家に帰ってからも彼女のことが忘れられなくなりました。
次の日から、急にその部下に対してきつくあたるようになりました。心理的なものだったと思います。わたしの理想の女性を独り占めされている悔しさからだと思います。
私は何とか彼女を手に入れたい、いや、一夜だけでも彼女を抱きたい、そんな気持ちが日に日に増していきました。そしてそのための計画を練りました。
その計画は、まず部下を出張させ、その間に部下の家に入って・・・。という計画でした。部下が出張中、部下の家に行くために口実を作る必要がありました。
私はそういうことを仕組むのが得意でしたので、こういう段取りにしました。まず、部下に宿題として数十冊の技術書を勉強のために読ませる。そのための技術書は私が購入して、部下の家に送る。
そして部下を出張させる。部下が出張している間に、技術書の中の一冊にメモを入れていて、そのメモをとりに部下の家に行く。
まったく無理のない完璧な計画でした。
そしてすぐに実行しました。まず部下に技術書を送り、その後すぐに、一週間出張させました。そして部下の家に電話をしました。
「○○社の○○です。」「あ、先日はわざわざありがとうございました。」透き通るような声を聞くだけで、私の心はどきどきしてきました。
すこし緊張しつつ、「実は先日○○くんにおくった技術書のなかにメモがありまして、このあとすぐの会議で必要なのです。申し訳ないけど、そちらに探しに向かいたいのですが、お時間はよろしいでしょうか?」
「はい、わたしは構いませんけど・・・。」「すいません。とても急ぎなのですぐに向かいます。」
もし、万が一彼女が部下に連絡を取ったとしても、部下は出張中なので、どうすることも出来ない。まったく完璧な計画でした。
続きを読む

愚妻と離婚し、馬鹿な上司の相手にもホトホト疲れ、都落ちと言われながらも、誰も住んではいないのですが、実家のある新潟市に帰りました。
そして退職金を突っ込んで、ホームセンター内のフードコートにあるたい焼き店のオーナー兼店長になりました。
仕事もやっと軌道にのりバイトを使えるだけの売り上げも出てきました。
週末の混雑前に、何とかバイトを採用しようと思い、タウン誌に「アルバイトの募集」を載せました。
早速、何人かの問い合わせがありましたが、時間と時給が合わずに面接まで行きません。
ところが閉店間際に主婦という女性から℡が入り、急遽面接をすることになりました。
どことなく聞き覚えのある声だったように感じましたが、気にとめず仕事に戻りました。
閉店後に面接をする約束でしたので準備をしていると、やって来たのは何とご近所の若奥様(奥菜恵似)ではないですか!!
綺麗な人だなぁと常々思っていた人だったので、一目で分かりました。
時間と時給の話をして、大丈夫かと確認すると、
「時給をもう少し上げていただけたら是非やらせて欲しい」
との返事でしたので、即刻採用にしました。
翌日(金曜日)の午後3時から早速働いてもらうことになりました。

さて、翌日は仕事を教えながらの接客でてんてこ舞いでしたが、奥さん(貴子19才)と次第にうち解けていきました。
週末は営業時間中ず~っと二人っきりです。
意識するなって言う方が無理で、胸の膨らみやお尻が気になってたまりません。
激戦の日曜日の夕方が終わると、歓迎会といって貴子を夕食に誘いましたが、さすがに人妻、突然言われても困るとの返事であっけなく断られた。
浮かない顔をしていると、翌日の帰り際に
「店長!いつ歓迎会開いてくれるの?日にちを決めて下さいね、都合を付けるから」
との言葉!
「じゃあ、明後日が定休日だから明日の夕飯でどうですか?」
「いいわ!楽しみにしてるね!!」
という会話を交わして別れた。
続きを読む

このページのトップヘ