【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

さゆり、29才、既婚、子供2人。

パート事務員の募集で応募してきた、近所の主婦だが結構可愛い顔立ちだ。
身長は156cmと言った所だろうか、パンツスーツの胸も尻も、そうそそる感じの体型じゃないが、どことなくいやらしさが漂ってくる。
こんな女に咥えさせたらエロイだろうなぁ~ 私の中の性欲がまた頭をもたげてきた。

出先に忘れ物を届けてもらうった事があり、そのお礼に食事をご馳走する事になっていた。
「この間はありがとう、おかげで助かったよ」
「いえ、どう致しまして、お役に立ててよかったです」
「今日は遠慮なく、食べて飲んで日頃の憂さを晴らしてくれ」
「それじゃ、遠慮なく」
そう言って、食事会と言う飲み会は始まった。

グラスを合わせてから30分もしたころから、頬はピンクに色付き明らかに酔いが回って来ている。
「君、結婚してるんだよね?ご自宅は大丈夫?」
「ハイ、子供はたまたま今日から実家に帰っていますので、それに主人は単身赴任ですし・・・」
なんだか、単身赴任の言葉に含みを感じた私はそこを突っ込んで聞いてみた。
「じゃ、寂しいね、何処?赴任先は」
「○○市です」
「やけに近い所だね、車だと十分に通勤圏内じゃないの?」
それは、今住んでいる所から、夜なら40分ほどで行ける場所だった。
「だと私も思うんですよね?おかしいと思いません?単身赴任だなんて!彼はきっと別な目的があるんですよ」
「えっなに?目的って」
「浮気ですよ、彼女がいるんです。私知ってるんです!」


続きを読む

あれは、4年ほど前の夏。
当時、20代最後の夏を謳歌したい欲求不満気味だった俺は、生命保険の出入りの兄ちゃんに、合コンセッティングをお願いしまくっていた。
この兄ちゃん(仮にN君)には、何度も合コンを過去にお願いしており、その都度、期待を大幅に裏切られていたわけだが、それでもN君に再びお願いしてしまうあたりに、俺のルックスの限界が分かるってもんだ。

数日後、N君から吉報が。
どうやら、数少ないコネから合コン相手をなんとか確保したようだ。
聞くと、相手は主婦とのこと。オッケー、オッケー。全然オッケーよ。
でも、一応年齢を確認すると、連絡をとったのは30代後半らしいが、連れはもうちょい、若い女性が来るかも、と。
で、問題になるのが、人選。
N君曰く「5人くらいかな?」などとアバウトな返事。
とりあえず、うちの上司T部長(30代中頃)、同僚M(30歳)、俺、N君、N君の上司(推定30代中頃)の5人で出撃することに決定。
土曜日の夜、神奈川県の某駅前に向かった。
到着してすぐ、N君が連絡をとる。
すると、すでに居酒屋で飲み始めているらしい。
電話口では、冷静だった(道順を教えてもらった)ので、まだ始まったばかりと推測。急いで居酒屋へと向かう。

指定された居酒屋の2階へ上ると、なんとそこに!たった2人の女性が。
ここで俺の感想は当然ながら、ショボーン。
が、よくよく見ると2人の女性、片方は20代中頃の、まだまだピチピチな感じが残るしいてあげるなら、う?ん、(当時の)堀ちえみか?少々ぽっちゃりしてるけど、胸も結構ありそうで何より背が小さそうでカワイイ。

残る片方は、30代後半(N君の知り合い)で、スラッとした美人。
と、いっても女優クラスというわけでもなく、しいてあげるなら、う?ん、思いつかん。でも、足とかがホント綺麗で、結構そそられる。

とりあえず、7人で乾杯するも、
いくら2人が(N君紹介にしてみたら)高レベルとはいえ、たった2人では、盛り上がりに欠けそうなのは一目瞭然。
俺も含めて、いまいちな自己紹介タイムに入ろうとした、その時に堀ちえみが言った言葉。
「実は今日、子供の幼稚園のお母さん達の飲み会があって、そこから抜けてきたの」
な、なんだって?
その言葉を聞いて、俄然盛り上がる男性陣。
まあ、女性を目の前にして失礼だったかもしれないが、こちとら、上司と駆け引きするほど人間が出来てません。
小一時間ほど飲んだ後、誰とも無く切り出しました。
「さっき、言ってた飲み会って、近くでやってるの?」
「うん、すぐ近くだよ」
この言葉を聞いてからというもの、男性陣5人組は、いかにその飲み会に合流するかをアイコンタクトで相談し始めます。が、突然長身美人の女性の方が、
「幼稚園の飲み会の方に来いってうるさいの。一緒に行かない?」
きたー!!!!
どうやら、さっきから長身美人さんが電話でこそこそ話していたのは、あっちの飲み会の方から、戻ってこい!と言われていたからだそう。
しかもうっかり、「男と飲んでる」って口走ってしまったので「そいつらも連れてこい!」てなことになっているらしい。
残っているビール、焼酎を一気に飲み干す男性陣。



続きを読む

和美とのはじまり


大学時代、スーパーでバイトしてました。
ぼくはその頃、同世代の女の子に対しては何かと意識してしまい、うまく話ができませんでしたが、年配の女性とは気軽に話をよくしていたので、レジのおばさん連中からは人気があるようでした。

おばさん連中の中でも和美とは特に仲良しで、家も同じ方向だったので、バイト帰りはほとんどいつも一緒でした。和美は当時42(自分の母親より2つ下)で、夫と娘が一人の主婦でした。

特にきれいというわけではありませんが、ポッチャリしたかわいらしい感じのおばさんです。

その頃ぼくは彼女が欲しくてたまらなくて、同じスーパーで気になって仕方ないかわいい女の子がおり、その子の前で、和美を含むおばさん連中になつかれることを少し恥ずかしく思っていたくらいだったので、おばさんという人種に対してまったく女を意識してませんでした。
バイトをはじめて半年くらいたった残暑厳しい秋口に、店長がスーパー連中を集めて温泉旅行をしようという企画があがりました。

おばさん連中は皆「みんながいくなら主人に相談できるのに」
といった感じでもりあがっていました。
バイト帰りに和美ともその話になり、そのとき和美は
「やまちゃん(ぼく)がいくならあたしも行こうかなあ。」
というようなことを言ったらしいのですが、ぼくはよく覚えていません。

結局40人くらいの大所帯で熱海に行ったのですが、ぼくが好きだった女の子は来ませんでした。

夜、宴会が始まって、一通り盛り上がったあと、カラオケ・麻雀・散歩等、いくつかのグループに分かれ、三々五々散っていきました。

ぼくは未だ酒の飲み方をよくしらない学生で、気持ち悪くはなかったのですが、飲みすぎでフラフラして部屋で一人横になっていました。
しばらくして、
「やまちゃん、大丈夫?」
と和美が部屋にやってきました。
「うん、大丈夫。和美さん、2次会とか行かないの?」
「汗かいて温泉に入りなおしているうちに、みんな外にカラオケしにいったみたい。おいてきぼりくっちゃった。」
そういって僕の横にゴロリと寝転がり話をしはじめました。話をしているうちに、和美が下着を着けていないことに気がつき、少しはだけて見える乳房に視線がどうしてもいってしまいます。
「あたしの胸、気になる?」
「和美さん、下着つけてないの?」
「うん。浴衣だから。普通つけないんじゃない?」
「・・・」
「やまちゃん、彼女とかいないの?」
「・・・ええまあ。」
「でも、やまちゃん、かわいいから、モテて困るでしょ。」
「そんなことないよ。女の子と話すのちょっと苦手だし。」
「あら、失礼しちゃう。あたしだって女なのに。・・・Hの経験は?」
「1回だけ。」
「ふーん、そうなんだ。・・・触ってみる?」
「え?」


続きを読む

このページのトップヘ