【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

「あっあ~~、もぅだめ~~。イッイク~~~~。あ~~~っ。」妻の喘ぎ声が家中に響き渡ります。
新築したばかりの2階寝室の真新しいダブルベッドの上で、夫である私以外の男に抱かれながら妻は何度目かの絶頂に今、達したようです。
私はリビングでひとり、妻の喘ぎ声を聞きながら右手だけを激しく動かしている…。

私は32歳の会社員、妻は31歳のOLで結婚8年になります。妻は妊娠しにくい体質らしく、いまだに子どもはおりません。
また妻にとって私が初めての男性でした。妻は潔癖症でセックスはあまり好きではないらしく、結婚してこのかた一度も妻から求めてきたことがありません。

オマ○コを舐められるのもイヤで、フェラチオはお願いしてやっと口にかるく咥えますがすぐ離してしまいます。
地味な性格なのでしょうか、外出するときでさえ香水はつけず、また、下着もおばさんが着けるような肌色の、
少し大きめの綿のパンティばかりでお世辞にもセクシーとは言えず、そんなことで自然とセックスの回数も減っていきました。
続きを読む

昔セフレだった女の子(遥、26才かわいい系)と友人の結婚式で再会しました。

遥は結婚していて子供はいないよって言ってました。

俺も遥も少し遠いところからの結婚式の参加なので結婚式→二次会→ホテルって同じ流れでした。

なので二次会後宿泊しているホテルの部屋に遥を連れ込みました。

遥とエッチするのは2年ぶり。

遥とは4年程のセフレでしたが、目隠しや手を縛るとものすごく興奮する撮影やコスプレ好きの

Mに4年間でなってました。

久しぶりなので、ストールで目隠しし、ネクタイで手をしばり、携帯で写真をとりながらのセックスを楽しみました。

セックスの後話をしてると

旦那のエッチがよくない事

俺とのエッチが忘れられない事

を言ってました。

なので昔みたいに週1くらいでエッチしようみたいに話になりました。

それからは

週1くらいでお昼にホテルで休憩してエッチしてました。

3ヶ月程お昼にホテルで休憩ばかりだったのですが

メールで

「今週は旦那出張だからうちに泊りにこない?」

って連絡があったのでウキウキで行きました。

しかし遥の家につくと

中にはもう1人女性(さやかさん、30才きれい系)が…

えーって思いましたが

まぁ楽しく飯食って飲んでさやかさんが帰ってからエッチしよって思って3人でご飯食べながら飲みました。
続きを読む

4年前の実際に体験した話です。 10月の上旬にある人妻Mからメールが来た。
M「ひさしぶり!元気?」
私、早速電話で折り返す私「おおおぉ!めちゃめちゃ久しぶりだね!」
私「最後に会ったのは、秋葉原のカップル喫茶につれてってもらて以来だから、約2年ぶりかな?その後は?」
M「そうだね!実は最近足りないの!」
私「足りない?ってエッチが?」
M「・・・・・うん・・・・」
っという会話が交わされ、どうやら最近、ご主人がかまってくれないらしく、欲求不満らしいとの事。
Mとの出会いは約12年くらい前にテレ蔵で知り合いやっとの事で一回だけエッチをした娘で、連絡だけは取っていたが、全く会っていなかった娘である。
その後、数年に一回くらい電話で話していた位なのだが、その間に別の男性と結婚し、子供も2人産み、それでも数年に一回くらいの電話などで切れることは無かった娘でス。
約2年位前に連絡があった時聞いた話は、夫婦でカップル喫茶やハプニングバーに嵌っている等の話で、なぜか俺を思い出したらしく、
M「ねぇ、カップル喫茶ってしってる?」
私「知ってるよ!行ったこと無いけど!」 M「
今度一緒に行こうよぉ・・・」
私「まっまっマジでぇぇぇ!!!!!」
M「うふふ^^」 と言うように、私をこの世界に導いてくれたのは彼女でした。
普段、かみさんとのエッチでは一晩1回が限界なのに、その晩は3時間で3回も出来て、私自身驚きの出来事でした。
その後、私は順調?にこの世界に馴染み、様々なエロ体験(3、4、5P、11P、縛り、吊り、乱交等々)を重ねていきました。
そんな流れで、冒頭のような話になり、久しぶりに会うことになりましたが、子供が居る為時間が自由にならず、週のあたまの午前中だけは、子供を預けているので、時間が取れるのだが、此処3週先までは予定が入っているので、逢えるのは来月になりそう、それでもいい?との事。もちろん、こんなチャンスは逃せないので、OKしました。
それ以降、会社でのオナニーも控え、仕事に忙殺されそうになりながらも何とか生き延び、先週の中ごろに連絡がありました。
その晩は、滅茶苦茶仕事が忙しく、返事が返せなく、よく日の出勤前に連絡を取ることが出来ました。
M「どお?来週は?」
私「ごめん、仕事になっちゃったんだけど、代わりに今日はどうかな?」
M「子供を実家に預けられるかどうかと、パパが真直ぐ帰るかどうかは夕方以降にならないと判らないから、それからでもいい?」
私「わかったよ、とりあえず、どちらにしても連絡頂戴ね!」
M「うん!わかった!」
私は、そのまま仕事に行き、期待にちんこの先を濡らしながら、仕事に没頭し、残業無しで帰れるように、馬車馬のように働きました。 そして、18時過ぎにメールが・・・・! Mよりメール子供はお母さんに預けたし、パパはまだ連絡ないから今晩いいよ^^
即行で、電話で折り返し
私「20分以内で仕事終わらせて、会社を出るよ!どこで待ち合わせる?」 M「じゃぁ、○○駅に20時でどおかな?」
私「わかったよ!じゃぁ後でね!」
おそらく傍目からは満面の笑みで仕事をテキパキとかたす私がいました。
続きを読む

このページのトップヘ