【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

俺は妻と幼稚園に入ったばかりの息子がいる。

妻は天然で鈍感で男の人に触られたり裸を見られたりするのを

気にしない性格でいつもノーブラで夏だと家ではパンツも履かず、ちょっと出掛けるときにもめんどくさいと

パンツも履かないというかなり無防備な妻。

胸はHカップもありかなりムチムチした体つき。

デブではない。

男の人はいつも妻をみてしまうのがわかる。

そんな無防備な妻がこれまでにされてきたことの一部を書きます。

ある夏の日、妻が庭で息子とビニールプールで一緒に遊ぶよう誘われたが俺は断りベッドで寝ると言いながら、寝ずに家の中から妻達を見ていた。

今日の妻の服装は裸の上にただグレーのTシャツを着てるだけで下半身は隠れていない。

しかもTシャツも水で引っ付いていて胸の形、乳輪、乳首の形まではっきりしている。

裸でいるようなもんだ。
続きを読む

『お前の奥さん犯られちゃうぞ!』

友人の渡辺から突然のメールが入った。

渡辺というのは妻の会社の同僚だ。

かつては俺も妻と同じ会社だったため渡辺とは同期であり、友人でもあった。

妻とは社内恋愛の末、結婚し、俺は結婚後に転職して今は別の会社に勤務している。

妻の由希は32歳、幼稚園から高校まで女子高で、大学は慶応だったがほとんど遊んでいなかったようで、真面目で聡明な女だ。

容姿は、アナウンサーの市川寛子さんに似ているとよく言われていて、社内でも有数の美人だった。

妻の会社は、大手メーカーの下請け企業で、売上げの殆どを某メーカーに依存していた。

その会社で、由希は今年の春から責任感の強さを買われて、プロジェクトリーダーを任されていた。

渡辺のメールでは、そんな妻が重大なミスをしてしまって、先方の担当者に謝罪に行ったというのだ。

それだけならば、ありふれた話であるが、問題は、一緒に行った戸森と、先方の担当者である吉田の2人だ。

戸森というのは俺や渡辺と同期で、妻の由希に惚れていて結婚の前には何度も口説いていた男だ。

俺とは研修の時から仲が悪かった。
続きを読む

きっかけは職場の後輩の結婚式の2次会。

彼女(チカ)と会うのは何年ぶり?

年賀状のやりとりはしていたが。

チカは元職場の後輩で、職場恋愛の末、彼氏に呼び寄せられて結婚・出産。

今回はダンナの代理で出席(元々はダンナが後輩の結婚式に御呼ばれされてた)していたのだが、2人とも同じ職場だったわけだから、2次会にきてた連中とも顔馴染みで、

「久しぶり~」

てな感じで飲んでた。

オレは彼女が結婚する前に既婚者だったが、当時彼女は酒癖があまりよろしくなく、よく道路にへたり込んでしまったり、同僚たちに抱えられてタクシーに乗せられて強制送還させられていたのを覚えている。

1度だけ職場での飲み会の帰り、

「私アッチ行って結婚する前に先輩に話があるから、2次会付き合って」

と言われ行ったのだが、実は彼氏ではなく別な男を今更ながら好きになってしまい、その男というのが彼氏の友達。
続きを読む

このページのトップヘ