【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

半年前に起こった夫婦の体験談です。

数年前から始めた登山は、夫婦共通の趣味でもありました。

私達夫婦は出遅れ結婚で、私が34歳、妻が32歳の時に結婚しましたが、子宝に恵まれず寂しい暮らしを送っていました。

特に趣味も無い2人だったので、会話も少なく私も妻も毎日、会社と自宅を行き来するだけ生活でした。

そんな時、私の友人が「登山でもしないか?気持ちいいぞ!」と言われ、妻に話してみました。

妻も初めは「疲れるだけでしょ?」と嫌がっていたのですが、休日も特にやる事も無かったので、友人と登山に行く事に決定しました。

初めは初級者と言う事で、2時間程度で登れる所にしてもらい、休憩しながら登りました。

途中、景色も良く汗が気持ち良く感じました。

勿論妻も「何かいいね」と喜んでいました。

何とか山頂に着くと絶景でした。

私達2人は感動しました。

下山後ファミレスに向かうと、妻が「今日は最高でした。また来たいですよ」と上機嫌だった。

その後も妻と私の会話は途切れることなく数時間は話したと思います。

その事がきっかけで、私達夫婦は登山にハマり初めは友人に色々教えて貰いながら登山をしていましたが、

今では中級者レベルになり、自分達で計画を立てる様になっていました。

勿論、夫婦の会話は登山一色で、結婚4年目にして一番充実した日々だったと思います。

*私38歳、妻36歳(妻は童顔で、故・上原美優さんに似ています。)

今から半年前の暑い夏も終わり頃、私達は登山計画を練っていました。

続きを読む

こんにちは、僕は29才の既婚者です。

妻は27才で、アゲハ嬢系の派手な感じです。

顔を誰が見ても可愛いと言われるので、平均以上だと思います。

おっぱいは小さいですけど、乳首が凄い敏感です。

もう僕達は結婚して8年が経ちます。

子供はまだまだ作らないで、お互い自由な生活を送ってるんですが、夫婦生活がマンネリしてきてしまって、

結婚してる友達に色々話をしていると、面白い話がありました。

その友達の会社の先輩が、「大人の王様ゲームサークル」をやっていると言うのです!

色々詳しく聞くと、一般的なモノとはルールが違いました。

1、まず参加者はカップル限定で3組み以上で行う。

2、王様は司会役みたいな感じで、サークルのリーダーが勤める。

3、基本的には全員が仮面を付けて、真っ暗な中で行うので、顔が全く分らない。

4、基本的にはエッチをする事が目的である。

そして、王様だけは暗視スコープを付けていて、選ぶ時に肩を叩いて、○○をして下さい!とだけ言うので、

誰と誰がしているのかが分らなくて、声で判断しようとするのだが、音楽がかかっているからほとんど分らないそうだ。

だから、その状況が異常に興奮するらしい。

僕は早速妻に話をしてみた。

続きを読む

本社の山田と高橋という50代のおっさんと飲んだときのこと。

過去のエロ武勇伝の話題になった。

今までずっと口外できなかったとっておきの話とのこと。

10数年前の慰安旅行の宴会。

山田、高橋の間に10代の新人の女の子が座っていた。

女の子は身長が高く、ものすごい巨乳。

しかも浴衣姿。背が高い分、丈が短くなって生脚がチラチラ見えた。

酔って座りなおす度に浴衣が乱れて、太ももが露わになったり

バストの深い谷間が見えた。

山田「あの子浴衣が捲れて太ももが全部見えちゃってるのに、

気にならないほど酔ってたみたいで、

しかもあまりに脚が綺麗だからつい手が勝手に太ももの上に。」

高橋「テーブルの下で山田さんがあの子の脚を触ってるの見て自分だけずるい!と思って俺もすぐ触った。

山田さんはうちももばっかり揉んでたけど、俺は膝から下が好きで、触ろうとしてもあの子脚長くてかなり苦労したな。」

山田「テーブルで見えないからって、やりたい放題してたよな。

膝枕してもらったり。浴衣を捲ってナマ脚に直接。」

高橋「そうそう、交代で膝枕してもらって、あの子の美脚を舐めまくったな。」

続きを読む

このページのトップヘ