【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

最近は彼の呼び出しにいそいそ出かけてた私。

だってヒマなんですもの。

2日とあけず呼び出しを受けることもありました。

5年前から付き合ってる彼ももう30歳。

「すぐ溜まっちまうんだよ。」と笑ってました。

彼、最近彼女と別れたらしく、寂しいんですって。

夫は年は私の一回り上で2年前から単身赴任。まあ風光明媚な土地で夫も気にいってるようで

こっちに戻る希望は出さず「定年後もここに住む。」と言っています。

まあ10年もすれば私も、、、その頃は田舎に住んでもいいかなって思ってます。

もう数年前からセックスレス夫婦。夫は私に男がいることは知っています。

夫は騒ぐのもめんどくさいと思ったようで、私も居直るもんだからなしくずしに暗黙の了解に。

ただ中学ぐらいから私に反発しだした19歳の息子は、私に男がいることを知って、ますます私の事を嫌うように。

とても悲しいんだけど、息子も大人になればわかってくれるだろうと別に言い訳はせず耐えていました。

ある夜の事、ささいな事から息子と言い争いに。

私もパート先で嫌な事があって、いらいらしてたんで私のことを口汚く罵る息子に手をあげてしまったんです。

すると息子は私を押し倒しスカートの中に手を、、。

続きを読む

都内に住んでて、小学校低学年の息子がいる専業主婦36才です

40才の夫は今年の7月から来年3月まで上海に出張中です

夫は困ったことが起きたら何でも義兄(既婚子無し44才)に相談するように言って出掛けて行きました

普段から義兄夫婦とは車で10分くらいのところに住んでて、仲良くしてはいましたが、

子供がいる我が家といないあちらでは、生活サイクルが違うので、会うのは年に数回でした

義兄は小柄でオタクっぽい夫とは違って身長180以上あるガッチリ系スポーツマンタイプです

夫が出かけて2週間後、夜10時すぎ、子供が寝たあと寝室から出ようとすると、ドアに何かが引っ掛かって開きません

2階だし、窓は大きく開かない小さなものが1つだけです

110番するのもどうかと思って、義兄の携帯に電話しました

義兄はちょうど帰宅途中で、寄ってくれることになりました

ウチの前まで来てくれたところで私が窓からカギを落として拾ってもらって入ってきてもらいました

ドアの横の壁に立て掛けてあった荷物が倒れてドアが開かなかったようでした

不安で不安でたまらなかった私は、ドアが開くと義兄に抱きついてワンワン泣いてしまいました

『もう大丈夫だから』

何度も耳元で言われているウチにわたしも落ち着いてきました

義兄の肩に埋めていた顔を上げると

『ほら、涙を拭いて』って低い声

続きを読む

昨日の夜、久しぶりに妻、佳子を抱いた。

高校生の娘は部活の合宿で不在、久しぶりの夫婦水入らずで妻も結構その気になっていたのだろう。

夕食の後、それとはなしに合図を送ると恥ずかしそうに目を伏せて「ばか。」と小声で呟いた。

「お風呂、行って来る・・・」

妻が浴槽に入ったのを確認して、自分も脱衣所に入る。

すりガラスの向こうに白い妻の裸身がチラチラ見える。

きちんとおかれた衣服の下に、今の今まで妻が身に着けていた下着が隠すように置かれている。

飾り気のないシームレスのブラとそれとお揃いの水色のショーツだ。

そっとショーツを摘み上げて、ウェスト部分から中を広げると今日一日の分泌物ですっかり色が変わったクロッチが眼に飛び込んでくる。

(うわぁ、こんなに汚して・・・)

淫靡なオリモノ臭を夢中で嗅ぎながら手早く裸になると、すでに硬くなっているペニスが生き物の様に脈打っている。

「佳子、いいかい。」

「えっ!ちょ、ちょっと・・・なんで?」

引き戸を開けて中に入ると慌てて湯船に身を沈める妻。

手で乳房をかばいながらほんのり上気させた顔を俯き加減にして、何やらぶつぶつ文句を言っている。

浴槽の中に黒いヘアがゆらゆら揺れて、それを必死で隠そうとモジモジ太腿を擦り合わせている姿が妙にそそられる。

続きを読む

このページのトップヘ