【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

妻が出産後に急に亡くなった。

一年前の事だ。

まだ小さな娘を抱えて男手で育てるには限度があった。

オレには頼る両親も兄弟も居なく、

義理の母親(45歳)が葬儀後にしばらく一緒に住んで子供の面倒をみてくれると言ってくれて、オレはそれに甘えた。

オレはその時33歳で、亡くなった妻は25歳だった。

義母は早くに旦那が亡くなり、その時は一人暮らしをしていて、住んでいたアパートを引き払って一緒に住むことになった。

最初はお互いに遠慮していた。

まだ45歳の義母は色気もあり、ぺったんこだった妻とは違い、グラマーな人で大きな胸と大きなお尻に、

程よくクビレたウエストで気にしないようにと思えば思うほどに、舐めるようにオレは見てしまっていた。

義母と一緒に住んでいたので、性欲処理に風俗にも行けず、就業後はすぐに帰る生活が続いた。

義母もまるで奥さんのように、料理や家事全部をしてくれて、料理を作る後ろ姿が、

とくに包丁を使うときに揺れるお尻がたまらなく、よくコッソリと勃起させていた。

あのシリをわし掴みにして、バックからぶち込みたい、そんな妄想をひろげていた。

ある休日前夜、義母とお酒を一緒に飲む事になり、

あまり飲めないのに妻の昔話や娘の普段の事など楽しそうに語っていて、

何より義母自身が孫を立派に育てる、新たな生きがいが出来たと、真剣な顔でオレを見つめながら言ってくれた。

それは何を意味するか。

オレに再婚はするなという事なんだね。

続きを読む

娘の夫である義理の息子から気持ちを打ち明けられて、お義母さんの事が好きですと言われたのが今年のお正月でした。

義理の息子25才、私42歳です。

最初、そう言われた時は驚きました。

もちろん娘の旦那、そんな事言われても気持ちには応えられるはずもないですよね。

娘夫婦は、共稼ぎで子供はまだいません。

娘は営業の仕事をしていて帰りがいつも遅いんです。

その為、隣に住む息子夫婦の夕飯の支度とか、かわりに私が頼まれてする事もあって食事を一緒にする事もあります。

娘達が結婚して2年そんな生活が続いていました。

私達、夫婦も早く孫が見たいと思いながらも、若い夫婦に任せていました。

お正月に、娘夫婦と食事をした時にもその話題にはあまり触れずでした。

それでも、、私はつい、あの子(娘)子供作る気ないのかしら・・・と聞いてみました。

その時、息子は少し困った顔をした気がして気になったんですが・・・。

そして、お正月も4日の日。

娘が、会社の上司のところにご挨拶に行くという事で主人が車で送って行き、娘婿と二人きりになった時に気持ちを告げられました。

結婚してから、娘とは夫婦生活が無い事、娘も求めてこない事、私が食事の支度をして、私と一緒にいると楽しい。

お義母さんが好きだから、離婚しないで我慢してると・・・。

はっきり言って、驚きました。

確かに、娘より私と一緒に居る方が結婚してから多かったと思いますが、まさかそんな感情を抱いているとは思いもよりませんでした。

好きです・・・そう言われて、お父さんがいなければ結婚したい。

そうまで言われて私の方が、パニックになってしまいました。

「私とは無理!」と言いながら、その後も色々と話をしていましが、私に気持ちを伝えた為か、

娘婿も後戻りする気配はなく、私の事を一生懸命誉めてくれました。

続きを読む

結婚後はアパートで暮らす予定でしたが、

アパート代なんてもったいないから家で暮らしなさい、と義母の強い勧めで、嫁の実家で暮らす事になりました。

しかし、本当はその時点で義母の策略に嵌っていたのです。

新婚旅行で嫁とちょっとした事でケンカになり、帰って来ても後を引いていたので、Hを求めても拒否られてました。

さらには会社の人達と飲んで遅く帰ったのがまた嫁の怒りを買ってしまいました。

マス男さん状態の俺としては強くも出れずグッと我慢。

翌朝ガッツリ二日酔いで動けず仕事を休み、朝飯もパスして、嫁も義父も仕事に出て行った中、昼近くまで寝てました。

やっと起きて渋~いお茶をいれてもらい、すすってると「髪 タバコだか何だか臭いわよ、お風呂入ったら」と義母。

触ってみると確かにベタベタしてました。

もうもうと煙りをたてホルモン焼きを食べたのを思い出し、嫁に拒否られ、不貞腐れてそのまま寝たのです。

・・・嫁も拒否るワケです。

風呂でシャンプーしてると、ガタッと扉が開く音しました。

「二日酔いは大丈夫なの?」と義母が風呂に現れました。

目が見えないまま、後ろから髪を洗ってきました。

「あ、あ…も~大丈夫…」「ほら 髪は自分で洗いなさい」と、

今度は背中に手を動かしたと思いきや、突如義母がチンポをつかんでしごきながら洗いだしました。

「オッ、オッオォ…」思わず恥ずかしい声が出てしまいます。

シャワーでシャンプーを流しながら見ると、素っ裸の義母が脇からチンポを覗き込んでいました。

「お義母さん…?」「いいから石鹸の泡を流しなさい」頭や体の泡を流すと、チンポは半立ちしてました。

義母は私の向きを反対にさせ、チンポを咥えてきます。

続きを読む

このページのトップヘ