【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

始まりは結婚4年目の2年ほど前のことです。

妻・・・29歳(当時)150−40C~Dカップよく幼く見られますが精神年齢も低いです(笑)もと塾の先生でした。

私・・・33歳(当時)自営業(カフェバー)ビジネス街に店を出しているのでサラリーマンと同じく土日が休みです。

我が家は大阪市内まで電車で1時間以上掛かる大阪といっても田舎の町にあります。

昔ながらの大きな家でコの字型に母屋と離れが建っていて20坪ほどの中庭があります。

間取りは玄関を入って左がダイニングキッチンとそれに繋がるリビング玄関を右に行くと

客間玄関を突き当たると中庭を囲うようにコの字型の廊下があります。

廊下を左に行くとトイレとお風呂右に行くと客間を過ぎたところで左に曲がり私たちの寝室、

私の書斎がありそこでまた左に曲がると2階にあがる階段がありそれを過ぎると

押入れ代わりの和室と妻が使っている和室を改造して洋室にした部屋が繋がってあります。

廊下の一番奥はトイレと両親が居た頃に作った大きなお風呂があります。

結婚4年で子どももおらず、母親は10年前、父親は2年前に他界し大きな家に嫁と二人暮らしです。

嫁は独身時代は小中学生相手の塾の先生をしていました。

結婚を前に退職したのですが平日に家で小学生を相手に少人数の塾をはじめました。

元々は嫁の兄の子の勉強を見てもらいたいというのが始まりでした。

月曜日と水曜日に5年生(当時)甥っ子M君とその同級生k君が来ます。

その他の日も火曜日と金曜日に6年生の3人組が来ています。

元々両親が使っていた一番奥の和室に学校のものと同じ机といすを買って並べています。

2年前の夏まえに風邪気味で店を社員にまかせ帰ってきたことがありました。

すぐに近所の医者に行き薬を飲んで寝ていました。

のどが渇いて目が覚めてキッチンに行ったのですが妻がいませんでした。

玄関を覗くと男の子の靴が2足あったのでM君とK君が来る日だと思い出しました。

時間は7時前で勉強の時間は終わっているはずなのですがまだ部屋から出てこないので

邪魔にならないように勉強をしている奥の和室に向かいました。

部屋に近づくと3人の笑い声が聞こえてきました。

妻の「そこ触るのは反則だよエッチ!」と言う声に立ち止まってしまいました。

3人が居る部屋は応接間に改装した際に廊下側を壁にしたのでドアからしか入れないのですが

隣のもの入れ代わりの和室とは一枚だけ残したふすまで繋がっています。

「M君そこは駄目だってば」とキャーキャー言う妻の声が気になりとなりの物置部屋に入りました。

ふすまがきっちり閉まっているので覗くことは出来ないのですが声がハッキリ聞こえました。

「よ~い、ハイ!」とM君の声が聞こえK君と妻の「ううん~」と言う声が聞こえました。

少しして「先生の勝ち~」

と妻の声「先生は左手は強いよね」とK君の声が聞こえました。

腕相撲をしていたようです。

「M君お尻から降りて重いから」という妻の言い方に2人とも寝そべって腕相撲をしていることがわかりました。

「じゃぁ月曜日はまたプロレスで勝負ね」というK君に妻は「いいけど、今度はおっぱい触ったりしたら反則ね」と妻が言っていました。

「おっぱいを触ったら・・・」その言葉になんとなくゾクッとするものを感じました。

続きを読む

私は、老人ホームを経営しています。

と言っても現在入っいる人は7人で、MAXでも10人が精一杯な小さな所です。

従業員も私の他に、妻とパート従業員(男2人)で何とかやっている状況です。

結婚5年になりますが、仕事も忙しく子供はいません。

元々、妻の親が経営していたのですが、突然亡くなり私が引き継ぐ形となったのです。

(私32歳・妻30歳・パート男25歳と27歳)老人ホームと言うのは、非常に大変な所で、24時間体制で仕事をします。

現在は7人入居していているのですが、幸いな事にみなさん若く(65歳~75歳で、みんな男)特に手が掛りません。

だから、夜はほとんど妻が専属で仕事に付いていて、たまに俺が変わります。

日中は若いパートの方で、補ってもらい、他の時間はほとんど、私達夫婦でカバーしています。

今は、入居者が若く手が掛らないので、これでも十分対応出来たのです。

私達も、忙しくなったら従業員を増やす計画でした。

その日は、私が夜勤を担当する日で、夜中見回りをしていると暗闇で突然抱きつかれました。

“はぁっ!どうしました?“と老人(仮名:新さん)に聞くと、“あ・間違!・何でもないよ!寝ぼけたのかな?“と言い部屋に戻っていきました。

“どうしたんだろう!新さんボケていない筈なのに?“そう思ったのですが、数時間して今度は別(仮名:栄さん)の部屋に入ると、

お尻を触られ“どうした栄さん“と言うとビックリした形相で“何でもない!“と言うのです。

私は、何かおかしいと感じました。

翌日、日勤を済ませ妻に引き継ぎをして私は、自宅のある3階に上った。

飯を済ませ、風呂に入ると昨日の出来事が気になった。

風呂から上がった頃には23時だった。

そろそろ、見回りの時間かな?私は、妻の様子を見に2階の老後施設に降りて行った。

妻は見回りをしていた。

ちょうど新さんの部屋に入ったので、私も後を付いていった。

扉の前に行くと、話し声が聞こえた。

新さん「昨日、お前さんと旦那間違えて抱きついてしまったよ!」

妻「本当、駄目よ!ちゃんと言ってるでしょ!旦那の夜勤の日」

新さん「そうなんだが?うっかりな」

妻「もう間違わないでね!」

新さん「今日も頼むよ!」

続きを読む

俺42歳、妻38歳俺達夫婦は、早くして結婚し子供も、もう独立した。

最近は妻と2人で出かける事が多く、若い頃を思い出しデートの様に楽しんでいる。

妻も、ノリノリでかなり若い格好(ミニスカート・短めのワンピース)が多い。

俺は、妻のそんな格好を見ている内に、スカートの中を他人に見られたら…何て考えると興奮が納まらなくなっていた。

ある日、俺は妻に相談した。

“今度のデートでノーパン・ノーブラ出来ない?“妻は“嘘!嫌よ“って断ってきた。

まぁ当たり前だが、俺はしつこく聞いた。

すると、“本当に見られたらどうするの?知らないよ“って言いだした。

俺は、“大丈夫だよ!案外みんな見ていないよ“すると妻は“いいの?見られても?“俺は、“興味がある“と言うと、妻は“分かった“と了承した。

その週末、遂に実行する事になった。

妻は股下15cmのワンピース姿だった。

しゃがむと毛が見える感じだった。

妻は頬を赤らめ“本当にこの格好で行くの?“って聞いてきた。

俺は、“駄目だったら直ぐに帰るから“と言い、車で隣町のデパートに出かけた。

流石に土曜日のデパートは人が多く、2人はドキドキしながらデパートに入った。

“2階で買い物するか?“と言うと、“エスカレータで見えないかな?“と妻は心配していた。

俺は“大丈夫だよ!俺後ろに立つから“と言いエスカレータに向かった。

エスカレータに乗ると、俺は妻の後ろに立ってガードしたが、結構きわどい感じで妻の太腿がエロく見えました。

しかし、私の後ろには男の客は無く、ちょっとガッカリもしました。

2階で買い物をし2時間が過ぎた頃、私と妻は喫茶店に入り休むと、各自、別行動する事になり“2時間後にこの店の前で“と言い別れた。

俺は、ゲームセンターや本屋で時間を潰し、まだ時間があったので、椅子に座り辺りを見ていた。

すると、20代後半の女性が結構短いスカートでエスカレーターに乗った。

俺も何となく後ろを付いて行き見上げると、ばっちりパンチラが見えた。

“ラッキー“何て思いながら、妻の姿を探し2階を探した。

すると妻がいつも寄る雑貨屋に妻の姿があった。

しかも妻の近くに数人の男の姿も…俺は気になりちょっと離れた場所から様子を見ていた。

妻は商品を選ぶのに夢中みたいだった。

次の瞬間、妻はいつもの様にしゃがんで商品を見た時、スカートの中が丸見えになった。

男達は、それを待っていたかの様に、妻の棚の反対側から見ている様だった。

(棚の反対側からは仕切りが無い為、丸見えだった)しかも、かなりの近距離なので、毛何処ろか!マンコのビラビラも見えていたはず。

俺は“しまった“と思いましたが、もう遅かった。

俺は、凄く興奮した。

しばらく、妻の様子を見ていたが、全く気付いていない様だった。

男達は、その後も妻の後を付けていた。

エスカレータでも後ろにぴったりと付いていた。

妻がトイレに向かうと男達もトイレに入った。

俺も後を付いて行った。

トイレでは、男達が話していた。

“見たか!ノーパンで買い物する女なんているんだな!今日はついてるよ!遣りて~犯しちゃうか?“何て会話が聞こえた。

俺は、もう興奮で一杯だった。

男達は、直ぐにトイレから出ると、妻が出て来るのを待っている様だった。

多分、妻が出て来たのだろう!男達が居なくなった。

続きを読む

このページのトップヘ