【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

僕は30代前半。

どこにでもいる普通のサラリーマン。既婚者。

パートのおばさん。既婚者。人妻。

どこにでもいる普通のパートのおばさん。

おばさんとは部署が違う。

しょっちゅう会うわけでもない。

休み時間にたまーーーに近くなったりすると話す程度の仲。

最初は30代の後半位の歳だろう??って思っていた。

実際は四十路後半wwww、びっくり仰天。

若々しいハツラツ美人なおばさん。

顔は髪を切った片瀬那奈にそっくり。

「奈々子(本名)」と語ります。

身長は165cmくらい。

奈々子さんは慣れれば話しやすい人なんですけど、仕事にはうるさいためその部署からは煙たがられてました。

でもスタイルも結構よくて、社内の人は「一発お願いしたい」ってよく言ってました。

確かに僕も荷物運ぶの手伝ったときに奈々子「体で払うよ~」なんて冗談言われてからおかずにしてました。

メールしばらくしてメアドを交換して、会社の愚痴言い合う仲になりました。

そんなある日すごいメールをもらいました。

奈々子『今度の日曜○○さんにご飯誘われた』この○○さんは会社ではいい噂がない人です。

結構な地位にいる人で、なかなかそれを断ることはできなかったのでしょう。

その当日、ランチだったので昼前に出かけたらしいのですが、なかなかメールがこない。

すると夕方衝撃の内容のメールが来ました。

奈々子『○○さんにラブホに連れてかれた(怒)』慌てて、僕『大丈夫?』

奈々子『御飯食べたらいきなりセクハラ始まって、勝手にラブホの駐車場まで連れてかれた。でも今日は女の子だからって断ってやった(怒)』

僕『じゃあ、大丈夫だったんだね。良かった。』

奈々子『最初にお金渡されて「いいだろ?」って執拗に迫るから最後はキレた!』

それからその○○さんからの執拗なメールと電話が続き、それが終わると僕に愚痴る。

僕『はっきり断りなよ!』

奈々子『だってそんなことしたら陰険ないじめかクビになるから、仕方ないし』

そこで思い切って僕『じゃあ、愚痴聞いてあげるから御飯でも食べに行こうか?』と送ったら、

即効で奈々子『いいよ!いつにする?』なんとか食事の約束を取り付け、

奈々子さんの家の近所のスーパーの駐車場で待ち合わせ。

移動中も会社の愚痴ばっかりで、特に○○さんのはすごかった。

奈々子「もう毎日電話しないといれないのかな、あの人!こっちは主婦で忙しいっていうのに!しかも下ネタかやらせろってばっかり」

僕「大変だね~。なんで連絡先教えたのさ?」

奈々子「だって仕方ないじゃん!一応偉い人だし、ランチだから大丈夫かと思ったんだもん!」

僕「じゃあ、このあと僕も迫ってみようかな~?」

奈々子「そんなことしたらぶっ飛ばす」

僕「はいはい、怖いからしませんよ~」こんな感じでランチを済ませ、一応お互い家庭があるのでそそくさと帰ることに。

家に着くと奈々子さんからメールが。

奈々子『今日は付き合ってくれてありがとう!僕くんとっても優しいし、私の愚痴聞いてるし。また、今度ランチ行こうね!』

『また』うれしい響きでした。

しかしお互い色々あるので2回目は一カ月後のデートでした。

続きを読む

今一人で飲んでて暇なので思い出し萌えしながら綴ってみようと思う。

ママ友は少し珍しい名字なのでイニシャルでKさんと表記させてもらう。

うちは以前は妻の地元で生活しており、3年程前に俺の転職の都合で東京に出てきた。

妻とKさんは当時のパート仲間であり、同じ歳の子供がいるせいもあって今も連絡を取り合う仲だ。

Kさんの旦那は中古車屋の営業とかだったと思う。

夏休みにKさんと子共&うちの妻子とで浦安の例の施設へ遊びに行く為、うちに泊まったのだ。(確か金曜で俺は行ってない)

子供達も久しい友達と遊べて楽しめていたらしい。

その日、俺が仕事から帰ると妻とKさんは子供達を寝かし終わり、

風呂も済ませてリビングのテーブルでリラックスしながらチューハイを飲んでいた。

妻「お帰りー」

Kさん「おじゃましてまーす。お久しぶりです~」

俺「あ~どうもこんばんは。ご無沙汰してます」

てな挨拶だったと思う。

子供が寝静まった後のママ達のお喋りは盛り上がっていたらしく、

挨拶も程々に再び女のお喋りタイムが始まった。

俺も缶ビールを持って来て輪に加わった。

とは言っても聞き役なわけだが。

その時の話しは主にKさんの旦那への愚痴がメインになっていて、

どうやら近ごろ旦那の若い女への興味が強まっていること、そして夫婦仲が薄れていることなどだった。

当然俺には男の意見を求められ、ありがちな話しだなとは思いつつ、適当に波風立てない答え方をしていた。

ただ、Kさんはその時35,6で(俺31妻30)適度に細くて大人の女の落ち着きも兼ね備えた、美人の部類の女だ。

俺はKさんは魅力あるのにもったいない、的なことを説いていた。

俺「Kさんの旦那さんは近くに居過ぎてわからないんですよ~」

Kさん「あらそうかしら、Tさん(俺の名)わかる~?(笑)」

みたいな具合。

口説いてるレベルではないから妻も気にしてない様子だった。

お喋り大会は俺が参加してからもしばらく続き、宴会のような状態でお開きになったのは1時を回った頃だったかと思う。

妻は酒に弱い訳ではないが酔った様子で直ぐに子供達のいる寝室に向かい、

Kさんもその部屋で寝ることになったらしく一緒に寝に行った(ちなみに俺は普段から自室で一人で寝ている)。

俺はホロ酔いながら寝る前に風呂に入った。

先程まで隣に座っていたKさんの色気あるスウェット姿を思いつつ、

洗濯物に下着でもあれば抜いてしまおうかと思ったが、Kさんは1泊なので洗濯物が出てるはずもなく、

おとなしくドライヤーで髪を乾かしていた。

続きを読む

もう4年位前なんだけど、サイトで知り合った女性で人妻ナースさんとの話です。

当時のハンドルネームはアヤって言ってた。

知り合ったその日にメアドと番号ゲット。

少し話してたら旦那と上手くいってないとの事。

4、5分話してたら、その旦那が帰宅したのでその日は終わり。

2日後にメールが来て、夕方には仕事上がりなんで少し会いたいとの事。

車で埼玉寄りの都内某駅にお迎えした。

面接の感想は余り良い感じじゃなかったかな。

正直、可も無し不可も無し。

まぁやれたら良いかな・・・くらいだった。
 
40分位でアヤさんの住んでる街に到着。

その日もそれでお終い。

翌日、免許証の書き換えで仕事は休み。

免許証書き換えが終わって帰宅途中、アヤさんから電話が来ました。

アヤ「今、何してる?」

俺「免許証書き換え終わって帰宅途中」

アヤ「今日は夜勤なんで夕方4時迄暇!」

俺「じゃ20分で行くよ!」

(よし!!出来る??)

車、飛ばしました。

ちょっと遅れだけど、無事合流。

4時まで3時間半。

近くの『K』っていうラブホに速攻で入ります。

もうビンビンです。

結構綺麗な部屋です。

少し話してアヤさんが先にシャワーを浴びに風呂場へ。

もうガマン出来なくて、少し遅れて俺も突撃しました。

アヤさんはオッパイは小さいけどお尻も小さめで、出産してないから30歳でも身体の線は崩れてない。

もうガマンの限界!

アヤさん、すぐに気づいて後ろを向いたけど、後ろから抱き締めました。

俺のマグナムがアヤさんのお尻にフィット。

アヤさん、「大きいぃねぇ!?」って。

嬉しいですね。

後ろから小さめのオッパイを揉み揉みしました。

アヤさんの右手はマグナムを握っています。

アヤさんとしたくてもうビンビン!

続きを読む

このページのトップヘ