【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

昨年から関係を持っている40代人妻美和。

今までもかなりのセックスをしてきましたが、結構ハードな内容がありましたのでここで。

美和とのセックスをするため、美和の家で昼間に会うことになりました。

美和の旦那は仕事で出張中、美和の子供は上の子は仕事で今夜は帰ってこないらしいです。

下の女の子は学生です。

昼から美和の家にいき、早速H開始です。

いつものように美和とお風呂に入りました。

美和は丁寧にちんちんを洗います。

そうすればちんちんは大きくなり美和も喜んで玉とお尻も洗います。

美和とお風呂を出て寝室でセックス開始ですが、今日の美和は何かを用意してました。

何かと思えばなんと体操服とブルマでした。

体操服は白、ブルマは紺色でした。

僕「こんなのどうしたの?娘さんブルマはないよね?」

美和「通信販売で買ったの、どう?これでHしない?」

僕「もちろん、これでセックスしよう」

美和はノーブラに体操服、ブルマの下は白色のパンティです。

ブルマ姿になると、ブルマからパンティがはみだしてました。

僕の興奮度は上がり、美和に抱きつき二人で抱きあいました。

美和は体操服のまま僕の身体を舐めてくれます。

そしてちんちんを舐め始めました。

美和「じゅぼじゅぼじゅぼ、じゅるるるるるる、ずずずずず」

美和のフェラチオが音を立てていやらしくなります。

美和「じゅぼじゅぼ、気持ちいい?おちんちんおいしい」

僕は気持ちよくなりました、美和もなめてほしいらしく、僕は美和の体操服を巻くしあげ乳首を舐めます。

美和「あんあん、気持ちいい」

美和のブルマの中に指を入れるとおまんこから液が漏れています。

続きを読む

叔母との情事について。

僕は彼女もいますが…彼女には内緒で僕の叔母と関係を持ってます。

元々、僕には母親がいなくて小さい頃から叔母がよく面倒を見てくれていました。

関係のきっかけは大学に入って、叔母(当時45歳)がお祝いにと一緒に食事に行った時でした。

当時は叔母は旦那さんが亡くなり未亡人になった時期で、僕も大学での悩みや一人暮らしの不安もありOKしました。

食事中、僕がトイレに行った時、叔母が入ってきて個室に連れ込まれました。

その時はとにかく驚きで混乱してました。

壁に押さえつけられ、カギを閉められ、ズボンを脱がされ貪るようにフェラが始まりました。

もうびっくりしました…が、叔母のフェラテクが凄かったのもあり、身を委ねまずは一回そのまま口に出してしまいました。

叔母は僕の精子を飲み干しなんともいえない表情で僕を見上げてきました。

正直なところ叔母は年の割にはかなり美形で小柄で程よくむちむちしてしかも巨乳で…もう我慢できるわけありません。

叔母を抱き上げ立たせると、スカートと下着を剥ぎ取るように脱がし、壁に押し付け後ろから生で挿入しました。

ちょっとだけ背徳感がありましたが…それまた興奮材料になりました。

叔母のアソコはなんとまだピンク色でした!しかもドロドロで、僕のモノがニチャニチャと卑猥な音をたてて入っていきました。

叔母の中は「これぞ名器」と言わんばかり。

モノに絡みつき絞り取るように吸い付き締まりも抜群でした。

僕が突くとアソコもキュンキュンと締まりもう最高です。

そこからはもうどうにでもなれと、言わんばかりにガンガン激しく突きました。

僕がイく前に快楽の声を押し殺していた叔母が

「お願い…中に出して…」

と、とてつもなく甘い声でささやきました当時19歳の僕。

性欲の塊と言っても過言ではありません。

さらに叔母を壁に押し付けさらに激しく突きます。

トイレに響くのはニチャニチャパンパンといやらしく激しく打ち付ける音。

そして僕のモノの先端が叔母のアソコの1番奥をコンコンと叩きます。

そこからはイくまではあっという間でした。

イく瞬間、僕は叔母に抱きつきモノを1番奥に当てながら果てました。

続きを読む

数年前に友人の家に泊まりに行きました。

私は、出張で翌日は帰るだけなので気分が楽で、夜遅くまで友人夫婦と酒を飲み語り合いました。

夫婦とは、彼らの結婚式の司会もした関係で何の遠慮も無く、

かつ、三人とも同郷で使う方言も一緒なので大いに盛り上がりました。

翌日、友人は朝早くから仕事です。

私が9時過ぎに目を覚ますと、奥さんが食事の用意をしてくれました。

奥さんは大学の研究室で助手のバイトをやっているそうですが、その日は休みでした。

知性があり、元気の良い奥さんです。

昨日の話の続きが始まります。

「かりまん」をした同級生の話が昨日出ていて、奥さんが「かりまん」って変なことでしょ?」と聞いてきました。

私は、「かりまんは、3種類あるんだ。」と答えました。

「口で説明するのは、いやらしいので、ちょっと後ろ向いて」と私は奥さんに頼みました。

おふざけのつもりです。

「一つ目は、子供の遊びの延長でさあ、こうするんだ・・」といいながら、

スカートをはいた奥さんのお尻にパジャマをはいたままのペニスを押し付けてグリグリします。

かりまん、とは仮エッチみたいなもので、私の郷里の(悪がきが使う)隠語です。

おふざけの積もりだったのに私のペニスが大きくなってしまいました。

誰もこの家にいない事も思い出しました。

「かりまんだから、これはエッチではないんだ。」と変な言い訳をしながら、奥さんの腰に手をあて、調子に乗って続けてしまいました。

二人の間に変な空気が漂いました。

昨日の酒がちょっと残っていたのでしょうか。

続きを読む

このページのトップヘ