【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

現在母55才、俺25才。
姉が嫁ぎ、父が亡くなった三年ほど前から母は遊びが激しくなった。

母は仕事が終わっても帰ってこないということもしばしば。
男と遊んでることが簡単に想像できた。

父の闘病看病と仕事の生活から解放されたのだから、仕方ないと思っていたが、
母と同居してても自分で夕食の支度をしたりと半分一人暮らしみたいな生活に嫌気がさしていた。

家を出ようと思ったとき、普段普通のオバサンの母が、どんな風に男と絡み合うのかなんて想像をした。

家を出る前に、母を押し倒してみようか、軽い気持ちだった。
抵抗されてハイ終わりなはずだった。

例によって朝帰りした母を後ろから抱きしめてみた。
驚いていた。

リビングのソファーに押し倒してみた。
そこからは俺の予想が大きく狂った。

驚いてはいたが抵抗は全くなく、なすがままに脱がされていく母は、むしろ協力的と言えた。
ブラとパンティ姿になったときに母は待ったをかけた。

そこから母は立ち上がり、自らブラとパンティを脱ぎ捨てた。

ムッチリした身体に大きな胸と尻、当時彼女いない歴一年になろうとしていた俺は、困惑しながらも母の身体に勃起した。

『何してるの?早く脱ぎなさいよ。』

予想外の展開に戸惑いながらも俺はズボンを脱ぎ、下半身を晒した。
母はひざまずくと躊躇なく俺をくわえた。

ベロベログチュグチュと音をさせながら。
時々俺を見ていた。

ソファーに寝かされ69になり、赤黒い母の性器はすでにパックリ開いていて、クリトリスもむき出しになっていた。
やり終えてきたばかりという感じだ。

クリトリスに吸い付くと母は遠慮のない声を張り上げた。
即座にドロドロと液が垂れ流れてきた。

指を二本入れてかき回すと、溢れてきた液が俺の胸にボタボタと落ちる。
激しくすると母は強い声をあげ、俺の顔に液が飛んできた。

母はフェラをやめた。

『入れたいの』

と言うと母は躊躇なく俺にまたがり、チンポを入れた。

あうっとか、はぁとか、いいとか言いながら母は激しく動いた。
時々激しく液が吹き出し、俺の腹が母の液でテカテカだった。

続きを読む

今年の春頃、洗濯器の設置ミスで洗面所を水浸しにしてしまった。
ぼくの部屋は4Fなので下の部屋に漏っているに違いないと思って、3Fの鈴木さんの部屋を訪ねた。

呼び鈴を押すと奥さんが顔を出した。

顔は今までにも見た記憶はあったけど、その家の奥さんだと初めて知った。
小柄でチョイポチャという感じかな。

むちっとしてセクシィな30代の人だった。

事情を話すと洗面所に行って「あっ、ほんと・・・漏ってる」とのんびりした口調で言ったので、ちょっと上げてもらった。
洗面所を見ると確かに天井にシミができて、水が滴っていた。

ぼくは土下座せんばかりに謝って、後日もケーキ持ってきて謝った。
そんな誠実さに彼女は好意をもってくれたようだ。

それから近くで会うたびに挨拶したり、少し話するようになった。
夏のこと、奥さんが訪ねてきた。

ドアを開けると、また水漏れしてるからちょっと見にきて、ということだった。
奥さんはちょっとお酒の匂いがした。

ぼくは身に覚えがなかったけどついていって、彼女の家の洗面所を床に顔を近づけてみてみたが何もなかった。

横に顔を上げてみると奥さんがタンクトップにスカートのままでしゃがんでいて「あら?そう」とかとぼけていた。
スカートの奥が丸見えで、組んだ腕の間からこぼれそうな胸の谷間がせり出していた。

ぼくはつい目が釘付けになって固まっていると、

「何見てるの?」

と甘い声で悪戯っぽく微笑んできた。
立ち上がると

「暑いよね・・・ほら、汗かいてる」

といいながらぼくの手を胸の谷間に持っていきました。
ぼくは別に童貞でもなんでもないのですが、意外な展開に震えていたようだ。

「わぁ真面目なんだぁ」

と囁いて唇を寄せてくる奥さんに夢中でキスして、ぼくの口の中に入ってきた奥さんの舌を貪るように吸っていました。

奥さんに導かれるようにベッドルームに入ると奥さんはタンクトップやスカートを脱ぎ下着だけになり、ぼくも慌てて服を脱ぎました。
奥さんはぼくをベッドに座らせると勃起しきったペニスの先っちょをチュパチュパしてから口に吸い込んだ。

続きを読む

24才の国家公務員です。

私が母親に対してある疑惑を感じたのは中学1年生のときでした。

疑惑とは何か?それは私の母が友人たちの母親連中と比べると

「明らかに若すぎる」と言うことでした。

私の母は当時30歳、と言うことは私を17で生んだと言うことになります。

確かに女性は16になれば法律上結婚できる事にはなっていますが、それにしても若すぎる。

しかも母は高校を3年でちゃんと出ている。

そして、赤ん坊の頃に母に抱かれた写真が一枚も無い。

私一人とか父、父方の祖父母と一緒の写真はあるんですが、母や母方の祖父母と一緒の写真が全く無いんです。

小学生の頃は

「お母さんは写真が嫌いだったの」

「産後に体調を崩してしばらく入院してたから」

などと言われたことを信じていましたが、中学生にもなるとやっぱりおかしいと言うことに気付きました。

しかし、物心付いた頃には母は家にいたしお風呂も寝るのも一緒でしたから、

母の使った箸やスプーンを洗わずに使ったりする事にも抵抗は無く、普通の親子だと信じ込もうとしました。

私が真実を知ることになったのは高校入学の時でした。

高校に出す書類の中に戸籍謄本というのがありました。

母は私が役所に行って謄本を取ってくるというと、急に慌てて

「お母さんが行ってくるから」

と言い、もらってきた謄本も封筒に入れて糊で封をしてしまい、私が見ることが出来ないようにしました。

やっぱり何かおかしい・・・そして翌日、私は母に黙って役所に行き同じ書類をもらいました。

そして長年実の母だと信じていた人が、実はまったく血の繋がっていない女性である事を知ったのです。

ショックでした。家に帰ってから部屋にこもって泣きました。

どうやって話をしよう、明日からどんな顔をして接して行けば良いんだろう・・・私の頭の中はパニック状態です。

母は私の様子がおかしいのに気付いて心配そうに部屋の外から声をかけてきましたが、私は何事も無かったように取り繕いました。

しかし、その時から私の中では母が母で無くなって行きました。

まったくの他人・・・だから、着替えも洗濯物も何もかもが恥ずかしいと思うようになり、自然と母を避けるようになってしまったのです。

しかし、それはまた母を一人大人の女性として意識し始めた事でもありました。

私の意識というか心の変化が最初に現れたのは夢でした。

母を犯したり、母に迫られたり、つまり母とセックスする夢を頻繁に見るようになったのです。

この頃の私は高校1年生でもちろん童貞でした。

セックスについてはAVや雑誌からの知識しかありませんでしたが、その内容のようなセックスを母とする夢をよく見ました。

そして日に日に見る夢の内容が濃くなって行き、とうとう夢精してしまうようになりました。

最初は夢に対して拒絶反応というか、夢を見たあとの朝は自己嫌悪に陥っていたんですが、

そのうちに自分から母のことをオナニーのネタにするようになってしまいました。

続きを読む

このページのトップヘ