【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

私は、建設会社で工事の請負の仕事をしていますがこの不況で、なかなか採算がとれません。

そんな時ある工事会社の役員が、いい仕事があるよと3人で家にきました。

私の妻は自分の手料理で3人を一生懸命もてなしました。

妻が他になにか、おつまみつくりましょうかと言うと3人のうち先に酔った40代前半の社員が、、、

奥さんのつまみを、よろしくなどと下品な事をゆうようになりました。

私は、困りましたが子供2人も、二階で寝ている事だしまあ、大丈夫だと思い安心していました。

そして3人のうち私の知り合いの部長が私に、仕事の打ち合わせをするから図面をとってきてくれといいました。

私は図面は事務所に置いてあると言うと、どうしても必要だとゆうので往復1時間もかかる事務所に取りにいくことになりました。

そして図面をとって帰ってくると妻と3人の男たちがいません。

外へでてみると3人がのってきた乗用車がありませんでした。

私は、自分の車をだして周りをさがしましたが、見あたりませんでした。

2時間位すると車が家の前から走りさる音がして妻が、帰ってきました。

なにかあったのか?ときくと妻は、別になにも、、、と意味ありげに首を横にふりましたが

私は、おかしいと思い、犯れたのか?ときくと少し涙ぐんでいました。

妻の体に少し精液臭さを感じました。

私は、妻を強引に寝かせパンテイをおろすと男たちのだしたものがこびりついていた。

私は、証拠を残すため携帯をもってきて男たちのだしたものを撮影した。

次の日、なにも知らない事にして仕事の電話を、部長にしてみるとその話はなくなったといわれた。

1週間ぐらいたって妻の携帯を夜中に見てみるとやはりあの部長から電話がはいっていた。

そして妻は、最近でかけると少しずつ帰りが遅くなってきたことに不信を感じた私は仕事にいったふりをして車の中から妻を見張っていた。

すると家にきた時と、同じ乗用車が迎えにきて妻は乗り込んで走りだした。

私も当然、車で後をつけた。

30分ぐらい走るとあるマンションの前で停車した。

車からおりてきたのは部長と見たこともない男が1人だった。

私は、3人の後をつけるとマンションの1室に入っていった。

20分ほど時間をつぶしてマンションに戻り、妻が中にいる部屋の扉に耳をあててみた。

中には3~4人ぐらいの男の声がする。

聞いていると私も異常に興奮してきて耳が離せなくなり放心状態でした。

中で誰の物が、一番いい?などと妻を挑発する声が聞こえていた。

そして10分ぐらいたつと妻の、「ああは~ん。いや~ん。」と言う声が聞こえてきた。

もう少し聞いていたかったが不審者と思われるのも困りその場を離れた。

続きを読む

夏休みで帰省していた俺は、近所を散歩したり、本屋で立ち読みをしたり、とぶらぶらしていた。

親父の三回忌も終わり、帰ってきても母親がいるだけで、退屈していた。

「ハルキ、晩ご飯何にする?」

「何でもいいよ」

あの日も、いつもと同じ会話をしていた。

俺は、自分の部屋で、ヘッドホンをして、ネットを検索し、エロ画像や動画に見入っていた。

そのうち、だんだん興奮してきて、シコシコやっていたら、当然母親が入ってきた。

「ハルキ、聞こえているの・・・?」

俺は、慌てた。

そして恥ずかしさのあまり、怒鳴ってしまった。

「勝手に入ってくるなって、言っただろ!」

そう言って母を突き飛ばしたが、母の体は思ったより軽く、よろよろとベッドに倒れこんだ。

「ハルキ、だめ!やめなさい!」

「???」

俺にそんな気はなかったのだけど、母からすれば、ち○ぽを勃起させた下半身裸の男がベッドに突き飛ばしたのだから、勘違いするのも無理はなかった。

俺は咄嗟に母に馬乗りになると、母は猛烈に暴れた。

「バカ!何するの!やめなさい!」

そう言って腕に噛みついてきたので、俺は思わず母の頭を押さえ、ビンタしてしまった。

すると母は急に大人しくなってしまって、怯えた目で俺を見た。

「お母さん・・・、ごめん・・・」

そう言って、顔に触れようとすると、

「イヤ!触らないでぇ!」

と叫ぶと、泣き出してしまった。

それを見た俺は妙に興奮してしまって、組み敷いた母のブラウスを力任せに左右に引きちぎった。

ビリッと生地が破れる音とボタンが飛んで床で跳ねる音がした。

40代後半になる母の白いブラジャーが目に映り、それを上にたくし上げると母の乳房が露わになった。

母は再び足をバタつかせ、腕を突っ張って逃れようとしたが、両腕を掴んで自由を奪った。

はぁはぁと息を切らし、時々腕を振りほどこうとするが、男の力には敵わない。

「ハルキ、絶対にダメだからね」

俺は、バンザイをさせるように母親の両腕を頭の上で押さえつけ、体を少しずつずらして胸の上に跨るようにし、顔の前にち○ぽの先を近づけた。

続きを読む

私達夫婦も初めての夫婦交換を経験しました。

はっきり言いまして、それまでの私と妻は倦怠期を通り過ぎて半年に1回あるかどうかの有様でした。

私としては何度も妻に求めていたのですが、仕事で疲れているからとか何とかと言っては拒絶されるのが頻繁でした。

私も妻も同じ年齢で今年43歳になります。

結婚して20年をまわっていまして息子も高校3年生になります。

私は単なるサラリーマンですが、妻はと申しますと美容室を経営している事業主なのです。

今までにも何人かの見習いの子や従業員を雇っていました。

そんな中で5年ほど前に妻の店を退職して、現在は独立して自分の店を持っているというS君という32歳の男性がいます。

妻が雇った中では珍しく男性でしたので、当時から私とS君は妻の仕事以外でも飲みに行ったりする仲でした。

妻は一切、お酒がダメな女性ですので、専ら飲みに行く時は私とS君だけで出かけていました。

この頃から私は妻を他人に抱かせる願望を持っていて、出来ればその相手にS君にということを考えていたりしていました。

しかし、妻にそのような事を言っても断わられるのは必至でしたので、口に出す事はありませんでした。

そんな中での今回のスワッピング計画は、半年振りに妻と行為の最中に「夫婦交換なんてしてみる気はないか?」と提案したところ、

最初は拒んでいた妻も意外にあっさりと「あなたが望むならやってみようか」と承諾してくれました。

そして翌日から色々なサイトで夫婦交換を募集している相手にコンタクトを取りました。

私達夫婦にしてみれば未経験のことですから、お相手のご夫婦はリードしてもらうために経験済みのご夫婦を探しました。

何組かのご夫婦とメールでやり取りする中で職業的に興味が湧いたご夫婦に決めました。

ご夫婦の名は小林さんご夫婦です。

私の気を留めた職業とはご夫婦共に“教師”だというのです。

旦那さんは高校の教師で50歳、奥様は中学校の教師で48歳とのことでした。

小林さんご夫婦はスワップ経験が2回あるとのことで、熟女好みの私的にはビンゴといった年齢だし、職業が教師というのにもはまりました。

続きを読む

このページのトップヘ