【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

隣室からの話し声に突然目が覚めて、

母の部屋を障子の隙間から覗くと、

枕元の明かりに照らされて、

後ろ向きで上半身裸の男性が、

布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、

着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。

「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」

母はかなり抵抗していましたが、

やがて浴衣の帯を解かれると、

一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。

浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、

下半身は白のビキニショーツのみで、

股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。

恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、

男性に腕を掴まれて引き寄せられると、布団のうえに再度押し倒されました。

「イヤ、イヤ、だめ、お願い許して」

男性は母の身体を押さえ付け、下半身に残されたショーツに手を掛けて剥ぎ取ると、一糸まとわぬ全裸姿にしてしまいました。

私は思わず「お願いやめて下さい」と言い出そうとしましたが、驚きのあまり声を出せず、自分の口を塞いでしまいました。

母の身体はふっくらと盛り上った乳房、くびれたウエスト、やや濃い目の陰毛に被われた性器をあらわにされて、

必死に恥ずかしさに耐えている母の全裸姿を見つめていました。

39歳になる母ですが5年前に父を亡くして、娘の私から見ても女盛りの魅力ある女性で、男性は父の実兄にあたる人です。

50歳位になる伯父は未だ独身だそうで、父が亡くなってからはしばしば母に言い寄っては、その都度母を誘惑していました。

私は今年19歳を迎える母の一人娘です。キスの経験は数回ありますが、セックスの経験は未だありません。

「ダメッ、となりに娘が寝ているから、イヤッ、お願いだからやめて」

伯父は母の身体に覆い被さり抱きしめると、男と女すなわち伯父と母が性の快楽を求め合うセックスが始まりました。

初めて見る生々しい光景に、私は興奮を押さえられず必死に息を殺して、セックスの一部始終を覗き見ることになりました。

伯父はトランクスを脱ぎ捨て全裸になると、股間の陰毛に被われたペニスは大きく勃起して、そそり立つペニスを母の手に握らせると、

「いいか、これを入れるからな、すっかりご無沙汰だろう、可愛がってやるから」

「だめ、やめて下さい、お願いですから」

「あまり騒ぐと娘が起きて来るよ、いいのか、それとももう隣から覗き見しているかも・・・・」

続きを読む

結婚して3年経つんだけど最近は嫁さんともセックレス気味……。

なのに嫁さんは今月、三十路を迎えますます激しく求めてくるようになって……。

俺の可愛がってるイケメン後輩の直樹(24歳)はよく、
家に連れてっており嫁さんもよく知っていた。

あれは先週の木曜日の俺が東京出張だった(のはずだった)夜のことだ。

泊りのはずが夕方キリがついた為、急遽新幹線で帰って名古屋駅に着いたのが22時。

智佳子には知らせず帰ってきた。もう寝てるかな……?

静かにキーを回し家に入った。玄関には見覚えのある靴!まさか?!

俺はそっと足音を立てずに奥へと進む。寝室のドアは半開きだ……。

中を覗くとベッドの上で、
智佳子の胸に顔を埋めてお尻を突き出しているのは間違いなく直樹だ!

俺は心臓がバクバク鳴りだした。

「奥さん!キレイっす!チュパ!ちゅぱっ!!」

「あぁ~んっ、直くん上手よ。ああっ、あーっ!!」

智佳子は身体をくねらせ悶えている。

俺とのセックスでは最近、見せたことのない満足気な表情……。

智佳子の少し小ぶりだが上向きの美乳が、俺の角度から丸見えだ。

結婚当時から比べると少し濃いめになった乳輪。

だが年齢とともに敏感になってきた乳首!

直樹の顔が徐々に下に移動する。智佳子の両足を抱え、お○んこを舐め始めた。

「ああーっ!恥ずかしい!そ、そんなとこやめて!」

「奥さんきれいッスよ!それにびちょ濡れじゃないッスか!!」

「あっん、だってほんとご無沙汰で……」

「先輩とはしてないんっすか?もったいない!今日は僕がたっぷり愛してあげますよ!」

目の前で繰り広げられる、嫁と後輩のセックスに俺はめっちゃ興奮していた。

直樹のチ○ボが見えた!デカイ!!

「奥さん入れますよ!いきますよ!」

直樹は嫁さんにデカチ○を挿入した!!

リズミカルに腰を振る直樹。

「あっあん!うんっ!あぁー!!」

しかし幕切れはあっけなく訪れた。

「あー奥さん、イッちゃう!いく!イクぅっ!!あぐぅあっー!!」

ドピュッ!!

なんと直樹は智佳子のお○んこに生で中だしマジイキ

挿入からわずか30秒ぐらいだ。直樹は早漏だった。

智佳子は「えっ!?え???……もうイッちゃったの?」と呆れ顔だ。

俺はもう一度そっと玄関に戻り、30分ぐらいして直樹が出るのを確認して再び家に戻った。もちろん知らないふりをして……。

智佳子はびっくりしていた。が、俺は興奮していた。

智佳子は寝る時はいつもブラジャーとパンティーだけだ。

続きを読む

30歳の主婦です。

只今、子作りに主人と二人で励んでいます。

年を取り、おばさんになると妊娠しにくくなりますから
今のうちに毎日子作りSEXをしています

最近は主人よりも私のほうが積極的になってるような、、、、。

主人が元気のないときは、主人の横でオナニーして見せるように言われたんです。

最初は嫌だったけど、、、ブラとパンティだけは付けさせてもらって、、、。

そうしたら「由紀ぃーっ!」って言いながら、私に飛びついてくれるんです。で、主人もする気になって、、、、合体っ!

昨夜、私がベッドに仰向けになってオナニーしてたんです。勿論、下着はつけたままで
主人はソファに座って、私を見ながあそこに手をやってました。

オナニーしている姿って男の人は興奮するみたい、、、、笑。

しばらくして主人は自分で下着を脱いで「由紀、舐めて」って、、、、。

私は起き上がって、手だけで前後してあげたんです。

主人は、「口も使って、、」って言ったんですが、私は意地悪して手だけでしてあげました。

私は主人のお腹や胸を舐めてあげたり、自分であそこや胸、クリトリスを触っていました。

それだけで、すごくエッチな気分になって何度かイきそうになりました。

そうするうちに主人が「由紀ぃーっ!」って言いながら、私を押し倒してパンティだけ脱がせて入れてくれたんです。

主人は最初から凄い勢い?で動いたので、私は直ぐにイッちゃいました。

私がイクと主人はゆっくり出し入れして、気がつくとまた早く動いてくれるんです。

そんな感じで2度3度イかせてくれました。

その後は四つん這いにされて、後ろから、、、。

いつもお尻を動けないように両手で持って、主人が強く動いたりゆっくり動いたりしてくれるんです。

でも私がちょっと意地悪したと日は、腕を後ろ手にされて強く出し入れされるんです。

「由紀はこの格好が好きみたいだから、こうやって、、、」とか言いながら、、、。

何度かイッてしまって自分で体に力が入らなくなって、、、
手を離して後ろから胸をギュッと抱きしめるようにしてくれたんです。

私は足を少し開き気味にしてお尻を後ろに突き出すような格好、、、
膝をついて立ったまま後ろから入れてもらってる感じかな。

胸を腕で押し潰されるようにされて、私は体の自由を奪われて凄く感じてしまったんです。

主人は何度も強くしたりゆっくりしたりしてくれて、「AV女優としてるみたい、、、」

「はぁはぁはぁ、、、、気持ち良いよぉ」

「、、、すごい体位っ!」

「はぁはぁはぁ、、、、」

続きを読む

このページのトップヘ