【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

キャンプの時のこと。

隣に家族連れの人が居ました。

家族連れの3人の女性が現れて「すいません?胡椒ありますか?」と聞かれて貸してあげました。

30代半ばの女性か、ホットパンツやデニムの短いスカートを穿いてて、タンクトップやキャミソールで露出度が高い。

自分達はと言うと、友達と3人でテントを張り、夕飯は焼きそばにでもしようかと話していた。

ライターも旦那さんが持っていったらしくて、火をつけてあげたが、女性が屈むと際どい所まで丸見えでした。

チラ見しながら友達と火を起こし、女性にお礼を言われて戻ったけど、もう1人の友達は違うママさんと話し込んでいた。

帰って来ると「おっぱい見させてもらったけど、ノーブラじゃねぇか?」と言ってた。

それからはあのママさんがデカそうだとか、おっぱい談義で盛り上がりました。

夕飯は焼きそばにし、3人で食べ始めたらそのママさん達がお酒を持ってきて、皆で食べました。

時折女性が屈むと覗けて拝まして貰いながら。

夕飯は暗くなる前に終わり、ママさん達も洗うのを手伝ってくれ、気がつけば辺りは暗くなり、旦那さん達が帰って来ました。

隣ではカレーのようでした。

自分達3人で飲んでて、隣は花火を始めて眺めていました。

そして、友達がトイレに行ってしばらく帰って来ずに帰って来たら「胆試ししないか?」と言われて、

「どういう事?」と思うと、「さっきの3人の1人から、夜に3対3で行かないかって」と言われて、もちろん参加。

22時くらいに待ち合わせる事にして、それまで時間を潰しました。

時間前に少し離れた場所にあるベンチがある休憩所に居ると「こんばんわ♪」と3人が現れた。

「大丈夫なんですか?」

と聞くと「大丈夫だよ?3人で来たから」と。

そして、そこで話をして公園を1周する事に。

男女ペアになり、俺は髪の長い細めな由紀子さんとペアになりました。

5分ずつ遅らせてそれぞれのペアがスタートしました。

俺達は最後になり、由紀子さんと歩いていきました。

気がつけば辺りは薄暗く、時折灯りがあるだけだった。

「やっぱり恐い…」と由紀子さんが言いながらついてきて、しばらくするとガサガサと音がした。

鳥のようでしたが、「恐い!」と腕を組まれた。

ムニュッとした胸の柔かな感触を楽しみながら歩いていきました。

すると、コースから離れた休憩所があり、なんか呻き声が聞こえる。

近くに行こうとしたら、またもや由紀子さんが「恐い」と言いながらも由紀子さんはついてきて、休憩所前に灯りがあり、少し覗きました。

すると、そこには人影が2つ。

「ウンッ…ンッ…ンッ」と、どうやら吐息らしい。

暗闇に目が慣れて見てみると、それは友達と一緒に行った真紀さんだった。

「おっぱい舐めて…」と話している。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は主人が初めての人、処女のまま今の夫と結婚したのです。

それまでは男の人と手をつないだこともなかった。

ファーストキスも未経験でした。

今、37歳になる専業主婦です。

夫に飼育され、性奴隷のような調教セックスに快感を持つようになりました。

私達夫婦はお見合いで知り合い結婚をしました。

結婚式の誓いのキスが私のファーストキスだったんです。

逆に主人はあとで知ったのですが、かなり遊んでいて結婚相手はお見合いでという考えだったようです。

結婚式の夜が初夜の日になりました、披露宴をあげたホテルのスィートルームにて。

部屋に戻ってきてからどう過ごせばいいのかわからなく私は固まっていました。

主人がお風呂からあがってきてから、促されるようにお風呂に入りました。

その後どういう格好で出ていけばいいのか、とまどっていると主人に呼ばれました。

バスルームから部屋に入ると主人に抱き寄せられ、「今後ともよろしく」と言われ唇を合わせました。

どんどんと私の口に入ってくる主人の舌をどうすることもなくされるがままでした。

そんな私にきっと不満だったと思います。

そのままベットに連れて行かれ、愛憮をされ、足を広げさせられ主人のモノを入れてきます。

しかし、痛くて痛くて泣き出した私。

主人はそこで中断をし、何も言わず寝てしまいました。

このままでは離婚を言われるのではないだろうかと思いながら朝を迎え、新婚旅行に出かけます。

親にも相談できず、旅先でもどうすればいいかわからず、何にしても主人についていくしかできない私でした。

それに気づいたのか主人が、「昨日のことは気にすることない、新婚旅行がちゃんと夫婦になるための旅行だから」と言われ

7日間のハワイでの新婚旅行は観光ではなく昼間も含めずっとセックスをしていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

前から付き合っていたが、今は同じ会社の熟女です。

理恵(仮名)・・・今、最もハメまくっているアラフォーの新婚妻です。

結婚しようとしない私にしびれを切らして2年前に別れったきり

結婚すると聞いて急にムラムラと押さえることの出来ない欲情に駆られてしてしまいました。

ドキドキしながら思い切って、付き合っていた頃に待ち合わせに使っていたパブで7時に待ってると伝えると不思議そうな表情をしており、

ダメもとで待っていたら嬉しい誤算、1人で来てくれました。

早々に、店を出てブラつき、頃合いを見計らい、寒いからと、持ち上げるように引きずりながら、嫌がるのを強引にホテルへ連れ込む。

押し退けようとするのを、力ずくで抱き寄せ・・顔を背けるのを無理矢理キスし・・

‘ね、やめよ・・・ね・・・’振り払おうと手を制しながら、クリトリス?陰唇を弄り・・・

そうしていると昔を思い出すのかジットリと湿り気を帯び、ジュワ?と濡れてくる頃には、嫌がる声が上ずってアエギ混じりになった。

興奮し、カウパーで亀頭が濡れている限界まで勃起したのを見ると、観念したのか、‘ね、お願いゴム付けて’と哀願してきた。

そうしながらも、跳ね除けようと抵抗するが、手を押さえ、生のまま挿入。

やだ……だめぇ?

……ね、ね、………ぁ?ーん……

アエギ声に、泣き声が混ざっており、快感と苦しそうな表情に泣き顔が混ざっている。

泣き顔に興奮しフライング気味に少し精子が出たが、痛いぐらいに固くなったままで、泣き声を押さえようと激しくかき廻しながら腰を動かす。

やがて、膣の動きが活発になり、痙攣したようにピクピクしだす。

ね、外に出して・・・あっ…あぁ…あぁ?ん・・

結婚しても当分子供は作らず仕事を続けるつもりで、婚約者の彼とはずっとゴム越しだったそうで、膣内射精の余韻がさめた後、泣出してしまいました。

泣きながら震える、乳房・お尻に興奮し、キツ?イ2発目を子宮奥へ注入。

不思議と、こんな風に興奮した時の2発目は、1発目より・・・いつもよりも、固さが違う。

翌日、会社で会うと‘最低!’という表情をしましたが、再度誘ったら嫌がりながらも

「もう1回だけ!」との私の願いをシブシブ聞いてくれて・・・同じ事の繰り返し。

ナマ挿入を嫌がるのを押さえ付けて強制膣内射精2連射。

いつもだが、アエギ声で抵抗されると、燃えてしまう。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ