【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

私は30歳になるサラリーマンです。妻の綾は22歳、子供はありません。

私たち夫婦と、妻の従妹夫婦とのことを書きます。

妻とは結婚して二年目になるのですが、ふとした話から妻が以前(高校の頃)従弟の由紀夫くんとセックスしていたことを知りました。

いまでは由紀夫君も結婚して、よく家に遊びに来りしていて、私も良く知っていたのでショックでした。

ただ、話を聞くと、お互い愛し合って、というのではなくて、好奇心と、ただ気持ち良いいからセックスしていたそうです。

そんな話を聞いているうちに、私はムラムラしてきて、由紀夫くんに抱かれている綾を見てみたいという気持ちになってきました。

最愛の妻が他の男に抱かれている姿を想像するだけで興奮してしまいました。

妻にそんな話をすると、だったら従弟夫婦とスワッピングすればという話になりました。

妻が由紀夫君に連絡してから二日後に返事が来ました。

由紀夫君の奥さんの朋子さんがなかなかウンといわなかったようなのですが、説得したとのことでした。

由紀夫君は鳶をやっている威勢のいい若者で、奥さんの朋子さんは最近めずらしいおとなしい感じの女性です。

なかなか美人で、そそるものを感じていたので私も楽しみにしていました。

次の土日に、由紀夫君が車を出して、四人で山のホテルに行きました。

昼間は川原でビールを飲みながら釣りをして、ごく和やかに、ふつうの家族ぐるみの付合いでした。

その後夕食を終えて、部屋に入ってからお互いなんとなく気詰まりな雰囲気になりました。

私は結構興奮していましたが、平気な振りをして、そういえば綾と由紀夫君は昔付合っていたのだったね、と話を向けて見ました。

由紀夫君が「そうなんスよ、よく遊びに行くといっては学校の帰りに綾チャンの家にいってハメ狂ってたんス」というと、

綾も「由紀夫ちゃん、強引で、指でいきなりアソコを掻き回したりするんだもん、痛かったよ」

「はやく濡らそうと思ってさ。でもだんだん上手になっただろ」といって、ニヤニヤしながら綾の太ももをなではじめました。

綾も頬を赤くして「うん。高校の最後の頃にはいっぱいイカせてもらっちゃった」

「してやろうか」綾は許可をもらうようにちらっと私を見て「うん、して」と言いました。

由紀夫君はスカートの中に手をいれて、綾のアソコをまさぐっています。

綾は「あん、あん」と甘い声を上げ始めました。

由紀夫君の手はいつのまにか胸をまさぐり、ブラウスのボタンを外し、

ブラからCカップの妻の白い胸をぽろりと出して揉みしだきました。

そして乳首を乱暴にこねくり回して、「綾はこうされるのが一番感じるよな」といいながら、乳首に歯をたてました。

「ああんっ、いい、由紀夫ちゃん、いい」綾はそう言いながら、由紀夫君の股間に手をやって、ジッパーを下ろしました。

由紀夫君のペニスはエラが張っていて、そんなに長くはないけれど結構な太さがありました。

続きを読む

去年の正月、妻の実家へ挨拶に行った時のことだ。
かねてより妻の母、佳恵をモノにしたいと狙っていた俺に、とうとうそのチャンスが訪れた。

「さあさあ、貴志さん、一杯どうぞ。」

美しい佳恵に勧められると断り切れず、立て続けに杯を重ねた俺は、あっという間に酔いつぶれてしまった。

どれだけノビていたのか、気が付くと佳恵が台所に立って料理を作っている。

「ああ、お義母さん、美優や子供たちは?」
「皆でイオンにお買い物。おもちゃでも買わされているんじゃない?」

今、家にいるのは佳恵と二人だけだ。
かねてからの想いを遂げるべく、台所に立つ佳恵に後ろからそっと近づいた。

学生の頃からの『熟女』好きな俺にとって、佳恵は素晴らしいターゲットだった。
今まで抱いてきた大勢の熟女達の中でもトップクラスだろう。

今年50歳になる佳恵、栗色にカラーした髪をアップでまとめている。
どちらかというとカワイイ系の色白な顔立ちにクリクリとした大きな瞳。

微笑むと優しいお母さんといった感じがそそられる。
むっちりと脂が乗って抱き心地のよさそうな躰。

セーターを突き上げている見事なメロン程の乳房が目を引く。
張り出した腰にツンと上を向いた安産型の大きなヒップ。

タイトスカートにパンティのV字ラインがくっきり写っている。
最高の熟女、佳恵を抱くのは、今しかない。

俺の心は、妻の母親をレイプするというけだものの様な欲望に支配され、
後の事など何にも考えられなくなっていた。

意を決した俺は無言で後ろから手を回すと、その手のひらにもあまりそうな乳房を鷲掴みにする。
突然の事に、びくりした佳恵は悲鳴を上げながら慌てて俺の手を押さえる。

「ちょ、ちょっと、貴志さん!どうしたの?酔っぱらってるの?」
「もう酔ってなんかいません。お義母さんが欲しいんです。」
「何、言ってるの!冗談は止めて!」

身体を捩って腕を離そうともがく佳恵のうなじに舌を這わす。

「ひっ、ホ、ホントに止めて!いけないわ!」
「初めてお会いした時から、惹かれていたんです。一度でいいんです。ほんのしばらくだけ、俺のオンナになって下さい。」

「貴方は美優の夫、私は美優の母親なのよ。落ち着いてよく考えて・・・」

必死で抵抗する佳恵の顔を押さえると、その可憐な唇を奪う。

「っむう・・むううぅ・・いや、やめ・・・やめて!」

激しく吸い立てながら、舌をこじ入れたり顔中を舐めまわしたりする。
10分近くそうしていただろうか。

徐々に佳恵の抵抗が弱まって行く。

上気して赤く染まった頬、荒い息をせわしなく吐きながら、トロンとした瞳を宙に泳がせている。
顔を押さえていた手を放し、セーターを捲りあげると年相応に崩れた躰が現れる。

「ダメダメ・・・いけない・・・いけないわ。」

続きを読む

出張に行ってきました。
博多から在来線の特急に乗りかえて、とある地方都市へ。

帰り、博多までの特急の車中での事です。
僕の席は窓側で、隣は空席。

通路をはさんで反対側の席には、2才ぐらいの男の子を連れたお母さんと、お婆ちゃんの3人組。

お母さんは、サマードレスというのでしょうか、真っ黒で簡単な作りのミニのワンピース。
露出度高めで、期待大です。

普通にしてても、腋や胸の膨らみ、服と同色のブラがチラチラ見えます。
少し動くと、すぐに肩紐が下がってしまいます。

しかし、お母さんはわりと無頓着で、時々ブラの肩紐まで一緒に下がってしまっています。

男の子がけっこうヤンチャで、車内を走り回ったり座席の上で飛び跳ねたり…。
それを抑えるお母さんの動きも、激しくなりがちです。

座席に座ったお母さんの両足の間に立った男の子が、体をぐいぐいお母さんに押し付けます。
お母さんのミニスカートがどんどんたくし上がって…

「あ〜こら、もぅやだ…」

下着もお揃いの黒でした。

男の子は僕の隣の空席にもやってきて、遊んでいます。
僕の体にもガンガン当たってくるし…

「あ〜、すみませーん!〇〇ちゃん、だめよ!」

普通なら文句のひとつも言う所ですが、そこは、お母さんが魅力的なので…

「まぁ元気が良くていいですよ。ははは。」

これで、男の子ともお母さんとも打ち解けてしまいました。

他の乗客も、僕と同じようなビジネスマン風が多いのですが、騒がしい子供に対して誰も文句を言いません。

お母さんの歓心を買おうとするのがミエミエで、男の子に話しかけるオヤジもいます。
(僕もあまり他人の事は言えませんが。)

しばらくして、お母さんが、転んだ男の子を抱き起こそうと、前屈みになったとき…
ついに、期待していた事がおこりました。

貧乳…というほどでもないのですが、小さめのオッパイとブラの間にスキ間が出来て、かろうじてブラで隠されていた乳首が、バッチリ見えたのです。
ほんの数秒間でしたが…。

小粒のとってもかわいい乳首でした。

そうこうする内に、疲れたのでしょうか。

続きを読む

このページのトップヘ