【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

私は35歳、妻は31歳、そして母は59歳で、来年60歳になり、還暦を迎えます

そんな高齢の母と母子性交してしまったんです

父が病気で亡くなってから母は一人暮らしでしたが、3ヶ月前に私と妻が結婚して実家で母と一緒に暮らすようになりました。

妻は妊娠してセックスの快感に目覚めたようで、私等夫婦はほぼ毎日、一回といわず夜朝と、セックスは欠かさずしていました。

私等夫婦は二階で、母の寝室の真上だったので、控えめにしたつもりでも妻の喘ぎ声やベッドの軋む音など、

刺激的な音が嫌でも母に聞こえていただろうと思います。

母は昔はかなり細かったのですが、父が亡くなってから少し肉がついて豊満な熟女になり、前よりも魅力的になりました。

特にオッパイはボリュームある膨らみで、白い胸元は年令を感じさせません。

そんな母と私が近親相姦をするようになったのは今から1ヶ月前のことです。

実は妻とは、デキチャッタ婚なんですが、毎日激しくSEXをしていたせいで、妻が出血と腹痛を起こして、切迫流産で緊急入院することになりました。

妻が入院して、母と二人っきりの生活が始まってすぐのことでした。

晩酌の相手が母になり、あまり飲まない母も、私と二人の時はけっこう日本酒を飲むようになりました。

その日も風呂から上がって母と二人で日本酒を飲んでいました。

「今日、素敵なお洋服を見つけちゃって衝動買いしちゃったの」

「どんな服?」

「じゃぁ、ちょっと見てくれる?」

母は嬉しそうに微笑んで部屋を出ていって、買ってきた服に着替えてまた戻ってきました。

「すこし派手かしら?」

「それってさぁ、どうなんだろうね。オッパイが出すぎだよ」

母は自分の胸元を見ながら、

「そんなに出てる?これくらいなんともないわよ。平気よ」

と言いました。

「じゃぁ近くで見られても平気?」

と言って、母に近づいて側に座りました。

私も酔っていたので

「触わってもいい?」

と母に顔を近づけて小声で言いました。

母も小声で

「触わりたいの?」

と聞いてきました。

私は黙って手を伸ばして母の乳房を軽く掴みました。

妻とは違う弾力とボリュームを感じました。

「どう?」

母は、ちょっと首を傾けて私の方を見ていました。

「結構、大きいんだ」

私もあまり深刻な顔をすると気まずいので軽く言いました。

すると母の手が私の手の上に乗って、乳房に押し付けてきました。

私は母の微妙な気持ちを読んで、乳房を愛撫するように揉み始めました。

続きを読む

妻の実家で不幸があった。

久しぶりの帰省。

仕事上どうしても長くは滞在でき無かった私。

一人帰宅の路。

ビールとつまみの夕食。コンビニへ。

レジで会計を済ます。

後ろから「明男さん?お帰りだったんですか?」と声をかけられた。

お向かいの奥さん。

美樹さん。色っぽい美熟女、30歳。

以前からプロポーションに引かれていた私。

見かけるといやらしい想像を膨らました豊満ボディ。

今夜も大きな形のよいおっぱいがよくわかるクリーム色のセーター。

生足がガチ興奮させてくれるミニ。

家まで二人歩いていました。

すると

「私も今日は主人が出張でこれから一人で夕飯なんです、よかったらどうですか?」

「いや、そんなずうずうしい事・・・」

「いえ遠慮なさらずに。先日は私が奥様にご馳走になってますし、」

そんなやり取りの最中も目は彼女の体を嘗め回してました。

食欲よりもっと彼女を見ていたい性欲に負けて、ご馳走になる事を承諾しました。

どうぞと招き入れられお向かいに上がりました。

綺麗に掃除が行き届いていていました。

「こちらで少しお待ちになって」

とダイニングの椅子を勧められ座りました。

他人の家で人妻と二人きりでいることに、ドキドキしながら食事の支度をしてくれている彼女を、思う存分眺めることができました。

時折見えるオッパイは顔を埋めたくなるいい形です。

くびれた腰に続くお尻はバックでしたらいいクッションになるだろうな、と勝手な想像をしながら食事が出来る迄の時間を楽しんでいました。

手短にしかし、美味しいパスタとサラダ、スープが出来上がり、

「何もありませんけど・・」と言いながら向かい合わせに座った彼女はちょっとはにかんだようで可愛かった。

先ほどのビールを飲み、談笑しながらの食事は、会話のなくなった妻とのそれとは大きく違い、新婚時代を思い出させてくれました。

やはりパスタを運ぶ口元を想像たくましく見つめながら楽しい時間を過ごしました。

このチャンスを逃したくなくて、今度はうちで酒を飲むようにくどき、承諾させました。

先に帰り食卓の後片付けをしてからの彼女を待ちました。

間も間もなくチャイムが鳴り彼女が現れました。

続きを読む

厨房の時に、部活に入っていて、いつも帰りは5時過ぎだった。

中学校から自宅への帰り道に河川敷を歩いて帰るんだけど、丁度5時頃って犬を散歩する時間なのか、よく見かけた。

そして、いつものように学校から河川敷を通って帰っていると、おばさんに声を掛けられた。

年はたぶん母親と同じぐらいの40代前後、でもかなり綺麗なおばさんで、今思えば美熟女って雰囲気だった。

なんでも、犬が急に走り出したので携帯を落としたらしく、一緒に探して欲しいと頼まれた。

暗くなりかけていたので、おばさんの携帯番号聞いて、掛けてみたら草むらから着メロが聞こえてきた。

オレが携帯を拾おうとしたら、運悪く片足が泥にはまって汚れてしまった。

四十路のおばさんとはいえ、年上の女の人とあまり話したことがなかったオレは、恥ずかしかったのでその場でおばさんに携帯を渡して、さっさと走って帰った。

次の日に、同じ時間くらいに河川敷を歩いていると、携帯が鳴った。

登録していない番号だったので、こわごわ出てみると、昨日の犬と散歩をしていた綺麗なおばさんだと分かった。

なんでもおばさんは、昨日のお礼がしたいとか言って、町外れのドラックストアまで来て欲しいと言ってきた。

オレは帰り道から外れていたけど、そんなに遠くなかったので行くことにした。

ドラックストアに着くと、昨日のおばさんが大きめの車の窓から顔を出して車に乗るように言われた。

ちょっと怖かったけど、あまり深く考えずに、開けてくれた車の後ろのスライドドアから車の中に入った。

車の中は、おばさんの他は誰も乗ってなく、昨日の犬もいなかった。

おばさんは、昨日の泥だらけになった靴を弁償するとか言ってくれたが、もともと古いボロ靴だったのでいらないと説明した。

おばさんは、困ったような顔をして、しばらく何か考えていたけど、急にオレが乗っている後ろの座席に移ってきた。

おばさんは、どうしてもお礼がしたいとか、なんかそんなふうはことを言いながら、急にオレにキスしてきた。

続きを読む

このページのトップヘ