【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

最初に母を女として見たのは中学に入った頃。(母といっても小学4年で両親が離婚し私は父親に引取られ5年生で父が再婚した継母)

性に目覚め母の汚れた下着でちょくちょくオナニーしていた。

高校の頃押入れで探し物をしていた時に箱に入った黒いバイブ、大量のコンドーム、
父と母の今で言ういわゆるハメ撮りのポラロイドが何十枚もあるのを発見してしまった。

正直ショックとスケベ心ではスケベ心が勝った。

この後からポラロイドのイヤラシイ母をオカズに汚れた下着に匂いを嗅いだり舐めたりして母とセックスしている妄想でオナニーをする事が増えた。

そんなオナニーもだんだんエスカレートし、最後に汚れたクロッチに発射して中出しした気分になっていた。

高校2年の5月くらいに突然「アンタ私の下着何かした?」と母に言われ、焦りながらも「何もしてないけど何で?」ととぼけた。

すると「そう、ならいいんだけど・・・」と言葉を濁して部屋を出て行った。

ある日学校から帰宅し母がパートで留守なのをいいことにまた汚れた下着でオナニーをし、
やはり最後はクロッチに発射、綺麗にパンティーで拭き取った所に母がいきなり入ってきて、
「アンタ何やってるの?こんな事して良いと思ってるの?」とすごい剣幕だった。

最近洗濯機に入れておいた下着に精液が付いているので先日わざと自分に揺さぶりをかけたらしく、今日は決定的瞬間を押さえられたとの事。

何も言い返せなかったので急いで両親の部屋まで母を引っ張って行き、例の箱を押入れから出し
「こんなの見つけた。こんなの見たら俺だってこういう事したくなるじゃん」と訳の分からない逆切れをすると母は黙ってしまった。

こうなったらどうにでもなれと「俺だってお母さんとやりたい」と母をベッドに押し倒すと「親子でしょ!ダメ」と抵抗された。

箱からコンドームを出し、「これ着ければ他人だし、元々本当の親じゃないじゃん」と言い
羽交い絞めにすると少し沈黙した後「今日だけにして」と諦めたようだった。

そのまま服を脱がせ無我夢中で挿入。
母は目を閉じて耐えている様子。

すぐに我慢できずに発射。

ところが発射してもオチンチンは小さくならずまだキンキンに立っていた。

すかさずコンドームを取替えようとしたら小声で「そのまま入れなさいいいわよ」と耳を疑う言葉が・・・

「え、だって子供できたら」といい終わる前に「いいから!」と被せて言われたのでそのまま挿入し腰を振ると、今度は母もハァハァ感じている。

訳が分からなかったが明らかに母も積極的に腰を振っている。

しばらくして「今日は大丈夫だから中で中で」という言葉を聴いた瞬間2度目の発射。

発射している間もきつく抱き疲れた状態で放心状態の私に「アンタが私のパンツで変な事してるのは知ってたの。

続きを読む

私36歳、妻35歳、子供8歳(男)、友人33歳、友人妻31歳、子供8歳(男)。

6年前、私達夫婦は郊外に家を購入しました。

翌年、お隣さん(井川さん夫妻)が家を建てたんです。

近所挨拶に来た時から感じの良い夫婦だと思っていましたし、子供も同級生という事もあり、お互いの家族関係は親密な状態になっていったんです。

何より、井川さんの奥さんは155cmくらいで可愛くてスタイルも良く、AV女優並の肉体の持ち主で、会う度に股間がムラムラしていました。
(推定ですが、胸はFカップクラスです)

旦那さんも感じが良く、趣味も車好きと言う事もあり意気投合!
何かと一緒に飲む関係に…。

その延長で、今では一緒に旅行に行くほどです。

そんな仲ですから、酒の席ではエッチな話もする様になり、お互いの夜の営み何かも話したり時には、
どんなプレイが好きだとか、女性の好みを聞いたりする事も…。
すると、私は井上夫人に興味があり、井上さんは私の妻に興味がある事が薄々分かってきたんです。

私の妻は、163cmスラッとした体系で美人顔です。
整った顔が昔から大人の女性をイメージさせるのか、実年齢より上に見られる様です。

井上さんは年上好みで、胸は小さく痩せ形が好きらしく(妻はBカップ)、妻が理想像に近いと言います。
一方私は、可愛くAV並みのムッチリ肉体が好きで、特に巨乳には目がありません。

井上夫人は、正に私の好みだったんです。
(もちろんこの内容は妻達は知りません)

私の妻が温泉好きと言う事もあり、その時は温泉旅行に出かける計画を立てていました。
メジャーな温泉も味気ないと言う事で、山奥の小さな温泉旅館に決めました。

井上さんが車を出す(現行アルファード…車高下ろして格好いい!!!)と言う事で、1台に乗り込んで現地に向かいました。
小さな温泉街の1番奥に私達が予約した旅館があったんです。

老舗と言った感じでしょうか?味のある玄関を入ると、昔をイメージさせるフロントに女将が立っていました。

部屋に案内され向かって歩いていても他の客に会うとこもありません。1番良い部屋なのか、眺めは最高に良い所でした。

夕食まで時間があると言う事で、私達は露店風呂に向かう事にしたんです。この旅館イチ押しと言う事で、期待しながら皆で向かいました。

旅館の裏手の長い廊下を歩いて行くと、辺りは木々に覆われ、隣には川が流れる絶景ポイント…
男女に分かれて更衣室が設置され、ちょっとガッカリしながら(混浴期待!!!)お互い別れて風呂に入ったんです。

子供達がハシャいでいると

「あんまりうるさくしないんだよ!」

と妻の声。竹で出来た板間を挟んで直ぐ隣に女湯があるようです。

子供達は露店に来る時に見たゲームコーナが気になる様で、体を洗って間もなく出て行ったんです。
私も体を洗っている時でしょうか?

「藤井さん…ちょっと」

井上さんが手招きをしているんです。
体を流し、急いで向かうと

「ここ…穴が」
「え…何処?」

指差す所を見ると、竹の板が痛み穴が数か所開いていたんです。

「隣の妻達が見えますよ…」
「本当か!?」

続きを読む

土曜日の昼下がり。僕は夢のような快楽の世界にいた。

時折おとずれる、こらえきれない絶頂感。ちゅぱ、ちゅぱ、ちゅぱ…。
僕の体に上におおいかぶるようにスカートにブラウスを付けただけの姿で無心にフェラを続ける義母。

はだけられたブラウスの下には当然のようにブラジャーなどは付けていず、そこからは多少張りは失っているが豊満なおっぱいが、
ブドウ色の少し大きめ乳首をのせて重たげにこぼれ落ちていた。

少し手を伸ばしてスカートを捲り上げ尻に手をやると、パンティーも付けさせてもらえない尻タブが指に触れた。
指を進めて行くと義母の肛門があった。

少し指でくじってやると、いやいやするようにちんぽを咥えながらも激しく尻を振る。
空いた手で義母のおっぱいを揉みながら、さらに指を進めて行くとヌメェっとした穴があった。

そのヌメェっとした穴の亀裂は妻のそれよりも長く迫力さえ感じ、そこだけ別の生き物のようだ。
しかし、その大きい亀裂は妻以上に、僕に男の悦びを感じさせてくれる極上の穴なのだ。

そろそろ妻が帰ってくる時間だ。

それまでの間、何度射精もしそうになりながら、ひらすら義母の口戯を楽しんでいた。
時計を見ると3時半。もう1時間近くも経つ。義母はいやがりもせずに義理の息子の欲望に奉仕ししている。やはり義母もただのメスか。

義理とは言え息子のちんぽを無心にフェラを続ける義母一匹のメスだ。義母の頭を掴む手に力が入った。
義母の髪に指をからませ、義母の顔を無理矢理股間に強く押し付けた。

「お義母さん気持ち良いよ、とても上手いよ」

うぐぅ、もごぉと義母。あまりの気持ち良さに喉の奥までちんぽを入れすぎたせいか苦しそうだ。

「もう出すよ、飲めよ」

と言うのが早いか、口の中にたっぷりと射精した。
最後の一滴まで搾り取らせるように激しく義母の頭を掴んで上下させ、

「最後の一滴まで吸い取れよ、大事な息子の精子だからな。ひろ子さん」
「ああ…名前では呼ばないで」

と義母。
そんな義母は息子の歪んだ性欲に奴隷のように奉しする自分に、そして、そう思いつつも拒むことが来ない自分を情けなく思うのか、
寂しげな顔付きで僕のちんぽを舌で清めている。

今、射精し終えたばかりの僕のちんぽは小さくなったのもつかの間に、義母のフェラと、
自分自身義母との背徳の関係に妖しく燃えるものを感じているせいかすぐに勃起してきた。

そんなちんぽを見て、

「すごい!、今出したばかりなのに、もう大きくなってきたわ。やっぱり和ちゃん(和彦)は若いのね。
私を抱いても、ひろ美のことも毎晩抱いてるんでしょう?!。」

「もちろん、夕べだってひろ美には2回もしてやったよ。あいつも見かけによらず好き者だからね。
やっぱり親子だね、お義母んもひろ美も。本当におまんこ大好き女だよ、二人とも。」

たばこで一服しながら、

「お義母さん、おまんこ出してよ。上に乗って。」

恥ずかしがりながらも僕の上に乗った。

恥ずかしいのか上に乗ったまま動こうとしない義母に、

「自分で入れなよ、ひろ子はこれが好きなんだろう」

とちんぽを振り回す。一応いやいやという態度をとりながら器用にちんぽを自分におまんこに収める義母は、
入ったというだけで興奮しきってしまったせいか、すぐに声を上げ始めた。

続きを読む

このページのトップヘ