【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

この前、職場でいいことがありました。

私は36歳の係長。そしていつも一緒に仕事してる一般職の女性社員の亜沙子は30歳になるが、

結婚してて、子供は1人いるんだけど、旦那さんが自営業で居酒屋をやっていて、夜はほとんど時間が合わず、手伝いは行っているが、夜の営みはあんまりないそうだ。

亜沙子を一緒に仕事をするのは2年前からで、ちょうど結婚、出産が終わって、転職してきた。

身長は160センチくらいで、スラっとしてて、スタイルはすごくよく見える。そして、ショートカットが似合い、なかなかの明るい性格の子である。

明るい性格ですぐに仲良くなったが、たまに家庭の愚痴とか聞いたり、仕事中に下ネタを言ったりと、これが私の妻ならいいだろうなってずっと思っていた。

私の妻は恐妻で、しかも年上。家に帰ると、明るく接してくれるが、夜の営みは月に2~3回くらいで、たまに疲れて寝てても、無理やり起こされて、

ついでに股間も起こされて、半ば強姦のようにセックスを強要されたりもする。

自分が選んだ女性なので、今でも愛しているが、つき合っている頃は、セックスも積極的で、それがよくて結婚した。

それからしだいに変貌を始めたが、恐妻なだけにお金の管理とかはしっかりとしてくれて、お小遣いがなくなれば、

続きを読む

最初の結婚は27歳の時、相手は23歳の大人しいお嬢さんだった。

結婚を望んだのは彼女の方で、処女をくれた。

快感を覚えてからはセックスにも積極的で、とても幸せだった。

結婚して2年後に娘が生まれて、しばらく実家に戻っていたがそのまま戻って来なくて、結婚4年で離婚になった。

元妻が欲しかったのは子供だけで、両親と子供との暮らしに俺は不要だった。

納得いかなかったが、どうしようもなかった。

31歳で再び独りぼっちになった俺は、離婚してから行くようになったスナックに週末だけ手伝いに来ていた女と、

今でいう婚活パーティーのような場所で34歳の時に出くわして、プライベートで付き合うようになった。

スナックを手伝っている時は30歳くらいに見えたが、実際の見た目は20代前半くらいに見えた。

幼顔というわけではなく、どちらかと言えば色気を感じる美形だが若々しかった。

付き合うようになる前、スナックでした下ネタが本当なら、彼女の初体験は短大1年。

経験人数は7人で、そのうち愛人というかセフレ関係にあった既婚オヤジが4人いて、複数姦やハメ撮りの経験もあるが、SMやアナルの経験はない。

俺34歳、彼女28歳で男女の仲になったが、本当に性体験豊富な大人の女だった。

続きを読む

日曜の昼下がり、オレは露出目的で、九段下のカフェ・○・○○エに入った。

その店はあまり狙い目とは言いがたい店だったが、その頃オレは乗りに乗っていたので、なんか気持ちに「少し失敗してもいいかぁ」くらいのゆとりがあったのだ。

1階で紅茶を買い、ティーカップを持って2階に上がる。
すると、いるではないかあ、とんでもなくキレイな女性二人組が。

隣に座るとオレは新聞を読む振りをして、きき耳をたてた。

どうやら2人は既婚者で、子どもを何かの習い事に行かせている最中らしい。

それが終わるまでお茶して待っている様子だ。

となると二人とも30前後になるはずだが、微塵の衰えも感じさせない若々しい肌だ。

「世の中にはとんでもない美人がいるもんだなあ」

オレは感心してしまった。

顎のしゃくれたつまんないタレントなんか目じゃない。

慣れたオレでもさすがに露出できなかった。

二人の人妻の輝くばかりの美貌に気も押されつつ、ひんしゅく覚悟でオレは例の無修正写真を見始めた。

ちょっとでも睨まれたらさっさと逃げよう。

続きを読む

このページのトップヘ