【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

私は43歳の人妻です。

40代にみえないってよく言われるのが自慢なんです。

そんな私にある日、知らないアドレスから携帯に「何してる?久しぶりだねー元気?」とメールがきた。

全く見覚えがないアドレスで、検討もつかなかったので「誰ですか?」と送っても、

それ以降メールが来なく次の日になり携帯を見たらまたあの知らないアドレスからメールが。

「誰ですかって、俺だよwAだよw」仮にAとします。

私はそんな人知らずわからないと言いました。

どうやら間違いメールみたい。

何をどうしたら登録しているアドレスを間違えるのがわかりませんが、暇だったので、メールを続けてしまった私w

その後くだらない話をしてると下ネタに特に嫌いじゃないので話してるとAは、

彼女がいなくて溜まってるとか1日7~8回一人でしてるとか昔何度もゴムが破れたとかを聞きました。

私も人妻でセックスレスや一回のエッチで一回イクかイかないかとか言いました。

そのうち私もAも会う事はないと思ってたんで、おばさんだけどいいの?って冗談交じりに聞いたら

熟女フェチなんだよ、舐めたいとか、入れたいとか、抜かないなら連続射精出してあげるとか言われ

私もメールだけならと思い是非入れてとか何度も出されたいとか言いました。

そしてAからどこに住んでるの?と聞かれ答えるとなんと隣町にAが住んでるらしくたった20分くらいの距離にいました。

これはなんかの縁だと言う事でエッチはメールだけの話で実際は手を出さない約束で食事に行きました。

私はジーパンに襟ユルのセーターを来て行きました。

実際に会うとメールの内容から想像してたのと違いがっちりした身体つきで背は180くらいでした。

私は158しかありませんが。

笑居酒屋で食事をし、Aの話が面白いせいかあまり飲めないお酒をたくさん飲んでしまいAも結構酔っ払っていました。

2人でフラフラとお互いを支えながら歩いていると急に具合が悪くなり四つん這いの格好で吐きそうになりました。

Aは私の後ろから髪を持ち吐いた時髪に付いたら困るからと優しくしてくれました。

しばらく深呼吸してると具合が良くなり落ち着きました。

そしてふとお尻に何か当たってる事に気付きましたAのおっきくなったアソコが私のお尻に当たってたんです。

それに大きさもわかりました。

多分結構おっきいデカマラです。

普通ジーパンのお尻にジーパンのアソコが当たってもおっきいのはわかるけどサイズはあまりわかりませんが、

私のお尻は四つん這いになると綺麗なハート型になります。

そのお尻の間にお尻を広げるような太さと私のアソコからお尻を一直線に伸びる長さでビクビクと脈を打ってる所まではっきりわかりました。

私のアソコからお尻までとなると旦那のと比べたら20センチかそれ以上。

そして太さは旦那の倍くらい。

旦那のはお尻で挟めるけどAのは挟むどころから広げられる。

私は少しその大きさを確認したくて四つん這いのお尻をAのアソコをなぞるように尻コキをしました。

するとさらに少し擦った所にベルトの感覚がありそれを過ぎても一直線に伸びていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

それなりの大学に進んだけれど、女の子とお友達にはなれても親密にはなれませんでした。

早くセックスを体験したいと思いつつ、なかなか叶わず気付けば4年生になっていました。

長男の僕は、地元企業では一番有名な会社にUターン就職しました。

入社1年目は、仕事の合間に度々研修があり、新人の僕に付いた職場での指導員が、利恵さんという入社14年目の35歳の綺麗な女性でした。

小悪魔的な可愛さを持ち合わせていながらも優しそうな美人で、一見細身に見えたけれど、

夏になるとセクシーなプロポーションだと言う事がわかって、

僕にそっと寄り添って指導してくれる時に匂う女の匂いとチラチラ覗ける13歳年上のOLの胸元に女を感じてしまいました。

利恵さんを想いながら右手を忙しくさせる日々も終わりを迎え、利恵さんが指導員を解任される日が来ました。

内心しょんぼりしていた僕を、利恵さんが飲みに誘ってくれました。

「今日までよく頑張りました。今日はご馳走してあげるね。」理恵さんは美味しい居酒屋で奢ってくれました。

酔った利恵さんに引きずられるように、午前2時まで飲みました。

フラフラの利恵さんを抱えてタクシーに乗って、利恵さんのアパートにたどり着いたのが午前2時半でした。

利恵さんをベッドに寝かせて帰ろうとしたけれど、玄関を施錠した後に鍵をどうしたものかと考えあぐねていたら、

「佳生ちゃん、始発が動くまでここにいらっしゃい・・・」利恵さんが起きて来ました。

そして、冷蔵庫から缶ビールを2本出してきて、1本を渡されました。

「まだ飲むんですか?」

「佳生ちゃん、お酒強いね。それとも私が弱いのかな・・・すぐ覚めるんだけどね・・・」

そういいながら、

僕が入社する直前に結婚まで考えてた彼氏に裏切られて別れたこと、

ウブそうな僕の指導員を買って出たこと、

夏の薄着の時期にわざと胸元を覗けるようにして過剰に触れ合ったことなんか話して、

男に対する復讐心があって僕を色仕掛けで惑わした事を謝っていました。

「ごめんね。イジワルして悪いお姉さんね。OJT指導員失格ね。」

「こんなに綺麗な利恵さんを振るなんて、もったいないですね。僕なら・・・」利恵さんに抱き付かれて仰向けに倒れました。

利恵さんの柔らかい唇を重ねられたかと思ったら、舌が入ってきました。

僕も利恵さんの舌を舐めるように動かしました。

僕のファーストキスでした。

理恵さんは、「お詫びってわけじゃないけど、佳生ちゃんとしてみたくなっちゃった。」そう言ってバスルームに入っていきました。

やがて、バスタオルを巻いた利恵さんが、髪の毛をアップに束ねて出てきました。

ハッとしました。

いつも髪で隠れている利恵さんの耳やうなじが露になると、理恵さんは女子大生みたいに若くて可愛い印象に変わったのです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦の営みがご無沙汰になり、夫との関係が悪くなってしまいました。

42歳の専業主婦です。

出会い系で他の男性を探し、メールをしていました。

その中で、一人、比較的家が近くて4歳年上の男性と親密になりました。

主人に対する不満や、イヤなことを彼にぶつけて、彼はいつもそんな私をメールで慰めてくれました。

私を女に戻すような言葉もいっぱいいってくれたし、主人との間のことでヤケになっていた私。

その彼と出会い、10日ほどで会う約束をしました。

実は、主人以外のペニスを入れたことがなかったので、罪悪感に襲われながらも期待でいっぱいで、彼に会いに行きました。

彼に会ったとき、少しガッカリしました。

私、面食いなんですけど…ちょっとへちゃむくれな顔つきで、唇が物凄い分厚くて、タコ?っていうくらいの口でした。

でも…それが後々私を今までにない快楽に導いてくれました。

「やっぱりやめる」と言おうと思いましたが、彼が手を握ってきたので、それだけで感じた私は声を抑えるだけで精一杯でした。

・・・もう逃げられないな・・・・と諦め、彼とホテルに入りました。

部屋に入り、ソファに座り、初めてのことにドキドキと少し緊張していた私に、彼がいきなり私の左胸を押さえ、「心臓どきどきしている…?」

といい、「少し…」と答えた私。

彼は、私を力いっぱい抱きしめました。

185cmある彼はとても力強く、息苦しくて顔を上に向けるだけで精一杯でした。

その時に彼を見上げ、彼が私を見つめたので、思わず私から唇を近づけてしまいました。

分厚い唇に私の唇は吸いこまれ、食べられちゃうんじゃないかってくらい、吸われました。

また、それが気持ちよかったんですけど…舌を絡ませ、息が荒くなってきた私をもっと興奮させるように服のの上から胸を揉んできました。

耐えられず、声を出して感じ出しました。

足を絡ませ、彼を引き寄せ、洋服の上から愛撫してもらいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ