【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

妻の母親、江美子(58)。

ある日に、突然に妻の携帯に義母から、家まで送って欲しいとの連絡が入った。

車は車検中で代車の古い軽自動車、妻は家事が残ってるから私に代わりに送って欲しいとの事。

仕方なく、私は義母が待つ場所に向かった。

初夏の少し暑い夜、義母は薄手のワンピースにカーディガンを羽織っている。

悪いわね、お願いね。

と言いながら助手席に乗り込んで来る義母から、微かに香水の香りが漂う。

化粧も、きっちりとしており何と無く熟女の色香が漂う義母。

友達との久しぶりの外出で、食事の時に少し飲み過ぎたと笑顔を見せていた。

普段の義母とは全く違う表情と仕草に、私は何と無く興奮を覚えてしまった。

少しシートを倒し凭れる義母、走り抜ける街灯の明かりにフラッシュみたいに義母の白い膝が見え隠れする。

胸の谷間にシートベルトが食い込み、それが余計に義母の胸を際立たせる。

酔ってる義母は、友達と飲みながら食事の時に若い男性にナンパされたと楽しそうに話す。

他の場所に移動して飲み直そうと誘われたらしいが結局は、その居酒屋で巧く変わし終わったとの事。

内心は、若い子と…との興味も少し有ったらしい。

などと話しながら車は大通りを外れ家に向かう。

通り過ぎる車は殆どない田舎道。

私の欲望が一気に湧き上がった、拒まれる事を覚悟で私は腿の上に置かれる義母の手に私の手を重ねてみた。

一瞬、驚く表情を見せた義母だが、私の手を退ける様子も見せず、暫くすると更に私の手に、もう一方の手を重ねて来た。

駄目だよ、仮にも私達は義理の親子なのよ…。

私は前を見ながら運転を続け、重ねた手で義母の太腿を撫でた。

スカートの裾が乱れ白い腿が少し露わに成る。

駄目よ…か細い声を挙げながら義母の腿の上で私達の手が争い合う。

やがて義母の手が離れ胸のシートベルトを強く掴んで行く。

硬く膝を締め拒む義母、内腿の間に手を差し込む。

続きを読む

この前、寝とられ願望のある旦那さんとその奥さん3人で飲みに行きました。

事前に、旦那さんからこんな話を聞いてありました。

・嫁はエッチにはあまり興味がない

・嫁がいやがらなければ、なにしてもいい

・合図を送ってくれたら、5分程度トイレに行く

場所は居酒屋。

堀ごたつ式の個室で、奥さんの横に俺が座る形になりました。

はじめはビールで乾杯し楽しく会話、少ししたら下ネタとか奥さんの胸を誉めたりしてました。

その時、奥さんもブラのチラ見せとか結構乗り気だったため、30分位したら肩や尻をさりげなくさわり始めてみました。

嫌がる様子もなかったので、大胆に首筋を舌先でなぞってみました。

奥さんは、ビックリした様子ですが、怒ってる表情ではありません。

また普通に5分程度会話し、旦那さんに合図を送り退出してもらいました。

旦那さんが居なくなった後、奥さんから旦那に怒られるから、大胆には触らないでと言われました。

俺は構わず、「今は旦那さん居ないから」と服の中に手を入れ、胸を揉みしだきます。

抵抗する様子は全くないので、悪のりして、胸丸出しにし乳首舐めてみたら舐めやすい体勢になってくれました。

そのまま乳首を少し舐めつづけ、胸の露出を元に戻した頃、旦那さんが帰ってきました。

それから、通常なら気が付くレベルで奥さんの胸をもみながら酒を飲みつづけます。

旦那さんは、奥さんが胸を揉まれている姿や表情を見ているので、

試しにもう片方の手で奥さんのスカートを少しずつ、つまみ上げていくことにしました。

少しずつの成果もあって、10分位でスカートの横から下着が見えるレベルくらいに。

奥さんのマンコをストッキング越しに触ってみたところ、びっくりするぐらい濡れていました。

ここで、2回目の合図を送り旦那さんを外に出します。

ストッキングと下着を膝までずりおろし、クリを激しく刺激しました。

奥さんは無言で下を向いていましたが、部屋中に特有のにおいと、ピチャピチャという音が響きます。

悪乗りして奥さんの顔の前にあそこを出してみせたところ、舐め始めました。

そろそろ、旦那さんが戻りそうな頃。

奥さんの頭を軽くポンポンと叩くと、奥さんは舐めるのをやめて下着を元に戻そうとしてました。

下着を履くのをストップさせたとき、ちょうど旦那さんが戻り、飲みも再開。

続きを読む

新年早々、知り合いのぽちゃさん(163㎝84㎏)としてしまいした。

特に恋愛感情もなく職場仲間でお互い実家に帰らず

何となく飲もうかってなったので

大晦日の夜から二人で一人暮らしの俺の部屋で飲んでたんだけど、

そのぽちゃさんが寝ちゃって。それも俺のベットの上で・・・。

おまけにひざ上のスカートを履いてきてたので

ゴロゴロしている内に黒のパンツが見えてきて、

そんな気がなかった俺もムラムラ…。

何とかテレビ見て気をそらしてたけどやっぱ気になる。

「お風呂入れば?」

揺すっておこそうとしても寝ぼけるだけ…。

「服、着替えて。」とゆさゆさ強引に揺すって起こすと「脱がして~」と。

じゃあ遠慮なくっていうことで

上着のセーターをめくりあげてシャツと一緒に脱がせるとFカップの胸が…。

「ブラは?とるの?」と聞くと「うん」と。

上体起こしてホックを外すときれいなピンクの乳首が…。

と、突然「寒い!」って言って布団中へ。

ちょっと無言の時間が流れて「来て」って布団から手招き…。

これはもう俺も我慢出来ず…布団にもぐってしばらく会話。

続きを読む

このページのトップヘ