【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

相手の男性とは最初はメル友でした。

お互いメル友になって1ヶ月を過ぎると、相手から「会おう」と。

待ち合わせに来たのは180cm以上の長身の男性が。外見も素敵だし、同級生で話も合うので映画を見ようとデート開始。

久々に夫や子供を忘れ、上映中は手をつないで鑑賞していました。

人気の映画でしたが、平日の昼間というのと、上映終了間近な為か空いていました。

上映が終わり、彼に手を引かれ人気の無い映画館の隅に連れて行かれ、いきなりキスをされました。

優しいけど、凄く上手いテクニシャンなんです。

唇が離れ、ぽ~っとしていると耳元で「ホテル行く?」と囁かれ、耳を甘噛みされ、私の身体が一気に熱くなりました。

頷くとそうなる事を予想していたらしく、裏通りのホテルに入りました。

ホテルのエレベーターに乗るとキス。部屋に入るとまたキス。

お互いの唾液で唇がビショビショになると、彼に「我慢出来ない。風呂に一緒に入ろう」と言われ、お互いの洋服を脱がし急いでお風呂へ。

湯船にお湯を溜めていなかったので、シャワーで洗いっこをしました。

たくさんの泡で、私の胸を優しく洗ってくれ、乳首もすぐに立ってしまいました。

お互いの性器を丹念に洗うと、身体を拭きベットに。「今日は俺に任せて。思いっきり感じてよ」と言い、キス。

首、背中、胸、太ももと丹念に愛撫してくれました。自分で触らなくても、性器がビショビショに濡れているのは解りました。

いよいよ触られるのかと思ったら、私の横に寝そべった彼。交代?と思ったら、「俺の顔を跨いで。よく見たいんだ」と。

恥ずかしいけど、どうにかして欲しくて自ら跨いだんです。

ゆっくり腰を落とすと、性器を開き「丸見えだよ。凄いビショビショだ。もっと濡れなよ」と言うとクリを指で刺激しつつ、舐めてくれました。

ずっと、我慢していた声も思わず出てしまい、激しく感じてしまいました。

彼の長くて太い指が私の膣を掻き回し、クリを舐められ、限界なのを伝えると

「イッたマ○コが見たい。我慢しないでイッて」と言われ、そのまま激しく絶頂を迎えてしまいました。

私のヒクヒクしている性器を見ながら「今度はコレはどう?」と、彼を跨いだまま、私の向きを変え彼の大きくなった性器を見せました。

頑張って竿やタマタマを丹念に舐めると、先っぽからしょっぱいお汁が。

「気持ちイイからご褒美をあげるよ。振り向かない舐めてて」と、言うと枕元に置いてあった、彼の鞄から何かを出していた様子。

「見ちゃダメだよ」「うん」少し間があった後、冷たい何かが私の性器にニュルッと入ってきました。

続きを読む

妻(由美子)と生活をしていると、いつも一緒に居るのが当たり前となり、

なにかこう、恋人気分は無くなり兄弟のような、親類のようなそんな感覚になっていた。

もちろん今も妻を愛している。

生活する上でなくてはならない存在だ。

しかしそれは家政婦としてであって女性としては見れていなかったのだろう。

妻が最近浮気をしているのはなんとなく気付いていました。

ここ2年以上も妻を抱いていないので無理もないのだろうか。(こちらから迫っても断られていたが)

当然怒りの感情が湧き上がってくるのだが、自分でも驚いたことにそれ以上に、寝取られてしまったことにかなりの興奮を覚えていた。

バイト先の歓迎会があるから、今日だけ遅番を頼まれた。

その都度、私は激しい嫉妬と興奮を覚え、ひとりオナニーをしていました。

妻が遅くなる日は、仕事を早々に切り上げ妻の後をつけてみたりしていました。

結構ドキドキして楽しんでいました。

そしてやはり妻は浮気をしていたのです。

40台前半のその男はTというらしい。

二人のセックスを観てみたいと思うようになるまでそれほど時間はかかりませんでした。

ある時、ふと気付きました。

いままで気にもしていなかったトイレのペーパーの三角折り。

「こんな事今までしてなかったよな」

TVの上に飾ってあった私たち夫婦二人の写真の位置。

花瓶の位置。BOXティッシュの位置。二人の寝室のカーテンの柄。

明らかに自宅の様子が、少し違うんです。

いや、今まで無神経だった私が気付かなかっただけかも知れない。

とっさに「由美子は自宅に男を連れ込んでいる!?」と思いました。

それから私は、妻の浮気現場を無性に見たいという感情に囚われました。

妻はバイトを週三、四回しており、明日、明後日は休みの日でした。

そしてその晩、いつもどおり夕食をしていると

妻「パパ。お昼明日はいる?」

私は仕事の都合で、昼は外で食べる事が多く、遠方に出かける事も度々だった。

妻に弁当を作ってもらう日は完璧に会社に居る内勤という訳だ。

これを聞いて確信した。

今まで妻は、遠方を廻っているのかを確認していたのだと言う事を。

私「ん?明日はOO市だからいらないよ」

「うん、わかった」

明日はいよいよ見れるかもしれない!

でも、もう引き返せないんじゃないか?

様々な思いがよぎる。

続きを読む

私は、37歳、妻は34歳で、結婚後9年が経ちました。

特に特徴のない普通の仲の良い夫婦です。

妻は、大学時代にミスキャンパス

性格はやさしく、落ちついた感じの清楚な女性で、

人目を引く人であったと思っています。

同じ大学でしたので、妻が1年生の時に、

思い切ってこちらから声をかけ、

おかげ様でうまくつき合い始めたのでした。

真っ直ぐに真面目な女性でしたので、

結ばれたのは4回生の秋でした。

美しい肌で、今まで出合った女性の中では最高の興奮物だと感じ、

内心大喜びしたものでした。

しかも、嬉しいことに、

妻にとって、私は初めての男性でした。

最初にそのホームページを知った時のショックは忘れられません。

何故か、こんなに愛してる妻なのですが、34,5歳を過ぎたころからでしょうか、

私も他の男に抱かれ乱れる妻を見てみたいと思うようになってしまったのです。

妻とセックスをする時には、見ず知らずの男に抱かれる妻を想像したりしていますが、

とてもそんなことは実現出来そうにもありませんし言えませんでした。

妻は、私以外の他の男性と深く接した経験が無く、実現した場合、

どのようになるのか想像がつきませんし不安でもありました。

私としても今の生活を壊したくないので、色々と妄想はふくらみますが、

実行に移すことは出来ませんでした。

しかし、私の欲望は強くなる一方で、色々と考えあぐねた結果、

他人に妻の肢体をさらけ出し、視姦程度であれば、妻も気がつかず何とかなるのではないか、

ちょっと我々なりに露出っぽいことをしてみて、

「妻に多少恥ずかしい思いをさせてみたい」

「その時の妻の反応を見てみたい」

と思うようになり、これ位ならと思うようになっていったのでした。

近所では人目もあるので、隣の市にある公園へ出かけ、

初めての野外露出的なことに挑戦することにしました。

続きを読む

このページのトップヘ