【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

5年間の家庭生活は、妻と息子の事故死という形で幕が下りました。

最愛の妻は29歳、息子は2歳でこの世を去りました。

2人が出会ったのは私が25歳、妻が23歳の時でした。

妻は特に美人でも可愛いわけでもありませんが、純朴で優しい女性でした。

妻と出会って1ヶ月で深い関係になりました。

23歳の妻は既に処女ではありませんでしたが、私は気にしませんでした。

私も数名の女性と恋愛経験があったので、お互い様だと思いました。

妻の遺品を整理していたら、キャンパスノートに書かれた日記が出てきました。

一番古いものは妻が高1の日記でした。

私はいけないと思いましたが、読んでしまいました。

今は後悔しています。

高1の妻には片思いの7歳年上の従兄がいて、彼に対する切ない胸の内が綴られていました。

そして8月、お盆で親戚が集まった本家の納屋で、妻はその従兄に処女を奪われていました。

日記には、『痛かったけれど、彼を感じていたい気持ちが我慢をさせた・・・、彼の精液を顔中に浴びて嬉しかった』と書かれていました。

妻は初体験でいきなり顔射されていました。

しかもそれを嬉しいと。

この従兄は妻の葬儀で泣いていました。

続きを読む

土木関係の仕事で部長をしてる私は、下請け会社の経営不振のせいで発注したモノが届かなくなり、大きなミスをしました。

山奥で行われる大きな仕事で私は現地に責任を取りに行くことになりました。

主人にも話すと無理しないでと言われ家を出ました。

作業は遅れ急いで別な会社に発注をしてましたが、一人では厳しく3日が過ぎたころ専務(社長の息子 27歳)が手伝いできてくれました。

そして、仕事のできる専務のおかげで10日後には間に合うようになりました。

山奥の男ばかりの現場で、取引先の会社の方は私に小さなプレハブを貸してくれ、そこで仕事と寝泊りをしてました。

昼間は専務も私のプレハブで仕事をしてましたが、3週間目くらいから専務は私から離れて座るようになりました…。

専務のパソコンで仕事の打ち合わせをするとき専務の股間がモッコリしてるのが見えました。

専務は作業員と同じ雑魚寝の部屋で性処理なんてできる状況じゃないんだと思いました。

私のせいでと言うのと若くて仕事のできる尊敬してる専務ということで私も意識してきちゃいました。

ひと月を過ぎたころ現場が1日休みになり作業員はみんな家に帰りました。

私は翌日からの発注があるので残ってると専務も残ってました。

夕方仕事が終わり少しのんびりできると思い私は横になりました。

少し寝ちゃったようでお尻を触られて目を覚ますと専務でした。

続きを読む

結婚してもう15年にもなる専業主婦の私。

40歳を越えて夫と子供もいる身なのに、不貞行為をやめられなくなってしまいました。

きっかけは、結婚前の勤め先にいた上司との不倫。

夫以外の人からの怪しげな誘いに、つい心の隙ができてしまい、体を許してしまいました。

夫とは経験できない、いつまでも続くアソコへの執拗な愛撫。

クリトリスを舐めたり電動のオモチャで刺激されたり、そして挿入行為。

クリだけでなく中でもイクことを覚えた私は、ねちっこく情熱的なセックスに気持ちはどんどんはまりこんでいきました。

そして今では彼の虜になり、彼の性癖を満足させるようなことを望んでする女になってしまいました。

その彼の好きなことは、露出度の高い洋服や卑猥なランジェリーを着てエッチをすること。

会うときは一緒にショップへ行きます。

そこは普通のお店ではなく、見るだけでも恥ずかしくなるようなものが売られているのです。

お金に余裕がある彼、お尻がはみ出てしまうようなミニスカートや昔ディスコで着たような露出度の高いボディコンの服、そしてスケスケの極小のランジェリーやTバックなど次々と購入し、ホテルへ行くのです。

そんな貧欲な女ではなかったのに・・・。

夫のいる身でありながらも自らエッチをするつもりで来ていることに、私の心は高ぶってしまうのです。

今までの私は自分に自信のない普通の主婦・・・。

続きを読む

このページのトップヘ