【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

ある日、家の坂道を降りながら、おばさんの家の前を通りかかると、偶然おばさん出て来た。

「カズ君!今から何処行くの?」久し振りに話しかけられて焦った俺は「ん~ちょっと」と答えた。

何度、このおばさんのマンコを思い出し抜いた事か分からない俺は、やはりおばさんの体を舐める様に見てしまっていた。

長いロングスカートの中が気になって仕方ない。

心臓がドキドキして破裂しそうになりながら、おばさんを目で追っていました。

「どうしたの?」

「ん~ちょっと・・・」

「カズ君も大きくなったわよね。昔はこんなに小さかったのに」おばさんが近くに寄って来て、俺の隣に立ち背比べをしていた。

凄く良い匂いがして、益々心臓がバクバクする中、俺は頭が真っ白になっておばさんのスカートを捲り上げた。

「カズ君・・・どうしたの・・・」

「おばさん!もう一度見せて・・・忘れられないんだ」

「駄目よ!カズ君も大人だから分かるでしょ」

「だって、おばさん昔見せてくれたじゃない」

「あれは・・・」おばさんの抵抗を無視し、俺はおばさんのデカいパンティを引き下ろした。

久々に見るおばさんの陰毛の中に、あの黒いビラビラが見える。

「恥ずかしいわ!カズ君、もう終わりにして・・・ね」

「駄目だよ!もっとじっくり見たいんだ」嫌がるおばさんの手を取り、俺はおばさんを資材置き場まで連れて行った。

「昔、ここで何度も見せてくれたじゃない。おばさんだってやりたかったんだ」

「違うわ!カズ君違うの?」

「そう言っても、おばさんのアソコから汁が出ているよ」俺は指をマンコに入れ、激しく出し入れを繰り返した。

「本当にカズ君駄目だってば・・・もう許して」

「駄目だよ!もっと楽しむんだから」

「見られたらどうするの?」

「こんな所に来る人居ないでしょ!俺ん家にも誰も居ないし、おじさんだって仕事でしょ」

「そうだけど・・・」おばさんはそう言うと、抵抗を止め目を瞑った。

スカートを脱がせ、パンティも剥ぎ取るとM字に座らせじっくりとマンコを眺めた。

長年思い続けたマンコは、相変わらず黒ずみを見せながらヒクヒクと蠢いていた。

溢れだすエッチな汁でテカテカと光、クリトリスが大きくなって顔を出していました。

「ここ気持ちいいんだよね」そう言いながらおばさんのクリトリスを指で触ると”アァ~ん~”と声を出すおばさんだった。

辺りを見渡し、誰も居ない事を確認した俺は、遂にズボンを脱ぎ童貞のチンポを向き出しにし、おばさんのマンコに押し当てて見た。

続きを読む

F子さんは、親しみ易い性格の明るいオバサンです。

しかし私生活では。

婿養子の旦那が浮気して、家を出ていってるとの事。

セフレになる以前は、ちょっとムチムチな体形のF子さんの作業ズボン越しのパンティーラインの浮き出たヒップにいつも目が行っていて、

多少はエッチな目で彼女を見ていました。

セフレ関係になったキッカケは長くなりますが、ムラムラしている時や、F子さんのパンティーラインを間近で拝見出来た時など、

現場ですれ違った時に小声で「ヤラせて!」と呟いたりしていました。

会社の中は騒音が大きく、Fこさんには聞こえてはいないと思っていました。

ところが去年のある日いつもの様に「ヤラせて」と呟いたら、F子さんがちょっとビックリした表情で僕を見ながら「い……いいよ~!」と言いました。

その時は、逆にこっちの方が「えっ!聞こえてたの?」とビックリしてかなり動揺してしまい、

その後暫くは気まずくて、文子さんにどう接していいか困り、F子さんを避けていました。

それから数日後の土曜日でした。

その日は午前中だけ休日出勤で、自分の部署で3人出勤して、現場ではF子さんだけ出勤していました。

自分の部署は10時過ぎに仕事が片付いたので、11時近くに他の二人は先に帰りたいと言い、僕に会社の鍵を預け帰りました。

その為、会社内には自分とF子さんの二人だけという状況になってしまいました。

しかもこの前の事があるのでちょっと困ってしまいました。

でも一応F子さんの様子を見に現場に行き、他の二人はもう帰ってしまったと伝え、F子さんに仕事はあとどの位かかるか?と聞きました。

F子さんは、「もう終わったわよ」と言い、作業机に手をついて日報を書き始めました。

それがちょうどヒップを突き出す格好で、パンティーラインがクッキリ!思わずじっくり観察してしまいました。

ところが作業机の戸棚のガラスにその様子が映っていたようで、気付いたらF子さんとガラスの反射越しに目が合ってしまいました。

ヤバイな!と思っていると、F子さんが自分の方を振り向きニッコリと笑い、ヒップを振りました。

暫くどうしていいか、固まっていましたが、F子さんがずっとヒップを振るのを繰り返すので、

思い切ってF子さんのヒップにチンポを当てて、自分も一緒に腰を振りました。

F子さんの大きなヒップは柔らかく、すぐに勃起してしまいました。

10分程その状態でしたが、思い切ってF子さんのオッパイも触ってみました。

ムチムチなオバサンなので結構な巨乳です。

その後、F子さんの作業ズボンを下げると、下はパンストの様な薄手の黒いタイツを穿いていました。

更にそれも下げるとピンク色のパンティー!挿入しようと自分もズボンを下ろし、

パンティーの中に手を入れようとしたら、何故か手を払いのけられました。

それでもF子さんのパンティーを脱がせようとすると、「こらっ!それはまだ早い~」と言われ、

パンティー越しにヒップの谷間にチンポをギュッと挟まれ、ガンガン腰を振られました。

F子さんのその行為ですぐにイキそうになり射精!パンティーから太股にかけて、精液をかけてしまいました!

凄く気持ち良くて自分はもう立っていられずにその場にしゃがみ込んでしまいました。

F子さんは作業机からティッシュを取り、精液を拭くと「こらっ!スケベ」と言って僕の頭をコツンと叩きました。

ちょっと気まずい感じでお互いに服を整えて帰ろうとすると、F子さんに呼び止められ「アナタこれから予定有るの?」と聞かれました。

続きを読む

しばらくするとリビングの入口付近に気配を感じたのがわかりました。

おそらく義母です明らかに義母の下着とわかる角度ですからわかったと思います。

見られてるという状況に興奮し激しいシコリになりました。

普段なかなかイキにくい俺は母親に見られてるという状況にイッてしまいました。

しばらくすると足音を隠す義母が和室の寝室へ入るのがわかりました。

後処理をしてもう一度チンポを洗いモヤモヤした気持ちが収まらなく寝室へ向かいました。

寝たふりがわかる義母を見てニヤケる自分がいました。

妻もそうですがノーブラにネグリジェパンティ一枚で寝てました。

色はベージュが好きなのか熟女そのままって感じのベージュでした紐パンティじゃなかったけど。

義母の耳元に近づいて「お義母さん見てたんでしょ」っていいふくよかな体を撫で回しおっぱいをわしづかみした

「うぅ~」わずかに体がピクリと反応があったネグリジェを上げ少し黒ずむ乳首を舐め回したら小さいながらも

「うぅ~はぁ~んぁぁぁ~はぁ~はぁ~」ピクピク体が動く。

パンティに手を伸ばしマンコ辺りを触るとめちゃくちゃ湿ってて

「お義母さんかなり湿ってるじゃないですか~スケベですね~俺のセンズリ見て濡らしたんですねHな女~」

かなり敏感なのかパンティの上からでもかなり体をビクつかせ小さいながらもエロ声が出るクリを必要以上に攻めてると

「あっやっあっあ~あ~あ~あ~やっはぁ~んいっあっやっ出るぅ~出るぅ~あっ出ちゃうぅ~」

パンティの中からピチャピチャとすごい量の潮吹きでした。

布団もびっちょり濡らした。

体も何度も反らしビクビク動くパンティを下ろしてふくよかな脚を開き持ち上げマンコをクンニしました。

「あ~あ~やっ~い~あ~ああァァァァ~は~ああああぁ~」ひくひく腰が動く

「あっだめ~イッちゃっイッちゃうぅぅぅぅ~ああああぁ~」

イッてしまった息を荒くしもはや母親じゃなくただのエロい熟女でした。

手マンではさっきまでより大きめのあえぐ声に変わり大量に潮を吹くマンコはびちょびちょでした。

自慢できるほどではないがまあまあおおきいチンポを持ってる俺はデカマラの部類には入ります。

硬さには自信あるおまけにさっきイッたから超かたくなってた母親の手をとり握らせると自分からしこりはじめました。

手つきがいやらしい母親の顔に持っていき口に入れさせたら自分からフェラチオしてきた

これがまたなんてうまいフェラチオなんだろうって思うくらいいいフェラでしばらく堪能した

そして我慢の限界で寝てる義母の脚を開き上からチンポをゆっくり入れためちゃくちゃ温かい

しかもかなり絡みつく肉めちゃくちゃ気持ちいい~

妻のマンコより数段気持ちいいマンコ狂うように腰を振りました。

「ああぁ~ああああ~いいいぃぃぃ~あ~いいぃ~あ~」

そしてそのまま抱き上げ俺が下になり義母が上から腰を振る

めちゃくちゃ腰使いがうまい

続きを読む

このページのトップヘ