【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

私たち夫婦は結婚2年目で子供はいない。

私は28歳、妻は26歳と若くまだまだ新婚気分だ。

妻はタレントの吉岡美穂にそっくりの美人でB-88、W-60、H-92と抜群のプロポーションだ。

ある日上司と飲む機会があり、私の自宅が近かったこともあって、是非うちに寄って妻に会いたいと言い出したので、少し上がってもらう事にした。

私の職場の上司は豪快で楽しい人だが強引で女グセが悪く、前にレ××まがいで犯された女子社員がいるという噂を耳にしたことがあった人物だ。

妻は何度か私の会社を訪れたことがあり、その都度うちの妻を若くてきれいだとか、セクシーだとか褒められていて、

妻にそのことを伝えるととても喜んでいたが、急な来客にも関らず身支度して笑顔で迎えてくれた。

玄関でドアを開けた妻は、いつも家では後ろで一つに縛っている髪を綺麗に下ろして、首元が大きく開いた白のニットにフレアのミニスカートという姿だった。

居間で飲み始めると、上司は同席している妻をベタ誉めしながら酒をススメてきて、妻もその気でピッチ良く飲み始めると、

最初は上司と向かい合わせで私の隣に座っていた妻だが、上司に呼ばれて隣に座って酌をし始めた。

隣にいるときは気が付かなかったが、膝を崩した妻は、太腿の奥の白いセクシーなビキニパンティーがガラステーブル越しに丸見えで、

それを見た私は妙に興奮してしまい、このまま妻が犯られるところを見てみたいという衝動に駆られてしまった。

上司は学生時代に柔道をやっていたらしくて体格が良いうえに酒も強いので、どんどん飲まされた私は、潰れてしまったフリをして横になってみた。

続きを読む

職場の部下のSから携帯に電話がかかってきました。

「課長、もしよかったらですけどMさんの鑑賞会を明日やるんで参加しませんか?」

Mさんとは同じ職場で、40歳くらいの既婚の女性。

後輩でぼんくらのSなどとは違って仕事もバリバリこなす慶応出の、まあまあ美人。

なんのことなのか判らなかったのでSに問いただすと

「Mさんが為替でしくじって借金を申し込んできたんだけど、返してもらえるアテがなさそうなので断ったんですけど」

「なんでもするって泣いて頼まれたので、あきらめさせようと思って、会社の仲間の前でヌード鑑賞会するなら500万貸すといったら、やるというので・・・」

悪い冗談かと思いましたし、いくらなんでもあの聡明で美人なMさんがそんなこととも思いました。

しかし聞いてみるとSは為替で相当儲けているらしく、どうも本当の話のようです。

「脅迫とかセクハラとかではなくて本当に本人同意なんだな」と念を押して参加することに。

本当は止めなくてはいけない立場なのですが、まさかとは思うけど、もしかしたら本当にあのMさんの痴態が生で見られるかと思うと、

最後はSに媚びるような感じで参加させてくれと言ってしまっていました。

次の日、Sに指定されたマンションに行くと、本当にMさんがいました。

それどころか職場のほとんどの男性社員も来ています。

部長も来ていました。

こんな知り合いばかりのところで、まじでやるのか?

続きを読む

妻の浮気を告白します。

私は38歳

妻は35歳で結婚10年目になります。

妻は、背が小さくぽっちゃりタイプですが、目が大きく幼い顔立ちです。

性格は控えめで、とても優しい人です。

出逢った時、妻は処女で、キスはおろか男と手をつないだ事もありませんでした。

全て私が初めての男。

処女膜を貫いた時の征服感は今でも忘れません。

結婚しセックスの快楽を覚え徐々に淫らになっていく妻を見て

「こんな妻の姿は誰も知らない。知っているのは俺だけだ」

と嬉しくてたまりませんでした。

しかし昨年あたりから妻の様子が変わってきました。

まずメールしている事が多くなりました。

私や子供が寝た後も、布団の中でメールをしています。

下着の趣味も変わり、以前は木綿で無地のパンツ。

色も白や水色でしたが、レースのついたHなデザインでピンクや紺のものを履くようになりました。

セックスの時も、恥ずかしがりながら受身な感じだった妻が積極的に私の乳首や陰茎をしゃぶってきます。

続きを読む

このページのトップヘ