【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

俺19歳一人っ子、運送屋で働いてます。
親父もトラックドライバーで42歳、母親は48歳の専業主婦で昼間はほとんどパチンコ屋です。

俺がセックスという言葉の意味を知ったのが小学4年の時でした。
親父は朝の5時に仕事に出掛けます。

金曜日の朝4時からが両親のセックスタイムのようで、中学1年生の時、
朝トイレに行こうしたら両親の部屋から母親の変な声が聞こえて来てセックスしているのを初めて発見してしまいました。

しかし、やってるよ、とその時は思っただけで特に関心もありませんでした。

その日は後で部屋に様子を見に行くと母親は寝ていて、

「ごめんね、お母さん疲れてるからもう少し寝てる、自分で勝手に食べて学校行ってね」

母親が金曜日だけ起きて来ない理由がそのときやっと分かりました。なもので、金曜日の朝だけは母親が起きて来ません。

俺の童貞喪失は遅くて、高校3年の時。それも友達が連れて来たヤリマン女でした。
ヤリマンでもやっぱり気持ちいいので、1週間後に彼女を作ってやりまくっていました。

ところが去年のクリスマス前に好きな人出来たから、別れてとアッサリと捨てられてしまいました。
センズリ生活が1ヶ月も続くとさすがに女とやりたくて仕方がありません。

そんな中、2月の第1金曜日の朝、親父がいつものように仕事に行きました。今でも両親のセックスが続いているのは知っていました。

寝室に行くと母親は気持ち良さそうに寝ていました。
暖房も効いていて、部屋は暖かく、暑いと母親が上掛け布団をめくりました。

全裸でした。この歳なら良い身体だと思いました。
オマンコが見たくなって、両膝を持ち上げてみました、全然起きる気配はありません。

そのまま足を拡げると、まだ濡れてるオマンコのビラビラは開いていて、かなり黒ずんでいるけど中はピンク色、クリトリスは赤くて大きくてピンとしてました。

我慢できずにパンツを脱いでチンチン握ってオマンコに当てると、母親の声が、

「あんた、二回戦出来るの珍しいわね」

といいながらチンチンを握って来ました。

顔はまだ上げてませんでした。どうやら親父だと思ってるみたいで、母親をそのままうつ伏せにして、お尻を持ち上げて、バックから入れてしまいました。
元彼女と比べると母親のオマンコの方が絞まります。

続きを読む

3年前に今の女性と結婚しました。

彼女は一人っ子で、結婚した当初は彼女の父も生きて、おりましたが、昨年暮れに悪性の癌に犯され、敢え無く、亡くなりました。
56歳の若さでした。

義理の母は、大変美しい人で、父よりも2つ年上でしたが、たった一人の侘しい住まいになり、広いマンションに住んでおりましたので、
義理の父が亡くなってから寂しい、寂しいと云う様になり妻からの相談で今我々が住んでいる家の家賃も勿体ないから、母の所へ行こうと相談されました。

本当の事をいうと、私はこの義理の母を美しいと思っていたし、妻とは、あまり似ていない人でした。
話はトントン拍子に進んで、めでたく義理の母の家に住む事に為りました。

部屋は4LDKで窓側の都心が見える方向を義理の母はわざわざ、我々に譲ってくれて、母は玄関に近い6畳間位の部屋に行きました。

どうせ、若い人たちに住んで貰うのだから、私は玄関に近い方が便利でいいの・・・といってくれました。

最初の二ケ月位は何ともなかったのですが、どうも我々が週末に夫婦行為をすると、誰かが見てる気がしたのです。
勿論妻には何も言わないで寝室の入り口のドアに、ある夜仕掛けをしておきました。

仕掛けと云っても簡単なもので、ドアの下の方に薄く小さな紙を挟み、それから入口付近のドアの下に薄くシッカロールを引いておいたのです。

其の日も連休の前日の木曜日でしたので、私は妻と充分にセックスをして夜更けまで楽しみました。
もちろん、誰かが見ている気配は感じておりました。

たしか、其の日はお互いに興奮して余り普段はしていませんでしたが、妻の性器をゆっくりと舐めまわすサービスをしました。
しかも、それもドア付近に見えるような姿勢でやったのです。

かすかに、ドア付近から漏れるような呻き声が聞こえておりました。

勿論、私のサービスで夢中だった妻はその音にも気が付きませんでした。

翌日朝早くベットから抜け出して、ドアを見ましたら、勿論、ドアに挟んだ紙は完璧に床に落ちており、
そして、床に張ったシッカロールの粉は乱れていて、微かに足跡が義理の母の部屋に向かっておりました。

間違い無く義母は我々の行為を見て居たのです。
妻がクラス会で遅くなると言うある晩・・・

義母と私は夕食をしました。
勿論義母は私の好きな肉料理を喜んで作ってくれました、義母も好物の赤ワインを飲みながら、二人とも相当酔った様な気がします。

思いきって、義母に私たちのセックスを覗いてる話をしました。
義母は素直にその行為を認めました、そして、いきなり泣き出しました。

続きを読む

小太りで怖がりだった僕は、小学校高学年にはクラスの数人からイジメを受けていました。

中学校に入り、幾分イジメを受ける事は無くなりましたが、
親友と言う程の友達も出来ず、学校と家の往復する日々を送っていたんです。
休日、僕は母に連れられデパートに行った時に、クラスの友達に会ったんです。

”珍しいな!買い物?”
”ん~服買いに来たんだ”
”へぇ~あれ母ちゃん?”
”うん”
”若いなぁ!それに凄く色っぽい”
”そうか?”

中学生になり、女性に興味が湧く年齢です。
僕も親に隠れてエッチな本やDVDを見てオナニーをしたりしていました。

しかし母親を女性として見た事が無かったんです。
友達の視線に凄い厭らしさを感じながら、
母親を見ると確かに肉付きの良い下半身に豊満な胸と色気がムンムン漂っていました。

それがキッカケだった様に思いますが、それから僕は母親を女性として見る様になり、
やがて母親をオカズにオナニーをする事も増えたんです。

僕の父親は大手企業で働き、数年前から僕と母親を残し1人単身赴任で海外へ行っています。
年に数回しか帰って来る事も無く、家には母と僕の2人だけです。

母は大人しく優しい性格で、松下由紀さんに体系・顔が似ているかも知れません。
そんな僕も気づけば2年生になり、友達と言っても数人でクラスの陰的な存在だったんです。

ある日、体育で無様な姿を曝した僕は、数人の男子生徒に馬鹿にされ、何かとからかわれる様になって行きました。
気が弱く、言い帰す事も出来ない僕は、ペコペコしながら頭を掻き誤魔化す事しか出来ません。

しかし心の中では怒りが込上げ蓄積していました。

その頃から学校へ行くのも嫌になり、部屋に籠りゲームやネットで時間を潰す事が増えたんです。
優しい母は

”タクちゃん大丈夫!何処か痛いの?”

と声を掛けて来ますが、僕は

”別に”

と部屋から出る事を控えていました。

続きを読む

このページのトップヘ