【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

月に数回遊びに行く友人の家で友人とあゆちゃん(奥さん)といつものように飲んでました。

酔ってくといつもの下ネタになり私の風俗通いの話になり、フェラで1万で本番は3万は超えると言うとあゆちゃんは驚いてました。

「私がしてあげるからお金頂戴よ」と笑ってました。

いつも真っ先に友人が寝ると酔ったあゆちゃんが、

「フェラで1万って口でするだけじゃないんだよね?」と言われ、

「いや口に出して終わりだけど」と言うと、

「もったいないよ、それで一万なんて」というので、

「溜まったのどうするのさぁ、あゆちゃんがしてくれる?」と言ってみると、

「一万円で?本当にくれるの?」と言うので、

「もちろんちょうど近いうちに行こうと思ってたから」と言うと、

「それだけで一万ならどうしよう」と笑ってるので興奮した私は19cmのチンポを出してみました。

「うわぁおっきい」と笑ってるのでお願いしてみると近くで友人が寝てるのでソファの陰に行きました。

「舐めてよ」と言うとあゆちゃんは手で数回しごくとペロッと舐めてくれました。

するとそれから舐めだすと風俗より気持ちいいくらい上手でした。

出そうになりましたがもったいないので我慢してました。

財布から私は3万円を出し「本番までいい?」といいお金を渡し

あゆちゃんを立たせてジーンズとパンティをさげマンコを舐めると気持ちよさそうにお尻を突き出してきました。

友人の嫁さんのおしっこ臭いマンコに興奮し肛門まで舐めました。

立ちバックで挿入すると温かくヌルヌルで気持ち良かったです。

「あぁぁキツイ、いやぁ奥に凄い当たってる」といいあゆちゃんはピクンピクンとなりイッチャイました。

ゆっくりと動かすとネチョネチョといやらしい音をさせてて我慢できなくなり動くのをやめるとあゆちゃんがお尻を振りだしました。

出ちゃうと言うと、

「いいよ、出して」と言われそのまま中に出しちゃいました。

終わってからなんてことをしたんだと思いましたがあゆちゃんはティッシュで拭いてくれました。

続きを読む

ある雨の降っている日の事でした。

雨で仕事が中止になり、出稼ぎに来てる自分としてはそのままアパートに帰る気になれず、そこらの駐車場に車を止めてボーっとしていました。

すると、4-5才の子供を連れた奥さん方が、一組、また一組…と、集まって来ました。

4組ほど集まって、屋根のある所で立ち話を始めました。

自分は、離婚をして逃げるように出稼ぎに来て3年。

同じ位の歳の子供を妻に取られ…寂しい独身生活。

立ち話をしている奥さん方を眺めながら結婚していた時の事を思いだしていました。

そのうち幼稚園のバスが来ました。

子供達はバスに乗り込み、それを見送る奥さん方…その光景見ているうちに…寂しくなりました。

立ち話を続ける奥さん方…。

中でも、白いワンピースを着た奥さんが目にとまりました。

歳は26,7歳くらいで、黒髪で後ろで束ね色白の可愛い感じの奥さん。

しかも雨で少し濡れて、紺色の下着がうっすら透けて見えていました。

その奥さんを見ているうちに…寂しい思いから熱いムラムラに変わって行きました。

奥さんを眺めながら…自分の物を握りしめ、擦り始めました。

離婚をしてからそんな気にもなれず、溜まっていた事もあり、興奮が高まっているのが分かりました。

もう少しって所で奥さん達は解散してしまい、散り散りに帰り始めてしまいました。

自分は、無意識に白いワンピースの奥さんの後を尾行していました。

奥さんは黒い色にピンクの花柄の傘を差して歩いており、自分の下手な尾行にも気付きませんでした。

歩いているうちに奥さんのヒップ辺りに雨の雫がワンピースを濡らし、うっすら透け始めました。

紺色のパンティがチラチラ透けて見えていました。

自分は更に興奮を覚え、心臓がバクバクして股間が熱く硬くなるのが分かりました。

奥さんは、とある家の前に止まりました。

そんなに大きくない家でしたが、新しい家でした。

玄関の前で傘を畳み、バックの中を漁り始め、鍵を取り出して玄関を開け始める奥さん。

自分はすーっと近づき、玄関が開いた瞬間に奥さんを家の中に押し込みました。

訳も分からない感じの奥さんを押し倒しながら玄関の鍵を締め、奥さんの後ろから覆い被さり、押さえつけました。

暴れながら奥さんは、家の奥へ逃げようとしました。

続きを読む

取引先の課長に飲みに行こうと誘われまして、担当の女子社員と課長と私の3人で飲みに行くことになりました。

6時に駅の近くのこ洒落た飲み屋で集合。しばらくは仕事の話やたわいない話をしていたんですが、課長が突然あるところにTEL。

登場人物:課長・A女子社員・私Z

課長が電話したのは、1ヶ月前に退社したB子。私が関わっている仕事の元担当者です。(今はA子が担当なのですが)

課長とA子・B子は仕事上今でも連絡を取り合っているようで、更に夜もよく一緒に飲んでいるそうです。

程なくB子登場で場は一気に盛り上がってきました。

スペック:課長40代既婚、A子30代既婚150位ぽっちゃりめ、

B子20代後半165位細いのに胸とお尻はボリューム感たっぷり

課長がいても、女の子が二人いると大抵は仕事の愚痴がはじまります。

私は他の会社の人間なので、あまり攻撃されませんが、課長はA子・B子から集中攻撃です。

人間関係やシステムの問題等ここぞとばかりに・・・。

まあ、普段も飲んでいるようなので、私の前であらためてと言う感じなんでしょうか。

大体2時間くらい飲んだでしょうか。

4人ともほろ酔い加減になり、元気のいいB子が「カラオケに行きたい~」というと、

A子も「よし、行こう行こう」とあおり、カラオケのある飲み屋に移動する事に。

カラオケスナックに移動すると、お客はうちらだけでした。

どうやらよく来るお店らしく、顔なじみでした。

歌が始まると音がうるさいので自然と顔をくっつけて話さないと会話が出来ないんですね。

課長も嫌いではないらしく大体デュエットを歌うので、聞いている時は残ったA子かB子と親密に話すしかないんです。

そうするとA子が旦那の愚痴を言い出しました。

A子「女も30代になるとダメなのかしら」

俺「どうしたの?」

A「最近旦那がちっともかまってくれないの」

俺キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここは、チャンスだ今日は久々にご馳走食えるのかと。

続きを読む

このページのトップヘ