【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

いつくつかの出会い系に登録して

毎日のようにチェックして、目ぼしい人がいたら

メールを出したり、日記にコメントしたりしています

慣れてくると、少しのやりとりで会える可能性がある女なのか

判断が出来る様になってきます。最初は苦労しましたが

最近では無料ポイントだけでも会えたりする所もあるので

正直、何人かセフレは作れます。

今回、知り合ったのは良い感じに可愛いギャル系の奥様です。

このギャル系奥様との出会いは衝撃でした。

その美人ギャル妻との出会いが、どうしてこんなにも衝撃的かといえば

人妻としては犯罪的とも言える彼女の年齢にあります。

信じてもらえないかもしれませんが、現在彼女は17歳。

その17歳の彼女には、3つ年上の旦那と6ヶ月になる子供がいるのです。

妊娠発覚後、高校は中退したそうですが、通っていれば今年の4月から3年生だそうです。

出会って数週間は19歳と偽っていたため、いきなりこの事実を告白された時は、全く信じませんでした。

何しろ17歳の人妻など、いるはずがないと思っていました。

しかし、中学校の卒業アルバムを始め、様々な身分証明書を調べてみると、彼女は確かに17歳。

正直、今でも騙されているような感じですが、正真正銘17歳の人妻がここにいるのです

人妻マニアの僕からすれば、この出会いは人生最高の瞬間。

数え切れない男達に使い込まれた熟マンで遊ぶのも良いですが

やはり、若々しい10代妻のお子ちゃまマンコを自分の色に染めたいというのが、マニアの夢。

その10代の若妻の中でも、17歳という年齢は本当に信じられません。

人妻ファンの方々には、申し訳ない気持ちです。

しかも、その17歳の若奥様は、引いてしまうくらいのヤリマン娘。

幼馴染の旦那とは、中1からずっと付き合っているにも関わらず、経験人数は僕で12人目。

続きを読む

結婚18年目になる妻との性生活について告白します。

ちょっと長い話ですが、後半にクライマックスを迎えますので辛抱してください。

現在、妻は44才、身長150cm、体重43kg、俗に言うトランジスタグラマーで昔はかなりの巨乳でした(今は普通のCカップ)。

そもそもの始まりは知り合って3ヶ月ぐらいで一緒に飲みに行ったとき、

「今日は家に帰りたくないの」

という彼女の甘い言葉で自分のアパートに連れ込み、始めてのHをやったのですが、

キスから愛撫までの前戯でオマンコはびしょ濡れ状態で、その量は「紅音あかね」にも匹敵するぐらい凄まじいものでした。

ゴムの準備も無いので生で挿入したら、ものすごい締りのいいオマンコで中のヒダが無数に揃っている名器。

実は処女喪失後数回しかSEX経験が無かったらしく、感度も抜群でひと擦りごとに背中に爪をたてて、喘ぎ声を押し殺して我慢していました。

その真っ最中に

「今日は安全日で大丈夫だから」

と私の耳元で囁くので、これまた興奮して思う存分オマンコに生中出してやろうと、挿入したまま2連続射精をやっちゃいました。

そしたら、まぁこれが見事に即効妊娠して、出来ちゃった婚で結ばれた訳です(妻の陰謀説?)。

新婚のときから既に妊娠している訳ですから、避妊なんてまったく必要がないので、

オマンコ生中出しが当然で約一年繰り返していたら、出産後数ヶ月でたて続けに二人目も懐妊。(うちは子供二人で打ち止めにしようと決めていました)。

これでまた妊娠中はオマンコ生中出しの生活が続きました・・・

ということでこの18年間ゴムの使用経験はまったく無く、危険日のときは大抵は腹出し(稀にアナル中出し)ですが、

安全日の期間中は連日中出しでお互い楽しんでいました。

とは言っても当然ながら運悪く妊娠→中絶手術をその後2回経験したことがあり、その為か、徐々に妻の体にも変化が出てきました。

30才半ばから、生理期間がたった3日で終わり、40才ぐらいからは1日で終わるようになったので病院で診てもらったのですが、

更年期の症状がかなり早くやってきているが、体は健康で問題ないとのことでした。

そうなると妊娠の危険性もかなり減っているのではと、恐る恐る危険日にオマンコ生中出しをしたところ兆候なし。

続きを読む

私は42歳で中川といいます。

父の後を継いで会社を経営していて、5階建てのマンションの家賃収入もあり経済的には余裕がありました。

そのマンションの5階のワンフロアは両親の家と私の自宅だけで使っていました。

その両親も亡くなり私一人が暮らしています。

私は独身ですので独身女性から人妻まで多くの女性と付き合ってきました。

男の友達は少なく、その一人に滝本がいました。

滝本は結婚していて由佳さん(32歳)と子供(1歳)の家族構成でした。

滝本も家業を継いで工場を経営していてますが、滝本も由佳さんも頼れる親戚もなく私とよく似た境遇なので気が合いゴルフに行ったり飲みに出かけていました。

飲みに行けば女性の話になり私が付き合っている女性のHな写真を見せたりする間柄でした。

滝本も由佳さんの裸の写真を見せてくれてお互い自慢しあったりしていました。

そんな滝本が交通事故で突然、亡くなったのです。

私も友を失って落ち込みましたが、由佳さんは気丈にもお葬式に列席された方々に挨拶されていました。

1ヵ月後、由佳さんから相談の電話があったのです。

私は滝本の工場の事務所に行きました。

由佳さんの話しによると、滝本の工場は銀行から融資を受けていたそうです。

工場を整理して滝本の保険金・預貯金・自宅の売却をすれば殆ど清算できるそうですが、100万ほど足りないらしいです。

それで私に相談してきたのです。『少しずつしか返せないと思いますが貸していただけませんか?』と頭を下げました。

私の心は決まっていたのですぐに返答しました。

「分かりました。いいですよ、貸しましょう。ただ・・・私に提案があります。滝本の事に物入りだと思うので200万お貸しします。

由佳さんは私の会社に勤めてもらって月々、給料から少しずつ返してくれたらいいです・・・

自宅も手放すとなると住む所がなくなるので私の両親が使っていた部屋を社宅としてお貸しします。」

続きを読む

このページのトップヘ