【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

夫婦喧嘩が絶えない階下の部屋の奥さんを、うちに匿ったことかなぁ。

新婚で引っ越してきた直後から、週に三回の割合で怒鳴り声が聞こえたり、物を投げるような音が聞こえていた。

ある夜、いきなり部屋のドアが叩かれて、開けたら下の奥さんが立ってた。

「助けてください!」ってパジャマ姿で、飛び出してきたらしい

びっくりしたけど、向こうは時々挨拶を交わした時に、俺に優しい印象を持っていたみたいで、頼ったということらしい。

しばらく部屋で喧嘩の原因とかをあれこれ聞いてみた。(つまんないから書かないけど)

奥さんは22才で、小柄で可愛らしい感じ。旦那も同い年。俺は36で単身赴任中。ビール飲みながら話を聞いてやるだけで、泣いたり甘えたりしてきた。

…で下に旦那がいるだろうにヤっちゃった。

旦那は高校の頃から付き合ってる同級生だそうで、彼女の経験は旦那だけ。

回数はこなしてるものの、奉仕するようなセックスしか経験なく、俺が舐めまくったら必死で声を我慢していた。

フェラでは当然のようにアナルを舐めるし、腹に出した精液を掬って舐めたのは、ちょっと引いた。

どんな仕込まれ方をされてきたのか想像してしまって。

終わったあと「こんなに長い時間をかけてセックスしたのは初めて」と喜んでた。

結局、離婚して引っ越していくまで、3ヶ月くらいは1日おきにやらせてもらった。

嫁とは違う若い体を堪能。

最後には「私の実家の近くに来ることがあれば、また会ってください」ってメールが来たよ。

彼女の容姿は持田真樹のような顔立ち。

ちょっと貧相な体つきだったけど、相性はよかったと思う。

旦那は板金工の見習い。

高校時代から付き合っていて、処女喪失は19才。

何年かは処女を守りたくてフェラと手コキだけだったらしく、やたらとテクニックが身に付いたらしい。

朝、昼休み、放課後と三回抜いた日もあったとか。セックスしたら結婚という意識があったみたいで、結婚したのを後悔してた。

旦那のセックスはフェラをさせて挿入は1曲ぶん(5分以内)らしく、何度も体位を変えながら俺として驚いたんだとか。

続きを読む

今から5年前、僕が中1のときです。

当時、オナニーを覚えて毎日のように女の人の裸を想像して抜いていましたが、

想像といっても肝心のオマンコを見たことがない僕は、気持ちよくはなるものの、

どこかスッキリせずに悶々とした日々を過ごしていました。

そんなときでした。

夏休みで部活が終わって昼過ぎに家に帰ったら、お母さんが昼寝をしていました。

何気なく昼寝をしているお母さんの姿を見ると、スカートの中の下着が丸見えの状態で、

僕は心の中で今ならオマンコが見れるんじゃないかと思い、

恐る恐るお母さんのパンツに手を近づけてずらそうとしました。

あと少しで念願のオマンコが見えると思った瞬間にお母さんが目を覚まし、

「何してるの」と言われました。

僕は、絶対に叱られると覚悟していましたが、

お母さんから「女の身体を見たいの?」と思わぬ言葉が返ってきたんです。

その言葉にどう受け答えしていいか分からず、ただ、うなずくだけでした。

お母さんは、「しょうがない子ね」といいながら、

「そういう年頃になったんだね」「見せるだけだよ」と言って、

下着を脱いで僕の目の前で足をM字に開いてくれました。

初めて見るオマンコに僕のチンコは爆発寸前。

お母さんは「この膣穴にオチンチンが入るのよ」と説明してくれました。

僕は「お母さんの穴に僕のチンコを入れたい」と言い、

ズボンを脱いで爆発寸前のチンコを出したんです。

お母さんは「もう、しょうがない子ね」と言いながら、

僕のチンコを受け入れてくれました。

お母さんの中は、すごく暖かくて、オナニーでは感じられないような気持ちよさで、

入れたとたんに大量の精子を出してしまいました。

続きを読む

妻の美香は三十路のA型。

身長160センチB84、W60、H87

妻の性格は一言で言えば、おっとり型

いつも優しく微笑んでいる事から“モナリザ”というあだ名を子供達から付けられている。

趣味はガーデニングとフラワーアレンジメント

特技は、ピアノと書道、そして昔取った杵づかで意外にもママさんバレーのレギュラー選手である。

これが私、八代一明(39)の妻、美香のプロフィールです。

夫婦仲は普通でしたが、最近、妻が私の求めを拒むようになって来たのです。

疲れているから…と布団を被って申し訳なさそうにやんわりと拒まれては私も怒る訳にもいかず、何度か肩透かしの目に遭っていたのでした。

浮気などしている素振りもないし、オナニーで満足している訳でもないだろうが、いずれにしても私にすれば不満だった。

そんなある日東京にいる友人から一通の手紙が届いた。

その友人は地元にいた頃は無二の親友だった男だから久しぶりの連絡に喜び勇んで封を開けた。

その手紙には信じられない内容が書かれていた。

『ご無沙汰しております。

実は私今アダルトビデオを製作しているビーナスという会社の取締役を引き受ける事に致しました。

業界の事は不案内ですが引き受けたからには誠心誠意努力していく所存であります。

こちらへいらした折には是非撮影風景など見学されてみてください。』

そんな内容だった。

丁寧な書き出しだったが、内容には驚かされた。

酒井の奴、昔から好奇心は旺盛だったからな…。

私は苦笑いした。

だが『撮影現場の見学』という文句が気になった。

アダルトビデオの撮影現場を見学出来る機会なんて滅多にある事じゃない。

是非一度、見てみたいものだと真剣に考える私だった。

私はさっそく手紙をくれた友人に連絡を取った。

電話で話したのだが、久しぶりだったせいもあって1時間も話をしてしまった。

最後に撮影現場の見学の話をしようと思っていたら、以心伝心、酒井の方から切り出して来たのだった。

「手紙にも書いたが、こっちへ来る機会があったら、一度AV撮影現場を見学してみないか…?」

「ああ、そうだな。正直、大いに興味があるよ。」

私は正直に答えた。

後は話はとんとん拍子に進んだ。

東京にいる友人から、新規に店をオープンさせたから夫婦で是非来て欲しいと宿泊券付で招待を受けた…。

そんな口実で来週妻を連れだっての上京が決まった。

最初は私一人で上京する予定だったが酒井が奥さんにも会いたいから一緒に連れて来いと強く主張したのだ。

私がアダルトビデオの見学に行く時は妻に買い物でもさせておけばいい…そう考えていた。

翌週になり、私は妻を連れだって上京した

「二人で出かけるなんて久しぶりね。」

新幹線の中で妻が言った。

続きを読む

このページのトップヘ