【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

希代ちゃん、当時42歳。

痴漢プレイ出会い系サイトで出会った。

俺がスレッドを立ててから忘れた頃に直接メールが届き

『興味があるから会ってみたい』と、言ってくれたのだ。

しかし、時間は既に21時を回っていて、場所も朝里ということなので、札幌在住の俺はどうしたものか?と、一瞬悩んだ。

しかし、こんなチャンスは滅多にない!(笑)

22時にとあるコンビニで会う約束を取り付けた。

そのコンビニ駐車場には時間どおり希代ちゃんが軽でやって来てくれた。

「どこに行こうか?」

すると彼女は、24時間営業のスパがあるからそこに自分の車を置いて、俺の車に乗ると提案してくれた。

彼女の先導でスパへ向かう。

そして彼女は車を置くと助手席に乗り込んできた。

希代ちゃんは、どこからどう見ても普通の主婦。

そこらのスーパーで夕暮れ時に食材を詰めたカートを押していそうな感じ。

ピッチピチのTシャツにスリムジーンズに身を包み、真夏だったのでサンダル履き。

身長は165は超えていそう。

そして、何より胸が大きい。

本人曰くEカップだそうだ。

赤井川方面へ向かう途中の朝里の街の夜景が見下ろせるパーキングに車を停めた。

まずは世間話。

やがて、どうして痴漢ごっこしてみたくなったかを俺に話し始めた。

恋愛経験はなく、今の旦那とは見合い結婚。

しかも初の男性。

それ以来、家事と子育てと旦那の世話の十数年間・・気が付くと四十路になっていた。

ハメを外したこともなく、このままただただ枯れていくのは後悔が残る。

基本、エッチは好きでほぼ毎日オナニーに耽るも所詮は妄想の世界。

旦那との愛のないセックスはただの夫婦愛だの義務でしかなく、しかも旦那の性処理でしかなく虚しい。

刺激が欲しい、女の歓びを感じたい、以上が彼女の気持ちだった。

「それにしても初対面の俺と会おうなんて、すごい勇気だね(笑)」

「うん、貴方とメールのやり取りしみて、大丈夫そうだったから^^;」

と、彼女は照れくさそうに笑った。

俺は無言でEカップに手を伸ばした。

一瞬、彼女は身をすくめたが、手の平に余るほどのバストを優しく揉みしだいているうちに体の硬さが抜けてきた。

続きを読む

家族ぐるみで付き合っている古くからの友人夫婦がいるんですよ。

奥さんから「今夜飲まない?」って軽いノリのメールが入った。

いつもなら喜んで妻も連れて行くのだが、その日は実家に帰っていなくて俺だけで向かったんです。

友達の家に付くと美人な奥さんが飛びっきりの笑顔で迎えてくれた。

「沙紀ちゃん(俺の奥さん)は?」

「実家に帰ってるよ」と言うと、「…そんじぁ今日は私と2人だよ」と奥さんが照れたように言った。

「井東は?(友人)」

「明後日まで出張」

「俺、帰ろうか?」と言うと、「せっかく来たんだから…」と家の中に進められた。

家に入るとワンパク3人兄弟がいて遊び相手にされた。

9時を過ぎ子供達は寝る時間になった。

奥さんは寝かしつけに行くと言って、「その間にシャワーでも浴びてて」と付け加えた。

俺が遠慮なく浴びていると、脱衣場に奥さんが入ってきた。

「生田さんが遊んでくれたからグッスリ寝ちゃった。下着洗濯するね。」と俺に声をかけてから洗濯機を回し始めた。

俺がシャワーを浴びて出ると下着はなくバスタオルだけが…しょうがなくバスタオルだけで居間にいくと、奥さんがビールを出してくれた。

ビールを飲み始めると奥さんが「私もお風呂入ってくるね」っと席を立った。

2人だけでまずいよな?と思いながら飲んでいると、奥さんが風呂からあがりやってきた。

タンクトップにハーフパンツで…よく見るとブラジャーを付けてなく、

乳首がタンクトップの上からもわかる…2人で飲みながら世間話をして飲んでると、

「生田さんとこって、エッチしてる?家は3ヶ月ほどしてないよ。」と言われ俺も「家もしばらくしてないよ」と答えた。

「奥さん言ってたけど、生田さんのエッチって凄いらしいね。」

「えっ!…」

「おっきいし30分以上は入れっぱなしだって言ってたよ。」

「…」俺が返事に困ってると、「旦那、外に女いるみたいなんだ。

同じ会社の事務員らしいけど…」

「そうなんだ。」

「私って子供3人産んだし魅力ないのかな。」

「そんな事ないよ。」と言うと立ち上がって、俺のそばに来てタンクトップを脱いだ。

確かにちょっと垂れてはいるけどきれいだった。

続きを読む

今年の同窓会で彼女と再会事実を聞かされ驚いたことがありました。

高校の同級生で菜穂子、当時はお互いに好意がある事は分かってましたが

積極性のなかった私は誘う事も出来ずに手も握れないまま卒業したのです。

私は大学進学、地元を離れたので彼女のその後は知らなかったのです。

そのまま就職してソープで初体験、年上のホステスと性処理の付き合いでしっかりテクを教わりました。

会社のマドンナと言われてた久美を口説き彼女として2年後出来ちゃったので結婚。

仕事にも集中でき絶好調の時、同窓会の連絡が入り、卒業後初めて出席しました。

久しぶりに会う旧友、その中に菜穂子がいました。

色気のある大人になっていて2次会では横に座って話をしました。

彼女は高校卒業後地元の商社に就職、24歳で職場結婚、子供居なくてご主人も出張が多くて近所のブテックで働いてた。

3次会はキャンセル、彼女と待ち合わせた。

ホテルのラウンジで2人だけの初デート。

昔はウブだったと大笑い、それでもお酒がすすむにつれて大人の雰囲気。

彼女の充血した眼が色っぽい。

実家には帰郷は言っておらず、そこのホテルに泊まる予定でチェックインしてましたので、

足もとがふらつく彼女の腰に手回し、エレベータの中でキスをした。

期待してたのか彼女は首に手をまわし舌を入れてきた。

部屋に入ってからは言葉もないまま互いに口を吸い合った。

ワンピースを脱がせブラを外し、自分も服を脱ぎベットに倒れこんだ。

パンストと下着を一緒に脱がし、大学時代にオナペットとしてた彼女の足を開いてオマ○コに吸いついた。

彼女はシャワーをと足を閉じようとしますが負けじと舐めまわした。

菜穂子の抵抗が弱まり、ア~と吐息が・・・

パンツを脱ぎ菜穂子に体を重ね、一気に挿入した。

お互いの気持ちが一緒になり体もつながった喜びに菜穂子は涙を流しながら背中に爪を立て、

私の名前を呼びながらイク~と大声を発し1回目のアクメを迎えた。

少し落ち着きを取り戻した2人はつながったまま話した。

初めての男性は俺と思ってた事や東京に行きたかったが親から止められた事など菜穂子の気持ちが伝わってきた。

続きを読む

このページのトップヘ