【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

私50歳、妻の眞澄51歳。

私達夫婦は二人ともカラオケが趣味でたまにボックスに歌いに出掛けます。

これは、先日夫婦でカラオケボックスに行った時の出来事です。

厚別のキャッツアイに7:00頃に入店し、二人で楽しく歌っていました。

何曲か歌い妻が「ちょっとトイレに行ってくるわね。」と言って席を立ちました。

妻が戻ったので、私も用を足しにトイレに行ったのです。

すると、大学生風の若者が二人で何やら話しをしています。

「おい、さっきすれ違った熟女見た?」

「おう見たよ。ひょっとしてお前も俺と同じこと考えてんの?」

「溜まんないよなぁ、あのムッチムチの体。オッパイはでかいし、お尻なんてさぁあぁいうの巨尻って言うんじゃないの。

イイ年してミニスカ履いて、おまけに黒いストッキングだぜ。」

「50代前半ってとこかなぁ、あぁやりてぇなぁ、あのデッカイ尻に打ち込んでやりたいなぁ。」

若者達が話ししているのは、正に妻の眞澄の事です。

こんな若い男達でも内の妻が性的な対象になるのかと少し驚き、優越感やら嫉妬心やら複雑な気持ちになりました。

部屋に戻ると、妻が十八番の「津軽海峡冬景色」を熱唱していました。

歌い終わると妻は

「思い切り歌うと気持ちがいいわぁ、カラオケってホントにストレス発散出来るわよねぇ。」

そう言いながら好物のビールをぐいっと飲み干していました。

さっきのトイレの若者達に性的な対象にされていた妻もこういう姿を見ると単なる中年肥りのおばさんです。

「ビールを飲むと近くなって困るのよねぇ。」

と言ってまたトイレに立ちました。

その後、私は一人で好きなサザンの歌などを歌っていたのですが、20分程経っても妻が戻らないので心配になりトイレを見に行くことにしました。

トイレの周辺には妻の姿は見当たりませんでした。

どこに行ったんだろうと不安な気持ちで、ふと隣の部屋をドアの窓ごしに覗いてみました。

すると、あろう事か妻の眞澄が先程の二人を含めた5人の若者達と絡んでいるではありませんか!

一人は妻の唇を吸い、二人の若者は妻のセーターをたくし上げその豊満なオッパイを揉みしだき、

後の二人はスカートをまくり上げ黒いストッキングの上から陰部を触ったり、ムチムチの太腿を撫で回しているのです。

さらに信じ難い事に、妻は酔って上気した気持ち良さそうな表情を浮かべ、自らも若者の唇に舌を絡めているのでした。

続きを読む

私は27才の会社員で叔母は49歳です。

ちなみに私は恥ずかしながらこの歳で童貞です。

叔母は世間で言う豊満おばちゃん、恐らくB-W-Hともに100cm

身長は170cmはあろうかという巨漢です。

ルックスはピ○クの電話の宮ちゃん似かな?

叔母は母の妹で夫である叔父は早くに亡くなっています。

6月ぐらいだったかな?、用事で叔母宅に行った時の事です。

叔母は畑の方で仕事をしてました。

「もうちょっとで終わるからちょっと待ってて~」

って言われて仕事しながらたわいもない会話しながら待ってました。

ピチピチのジャージ姿で屈んで仕事してる叔母の姿。

ムチムチのお尻と動くたびにダクンダクンと揺れるおっぱい・・・。

いつの間にかすっかり目を奪われて股間が勃起してしまってました。

小雨もぱらついてきてしまい、私も畑仕事を手伝ってようやく終わった頃には私も雨ですっかり濡れてしまいました。

「ごめんね~。風邪引くからお風呂入って着替えてってね。」

とは言われましたが、叔母もびっしょり濡れてる様子。

「叔母さん、先入っていいよ。俺、大丈夫だから。」

「いいから!風邪引かせたら悪いから先入ってよ」

と問答が続いてきりがなくなったので、思い切って

「じゃ、じゃあ、、一緒に入っちゃいましょうか?」

言いました。内心はかなりドキドキしました。案の定

「え!?・・・。」

とかなり困惑の顔されてしまいました。

普段ならこんな事は言わない私でしたが、さっきの叔母の体見たら変に興奮してて・・・

「いや、あの・・・、このままじゃ、2人とも風邪引いちゃいそうで。」

と慌てて言い訳しました。

「・・・そ、それもそうだけど・・・。」

「背中でも流しますよ。こんな機会ないですからね。ははは。」

「ん~・・・、じゃあ、そうしようか?」

ってな感じでお風呂に一緒に入る事になりました。

服を脱いだら勃起してる事をすっかり忘れててヤバと思いタオルで股間を隠して何とかなごまして入りました。

続きを読む

私、40歳。相手は取引先の女社長の加奈子(54歳)、一見そんな年には見えません。

私もまさか、この年になって年上の女性とHをするとは思いませんでした。

しかし、普段仕事をしている様子とベットでは本当に別人でそんな様子を思い浮かべてはまた股間を大きくしています。

先日、昼間の仕事を抜け出し午後2時、明るいうちからホテルにチェックインして加奈子の事を待ちました。

20分ほどしてちょっとした食べ物とビールを持って部屋に来ました。

昼間からビールとは思いましたが、やはり少しお酒が入ったほうが盛り上がると思い、2人でちょっとした酒盛り。

程よく酔い始めたころ、だんだんお互いの体に触り始めました。

加奈子はいつのまにか私に持たれかかり、股間をなでながらいつものようにキスを求めてきました。

なぜか私の股間は加奈子に触られるととたんに大きくなってしまいます。

加奈子の指はアナルからあそこの先までを、出てしまうかと思うくらい巧みに触ってきます。

私は我慢できず、脱がそうとすると「2人でシャワー浴びましょう」といって、早速じらされてしまいました。

バスタブにお湯をはり、体を洗いながらお互いの股間を触り合います。

もちろん、加奈子のあそこはすでに私の指をすんなり受け入れていました。

「あぁ・・・」加奈子は私の指の動きに合わせ息を漏らします。

そして、加奈子のあそこを指で責めながら、加奈子の耳を舌でなぞると体をのけぞらせ、どんどん濡らしてきました。

しばらく責めると我慢できなくなったのか、体をあずけながらも大きくなっている私の股間をまさぐり始めました。

こうなると、立場は逆転します。

立った状態の彼女は、時折ひざから力が抜けるらしく、完全に体を預けてきました。

そしてそのままベットへ。

軽くキスをすると足を大きく開かせて、加奈子のあそこを舌でなぞるとすでに濡れきっていました。

加奈子は腰をくねらせ、「もっと…」、「もっとして…」とどんどん激しくなってきます。

私は加奈子のあそこをしっかりと舌でかわいがったあと、2本の指をしっかり奥まで入れました。

そして、入った指をゆっくり大きく動かしながら、加奈子の顔近くに私の大きくなったものを近付けました。

加奈子は咥えようとしましたがそうさせず、加奈子に見せつけるようにして、大きくゆっくりと目の前でしごきました。

そして同時に加奈子のあそこの中を少し乱暴に指で愛撫しました。

「ほ~ら、見てごらん。中にいれたいだろ。大きくなってるぞ。俺のおちんちんは加奈子のなかに入りたがって大きくなったんだぞ。ほしいか?」

しばらくして、加奈子は熟女らしからぬあまえた声で

「いや~、ほしい。せいのをいれて~」

と欲しがった。

でも、これからが熟女が乱れる、一番良いところだ。

そのまま指をあそこから、アナルに滑らせ挿入。

もちろんすんなりと入っていった。加奈子は両方しっかり使えるようになっているからだ。

最初は驚いたが、どちらも同じぐらい乱れるほど使いこまれていました。

私は隠しておいたバナナを取りだし、指の変わりにアナルに挿入した。

もう、それからの加奈子の鳴き方は半端じゃなくなっていった。

隣に聞こえてしまうんではないかと思うくらいだ。

続きを読む

このページのトップヘ