【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

結婚して3年になります。
妻の家が5年前に父親が他界してから母子家庭で一緒に生活して欲しいと言われ、新婚当初から同居しています。

義母は淳子と言い、会社で営業をしています。
嫁は看護士で私とはなかなか同じ休みにはなりません。

義母は表で仕事をしているせいもあって、実年齢よりもかなり若く見えます。
40半ばを超えていますが、30代でも充分に通用します。黒木瞳似の綺麗な人です。

妻には申し訳なく思っていますが、同居後半年も経たないうちに義母との関係が続いています。

私だけが休みとか、妻が夜勤でいない晩は私がよほどの用事が無いとき以外は、どちらかがギブアップするまでしています。
ほとんど私が先にダウンしてしまいますが・・・・。

きっかけは妻が夜勤でいない週末でした。
2人で食事に出かける約束だったのですが、妻の同僚が急用で交代で勤務する事になり流れてしまった日です。

偶然にもその日は残業も無く、私の仲の良い同僚も用事があって早めに帰宅しました。

義母には食事に行くことは言っておきましたが、流れたことは連絡していなかったので私が帰ってきたことに少し驚いていました。

もちろん義母は夕食の準備はしていません。
わざわざ作ってもらうのも悪いし、いつもいろいろ世話をかけているので

「お義母さん、俺の食事付き合いませんか?近所の居酒屋ですけど?」

と誘うと

「あら?嬉しいわ。眞也さんに誘ってもらうなんて愛美(妻)に悪いけど」

と笑っていました。
近所の居酒屋は妻と義母が私と同居する以前から知っている所で、店の人たちとも知り合いのようでした。

週末で結構混み合っていたので、とりあえず食事とほんの1~2杯飲んで帰りました。
私も義母も飲む方なので少し不満が残り、家で飲み直すことにしました。

1時間も飲んだ頃、妻から電話があり、明日の帰りが昼近くなってしまうとの事でした。

「お義母さん、愛美明日帰ってくるのが遅くなるみたいですよ」

と言うと

「じゃぁあ、明日はゆっくり寝てられるわね。」

と笑っていました。
それからもしばらく飲み続け、そろそろ日付が変わりそうな頃

「いい時間ですね。僕はお風呂に入って寝ます。」

と言って席を立ちました。

続きを読む

私は小学校教諭をしており、37歳になる男です。
大学を卒業してようやく教師というものが少しはわかったつもりでいますが、
6年生の担任になり、恒例の家庭訪問の時期がやってきました。

普通は5、6年生の2年間は同じ教師が担任につくのですが、今年はいろいろあって、
私が6年生から担任になったものですから、児童の家庭を地図を片手に探しまわり、ようやくあと2日で終わりを迎えようとした日のことです。

頭のいい女の子の家にようやく着きました。ここは田舎なので山奥まで行かなければならず、
ちゃんと居てくれるかな、と思いながら、車を走らせていました。

ようやく家に着くと、ちゃんと明かりはついているが、カーテンが閉まっていた。
なにやってるんだろうと思いながらチャイムを鳴らしても誰も出てきません。

私はとりあえず中に入ってみると、奥からいやらしい声が聞こえてきます。
なんか、まずい時に来たのかな、と思いながら奥に入って行くと、ドアの隙間から覗くと、大変なことが・・・・。

教え子の母親が大股開いてオナニーをしているじゃありませんか。

私は急に緊張したのとムラムラした感情が込み上げてきて、どうしようか迷ったが、
もう少し覗いておこうと思い、覗いていたら、カバンが壁にあたり、ガンっと音がしてしまいました。

「誰?誰かいるの?」
「あ、すみません、担任の・・・・」
「きゃっ、見ないで」

私は顔を手で隠すと、いったんドアから出ました。

「お取り込み中申し訳ございません」

母親は急いで服を着て、恥ずかしそうな顔をして出てきました。

「すみません、さあ、どうぞ中へ」

私はソファに案内され、まだ温かみのあるソファに腰をおろした。

「何か飲みますか?」
「いえ、お気を使わずに」

とりあえずお茶が出てきて、母親は、

「今日が家庭訪問でした?」
「そうなんですけど、先週、子供さんに手紙を渡していたんですけど・・」

「あ、そうなんですか、まったく見ていませんでした、すみません」
「とりあえずお会いできたので、大丈夫ですよ」

私は母親のまだちゃんとボタンのとまっていないシャツから、ノーブラの胸が少し見えているのが気になり、

「あの~、まだ、見えてますよ」
「あっ、いや~ん、先生スケベね」

「いや、そんなつもりじゃ・・・」
「先生、私がしていたところ見たんでしょ?」

「いや、あの、見るつもりはなかったのですが・・・」
「でも見たんでしょ」

「は、はい」
「先生のそこ、膨らんでますよ」

「いや~、わかります?あんな光景みたら興奮しますよ」
「あ~ら、先生は私に興味ありますか?」

「なんて答えればいいんですかね、でも今見てからは・・・」
「先生、私の相手してくださらない?」

「なんのですか?」
「もう~、女の私に言わせるんですか?」

「あ、はい、いいですけど・・・」

続きを読む

雅美、58歳。妻の姉だ。私より1歳上。結婚して大阪に住んでいたが、10年前に事故で夫を亡くし、実家に帰っていた。
実家と私たち夫婦の家は目と鼻の先。私はその姉と、ほどなく関係を持つようになった。

もちろん、妻の舞子には内緒だ。

舞子が、実家の母親を連れて老人会の温泉旅行に出かけた先週の木曜日、雅美が来た。2ヶ月ぶりだった。
ひとしきり愛撫し合い、舌を這わせ合い、汗まみれになりながら交わり、同時に絶頂を迎えた。
そして、しばらく余韻に浸り、再び汗ばんだ互いの全身をまさぐり始めた。

「ひさしぶりよ、あなた。先月なかったんだもん。さみしかったわ」
「俺もだよ、雅美。いっぱい出したよ、中に。雅美は最高や。舞子よりよっぽど気持ちええ」

「あらあら、うそばっかりぃ。いいのよ、気を使わなくても」
「ウソじゃないよ、雅美。同じ姉妹でも、なんでこんなに違うんかねえ」

「また、そんなこと。ちゃんと舞子ともしてるんでしょ。わかってるんだからあ。ついこの前よ、舞子と話したの!!」
「えっ、話したって、あいつ、何しゃべってるの?」

「ふふっ、エッチのことよ、あなたたち夫婦の!!舞子、昔っからよ、私にセックスの話するの。
この前はさきおととい、だったかな、舞子が言ってたの。『すっごいことされた』って」
「3日前?すごいことぉ?・・くそぉ、あいつぅ」

「いいじゃないの、夫婦なんだから。舞子も嫌がってたわけじゃないの。
と言うより、むしろ私に自慢するっていうか、聞いてほしかったみたいよ。
そりゃ、30年も夫婦してるんだから、だんだん過激になったって当たり前よ。でも・・」
「でも、って?」
「ううん、何でもない。
ことはないんだけど、私、舞子が言ってたこと、ひとつもしてもらったことないし・・・」
「どんなこと言ってた、あいつ?」

「いや、言わない」
「あっ、そおかぁ。雅美、やきもち焼いてるんだぁ。ははっ、わかったわかった」

雅美が汗ばんだ体を私に押し付けて来た。顔を引き寄せ、口を吸いながら、陰部をまさぐった。指を2本、3本、出し入れする。
激しく、優しく、中をかき回す、クリトリスをツメで引っ掻く。私がさっき出した精液まじりの愛液で濡らした中指を、肛門に当てがう。

軽く押してみる。雅美は肛門に力を入れて、指が入るのを拒もうとしている。

「雅美、この前舞子にしたのは、これ。舞子も最初はびっくりしてたけど、途中から俺が戸惑うくらい大きな声出してたよ」

耳元でそう囁きながら、肛門への愛撫を繰り返した。やがて雅美が小さく喘ぎ始めた。そして力が抜ける。
中指の第1間接が、ニュルッという感じで肛門に吸い込まれた。

「あっ」。

小さく、雅美が声を出した。ゆっくりと中指を奥へ進める。第2間接まで入ったところでいったん止める。

続きを読む

このページのトップヘ