【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

ボクは関東地方に住む男です。

ボクは平日が休みの仕事をしてまして、休みの日ヒマさえあればバイクをイジリながら家の向かいにある広場を見ていて、

ボクの好みの熟女や年配のオバサンが居たらさり気なく近付いて話す機会をうかがっているような生活をしています。

少し前の話になりますが、70代手前と40代後半の母娘であろう親子が広場に散歩に来ていたので「こんにちは~」と声をかけ、

二人の顔を見たら…母親の方は方は年相応の顔で、娘さんの方はすんごいブスでしたが、

ボクから声をかけたから引くに引けずにその日は世間話に付き合った。

話してる内に判明した事だが、娘さんの方に知的障害がある女性なんだなぁとわかりましたが、敢えて言いもせず、聞きもしなかった。

こんな感じの事が何回か続き、ある日の事。

いつものようにバイクをイジっていたら母娘が散歩をしているのを見つけ、

立ち上がって二人を見ていたらボクの方に近寄ってきて、母親の方がボクに挨拶をしました。

今日はお願いがあって…

はい、何ですか?

娘があなたと一緒にドライブに行きたいって言ってるから連れてってやってもらえないかねぇ?

って母親から言われ、娘の方に目をやると

少し離れた所で背中を向けながらコチラをチラチラ見ている娘さんの方を見たら…手で顔を隠していた。

ボクはその姿を見て

ブスでもカワイイ所があるじゃんと思って娘さんの方に近付き、ドコに行きたいのかを聞いた。

私は別にお兄さんとならばドコでも…

今日、会う事も前から待ってました…

毎日家に居てつまらないから……

って言われた。

大丈夫、ウチの娘は暴れたりトイレの事は大丈夫だから悪いが…面倒を見てやってくれないかねぇとお願いされた。

イイですよ!

次の休みが金曜日だから ドコかドライブに行きましょうと言ったら…娘さんの方はニヤニヤしていた。

ボクの携帯番を母親の方に教えたら、夕方 ボクの携帯に電話があり、出たら娘さんだった。

もしもし、こんばんは〜、お兄さんの名前を教えて下さいとお互いの名前の交換をして、どうしてボクとドライブに行きたいのですか?

話している内にステキな人だなと思って……

彼氏は?

居たら◯◯さんとドライブに行きたいだなんて言わないでしょ?

こんなやり取りが1時間位続き、彼女の家の電話番号を聞いて電話を切った。

ボクの携帯番を知った次の日から毎晩のように電話があったが、知的障害がある女性だから仕方ないのだと思い、諦めた。

続きを読む

私は3年程前に結婚しました。

妻は一人娘で、しかも実家は農家だったんです。

もちろん、結婚の条件は私が婿養子として妻の両親と一緒に暮らす事でした。

そんな妻の両親は10歳も年の離れた夫婦で、義父が57歳、義母が47歳。

義父は公務員として働きながら家の農業をしていたんですが、農業は義母がメインで行っているようでした。

まぁ農家と言っても田んぼを2町程作っていて、畑が少々あるくらいです。

私も仕事の合間を見て、田畑の手伝いをするようになったんですが、

なにぶんにも農業は生まれて初めての体験で、両親に手取り足取り教えてもらっているところです。

妻は看護師で結構忙しく、家の手伝いが出来る状況ではありません。

そんな現状ですが、私には一つだけ楽しみがあります。

それは、義母の働く姿をジロ見する事なんです。

義母はもち肌でムッチリボディの持ち主、しかも顔立ちも良く綺麗なストレートヘアーはたまりません。

身長160cm、体重50kg(推定です)、B88-W63-H90(推定です)。

凄く優しく気が利く女性。

でも天然も入っている可愛らしい義母は、見た目30代に見えるくらいです。

農家って聞くと田舎のおばちゃん体型を思い出すかも知れませんが、

義母は全く違って街中の貴婦人って雰囲気で、服装も農家からは想像もつかない上品な物や可愛らしい物を着ているんです。

さすがに農作業をする時はジャージ姿ですが、これがまたパツパツで下着のラインがバッチリ見えたり、

屈んだ時にTシャツの首元から巨乳(Fカップ、こっそり洗濯のブラジャーでサイズ確認)が見えたりするので堪らないんです。

ある週末、稲刈りを手伝う事になり、田んぼに義母と軽トラックで向かいました。

義父は既にコンバインで稲を刈り始めている頃でしょう。

義母は半ズボンのジャージにヨレヨレのTシャツ姿(もちろん長靴着用)。

Tシャツは薄手でブラが透け透け、しかもジャージも小さ目なのかパツパツに張っていて、しゃがむと破れるんじゃないかってくらいでした。

横に座る義母からは凄く良い匂いが漂い、今にも襲い掛かりたくなるんです。

そんな時間も長くは続かず、すぐに義父の居る田んぼに到着です。

到着すると義母は田んぼの中に向かい、義父が刈り取った後を歩きながら、切り残しの稲を刈っていたんです。

そんな義母がしゃがみ込んだ時、ジャージとTシャツの隙間にブルーの下着が見えたんです。

車を降りた私は義母の近くに行き、近くからじっくりと拝見させて頂くと、首元から胸の谷間をバッチリ見ることが出来たんです。

続きを読む

僕が永年通いつめている銀座のクラブ「S」。

ここのママ由紀は45歳の熟女なのだが、その美貌でけっこう通いつめてくるお客が多い。

その由紀ママが

「最近温泉に行ってないわ。たまには行きたいわね」

と飲みながら言い出した。

「俺でよかったら付き合おうか?」

「本当。付き合って下さるの?」

「ママさえ良かったらね」

目と目がぶつかり合い「お互いの承諾の暗示」だ。

先週の土曜日、僕は車を運転して麻布の由紀ママのマンションへ。

憧れの由紀ママと温泉だなんて想像もしてなかった夢だったので胸がドキドキ。

サングラスに深帽をかぶった由紀ママ。

相変わらずの美貌ゆえ少しは目立つ。

車は東名~小田原~湯本のコースだ。

湯本温泉「花紋」が今日の宿。

新館の奥座敷、露天風呂が付いてる豪華な部屋。

宿帳には由紀を「妻」と記した。

はじめての由紀ママとの温泉。ドキドキの連続。

部屋の露天風呂に僕が先に裸になって入った。

由紀ママは化粧台に向かって髪を解かしてる。

鏡に映る由紀ママが眩しい。お風呂に入りながら由紀ママの後姿を追う。

浴衣をおもむろに脱ぎ始めた由紀ママ。

バスタオルで体を覆いながら僕の入ってる露天風呂の湯船に。

そしてバスタオルを剥いで全裸で湯船に。

はじめて見る由紀ママの肉体だ。

胸の乳房が張りがある。腰つきもしっかりした中々の体だ。

「由紀ママ。どうして僕を誘ったの?僕でいいの?」

「そうねえ。永年Kさんがお店を応援してくれたし、実は私、昨年3年付き合った彼氏と別れたのよ。」

「そうだったの。噂は聞いたけど、そんなの気にしなかった。」

「僕で良かったら付き合って見ないか?」

「これからの事よね。」

僕は由紀ママに寄り添い唇を奪った。

続きを読む

このページのトップヘ