【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

俺は独身だけど、趣味は出会い系サイトで人妻狙い。

特定の彼女はいないのだが、年増の人妻狙いで、逢ってはハメ倒している。

仕事の関係で他県に異動となり、早速サイトで片っ端にメールを送った。

すると何とか真面目な感じの人妻とやり取りが出来た。

45歳と記してある彼女は専業主婦の美恵。

メル友募集で男と逢うつもりはないと返事があり、ガードが固い。

しかし、仕事の合間に誠意を込めたメールを送ったりエッチな話は一切しないで紳士な対応をしていると、少しずつ変化が出始めた。

1週間くらい経ってから、初めて携帯で話をしてみたいと伝えると

『構わないですよ』

との返事が。

いつものパターンで文字化けに苦労しながら何度も番号を教えると、やっと見知らぬ番号からのワン切りがあった。

折り返すとやはり美恵だった。

メールと同じく大人しい感じで明るい女性ではない。

携帯で話をするまで長く苦労した分、必ず逢うまでもっていきたい俺は、とにかく紳士的に話をしつつ一方で逢いたいと口説いた。

やはり、紳士的に接していたのが功を奏してかやっと逢う事に。

但し、逢うだけで絶対に何もしないという約束をさせられた。

翌々の平日に休みを取り待ち合わせの大型スーパー駐車場に行く。

そこに白いカローラがやってきて『着いたよ』メールが。

どんな女性なのか車から観察してると、降りてきた美恵はスカートと服が一体の薄手の服装に生足、サンダル姿で地味顔の普通のオバサン。

せめてパンスト履くなりオシャレしてこいよって感じで一瞬ガッカリしたのだが、マナーとして助手席に招き入れる。

やはりだが話が弾まない。

あまりにも喋らないし、警戒をしている感じがアリアリ。

仕方ないので車を走らせ、郊外の公園に行き少し歩いた。

平日で殆ど誰もいない。

先程まで乗り気でなかったのだが、仕事休んで来てるし最近セックスしてないので溜っている俺は、取り敢えずヤリ逃げでもと思った。

池の畔を歩きながら相変わらず話が弾まないしらけた状況で、警戒をしてるみたいだし

「手を繋いでいいかな?」

と言い、手を握って歩いた。

しかし話が弾まない。

横顔を見ると45歳よりも上に見えるのだが、この際関係ない。

車に戻り、そこからが大変。

続きを読む

当時、俺は入社2年目の新米サラリーマン

相手は3つ先輩OLの営業事務。当時勤めてた会社は関東に幾つか拠点があり、

その中でも「○○営業所の佐藤さん(仮名)」と言えば

誰でも名前を知ってるくらい綺麗なOLだった。

割りと上品ぽい雰囲気で、目立つような派手さはないが、

話し掛けると後輩にも笑顔で優しく接してくれた。

俺は当時学生の彼女がいたが、飲み会とかで誰が好みか議論になると

「おれは断然佐藤さんがいい!」

「じゃあアタックしろよ、絶対無理だから」

「えー、そうかなー」とか言って楽しんでた感じ。

恋愛感情には至らなかった。

その話は本人にも伝わったけど、実際は彼氏いたし、

まぁ俺もたまに話してホンワカした気持ちになる程度だった。

所謂『高嶺の花』という感じ。

そして、俺が2年目の終わりの3月に、佐藤さんは寿退社することになり、その送別会での事だった。

佐藤さんの彼氏は、会った人に言わせると俺に似ているらしかった。

酔った勢いもあって

「佐藤さん、もしもっと早く知り合ってたら、自分が佐藤さんと付き合ってたかもしれませんよね!」

そしたら「そうだね」

なんて言うものだから社交辞令とはわかりつつも、送別会では最後まで

「あ~、もっと早く知り合ってれば~」

ばっかり言って、まわりから「何勘違いしてんだ。馬鹿じゃない」

とかいじられながら、雰囲気としては楽しくお開きとなった。

スタートが遅くて、店を出た時は電車はなかった。

当時は今ほど飲酒運転が騒がれてなかったこともあり、

帰る方向が同じ同士で何台かのクルマに別れて帰ることになった。

俺は飲んだ勢いもあり、

「佐藤さんは自分が送ってきますよ!」とみんなに宣言。

方向は全然違ったけど。佐藤さんは意外とあっさり

「じゃあお願いね」

続きを読む

33歳
♂独身
彼女有
172/68
中途半端な織田裕二
中部の片田舎

相手
42歳
♀既婚子有
160くらい/不明
写メは安達祐美
中部の中心

最初から意気投合。その日にメルアドと写メの交換をしてメール・・

数日で話はとんとん拍子に進み、エッチ込みの面接までこぎつける。

ただ双方、会ってのキャンセルオッケーを了解させられやや不安に・・・

お互いの中間地点で待ち合わせ。

俺の到着から遅れること10分で事前に教えてくれた車種キター!

車中から出てきたのは写メよりも数段若く見えるセミロングの人妻さんでした。

目が大きくてコケティッシュ。すごいスレンダー(あとから聞いたら43キロないそう)

履いているジーンズの太ももあたりが余裕でダブダブ。

いいじゃないっすか。十分、残さず食べられます。

俺の車に乗り込み、挨拶と他愛もない話を数分。

で「どう?」って聞いたら、

人妻さん、恥ずかしそうに「いいよ」って。ご馳走様決定。

ラブホに入って、まず髪を結び直しに洗面所の鏡の前に立った人妻さんを後ろから抱いて、首筋にキスしながらおっぱいを確認。

人妻さん甘い吐息で、後ろ手に俺の愚息を愛撫はじめる。

お互い濃厚な愛撫の後、一緒にお風呂に入る事に。

風呂場にはなぜか、ローションとマットがw

人妻さん、目を輝かせて「ネットで見かけたソーププレイって教えてよ。」

あなた、変なサイト見すぎです。

で、一通り教えた後、高橋兄貴のフンフンフンで一回戦終了。

続きを読む

このページのトップヘ