【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

お母さんはショートヘア!

って書くと清潔感のある
美熟女ママを想像するけど

俺の母ちゃんは
ショートヘアだけど豊満デブ体型

身長は150cmで
体重は70キロ未満って感じの
子豚みたいな体型したデブお母さん

俺の市営住宅で下の中な
貧困家庭だった

そんなお母さんはパートのほかに
早朝アルバイトをしていた

いつも母は
布団だと眠りが深すぎて起きれないと
服を着たままコタツで寝るのが
習慣になっていた

それである日、俺はテレビを見ていて
布団で寝るのが面倒くさくなって
お母さんの横で寝ることにした

普段はデブ母の裸を見ても力士か!

って女を感じたことのない
おデブな母だったが

この日は目が冴えてどうしても
お母さんの女の部分が
気になって仕方なかった

当時のコタツの赤いランプの中で
お母さんのジーンズのジッパーを下げて

モゾモゾと手を
木綿のおばさんパンツに潜り込ませた

中坊のころに同じような
木綿パンツにチンポを擦りつけて
オナったこともあったが

ただ罪悪感でいっぱいで
お母さんを母子相姦しようという
発想はなかった

しかし、このときはどうしても
母のオマンコに触ってみたくて

シャリシャリとした陰毛を掻き分け
指先が割れ目の中へ進めた

あ!?なんか突起の感触が

日頃、全身をマッサージして全てを
知っていると思っていた
お母さんの未知のパーツ!
クリトリス!にすごく興奮した

突起をクリクリといじって
夜這いしていると
母のいびきが止まった

ドキドキしながらしばらく
様子を伺っていると、おだやかな寝息になったの
で、深呼吸して、その奥へ指を進めたとき

「貴大!?」

お母さんががばっと跳ね起きた

俺は慌てて、たぬき寝入りをしましたが
当然バレバレだった

お母さんは背を向けている
俺に話しかけた。

「なぁタカ
起きとるんやろ?
お母さん、寝ぼけててお豆いじっとんの
お父さんかと思ったわ
タカ、まだ女の経験ないんやろ?
そんなにアソコ
触りたかったんか?
触らしてあげたいけど
親子やからな。な?やめとこ
今日のことは何にもなかったことにするから
心配せんでええ
お母さん、黙っとくから」

続きを読む

夏休みに入り、夫と娘だけ
先に夫の実家に遊びにいったんです

私はどうしても外せない仕事があって
後から行く事になっていました

その日は残業になってしまい
終電にのって24時過ぎにようやく
自分の住む駅に到着しました

早い時はバスに乗って帰るんですけど
この時間だともうバスも終わっていて
歩いて帰る事にしました

徒歩で15分程の距離で
ずっと大通りでコンビニも並んでいるので
私は完全に安心しきっていました

私は気持ちの良い夜風を感じながら
歩いていると

「おばさんどこまで行くの?」

と突然、車から声をかけてきたんです

え?ナンパ?

って私はびっくりしながらも
ちょっと怖くなって
車のほうを振り返りもせずに歩き続けました

そして、あまりにもしつこいので

「うるさいわねー
帰るのよ!あんたちも早く家に帰んなさい!」

ってつい怒って声を荒げてしまうと
その車は走り去るどころか
行く手を塞ぐように歩道に乗り上げてきたんです

そして、茶髪やら刈り上げの
いかにも軽そうな男達が3人
車の中から私を見ている

「おいおいおばさん怒るなよ
ほら、送ってやるから乗ってけよ」

その強引さと3人の雰囲気に恐怖と
嫌悪感を覚えた私は

車道に出て車の後ろを回り込み
行く手のコンビニ目指して
一目散に駆け出したんです

後ろを振り返る勇気はなかった

店内に飛び込んで
陳列ケースの陰に身を潜めた

こんなことがなければ
とうに家に着いていたのにと思うと
またあの馬鹿な奴らに腹が立ってくる

10分以上もそうしていて

もう大丈夫だろうと店の外に出た私は

行く手にさっきの車が止まっているのを見て
立ちすくんでしまった

後から思えば
この時コンビニの店員に事情を話して
警察を呼んでもらえばよかったのだ

続きを読む

単身赴任中の夫が
浮気しているのがわかり
夫婦喧嘩からの修羅場になりました

そして、夫が仕事があると
単身赴任先に逃げるように
一人で帰ったんです

ほんとムカついて
あの馬鹿夫に一泡吹かせたいと
私も他の男性と浮気する事にしました

すぐに出会い系サイトのに登録すると
何通もメールが来だして

その中の一人と
何度かメールしていたら
ドライブに誘われたので
この男性と浮気する事に決めたんです

そして写メ交換したら
でも全然タイプじゃない
デブでヲタっぽいオジサンだったんです

夫への復讐とはいえ
このキモオタオジサンと浮気Hするのは
正直気乗りしなかった

でもメールでは良い人そうだったから
OKする事にした

SEXはしなくても
ゴハンでもおごってもらえたらいいな

的なノリで出かけていった

夜、ファミレスで合流してとりあえずゴハン

それはあたしの出した条件

そこでアウトだったら理由つけて
帰るつもりだったんだけど

見た目はキモオタオジサンだけど
普通に良い人だったんで
その後のドライブにもついていった

しばらく走ったら
地元では有名な夜景のきれいなところに到着

じつはここ
カーセックスの場所としても
有名なエロスポット

クルマの外で夜景見ながら
話してたんだけど

急にキモオタオジサンに
抱きすくめられて
よくわからないままにキスされた

「ちょ!ムリ!」

って言って抵抗したんだけど
上半身をがっしりと固定されてて
顔をそむけるのが精いっぱい

逃げても追っかけてきて
ねちっこくキスされ
洋服の下に手が入ってきて
おっぱいを揉まれた

こんなキモオタオジサンに
レイプされる主婦の私・・・

ってシチュになんか興奮してきてしまって
ハァハァ言ってると
乳首をつまみながら

「乳首がコリコリだね」

と言葉攻めされ密かに濡れてきてしまった

こんな日に限ってスカート

唇、首筋、耳をべちょべちょ舐めながら
セーター越しに乳首をつまんだり
転がしたりされてますます濡れる

「ナミさん綺麗だよー
ハァハァ」

とか言ってる事はキモいのに
感じてしまうマゾ主婦な私

続きを読む

このページのトップヘ