【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

5年ほど前の話です。

「暑い日が続くわね…ねぇ、ビールでも飲みに行かない?」

そう俺を誘ってきたのは取引先の会社の社長の奥さん45歳だった。

俺の会社はその会社から仕事を回してもらっており奥さんは事務兼外交員で保険のセールスをしていた。

顔はお世辞にも奇麗だとか可愛いだとか言えるような感じではなく、ごく普通のおばさんだった。

ただ小柄な体とプリンとしたデニムのお尻のシルエットがいつも俺の視線を誘っているような感じで、事務所を訪問する度に凝視していた。

「暑いのが続きますし冷たいビール飲むのいいっすねぇ」

そうお愛想で答えたつもりだったが、

「じゃあいつにしよっか?」

そう答えた奥さんの眼は本気で飲みに誘っているようだった。

当時、俺は37歳、離婚して5年ほど一人暮らしをしていた。

それなりに女の子と遊んだりもしていたが、離婚した時のショックからSEXにはあまり興味がなくなってしまい4年ほど干からびた性活を送っていた。

奥さんのデニムヒップは凝視していたが、それだけで性的な対象にはなっていなかった。

だから「何もない」という安心からか

「今週の土曜日にでもどうですか?」と軽く返事をした。

「そうねぇ、19時以降なら私はいいわよ。どう!?」

「じゃあ、○○駅の前のauショップの前で待ち合わせしましょうか?」

そう奥さんに言われて俺の週末のスケジュールが決まった。

駅前という目立つ場所での待ち合わせはちと気が引けたが、

「何もない。ただの飲み」

という当たり前の言い訳でその場所にした。

19時、待ち合わせの時間、俺は5分ほど遅刻してしまったが奥さんはすでにそこに居た。

いつものスーツ姿ではなく、カジュアルなTシャツとデニムの姿。

「お疲れ様です。」

そう声を掛けられると歩いて1分ほどの所にある焼き鳥屋に入った。

「今日は暑気払いです。お疲れさんでしたぁ。」

俺の言葉で2人は一気に生ビールを飲みほした。

1杯、2杯…ビールが進むにつれて奥さんは仕事の事、ご主人の事などを愚痴り始めた。

よくある話のようだったがビールが焼酎ロックに変わったぐらいから、

奥さんの話はご主人=社長の浮気話に入って行った。

正直ウザかったが、そこは取引先の社長の奥さん、堪えて親身なふりをして話を聞いた。

2時間近く経っただろうか…奥さんはご主人の浮気話をしながら、グスグス泣き始めた。

「あんな女にイカれて悔しい…。」

それが本音のようだった。しかしここは焼き鳥屋…こんなところで泣かれてはバツが悪い。

「店変えましょうか。」

俺がそう言って店から出た。

続きを読む

俺、かみさんには死んでも言えない秘密があり、墓場まで持っていくつもりです。

それは還暦を迎えた義母との関係です。

妻が二人目の子供を妊娠し、出産時期に義母さんに娘の世話を手伝ってもらうため、泊まりにきてもらっていたときの話。

こんなことは義母さんにしか話せないけど、妊娠中はセックスレスで溜まりに溜まってるし、

出産後も縫合してしばらくは無理なので、回復を待てるほど我慢できない。

もう我慢の限界にきているから、捌け口として風俗に行くしかないと思っているが病気が恐いので行きたくはない。

こんなことお願いできるのは義母さんしかいないと数日、頼みに頼みこんだ。

義母は相当悩んでいたが、俺が断られたらソープに行きまくると脅していたので、渋々OKしてくれた。

義母は63歳でスリムだがおっぱいは大きめで、尻もそれなりに肉付きがよい。

顔はかみさんに比べると不細工だが、許容範囲。

その日以降、かみさんが退院するまで義母とはHしまくり、何度お義母さんと結合したかかわからない。

俺は有給休暇を取って、病院に子供とかみさんに会いにいくまでは義母と朝からヤリまくり、娘が寝た後にも激しく情事を繰り返した。

義母さんは不細工だけど、感じてくるとかわいい表情と喘ぎ声になるので、たまらなくなりはまってしまいました。

愛嬌のあるブス熟女がこんなに官能的で、エロスだとは知りませんでした。

かみさんには悪いけど、義母さんとの方が体の相性が良いみたいで、お互いに罪悪感はあるけど快楽には逆らえない感じでした。

かみさんの退院以降は機会がなかなかありませんでしたが、俺の出張の際に義母さんを呼び出しました。

義母は友人と旅行に行くと義父に言ってでかけてきたようです。

俺は休暇を2日取って、かみさんには出張が2日延びたと嘘をついて義母と過ごしました。

続きを読む

私は会社の秘書室に勤めています。

秘書室といっても雑用だけでなくて社長や重役のスケジュール管理や社外交渉なども行うため、女性だけでなく私の様な男の管理者が必要になってきます。

あれは去年の話です。

社長に同行して京都の取引先を訪問した時の事でした。

その時は社長と社長の奥様と私の3人で京都に出張しました。

当初、社長1人での出張だったのですが、急遽、奥様も京都に行きたい、と言う事になり奥様は自費でついて来ている訳ですが、

取引先と打ち合わせ中は私が奥様と観光をご一緒することになっていました。

その日の午後に京都に到着し、社長は一人で取引先の大手メーカーと打ち合わせに行きました。

そして、その間私は奥様と京都の観光へ出かけました。

奥様はまだ34歳と社長に比べて若いのですが、実は社長にとっては2番目の奥様です。

社長には前妻との子供が2人いて、それぞれ中学生と高校生になっています。

前の奥様とは色々あって離婚した経緯がありますが、その話は秘書室ではタブーでした。

「ねぇ、○○さん。次はどこに行きましょうか?」

奥様は観光を楽しんでいるようでした。

有名な京都の観光地をタクシーで回っていると、すでに夕方の6時になってしまいました。

その時、社長から連絡が入りました。

「今日は取引先の部長さんと接待があるから、先に戻っているように」

との事でした。

「…そう、まぁいいわ。じゃ○○さん、戻りましょうか?」

奥様はかなりご機嫌を悪くされたようで、帰りの車内では一回も口を開きませんでした。

「それにしましても、奥様…今回は、急に京都にご同行に…」

「うるさいわね!ほっといて」

取り付くしまもありません。

ホテルへ戻ると奥様は部屋に食事を運ぶように言うと、カギを受け取ってさっさと行ってしまいました。

私は自分の部屋に入り夕食になるまでに身だしなみを再度整え直しました。

そして夕食の知らせが来ると、廊下で夕食を受け取り奥様の部屋に運びました。

奥様はシャワーを浴びたようでバスローブを着て部屋の扉を開けました。

「…あら、貴方がもってきたの?まぁいいわ、入って頂戴」

私は食事をお運びして配膳を終えると、失礼します。

と言って下がろうとしましたが、その時

「貴方も一緒に食べなさいよ…一人で食べさせる気?」

私はボーイに急いで私の食事をこちらに持ってくるように指示しました。

34歳とはいえ、子供を産んでいない体は張りがあってツヤツヤとしています。

続きを読む

このページのトップヘ