【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

大学病院で働く妻(21歳)は、夜勤もあり多忙である。
そんな事もあり、結婚2年を迎えるが未だ子供も居ない。

父が海外勤務で単身赴任している事もあり、私達夫婦は妻の家族と暮らす事になったのだ。
妻の家は代々お金持ちなのか?大きな家に住んでいた。
(2階は私達夫婦用の2世帯作り)

妻は、昼夜を問わず仕事に出掛けるので、俺とはすれ違いな生活。
いつも、俺の世話は義母が行ってくれた。

義母(40歳)とても若く!まさに美女だ。

ムッチリとした体に、ボンと張り出した胸(Fカップあるそうだ)、ムチッとしたお尻にムチムチした太腿が堪らない。
でも腰はクビレが大きく、透ける様な肌だった。

妻も美人ではあったが、スレンダーで、胸もBカップと物足りない。何と表現していいか分からないが色気が全然違った。
俺が3年の時、妻(1年)が告白をしてきて、付き合った。

初めて妻の母を見た時は、正直驚いた。エロ本から出て来たんじゃないか?と思わせる魅力だった。

話は戻りますが、義母と過ごす時間が長くなると益々義母の魅力に憑りつかれていった。
特に、義母の風呂上りは溜まりません。

濡れた髪をタオルで拭きながら、薄手のワンピース姿でソファーに座ると、俺の股間はギンギンになります。
義母の股の奥が見えそうで見えない、男心を擽って来るんです。

毎日、犯したくなる気持ちを抑えるのが大変でした。

そんなある日、妻も夜勤で出かけたので、俺は風呂に浸かり上がろうと風呂の戸を開けた瞬間でした。
義母もタイミング悪く脱衣場へ入って来て、バッティングしたんです。

全裸の私の身体を義母がジッと見て、やがて股間へと視線が移るのが分かりました。
義母は口を押え、驚いた表情を見せたんです。

俺は、義父に勝ったと思いました。多分、義母は夫の物より大きい事に驚いたんだと思います。
長い時間に感じますが、実際は数秒間だったと思います。

義母が慌てて「ごめんなさいね」と戸を閉めました。

その後、リビングではお互い目を合わせる事も話す事も出来ず、TVを見ていました。
その空気を読み取った義母が「さっきごめんね!驚いたでしょ」と声を掛けて来ました。

「まぁ、驚きはしましたけど、気にしてませんから・・・」
「レイ(妻)に怒られるかな!」

「2人の秘密にしましょう!事故ですよ」
「優しいのね!」
「お義母さん・・・俺の大きかったですか?」

義母が”ハッ”とした表情で、私を見つめた。

続きを読む

専門学校通ってるんですけど、4月2日、朝6時頃起きてリビンクに行きました。
隣に両親の寝室があり、襖が開いていました。

父親は第一土曜日だけは、朝早くから会社に出勤します。
母親は土曜日だけは、何故か起きて来るのが遅いんです。

開いた襖から中を覗くと布団からはみ出した足が見えました。
俺は寝室に入って行き、母親の顔を見ると気持ち良さそうに寝ていて、起きる気配はありません。

足元に行って、布団をゆっくりと捲りました。
太めの太ももが現れと、パンツが見えました。

下はパンツ一枚だったんです。

47歳になるのに、赤色の透けた小さいパンツ履いていて、股の付け根からは陰毛がハミ毛している興奮してきて、
中が見たくなってきてしまい、膝に手をやり、少し拡げてみました。

パンツの真ん中が濡れています。

それでも母親は起きそうもありませんパンツを股のところから少しずらしてみました。
黒ずんだビラビラが見えて来て、でも良くみえなくて、パンツを脱がしちゃえと少しづつ下に下げてみました。

お尻からパンツが外れる時に身体がピクッとしたけど、脱がしても起きませんでした。
お母さんってこんなにマン毛が剛毛だったんだ、もうダメです股を拡げてしまいました。

母親のおまんこがこんなにグロイとは、興奮は収まらず割れ目に指を当てるとヌルッとしてて、指を中に入れてしまいました。

起きません、指を動かすと腰が浮きました。
起きたのかと顔を見ても寝ています。

チンチンは既に勃起してます、おまんこに入れたい、あの気持ちの良さを想いだしちゃて我慢出来ませんでした。

下を脱ぎ捨てて、四十路の母親の脚を拡げて、チンチンをおまんこに、先を少し入れてから、ゆっくりと根元まで入れました、それでも母親は起きません。
気持ち良い、やっぱり気持ち良いよ、腰を動かし出したら、母親が気が付きました。

「今日は元気ね、仕事大丈夫なの」母親は、父親だと勘違いして、

「二回戦なんて珍しい、たまには私も逝かせてよ」

今日は既に父親としていたみたいでまだ挿入して2分くらいなのに出そうで「ごめん、出ちゃう」中に出してしまいました。

俺の声を聞いて、

「え、しんご、しんごなのなにしてるの、ダメよ」

身体をお越しました。チンチンはまだ、おまんこの中に入っていて「早く、抜いて」チンチンを抜くと母親がおまんこに手を当てて、

「しんご、何したかわかるよね」

続きを読む

俺が24歳、妻が23歳の時、結婚。

義母は妻が中3の時離婚している。

結婚して初めてのお盆に用事で遅れてくる妻より早く妻の実家に行った。

当然前もって言ってあるので、やさしき迎えてくれた。

当時義母は47歳だった。

妻同様身長も160cm少しあり、胸もお尻も丸く柔らかそうだった。

向こうに着いたらもう汗だくだくで、Tシャツが黒くなるほどだった。

義母は「暑かったでしょう?シャワー浴びて来たら・・」

と言ってくれたので俺はシャワーを浴びに風呂場に行った。

俺がシャワーを浴びてドアを開けるのと同時に義母が俺が使うバスタオルを持って脱衣所に入って来た。

真正面に見られてしまった。

俺はそのチャンスを逃すまいと

「お母さん、妻が着替えを持って来るので着替えがないんです。」

とその間義母は時々俺の顔と下半身を見ていた。

「そうだったわねえ。どうしよう。こんなに暑い日だから、これから洗濯するから乾くまで、バスタオルを巻いててよ。」と。

その間それほどの時間ではなかったと思うけど義母はすっかり俺の股間は見ていたと思う。

居間にバスタオルを巻いたまま行くとテーブルに冷えたビールが置いてあった。

それを義母は注いでくれた。

俺はもう一度義母に俺のあそこを見えよう。

それもなにげなくと思いをめぐらせていた。

義母は俺の座っているソファーの真向かいに座っている。

俺は思いついた。

なにかの用事を作って立ちあがろう。

其の時に。

不意にバスタオルで下に落ちるよう。

それに其の時にはペニスが勃起した状態が最高だと。

義母と話をしながらエッチなことを思いながら勃起するのを待った。

バスタオルの下で勃起したペニスはピクピク動きはじめた。

この時と思い、片手で義母に判らないように手でバスタオルを下にひっぱりながら立ちあがった。

思いどおりバスタオるは床に落ち、完全に勃起したペニスは義母の目に入った。

「あっ・・・」と演技しながらもそのまま立ちっぱなしでした。

義母はまじまじとその勃起ペニスを見た。

俺は言った。

「すみません。おかあさんの豊満な胸をみていたら、こんなにチンポがおおきくなってしまって。

セックスする時と一緒の状態になってしまって。どうしよう?」と演技した。

続きを読む

このページのトップヘ