【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

官能小説みたいな
昼下がりの情事を体験したんです

営業の外回りの途中で
オシッコにいきたくなり
近くの公園に行きました

すると木陰のベンチに
若い母子が座っていた

母親は俯き加減で
今にも泣きそうな感じだったので
ナンパって訳じゃないが
興味本位で声を掛けてみた

母親は30歳で智恵

女の子は2歳だと言う

昼食がまだらしかったので
誘うと行くと言う

近くのファミレスで食事しながら
気になった事を聞くと
旦那さんの浮気が発覚し

問いただすと謝るどころか
オマエに魅力が無い体と
開き直ったので

頭にきて家出してきたが
どうして良いのか
途方にくれていたそうです

何と家出中の子連れのママでした!

子供が眠そうだったので
ホテルに行かないかと誘うと

私もシャワー浴びたいとのことで
公園裏手のラブホテルに行った

部屋に入ると子供を
ベッドに寝かせ

俺と家出ママはソファーに座って
会話を楽しんでいた

ふと目が合い見つめていると
目を閉じたのでキスをした

二人でシャワーを浴び体を洗い合い
丁寧に優しく舐めてフェラで
抜いてゴックンしてくれた

再びソファーに行き
若妻を座らせ激しくキス

首から胸、そして股間に行く

M字開脚で座らせて
オマンコを見ると大洪水

婬汁を啜りクリを激しく音を立てて
吸って舐めあげると

「ああぁイク、イク、イッちゃう」

とガクガク体を震わせて昇天

そのまま舐めながら
中指と薬指を刺し込み、
Gスポットを刺激すると

「ダメダメああぁ」

と潮吹きして二回目の
昇天ガチイキ

家出若妻にバスローブを掛けて
膝枕で寝かせやった

暫くすると気が付いたので
頭を撫でてあげると

甘えるように
目の前にあるチンコを
ペロペロ舐めてフェラチオしてくれる

続きを読む

近くに兄夫婦が住んでいるので
たまに遊びにいくんです

兄は出張が多くて
留守にするんだけど

新興住宅地の一軒家で夜は物騒だからと
兄に頼まれて独身の俺が
兄が出張の時に、
用心棒代わりに泊まる事になっていた

兄嫁は三十路半ば

姪の美紀ちゃんは小学生

おれは30歳

最初の頃は、お客さん状態

兄嫁もそっけない感じで
なんだか迷惑そうな感じもあったw

正直居心地は最初は悪かったが
次第に姪の美紀ちゃんが
やたらなついてくれたので

兄嫁ともだんだん
打ち解けて話すようになった

夕食なんかもだんだん豪華になってきて
ビールなんかも最初は
一本だけ遠慮しながら飲んでたんだけど

そのうち自分の家みたいに
勝手に冷蔵庫を開けて
お酒も飲みホウダイ

その日は夏の終わり頃

俺と兄嫁と姪の三人で
スキヤキを突つき
俺はビールがぶ飲み

兄嫁も何杯も飲んで
少し酔っ払ったみたいだった

その後、俺は美紀ちゃんの
お相手でテレビゲーム

兄嫁は片付けやら
シャワーやらで気がついたら11時を廻ってた

で、美紀ちゃんは
二階の子供部屋でおネンネ

「ママと寝ないの?」

っていったら

「ママはものすご~く寝相が悪いのでイヤ
寝ぼけて私を蹴っ飛ばすし
それにいつもパンツ丸出しなんだよ」

だと

兄嫁は

「キャーッ」

って言って笑いながら
美紀ちゃんのお尻をチョンって
蹴ったりふざけたんだけど

その時俺、兄嫁の下着姿を想像して
なんだか背中のあたりがゾクッとなり、
生ツバが湧いた

で、俺の泊まる部屋も二階なんだけど
その日はなんだか飲み足りなくて

リビングで水割りを飲む事に

兄嫁もそのまま寝室に
引っ込むのが照れくさかったのかどうか、

「私もお付き合い」

と言って飲み始めた

続きを読む

借金ばかりする
屑みたいな夫と離婚したのは
私が33歳の時

それからシングルマザーになり
息子と二人きりで生活しています

現在、私は39歳になり
息子が中学二年生になりました

今年、久しぶりに息子と
お風呂に入る事になったんです

思春期を迎えた息子と
母親がお風呂に入るなんて
おかしいと思われるでしょうが

でも、私は息子の成長した
肉体を見たくて
私から誘ってしまったんです

普通に仕事をして
息子と楽しく生活していましたが
どこか寂しくて
時に寂しさのあまり
どうにかなりそうな感覚を抱えてきて

思春期の息子に
甘えてしまったんです

私は意を決して

「お風呂、いっしょにはいろ」

と先に入ってる息子に
浴室の外から声をかけました

ビックリした息子は
どもっていましたが

私は声をかけた手前
変な空気を後に残さないために

その流れで
浴室に飛び込みました

内心はドキドキしていましたが

表面上は、始終明るく
自然な感じを装い
いつものお母さんって感じで
お風呂に入ったんです

それで、息子も落ち着いた様子になり
裸の私に照れながらも
普通に会話できるようになりました

慣れてくると息子は

すぐに、私の体のあちこちを
盗み見るようになります

とくに自慢のFカップの
おっぱいを見てくるんです

若い頃は可愛いボインちゃんって
男性から人気だった私のおっぱい

それは私も望んだことですから
内心ドキドキしながら

意識していないかのように
装いながら

息子の熱い視線を受け入れました

いかにも興味有りげな息子も
できるだけさり気なくを
装っているのですが

そこはさすがにバレバレなので
見ていて可愛くなります

後ろに回って
息子の背中におっぱいを
押し付けながら、体を洗ってあげました

肩口から息子の顔を覗き込み
抱くように抱え込んだ手で
前を洗ってあげると
息子は少し無口になりました

続きを読む

このページのトップヘ