【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

会社帰り、妻の友人でもある女友達Mと2人で秋葉原でお酒を飲むことになった

妻の友人のMは会社で大失敗をしたらしく、

ヤケ酒だった

ベンチで膝枕してやってたら、

香水のいい香りと、

チラリと見えたEカップの谷間に我慢できなくなった。

ちょっとだけのつもりで手を入れて乳首を摘んだら

「んん~?ダメだよ~・・・」とか言って逃げようとした。

逃げられると捕まえたくなってしまうのが男の性。

酔った女を押さえつけるのは簡単だった。

シャツを捲ってブラをずらして乳首を両方吸った。

泥酔してるくせにマジで抵抗するMには理由があった。

なぜなら俺の新婚の嫁さんと、

Mは親しい友人で、

俺とMが2人で遊んでも嫁さんが全く疑わないほど、

俺とMの間はカラっとした友人関係だったからだ。

でもそう思っていたのは嫁さんとMだけで、正直、恥ずかしいほど巨乳好きの俺はMにずっと前から興味があった。

恋愛感情はないんだけど、

抱いてみたいとずっと思ってた。

無理に作り笑いしながら抵抗して、

『冗談でしょ?』

の雰囲気に持っていこうとするMを察して諦め、

「ごめんごめん、タクシーで送って行くよ」と乗せた。

安心したのかタクシーの中でMはぐっすり眠ってしまった。

柔らかいオッパイを触った後の俺はまだ興奮していて、決心した。

タクシーの中から嫁さんに電話。

「S(男友達)の家に泊まる」

Mのアパートに着いて、

彼女を起こして降り、

肩を貸して部屋に入る。

そのままベッドで寝てしまったので、

洗面所からクレンジングとコットンを探して化粧を落としてやり、

ピアスも外してやった。

たくさんキスをしても起きなかった。

ボタンを外してブラも脱がせ、

長いことオッパイと戯れた。

Mは爆睡していてほとんど反応しなかった。

スカートとストッキングを脱がせて、

パンツの中に手を入れたあたりで彼女は気がついた。

「だめ・・・」と半寝の状態で俺の手を払おうとする。

思いついて冷蔵庫を探し、

白ワインを見つけたので開けて口に含み、

彼女の口に流し込む。

Mはゲホゲホとむせてベッドが汚れた。

俺は構わずもう1回流し込んだ。

またゲホゲホとむせた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

嫁さんの母親と近親相姦の肉体関係になった早4年。

義理の母親は51歳の肉付きよい熟女。

嫁さんは27歳で俺は33歳義母は30歳の時離婚、妻を女一人手で育てた。

離婚してから、色々付き合った男性も居るみたいだが再婚はしなかった。

妻とは会社で知り合い、社内恋愛。

新入社員の中でも一段と目立って可愛かった付き合って2年後、嫁さんの家に挨拶に行ったときに、初めて義母さんをみたが、嫁さんと違う色香があった。

それから、家へ出入りするようになって家に泊まったり3人で食事へ行ったり旅行にも行くようになった。

そんなある日に、いつものように家に行くと義母さんが、ちょっと暗い顔を見せた。

が、すぐいつものように明るく迎えてくれた。

どうしたのかなぁと思ったので嫁さんが風呂へ入っている時に、何かあったのか聞いたら勤め先にの同僚の男が、「付き合ってくれ」と言われ、

タイプでもないので困ってるらしく

「それじゃぁ、彼氏が居るといって断っちゃえばいいよ。彼氏は、僕ってことでいいから」

「そんな事、娘に悪いわ」

「大丈夫、大丈夫、説明しておくから」嫁さんが、風呂から上がってきたので、いきさつを説明逆にお願いと頼まれてしまった。

義母は、声をかけられるたびにただ断るだけだったので、仕事帰りに迎えに行き、同僚男に見せ付けることにした。

案の定、義母が社員出口から出てきた時後ろから同僚男が付いてきていた。

出口から義母が出てくるなり手を繋ぎ、同僚男に見せ付けるようエスコートして車に乗せ同僚男を尻目に走り去った。

車の中で同僚男が、唖然としていた顔が面白く思い出して二人で大笑い「ごめんなさいね、こんな事させちゃって」

「いえ、いいんですよ、義母さん綺麗だから声をかけちゃうんだろうから声かける人の気持ちも解るんだけどなぁ。僕でも声かけちゃいますよ」

「もう、こんなオバサンからかわないでよ」

「本当ですよ、だって僕と一回りしか違わないし、オバサンなんていったら僕もオジサンですよ」

前から、義母とは話が合うし、一回り年が離れててもそう思えないほど若いとても五十路には見えない大人のエロスを放つ美魔女系の義母。

「そんな事聞いたら本気にしちゃうじゃない」

「本当ですよ」

「でも今日のお礼に何かお礼しないとね」

「えっいいですよ、こんな事ぐらいいつでもしますよそれに、1回迎えに行ったぐらいでは、信じないと思うし

これから、頻繁に迎えに行きますよ、妻にもお願いされてるんだし」

「じゃぁ今度私がおごるから飲みに行きましょう」

「そうですか、じゃぁ楽しみにしてます」助手席に座っている義母のスカートから伸びる細い足、嫁とは違う香水のいい匂い家に着くと、

妻がすでに帰っていて「お帰り、どうだった?」同僚男の唖然とした姿を話し、もうしばらく迎えに行くことを伝えると「お願いね」

「あぁ、了解」義母は今度お酒を飲みに行くことをその時は、話さなかった。

俺もあえて、そのことには触れず、その日は帰った。

飲みに行く日、

妻には用事があるから今日は、

会えないことを伝え義母から嫁にメールが来てたのか

「今日は、お母さんも友達と飲み行くって言うし、私も友達と遊びに行こうかなぁ」

「明日休みなんだから、いいんじゃない、」

「うん、じゃぁそうする。○子誘って飲みに行こうっと」

俺は、ちょっと罪悪感を感じながらも待ち合わせ場所に急いだ嫁と初デートの時みたいに胸がドキドキする。

待ち合わせ場所に、義母がスラットした立ち姿で立っていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の忘年会でした。

今夜こそ、狙っている同僚人妻の由美を何とかしようと考えていました。

まずは場所取り、彼女をはじに座らせそして僕はその隣に由美は人妻で、ご主人は趣味で空手をしているそうです。

髪は肩までかかるくらいの長さのストレート

制服の時はベストと上着を着ています。

今夜はモヘアのセーターです。

意外と大きい!!その時点で僕の股間はもうギンギン宴会の最中は彼女を飽きさせないように精一杯盛り上げました。

酔いも回るうちに彼女も僕に気を許して僕の膝やら肩をぺたぺたと触ってきます。

その間僕もお返しに軽く膝をタッチ終止にこやかで「これはいける!」っと思いました。

そろそろ終わりに近づき始めたので「帰るの?僕の良く行くショットバーでもう少し話しようよ」

「うん、今夜は楽しかったからまだ帰りたくないし付き合うよ」なんとラッキー!!BARに入りカウンターの奥へ陣取ります。

「なんにする?」

「分からないから何か頼んで」

それならと少し強めのカクテルで注文、マスターが作ってくれたのはトムコリンズ、GINがベースで口当たりはいいけど彼女の飲んでる量からすると、

これ2杯で足に来る予定彼女がトイレにと席を立った、チャンスマスターに同じ物を注文するが、

今度は少し強くしてとオーダー飲んで見ると「うん、強い・・・」僕は飲んでるフリをして彼女に勧め本当に足にきたみたいです。

気分がいいと僕の肩に寄り添ってきました。

ためしに彼女の膝に手を置いて見ます。

嫌がる様子はなく、かえって足を開き気味にしてくれるではありませんか。

それならと内モモをさすり、ストッキングの感触を楽しみます。

場所がカウンターの奥なので他の客からは死角になり暗くてよく見えないはずです。

スカートが上にずり上がりパンティーの脇に指がとどきます。

それでも嫌がらない・・・図に乗って指先で遊んでいました。

酔ってるせいもありますが、確かに彼女の目はトロ~ンとした表情に変わって来ています。

彼女にそっと耳打ちしました「出ようか・・・」

「うん・・・・」店を出てエレベーターに乗りますエレベーターのドアが閉まると同時に

彼女を抱き寄せディープキス最初はビクッとしましたが、そのまま僕に身を預けるように唇を合わせてきます。

エレベーターがチン!といったので慌てて離れましたが下りてビルの影でまた唇を求め合いました。

それから行く先は決まっています。

ホテルの部屋に入るとまたキスをします

(すいませんキスが好きなキス魔なもんで(^^;)

お互いの口と口が性器になったようなべチョべちょなキスです。

彼女のミニスカートをたくし上げパンティーストッキングがあらわになります

僕は愚息を彼女の股間にぐいぐい押し付け両手でヒップをもみます

彼女の女部と僕の愚息が擦れ合います。

彼女のそこは熱くなっているのが股間から伝わってきて十分濡れているのが分かります。

立ったまま、彼女の股間に手を伸ばしクリあたりに手を沿えて見るとそこはもうぐっしょり、

彼女の背中側にまわり後ろから左手はおっぱい右手はストッキングからそしてショーツの中に・・・・

指先にジョリっとした感触が伝わってきます。

おっぱいをもみながら指先でクリを探ります。

やはりストッキングをはいているせいで指が動かしにくく仕方なく彼女のストッキングとショーツをさっと下に下ろします。

「あっ!やぁ」っと言う彼女すぐに体制を元の位置に!背中に張り付きセーターの下から左手を・・・

ブラを押し上げ直接乳房をを、・・・

う~んなんて感触がいいんだろう彼女のおっぱいは凄い柔らかくふにゃふにゃです。

おっぱいを揉みながら乳首をつまんで見ますと「あぁ~~ん」てはなにかかるいい声!!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ