【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

俺49歳既婚子あり。子供の友達の母42歳と月に1,2回会ってヤッテる。

きっかけは子供の部活が同じで、その会合が終わった後に車で送っていったこと。

小柄スレンダーな割に大きな(E?)胸もさすがに垂れ気味。でも普段そんなHなことを考えていそうもない清楚な感じに見える。

ところがどっこい、目覚めてしまった今は凄い。

今日の昼前に会って夕方まで6時間ラブホで過ごした。

それこそPTAか事務のパートにでも行くようなブラウスとスカートで来るように頼んだのは、

俺もカミサンには休日出勤だと偽って、ビジネススーツで出かけたから。

人通りが少ない井の頭線神泉駅で待ち合わせて、すぐ近くのラブホへ。

彼女は一見顔色が悪そうに見えるのは、これからヤルことに備えて口紅をほとんど引いていないからだとわかったのは、前々回くらい。

一言も会話せず、エレベーターが動きだしてからディープキス。ドアが空いたらそのまんまキスを続けながらすぐ部屋に入る。もうお互い顔じゅう唾液まみれだ。

「あぁ、会いたかった……」

「会いたかったんじゃなくって、やりたかったんだろ……奥さん」

「へへへっ、そうかなぁ……」

「じゃぁ、ここに聞いてみよう……」

タイトめのスカートをまくりあげて、右手で股間をまさぐる。

「ほらぁ、もう熱いし、こぉんなにぬれてるじゃん……。人妻はエロいね」

「だって……」

腰をもじもじ動かす間もキスは続く。同時に左手で彼女の右胸の頂点をブラウスの上から探り当ててつまむ。

「あぁっ……」

「あぁあ、乳首ももうコリコリにして……」

「あぁ……ね、はやくして……」

「なにを?」

「はやくしよ……」

「スケベだね、奥さん」

俺がスーツも脱がずにベッドの縁に座るとすぐに膝まづいてズボンを脱がす。

あぁあ、今日はトランクスも一緒にいきなり脱がせてすぐにしゃぶりつく。

「なーんだ、トシさんももうやりたいんじゃん」

ものすごい勢いでチュパチュパ音をたてて喉の奥まで出し入れする。

「ほら、そんなことしてると出しちゃうぞ」

「あぁん、だめ、最初は中にぃ……」

立ちあがってストッキングと色気のないパンティを急いで脱ぐと、自分でスカートをまくりあげて対面座位の体制で乗っかってきた。

上半身は汗をかいたワイシャツとブラウスのままつながる。マンコはもうすでに洪水状態でヌチャヌチャ音が立つ。

エロそうでもない人妻がガンガン腰を振り、恍惚の表情を見せ始める。ブラウスもブラも脱がさないで、その上から両方の乳首をつねりあげると、

「あぁ……、すごいって……、いっちゃいそ!」

と叫び始めた。

続きを読む

親父が再婚した。

相手の女は45歳、房枝という肉感的な、近所のおばさんといった感じの女だ。

私は30歳、独身でもっぱら性の処理は携帯サイトで知りあった女とやりまくっている。

ある日、忘れ物を取りに昼間の2時頃、家に帰ろうして玄関の近くまで来た時一人の中年男が家から出てきた年齢は40位のショボイ男だった。

誰だろうと思いながら家に入ると房枝があわてた様に髪の乱れを直している。

とっさに私は直感した、男だなと思ったがなにくわぬ顔で

「忘れ物をしたんだ」

というと

「あら、そう、お昼寝をしていたの」

とどぎまぎした様子で答えたが私は心の中で

「馬鹿、男とまんこをしていたのは丸見えなんだよ、必ず証拠を掴んでやるからな」

と思つていた。

そして房枝の留守の間に小型の精密なビデオカメラを仕掛けた。

これで房枝の行動が把握できる、少し興奮した。

そして一ケ月が過ぎたカメラのSDカードは1ケ月分の録画をしている。

夜、布団の中でテレビに接続し音はヘッドフォンで聞く。

早送りで見ると驚きの光景が写しだされたのだ。

もう房枝はパンティ一枚で布団に横たわっている男は部屋に入るすぐに全裸になり房枝の前に立った。

房枝は膝をつき、男のチンポをしゃぶりはじめた。

男は房枝の頭をかかえると奥まで入れている。

房枝は切なそうに男の顔を見ながらのバキュームフェラだ。

少し垂れただが爆乳に房枝の涎が滴り落ちる。

男は前かがみになると乳房を揉み始めた房枝の口が高速ピストンをはじめると男は堪らず射精した。

房枝は口に溜まった精子を男に見せ、ゴクリと飲みほし、美味しそうにお掃除フェラをしていた。

私はここまで見てため息をついた。

まるでポルノを見ている様でAⅤじゃない、本物のリアルさに私は勃起して逝きそうになったので続きは明日にして寝た。

昼間に見る房枝は何食わぬ顔で食事の支度で台所に立っている。

私は近づいて尻を撫でた。

房枝はニヤリと笑いまるで淫婦の様に私を男と見ているのがありありと感じとれた。

そして夜がきてビデオの続きを見始めた。

房枝はテーブルに腰かけて股を開いている。

こんもりと茂った淫毛をかき分けて丹念に男は房枝のクリトリスを吸い指を膣の中に入れ抽送を繰り返す。

続きを読む

私が44歳、妻41歳の時、高校受験を控える一人娘のために単身赴任を余儀なくされました。

その時、ある方から「セックスボランティア」への夫婦登録を勧められました。

単身赴任で離れ離れになる夫婦のセックスをお互いに埋め合うもので、年会費が夫婦一組で3万円でした。

セックスしたい時に事前にメールを入れると、相手をあてがってくれるのですが、

女性の好みを言うことはできないので会ってみなければわからないスリリングなシステムです。

ただし、必ず叶えられるとは限りませんが、ラブホで会うだけの時会、一晩過ごす泊会、この二つを希望することはできました。

ルールはコンドーム着用と、相手の嫌がることはしてはいけないという簡単なもので、合意の上ならハメ撮りも可能でした。

それは、単身赴任中の不倫をお互いに認める内容に等しかったのですが、悩んだ挙句、心身ともに寝取られる心配がないこのシステムに同意しました。

私は、新幹線で2時間の赴任先なので月に1回しか家に帰れない生活で、月に10回はこのシステムを利用しました。

週中は外会、週末は泊会で、単身赴任の4年間で大勢の女性と関係しましたが、毎月2,3回、何人かの同じ女性があてがわれました。

正確な年齢は分かりませんでしたが、前半には20代後半と30代半ばくらいの女性、

後半では20代前半くらいのとても若い女性と30代前半くらいの女性が定期的にあてがわれ、この4人は明らかに出産経験が無い体をしていました。

月に2,3回顔を合わせていた女性が急に姿を見せなくなったり、また、頻繁に顔を合わせるようになる女性もいたことから、

もしかしたら彼氏のいない女子大生とか、遠方へ転勤する公務員ではないかと勘繰りました。

そして、4年間のうち3年くらいお手合わせした女性は、妻と同じくらいの40代前半の女性と、

40代後半、50代半ばくらいの女性が定期的にあてがわれましたが、彼女達は経産婦でした。

彼女達とは絶対に泊会が無かったことから、きっと、妻と同じご主人が単身赴任中の奥様ではないかと思われました。

4年間、セックスボランティアで色々な女性を抱かせてもらいましたが、月に1回家に戻り、妻を抱くと、

しっくりなじんで、夫婦というものの素晴らしさを実感しました。

単身赴任を終えて、セックスボランティアの登録を解除して、妻の元に戻った時には、今度は娘が大学進学で東京に出て夫婦二人になりました。

私の赴任先では、馴染みのの性たちが、最近私の顔を見かけなくなったなと思った事でしょう。

セックスボランティアでは、何人かの女性と合意の上ハメ撮りしましたが、妻も同じで何人かの男性とハメ撮りしていました。

愛しい妻が足首を持たれてガバッと女陰を広げて、知らない男の男根を入れられて本気で喘ぐ動画は、激しい嫉妬と共に私の男根を奮い立たせます。

コンドーム付とは言え、知らない男の男根が出入りするたび、妻の女唇がベロベロめくれ、本気汁がブジュッと噴いて、やがて白く泡立っていくのです。

激しく突かれて、妻の形のいい乳房がプルンプルンと揺れて、シーツを握りしめて仰け反り逝き果てる妻の淫乱な姿は、私の勃起力をまるで20代に戻すのです。

続きを読む

このページのトップヘ