【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

予約した宿にチェックインしたのは夕方だった。

家族旅行の貸し切り温泉風呂のお話になる。

夕飯前にひとまず俺(47歳)と妻のマキ(41歳、仮名)と娘2人で家族風呂に入った。

マキ「家族風呂とはいえ結構広いのね」

俺「だろう?俺が調べたんだ」

マキ「家族風呂があるからでしょう?(笑)」娘2人も大喜びだ。

その娘2人の裸を見るとたちまちチンコは勃起した。

マキ「パパまた大きくしてる、スケベ」いつも家で娘たちとお風呂入る時はチンコは勃起していて、娘にはいつも「パパのいつも大きいね」と言われる。

娘のあいみやのぞみがお風呂で抱きついてくるから、あいみ達の割れ目がチンコに当たりチンコも反応するんだろう。

俺「あいみ達とはいつまで一緒にお風呂入れるかな…」

あいみ「あいみパパとずっとお風呂入りたいな」

のぞみ「のんちゃんもずっとパパとお風呂入る~」可愛いの~小さい時から俺に甘えていた長女だが、

来年は10歳になるから流石に…そんな事思ってたら…マキ「パパ、どうしたの?」マキが巨乳揺らして寄ってきた。

俺「何でもないよ。ところでどう?この温泉は」

マキ「うん、素晴らしいね。静かだし…」

俺「じゃ、子供達を洗って俺らも身体洗おう」そして家族仲良く洗いっこし、お風呂から出た。

夕飯を済ませた後は家族でカードゲームなどして過ごし、夜21時過ぎには子供達が就寝した。

すると妻がマキ「K(俺)、また家族風呂行かない?子供達寝たしお風呂でラブラブしよ」

俺「よし行くか?その前に…」俺は浴衣を脱ぎ下着も脱いで全裸の上に浴衣を羽織った。

マキ「私も」マキもブラとパンツを脱ぎ全裸の上に浴衣を羽織った。

俺「なんかうちら変態夫婦だな」

マキ「K、おちんちん勃起してるわよ」そして浴衣の下は全裸のまま夕方入った家族風呂へ…。

運よく家族風呂も空いてたので、鍵を閉めた。

俺「じゃ、早速」俺はマキの浴衣を脱がして全裸に。

マキ「私も」マキは俺の浴衣を脱がして全裸にし、とりあえず抱き合った。

俺「俺のチンコ、マキのマンコに当たってる」

マキ「もうエッチ、とりあえずお風呂入ろ。お風呂の中で抱き合お」俺とマキはお風呂に入り抱き合った。

俺はマキのFカップの巨乳を愛撫し始めた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

誰ともなく読んで貰ってるのかと思うと濡れてきます。

ホント、ガチ大胆になってます。

静岡市に住む43歳、由紀子(仮名)といいます。

昨夜、主人に今週末の泊りがけの件で嘘ついちゃいました。

「あなた、今週の土曜日曜なんだけど旅行に行っても良い?」

「どこへ行くの?」

「日本海の方へ」

「まだカニには早いんじゃ」

「大学の友達が、一人急に行けなくなって困ってるんだって。」

「○○は?」

「お母さんが見てくれるって」

「僕も週末ゴルフだから行ってきて良いよ。」

「うん」こんな感じで、嘘ついちゃった。

子持ちの主婦なのに、子供を母に預け不倫旅行。

ごめんね、あなた複雑な心境でした。

そして9日、10日と不倫旅行(恥ずかしいっ!)に行って来ました。

土曜日に彼と新大阪駅で待ち合わせし、そのまま新幹線に乗り込みました。

彼が他人の目を気にして、グリーン車をとってくれてるのにはビックリしました。

行き先は名古屋。

新幹線の中では、いろいろ彼とお話していたのですが、やっぱり後ろめたい気持ちがあったのは事実です。

すこし家のことを考えていたら、彼が「どうしたの?」

「うん、どうしてこんな事したのかな?って考えるとちょっと」

「ご主人のこと?」

「うん、それに子供のこともあるし」

「今日と明日は、僕のために忘れて欲しい由紀ちゃんとこうして行けるっていうのは夢だったしやっと叶ったって感じだから凄く嬉しいよ。」

「キスして良い?」

「ここで??」

「誰も見てないよ」

「でも」

「チュっ」

「っ、もう!ビックリした!」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフ仲間に仲の良い夫婦が居る。

奥さんは恵美さん(仮名)39才。

スタイルの良いはつらつとした美熟女。

私、秀(ひで)はサラリーマンでゴルフ好きの38才。

家内と、1男1女の子供あり。

ゴルフは毎週近所の練習場へ行く。

そしてそこの主催コンペにも良く行く。

美熟女な奥様、恵美さんは子供を産んでないので腰の括れもあり色っぽく、皆の憧れの人である。

コンペの後のパーティを近所の寿司屋でやった時に隣の席となった。

ゴルフでも一緒に廻り、スイングやらを教えて仲良くなったので隣席に恵美から強引に来た様だった。

人数が多く膝と膝がくっ付く様になったが余りにもこっちに押し寄せて来る。

盛んに皆からビールや焼酎を勧められるが余り飲めないと断っている。

皆から飲めるくせに今日は誰を意識しているの?等と言われている。

旦那も顔を赤くし「今日はおかしいぞ!」と笑って言っている。

堀炬燵の中で恵美の右膝と私の左膝がぴったり寄り、脚の指が時々触る。

「私余り飲めないのよ・・」しかし彼女の豪傑は皆から聞いて知っている。

「適当に飲んで悪酔いしない様にね!」と優しく言うと私の目を見て色っぽく頷く。

「今度二人きりで呑みましょうよ?」恵美の小声を炬燵の中の脚の指を恵美の指に乗せOK返事した。

恵美は余り飲まなかったがお開きとなり寿司屋を出る時に後ろから恵美の大きなお尻を撫でたら、

その手を掴まれ「又ね・・・」って色っぽく睨まれながら言われた。

今度二人で会うときはヤレルと確信した。

しばらくした土曜日にゴルフ練習場に行くと恵美も来ていた。

私は今日は妻子が夏休みで田舎に帰って独り・・・の話を皆にしていた。

練習が終わって帰り支度をしていると恵美が寄って来て「旦那がこの1週間出張なので二人で飲もう」と言う。

横浜のイタリアンで食事し、その後酒を買って帰りゆっくりと我が家で呑む事にした。

我が家は一軒家で廻りから余り見えないので・・・家に帰り居間のソファで二人でワインと日本酒を飲んだ。

余り飲んでもいないのに恵美は酔っ払ったと言いソファから絨毯に横になった。

「大丈夫かい?」と肩を揺するが全く反応がない。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ