【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

昨年結婚しましたが、うちの嫁さんは母子家庭で嫁さんの義母・54歳と同居する事になった。

元々、結婚前の付き合っていた頃から義母からは気に入られていたのですが、男と女の関係なんて考えてもいませんでした。

今年初めて3人で正月を迎えたときの事でした。
普段は飲まないお酒を義母は飲んでしまうと、ほんの1口2口で義母は全身が赤くなり、酔っていました。

テーブルからコタツに移動して、さらに飲んでいると、義母はだらしなく足を伸ばし始めて、かなり眠そうな表情をしていました。

うちの嫁さんは一通り落ち着いた後、キッチンに立っていたので、私も酔っていた事もあり、義母の足を少し手をコタツに突っ込んで突いてみました。
義母は嫌がることはなく、むしろ片足を少しこちらに寄せてきました。

私は義母の近づいてきた片足の膝の辺りに手を掛けて、さらにこちらに引き寄せるようにすると、義母は

「少し横になる」

と言って、腹の辺りまでコタツに入ると、そのまま横になりました。
コタツの中では、義母はすでに大きく足を開いていて、内腿を私に触られていました。

義母は時折口を少し開けて、聞こえないような吐息をしていました。
私も足を義母の股間に触れさせると、義母は一度目を開いて私を見て、体勢を少し変えて、腰をこちらに向けるようにしていました。

おかげで、私は手で直接義母の股間に触れる事が出来ました。

コタツの中で蒸れていたのか、義母の股間は下着の上から分かるほど蒸れていました。
背後の嫁さんの様子を伺いながら、嫁さんの母親をコタツで弄んでいました。

下着をずらして、しばらく遊んでいると、嫁さんがコタツにまた入ってきたので、さすがに怪しまれると思ったのか、
義母がそおっと私の方から足を逆に向けていました。

数日後の休日、嫁さんが朝から出掛けていきました。
朝食を食べて、嫁さんを送り出した後、義母はパジャマ姿にガウンのような上着を着て朝食の片づけをしてくれていました。

特に意識はしていなかったのですが、私は体を温めようとして、風呂を沸かしました。

それを義母は何か勘違いしたようで、私が風呂に入っていると、突然義母も入ってきました。
少し戸惑いましたが、それ以上に義母の方が戸惑っていたのが面白くなってしまい、浴槽に招き、
義母を後ろから抱きかかえるように一緒に入りました。

義母の首筋から背中の辺りまで、唇と舌を這わせると、義母はどう反応して良いのか分からない様子でした。
それもそのはずで、男とそういった事をしたのは、20数年ぶりだったのです。

義母と言うより、年上の熟女がそういった表情を見せるのに、興奮しました。
義母の耳を舐めて、胸を激しく愛撫し、浴槽に波が立っていましたが、義母にとってそれは余計に初心にさせる材料でした。

「こっち向いて」

と私から言って、義母を振り向かせて、キスをすると、義母はまるでファーストキスかのように、戸惑い、目をきつく瞑っていました。

続きを読む

私は、東京のある繁華街の裏通りで、大人のおもちゃ屋を開店しています。

女性店長の店として、評判になったこともあり、まあまあの商売をしています。

三十代のムッチリ系の店長は、男性客には人気がありますが、女性客は女性店長を好みません。
その時は、私が応対します。

店の奥に別の区画がありますので、女性客をそちらに案内します。
ご要望を聞きながら、商品を説明します。

カラダを熱くする成分を入れてあるお茶も出します。
バイブをご希望の場合は、好みを聞き、それにあう商品を数種類持ってきます。

電池を入れて動きも見せます。

最初は恥ずかしそうにしていた女性でも、実際にクネクネうごきだしたり、大き目の亀頭を見ていると、次第に興奮してきます。

カラダを熱くするお茶の効果も、大変効き目があります。
勿論、媚薬とか違法の薬をいれたお茶ではありません。

血液の流れを良くする健康に良いものです。

この頃、女性客は増えつつあります。
特に三十代・四十代の人妻が多いです。

説明を聞き、実物の動きを見ているとスキモノの表情を浮かべます。
その場合は、実際の使い方を教えましょうかと提案します。

まあ、最初は断りますが、数種類説明していくと、段々と興奮度が増してくるのが分かりますから、再度提案します。

すると、五割以上の人妻はお願いしますと言います。
その時は、カーテンで隠しておいたベッドに仰向けに寝ていただきます。

勿論、下はパンティだけになってもらいます。
この状態で、バイブを使いながら説明していきます。

まあ、パンティの上から、クリのあたりとかを刺激すれば、当然濡れてきます。
それでも、出来るだけ軽くバイブを当ててします。

次第に、股が開いてきます。

その段階で、バイブの機能を全開にします。
パンティを横にずらして、クリを責める部分をクリにあて、アナルを責める部分をアナルにあて、動いている亀頭を穴に入れて行きます。

股を開き出した段階で濡れていますから、入っていきます。
同時に三箇所を責められて、感じない女性はいません。

次第に鳴き出します。

続きを読む

大学時代の友人から久し振りに連絡があった。
特に親しくしていた友人じゃなかったので正直何だろうって怪しんだ。

簡単にまとめると「浮気調査やってくれないか」という依頼だった。
数年前まで探偵社で働いていた俺が、辞めた事を知らなかったようだ。

退社して今は普通のサラリーマンだと言って断った。
でも次の日にまた連絡があり、それでもお願いできないかと言われた。

とにかく会って話だけでもとしつこい。
酒でも飲みながら話そうと誘われたので、話だけでも聞いてやる事に。
そして何なら俺が知り合いに紹介しようって思って会う事にした。
 
指定された店は繁華街から少し外れた小料理屋だった。
友人の名前を告げると奥の個室に案内された。
既に友人と依頼主である女性が待っていた。

言われなくとも分かる依頼主を見て恐縮しそうになった。
30代だと思われるその女性は、ひとことで言えば「可愛らしい」人だった。
でもただ可愛いだけじゃなく、大人の色気も兼ね備えている。

いわゆる小悪魔系の女性だった。

こんな女性が店にいたら、オヤジどもはせっせと貢ぐんだろうな~。
そう思わずにはいられない魔性のニオイがプンプンする女性だった。

彼女は以前グラビアなどをカジッていたという。
だからなのかと納得の美貌。
そんな彼女なのに旦那が浮気?と変に思った。

既に知り合いであるツテで調べると、旦那に筒抜けになる可能性がある。
そこで旦那が全く関わりのない、そして信用できる人を探していたらしい。
幼少期時代からの幼馴染み繋がりで友人の奥さんに話が回ってきたらしい。

そこで俺が探偵をしていると友人が教えて話が決まったとか。

本当は断るつもり満々だった。
でもこの奥さんを見たら、少しでも親しくなりたいと思うのも男なら当然。

やっぱり美人には弱いんですよね~男って。
カッコつけたくなったりするわけですよ。

だからちょっと話だけでも・・・って事に。
聞けば旦那さんはベンチャーの社長さんでお金も有り余るほど持ってる。
だから愛人ぐらい数人囲っていても不思議じゃない。

でも問題はそんな話じゃないという。

「私の友人と浮気してるようなの」

と驚きの話をしてきた。
大学生の頃から親しくしていた、彼女からすると親友だと思っていた友人。

結婚する前もした後も、旦那を交えて親交が続く。
だけどその友人が昨年離婚したらしい。
その直後から妙な噂をチラホラと耳にするようになったとか。

まずは共通の友人からの忠告。
アンタの旦那と2人で歩いてるの見たわよ、というチクリ。
偶然街中で会ったら、それは2人で並んで歩くでしょ。

彼女はそう思って何とも思わなかったらしい。
なんせ親友だと思っていたから。

続きを読む

このページのトップヘ