【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

6年前に出会い系で釣った仙台の智子が人妻となって連絡してきた。

まぁ6年もアドが変わってない私も私だが・・・。

確かホテルでハメてイカせたような記憶しかない・・・。

東京で友人の結婚式がある為、外泊予定となり私へ連絡してきたもよう。

正直、顔も忘れてます。

しかし待ち合わせ場所に着いたと言う事で向かってみます。

あーーー居た居た。

何となく思い出して来た・・・。

ずいぶんと垢抜けている・・・。

「久し振り!」

お決まりのパターンで声を掛けて彼女が予約済みのホテルへ・・・。

コートを掛けた智子をみると何とドレス・・・。

ヤバッエロイ・・・。

白のロングドレスにピンヒール、そしてTバックのラインが透け透け・・・。

窓際に立った智子を後ろから抱きしめる・・・。

「6年も忘れてなかったのか?」私が胸を掴み耳元でささやくと

「えっ?私はちゃんと覚えてるよ!だってあんなに激しくされた事なかったもん・・・。」

「人妻になったくせに淫乱だな・・・。どうせ旦那には一人で泊まるって言ってるんだろう?」

「あんな人いいの・・・私が居なくたって何してるかわからないから・・・。」

何となくはわかっていたが、女だって人妻だってやりたいんだな?と思った。

更にうなじを攻撃しながら「俺の何をそんなに忘れなかったんだ?」と勃起したものをお尻にあてながら聞いてみた。

「本当に覚えてないの?ロープでしばられ、バイブ入れられて・・・。」

あーー何となく思い出してきた。

確か赤いロープを買って紫のバイブとローターで攻めてやった気がした・・・。

「旦那にイカせてもらってないのか?」そう聞くと「うちの旦那淡白であんまりしてこないの・・・。」

欲求不満がありあり・・・。

「だから俺の所に来たのか?そう簡単には入れてやらないぞ・・・。」

私もスイッチが入りました。

お尻を撫で回しスリットから手を入れるとガーター・・・。

「ドスケベ!こんな格好した人妻がわざわざ東京まで来ておねだりか!」

「嫌!言わないで・・・欲しかったの・・・。」

「仙台に男なんていくらでもいるだろう?自分から声掛けてハメてもらえばいいじゃないか・・・。」

「だって○○さん(私)みたいに激しくしてくれないもん・・。」

「何だそれ?さては何人かに結婚してもハメられたのか?」

「・・・。」

それを聞いてベッドに押し倒しました。

スカートをまくりTバックの下着があらわです。

それもヒモで隠れている部分の方が少ない下着。

「こんなの付けてご主人知ってるのか?オマ○コ丸見えだぞ・・・。」

「だってこんなのじゃないとスカートがぴったりだし、ライン出ちゃうから・・・。それに旦那の前ではこんなの付けた事ないよ・・・。」

「じゃあ何で俺には見せるんだよ!」

と言いながらお尻の割れ目に舌を這わせます・・・。

「あーーんいいのーーー昔みたいにメチャクチャにして・・・。」

あっ!そこで6年前のワンシーンを突然思い出しました。

確かバイブを突っ込み激しく出し入れした後に、挿入すると

「オマ○コ壊れる!壊れる!!!」と言いながらイッタはず。

「あーー思い出したぞ!オマ○コ壊れるって叫びながらイッタよな?」

「私そんな事言ってないもん・・・。」恥かしがりながら感じてます。

6年も経つと女は変わりますね・・・。

こんな下着付けたまま、自分からフェラをして命令通り、自分でクリを触ってます。

「どうだ欲しかったのか?6年ぶりに欲しかったって言ってみろよ!」

そう責めると「あーーん欲しかったの・・・入れて!!!」

そこは意地悪な私です。

「何だお前、このチンポ忘れられずにオナニーした事あるだろ?想像しながら・・・。」

「あーーん何でわかるの?」と図星のようでした。

「何回思い出してやったんだ?白状しろ!」

「何かムラムラした時に最後必ず、○○さんにしばられてバイブ入れられたの思い出してしてたの・・・。」

「どうしようもない女だな!人妻になっても忘れらないのか?」

「そうなのこれで突いて!!!!」

このやり取りでフル勃起です・・・。

田舎の女は情が厚い。

中々こんな程度の遊びもして来てないんでしょう?

俺のSEXを忘れられずオナニーしてたなんて・・・。

一気にぶち込むと大きな声に変わります。

「どうだ6年ぶりは?」激しく突きます。

「凄い!凄い!良いの良いの・・・。」声にならない息も出てます。

小ぶりなオッパイで大した身体でもないのですが、

俺のチンポを忘れられないなんて興奮します・・・。

「旦那のより良いのか?言ってみろよ!!!」

「こっちが良いのこっちがいいの○○さんのがいい・・・。」

「何処に何が入ってるんだ?」

「智子のオマ○コに○○さんの太いオチンチンが入ってます…。」

「旦那の前でもオマ○コ何て言えるのか?」

「恥かしくて言えないよ・・・。」

「じゃあ何で俺の前では言えるんだ?」

「だってだって○○さんの欲しいんだもん・・・。」

さすがに俺も限界です。

「出すぞ!!!!」何処に出すかも聞かずに「オイ口開けろ!!!!」

「アーーーンイクイクイク・・・」

「ホラ!!!!・・・。」飛び散った口の周りのザーメンも集めてゴックンです。

この日は朝まで3回、鏡の前で後ろから突いて

「オマ○コ壊れる!!!智子のオマ○コ、○○さんのもの!!!!」

と言わせタップリと満足させてやりました。

田舎の女は情が厚いです。

6年たって人妻となっても忘れられないなんて・・・。

俺の妻は、身長168㎝B112(Kカップ)W63H95とダイナマイトなボディーをしている。

結婚前からその体を堪能してきたが、結婚後子供を1人産んでもくずれない体を今も変わらず愛し続けている。

今年で31歳になり子供も2歳になったが、趣味のヨガの効果か張りのあるまったくもっていやらしい体をしている。

俺達の住んでいる所は地方の田舎町で夏には小さな祭りがある。まだ31歳と若い俺達は、男神輿女神輿を担いでいる。

俺は、褌に半被姿妻は、ノーブラの上にサラシを巻き下は、短パンそして半被を着て3日間昼1時から夜10時まで町中を練り歩いている。

子供は、俺の実家に預けて夜迎えに行くパターンだ。

今年の夏は、1日2日目と俺だけが神輿を担ぎ終わったあと友達と呑みにいき妻は、子供と家に帰ると言った具合だったが、

3日目には、夜10時に終わる予定が町内が盛り上がってしまい12時まで担ぎ捲くった。

二人ともヘトヘトになり実家に帰り子供を迎えに行ったが、俺の友達から連絡が来て居酒屋で軽く飲む事にした。

妻と子供を連れて行くと友達も家族で来ていて呑み始めていた。

俺も妻も遅ればせながら参加してビールをガバガバと飲んだ。

深夜2時前に解散となったが、運転出来る訳もなく近くの健康ランドにいく事にした。

部屋を取り(24時間営業)布団を敷いて寝る体制を整えてから風呂に向かった。

子供は、俺が面倒を見る事にして、妻は、女風呂へ行ったが、勿論二人とも着替えもなにもなく祭りの時の汗で半被は、

びしょびしょで風呂上がりは、健康ランドのパジャマを着るつもりでいた。

俺が風呂に入ると俺達と同じく祭りで盛り上がり留まっている客が、何人もいて風呂にも中年オヤジが3人,刺青の入ったチンピラ風の若い男が2人いた。

子供の体を洗っていると後ろから声を掛けられた。

「パパ酔ってて一人で入れないよ~」

んっ振り返ると妻が、でっかいオッパイをほうりだして立っていた。

俺は唖然としたのと何が起きているのかわからない状態。

「おい男湯だぞ」

「だって女湯一人しかいないし倒れそうなんだもん」

とふらふらの状態で俺に言った。俺も何でも良くなり

「とりあえずオッパイかくして入んな~」

と了承したのだった。

続きを読む

同じマンションの若妻23歳、長身167cmのスレンダーで美乳ショートカットで凛々しい美人

今年の春先、たまたま直帰で18時前に帰宅したら、マンションが騒々しい

たんに子供の転落事故(軽傷)だったんだが、その時はなんか事件!みたいな感じで

住人がマンション前に集まって騒然としてた

管理人の爺ちゃんと俺とでなんとなく仕切って収拾したけど、

彼女は若いし近所に知り合いもいないみたいで、なんとなく俺の傍で話聞いてて、

ちょっと落ち着いてからもなんとなく俺と話してて・・みたいなのがきっかけで知り合った

時々すれ違ったら挨拶するくらいになって、しばらくしてから仕事帰りにばったり

通勤途中の乗り換えのでかい中継駅前の関西最大級とかの本屋だった

そのまま立ち話しながらなんとなく併設のカフェへ

お互い数年前から似た時間帯によく利用してたから会ってたかもしれないねーとか

こないだはびっくりしたねーとかうちの子も今歩き回るのが楽しいからなーとか世間話

その時聞いたけど旦那は3つ年上の消防士、彼女は扶養範囲内で週3バイト

こっから先は後で親密になってきてから聞いたけど、彼女が大学の時の合コンで知り合って

無茶苦茶熱心に口説かれて卒業してすぐ結婚、

結婚後旦那が相変わらず合コンとか遊びまくり、ある程度男はそういうもんだと覚悟してたから怒らないけど、やっぱり多少面白くないとか

夫婦仲も悪くはないけど、なんか落ち着いてしまって寂しいらしい

休みの日に買い物はルーチンで義務化しててつまらん、

彼女は子供欲しいけど、旦那はまだ先でいいとか、要はまだ遊びたいんだろうと考えてるらしい

旦那見かけたことあるけど、確かに消防士らしくやや小柄だけどガッシリしてて精悍な感じ

イケメンとは言わんがモテそうではある

でまあこの時は携帯教えたわけでもなく、そのまま帰宅

一緒に帰るのもまずいかなーと笑いながらそこで別れた

なんか好きな作家とか映画とか趣味被るとこ多くて、しかも若い(嫁より2つだけど)美人

年甲斐もなくちょっと顔にやけて帰った

次に日もそんなうまいことないよなーと前日会った場所へ行ってみたら居ましたよ、彼女

「・・・もしかしたら会えるかなと思ったんです」と上目づかいに

ええもう完全にはまりました

お酒飲める?「少しなら」と言うことでちょっと高級なバーへ

続きを読む

このページのトップヘ