【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

何年か前のことだけど、俺が派遣切りにあって

都内某所を転々とするネット難民生活をしていた頃のことだ。

不況の波が押し寄せて、派遣社員仲間の中で

契約継続が危ぶまれるとの噂が広まってから、

無職になるまでそれほど時間は掛からなかった。

不当解雇だとゴネて派遣先にしがみつこうとした奴らもいたけれど、

結果的には早めの決断をして次の仕事を探したやつらは何と新しい職にありついたが、

俺みたいに自分では何もせずに、

ゴネている奴らのおこぼれに与れないか様子見をしていた奴らと

ゴネていた奴らはみんな仕事にあぶれてしまった。

直ぐに家賃を滞納するようになって、気がついたら住むところを失って、

その日暮らしで狭いネカフェに転がり込んで

身体の節々に痛みを感じて目を覚ます毎日になっていた。

派遣先にはパートのおばちゃんや派遣で働いている女達が何人もいて、

よくつまみ食いをさせてもらっていた。

金が貯まることはなかったが、それなりに楽しく過ごせていた。

おばちゃんと言ったって結構綺麗な人もいるのだが、俺が狙うのはいつも中の上。

帰りに一緒になったときに一緒に飯を食いに行って、何度か一緒に飲んだ後、悩みを打ち明けるふりをして甘えてみると結構慰めてもらえた。

俺が筆下ろしをしてもらったのもそんなおばちゃんの一人で、今から考えるとおばちゃんと呼ぶにはかなり失礼なのでお姉さんと呼んでおくが、

当時二十歳になったばかりの俺にとって三十過ぎの女性は皆おばちゃんだった。

お姉さんは、幸子さんといった。

居酒屋の片隅で並んで飲んでいるうちに酔っ払ってきた幸子さんは俺の肩に触ってきたり太ももの上に手を置いてきたりして、

今から思うとかなり露骨で積極的だったと思う。

「それで・・・、田中くんは彼女いるの?」

「そんな人いませんよ」

「ふぅん、それじゃ、溜まってるんでしょ」

俺が苦笑しながらも返答に窮していると、幸子さんは何を思ったのか俺の手をとって、短いスカートから伸びた自分の太ももで俺の手を挟み込んだ。

「温かいでしょ」

酔った目で俺にそう囁かれて、俺はもうそれだけでビンビンだった。

指をもぞもぞさせて太ももの付け根辺りを触ってみると、幸子さんは"ギャハハハ"と笑い出し、耳に息を吹き掛けるように、

「エッチ!」

と言った。

どっちがエッチなんだかわからなかったが、余計なことは言わずにいた。

正直に言うと、当時の俺は冗談で返す余裕もなかった。

少し前にトイレに行って化粧直しをしてきた赤い唇が微かに俺の耳に触れたような気がした。

「出ましょ」

そう言われて俺たちは居酒屋を後にした。

会計は幸子さんが済ませてくれて、店を出ると幸子さんは俺の腕にしがみつくようにしてきて歩いた。

足取りが安定しないので、幸子さんの胸の膨らみが肘に当たってくる。

それを意識し過ぎた俺は何も無い道なのに何度も躓きそうになった。

続きを読む

付き合って二年になる彼女<ミサ>と僕たちは当時共に23才。

周囲も公認の仲で将来的には結婚も視野に入れた交際をしていたのです。

彼女は健康的な感じで体を動かすのが大好きなコでしたから
スポーツジムやテニススクールに通ったりするのが日課になっていました。

時には週末にテニスの試合があり、僕も応援がてら
見物に行ったりしているうちに彼女のテニス仲間やコーチ達とも
顔見知りになって彼女と一緒にその仲間内で開催される飲み会
にも参加したりして、しだいに打ち解けていったのです。

そこで
知り合ったテニスコーチの美幸さん(27才)の大人の魅力というか
なんとなく醸し出すフェロモンに誘発されて一夜限りの過ちを
犯してしまいました。

彼女は既婚者であり夫は同じテニススクール
のコーチで隆明さん<31才>という見るからに浅黒く日焼けした爽やか
イケメンという感じの人。

そして、この一夜限りの情事に罪悪感を持った彼女は彼に全てを打ち解けてしまったのです。

隆明さんから僕の携帯に電話があり彼と二人で会う事に。

僕は殴られるのでは
ないか、果ては慰謝料のようなものを請求されるのではないかと
わななき、そしてなにより結婚しようとしていたミサにバレて
しまうのが怖くて仕方ないというような気持ちで待ち合わせの
喫茶店に着き、店内を見渡すと約束の時間の15分ほど前でしたが
既に隆明さんは着いていました。

席に着き挨拶をしてから今回の
事について深々と頭を下げ謝罪。

彼の目を見ることができず頭を
上げれずにいると、彼はわかったから頭を上げてくれと言い、
過ぎてしまったことを今更騒ぎ立てることはしない、それに
このことを大袈裟にすると自分や妻の仕事上、他の会員の手前
まずい事になる。

妻にも落ち度はあることだし君が他言などせず、
今後一切妻と関係することは絶対しないと約束してくれれば
君の彼女にも黙っていると寛大な態度で対応してくれたのです。

その態度で僕は余計に申し訳ない気持ちになり涙をこぼしながら
最後にもう一度頭を下げて謝り店を後にしました。

この事で僕は彼女のテニス仲間の集いにはあまり足を運ばなく
なりましたが、何も知らないミサはそのままテニススクールを
継続していきました。

そうして約一年の時が過ぎ、僕とミサは
結婚することになり式の準備などで忙しい日々を送りましたが
無事式も終わり、月並みですけれどもハワイに新婚旅行にも行き
このコのことを守り、大事にしていこうと決意を固め新婚生活を開始。

式から三ヶ月ほど経過したある日曜、ミサはいつものようにテニスへ。

家で僕が留守番をしているとインターホンが鳴り、玄関を開けて
みるとそこには隆明さんが立っていました。

僕はちょっと驚き、
「今日はテニススクールのはずではないのですか、どうしたんですか?」
と尋ねると彼は今日は受講人数が少ないので奥さんの美幸さんに任せて
あると言い、そんなことよりも結婚の御祝が遅れてごめんと高そうな
ワインとペアグラスをプレゼントしてくれたのです。

僕は感謝を
告げて何もないですけれど、あがって下さいと言いましたが用が
あるからと帰るそぶりをして後ろを向き二、三歩進んでから
思い出したように振り返り「そうそう、そういえば」と言って車に
行き、何かを取ってきました。

「これ、あげるよ」と隆明さんが
くれた物は一枚のDVDでした。

続きを読む

セフレの一人に妊婦がいるんです。

32才のひとみって言って、SEX中毒の人妻。

ひとみの旦那は確か15才ぐらい年上40代半ば。

その旦那が中年になっても性欲強いらしく、

結婚当時からSEXが大好きで、

毎日の様にやっているそうです。

しかもその旦那がSEXが超強く

おまんこに入れたまま2時間はピストンしまくり

で発射してもおまんこに入れたまますぐ勃起して、

また2時間やっているそうです。

だいたい夜2時間〜3時間で旦那が仕事が休みの日なんか

朝から2時間、昼2時間、夜2時間てな感じで1日中SEXだらけだそうです。

旦那さん実はニンフォマニアで某黒人ブロゴルファーと一緒の

病気なんじゃないかと思っている。

こんなことだから子供が6人もできてしまい。

これ以上子供を作れないため、

危険日のSEXの時は旦那にコンドームをつけるように

言っているそうなんですが、

つけずにSEXして妊娠してしまい子供をおろすことに、

結婚してからもう何人おろしたかわからないそうです。

32歳になった今でも年に2回〜3回はおろしているそうです。

そんな中絶しまくる狂った夫婦の奥さんひとみと

知り合ったのはひとみがパートとして会社に勤めたときでした。

見た目より若くまだ20代半ばの様でした。

で、ある日残業で残っててもらい、

いろいろ話している内に旦那とのSEXの話になり

毎日の様にSEXしてると言う話、とのことで、

あたいはいいなあ~こんな可愛奥さんとやりたいな、

と言ったのがきっかけで、じゃあキスだけならということで、あっさりOK。

で会社の休憩室へ行き熱くキス。

なんと人妻の方から舌を入れてくるじゃありませんか。

ねえ「感じてる」なんかあそこが大きくなったんじゃない。

SEXしたくなったんでしょうと人妻の方から僕のあそこに手を入れてきて、

勃起したちんぽをて手でさすってくれました。

続きを読む

このページのトップヘ