【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

この世間で、所謂単身赴任という辞令を甘んじて受けた方々は、一体何人おられるのでしょう。

私もその一人で、妻と息子を残し、今こうして未だ慣れない土地にてこのサイトを拝見しております。

管理職として支店長の椅子が確保されてはいても、其処は地方都市の一角、正直左遷と言えます。

我が家を離れて暮らす私にとって、人生最初の岐路とも言える高校受験を控えた息子が気掛かりではありましたが、一番の不安はやはり私には妻の清美の事でした。

今年で四十路を迎える妻は、私にとって掛け替えのない愛妻であったのですが、今はその妻に対し、憎悪とも言える嫉妬の念を感じずにはおれません。

このサイトはこの土地に来る前より拝見しておりましたが、今日、漸くこの想いを書き込む気持ちの整理がついたのです。

実は、妻は数年前、私の目を盗み浮気をしておりました。

普段は清楚で良妻賢母という言葉が似合う妻なのですが、その時ばかりは魔が差したと言うのか、清美は数回程、他人に抱かれその欲望を満たしていたのです。

詳しい詳細は割愛しますが、私の性に対し多少なりとも不満を持っていたのでしょう。

仕事一辺倒の私にとって女盛りである妻を満足させていなかった事が、一番の原因だったのです。

実際、二年以上も夫婦の営みは存在しない状況が続いていました。

妻は号泣しながら私に離縁を求めましたが、結局息子の事や世間体もあり、私達は離縁しなかったのです。

それから数年の間、私は清美を数回程抱きました。

妻は、夫の私が言うのも烏滸がましいのですが、人並み以上の風貌と肉体を持っている女性です。

ですが、その円熟した裸体には絶えず他人の陰が纏わり付き、その乳房を愛撫しながら、滑らかに盛り上がった臀部を愛撫しながらも、

私は何処か冷めている自分を感じていたのです。

単身赴任が決まり、私はある決意をしました。

妻が、再度浮気するかどうかを。

あの美しく白い裸体を横たえても幾分も興奮しなかった私でしたが、あの妻が又誰か見知らぬ男の男根を求めるのでは無いかと思うと、

狂おしい嫉妬心が心を焼いていくのを感じました。

何と言えばよいのでしょう、この被虐的とも思える妄想を。

いや願望と言うべきだったのかも知れません。

続きを読む

出会い系サイトを利用して10年になりますが、一昨日久しぶりに援してきました。

朝からパチンコをしていたのだが全くダメなので暇つぶしに最近使ってるPCMAXの掲示板を覗くと巨乳っぽい人妻を発見!

おっぱい星人の自分はたまらずメール。

30分たっても返事無し、冷やかしかぁ~と思った瞬間彼女からメールが来ました。

お願いイチゴと言うので人妻のくせに高いなぁ~と思いましたが、写メの爆乳が気になり写メ送ってくれたらいいよって了承しました。

5分後口元を手で隠した写メが送られてきた。

ドストライク!結構いけてる!

某駅で待ち合わせの約束して、移動しました。

どうせ写メと違う子が来るんだろうと疑いつつ待ち合わせ場所に行きました。

待ち合わせ時間になっても現れず、やっぱりこう言う展開だなと思った時メールが。

「今、着きました。」

見渡すと細身のパンツにサマーセーターの彼女を発見!しかも写メ通り本人!セーターの膨らみも本物ぽい!

声をかけると頷く彼女。

かわいい~。

自分は既にフル勃起、先走っていました。

じゃあ行こうかぁ~と言い陸橋の側のホテルへイン。

今日は意外と混んでいて空いていたのが高い部屋、おっぱいを早く拝みたくてそこに決めました。

部屋に入ると彼女が「お風呂入れようか?」と聞いてお風呂に行きました。

彼女、プロ?慣れてる感じ。

お風呂が沸くまで世間話、巨乳をモミモミしながらしていました。

続きを読む

出会ったときから一目惚れで、ずっと好きだった麻衣。

でも、僕に振り向いてくれず、逆に彼女の恋の相談相手のような感じになっていた。

それでも諦めずにいた僕に、チャンスが来て付き合うことが出来た。

でも麻衣は、僕と付き合っても、別れた先輩を忘れることが出来ないこと、僕はずっと二番だと言うことを、申し訳なさそうに告げた。

僕は、いつか先輩を忘れさせることが出来ると信じて、そんな条件でも麻衣と付き合い続け、とうとう結婚出来た。

そして結婚して2年経ったある日、偶然街で、麻衣の別れた彼氏である先輩と出会ってしまった。

迷いに迷ったが、麻衣にもその話をした。結局、麻衣はもう一度先輩に会いたいと、泣いて謝りながら言ってきた。

そしてその日は来て、なぜか僕は先輩の嫁さんのアリーさんと過ごすことになった。

麻衣が元カレと会っているという、最悪な状況にも関わらず、よりによってアリーさんとセックスをしてしまった……。

それは今まで経験したことのない、激しくエロいセックスだった。

自己嫌悪に押しつぶされながら帰宅すると、すでに麻衣は帰ってきていた。

『……キスしちゃった……。先輩と、キスしちゃったよぉ』

泣きながら言う麻衣。でも僕は、アリーさんとのことがあり何も言えなかった。

すると、麻衣が僕に抱きついてきた。

『ゴメンなさい……。どうしよう?私、わかんないよ……。どうしたらいい?』

泣きながら聞いてくる麻衣。僕はこんな状況なのに、麻衣の涙を見たことで、麻衣を助けたくなった。

「好きなの?まだ先輩のこと好きなの?」

僕は喉がカラカラになるのを感じながら、何とかそう聞いた。

『……わかんない……』

麻衣は、本当に困り果てた感じだ。

「でも、また会いたいんでしょ?」

『……うん。ゴメンなさい……』

「じゃあ、思ったようにしてみなよ!またデートして、自分の気持ちを確かめてみなよ!」

『えっ!?そ、そんなの……』

ビックリして口ごもる麻衣。

「だって、ハッキリさせないと、心の中でどんどん先輩のことが大きくなるでしょ?

心の中の人には勝てないよ。先輩と実際に会って、ちゃんとデートして、気持ちを確かめればいいよ。俺、今なら負けない自信があるw」

続きを読む

このページのトップヘ