【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

今年大学に入った18歳です。
先月ついに中学からの友達の母親と関係できました。

彼女は留美さん44歳の優しそうなごく普通の主婦です。
友人も地方の大学に行き、姉は一人暮らしで旦那さんとの二人暮らしです

中学から友人とは気が合いお互いの家に行き来していました。
高校に入り留美さんを一人の女として意識しだしました。

友人には内緒でメルアドの交換もして、普段からメールのやり取りもして今した。
留美さんも子供に内緒でドキドキすると楽しそうでした。

大学に合格してメールのやり取りで合格祝いをしてあげるとのことになり、1日だけ留美さんとのデートの約束を取り付けました。

その日。
親の車で留美さんを迎えに行き、彼女が普段行けないホームセンターなどを回りながらドライブを楽しみ、夕方になって彼女を家まで送りました。

「全然デートじゃなかったね。買い物につき合わせたみたいでごめんね。夕飯ご馳走するよ。どこか食べに行く?」
「簡単なものでいいから留美さんの作ったものが食べたい」

じゃあそれならと、夕飯は留美さんの家で作ってもらうことになりました。
旦那さんが出張中とのことでOKしてくれたみたいです。

車を家に置きに帰り、シャワーを浴びながら、どうやって留美さんと関係を持つか頭の中はそれだけ考えていました。
途中スーパーに寄り缶のカクテルを色々買い込み友人の家へと向かいました。

留美さんは普段着のワンピースに着替えており、食卓の上には料理が並んでいました。

「急だからこんなものしか作れなかったけど」

留美さんは申し訳なさそうに笑っていましたが、僕にとっては大感激です。
乾杯をして色々話をしながら、留美さんに買ってきたカクテルを勧めました。

あまり酒が強くないのを知っていましたから、甘い飲みやすい物を買っておいたのです。

「これ美味しいわ」
「顔が熱くなってきたわよ。こんなおばさん酔わしてどうするの?」

少し酔ってきたのか顔が少し赤くなり始めています。

食事も終わり留美さんが食器も片付けだしたので僕も一緒に手伝いました。
留美さんの良い香りがします。

「お祝いなのに片づけまで手伝わせちゃって~」
「ひとつだけお祝いねだっていいですか?」

「なにが欲しいの?」
「キスさせてください」

「えっ!?」

留美さんは僕からの告白に驚いていました。

「思い出に一度だけ留美さんとキスをさせてください」
「・・・・・」
「絶対に内緒にしてくれる?」

真剣な顔で僕を見つめていました。

「絶対に誰にも言いません」

僕は留美さんを抱き寄せると唇を合わせました。
2、3度フレンチをした後、下を入れるを留美さんも答えて下を受け入れてくれました。

続きを読む

副業で某薬局でアルバイトしてた時の話です。

同い年の32歳の人妻のアキ。

アキは俺より1年早く副業として働いてて、同い年って事もあってすぐに仲良しになり色々仕事の事を教えてもらってた。

アキは結婚はしてるが子供はなし。

俺はいつしかこの女とやりたい…そう思うようになり、ダメもとで飲みに誘ってみた。

アキはすんなりOKし『旦那には嘘ついて出掛ける』って言っていた。

その瞬間に『絶対やれる』そう確信した。

2人で軽く飲んだ後にアキが『この後どうする?』って言ってきたから、俺は冗談っぽく『大人の付き合いしに行こうか?』って言ったらアキは恥ずかしそうに頷いた。

ホテルに入るなり俺はアキにキスをして服を脱がしベットに押し倒すと、アキの目は既にトロンとしていた。

胸はそんなに大きくないが感度がよく乳首を軽く舐めると躰を反らし『ぁん…ん…』と感じてた。

おまんこに手を伸ばすとパンティーの上からでも判るほど濡れていた。

手マン、クリ舐めで十分に感じさせた後、俺も服を脱ぐ。

するとアキは待てない様ですぐに俺のチンポにしゃぶりついてきた。

気持ち良過ぎて暴発しそうになったが我慢してアキのおまんこにあて、一気に根元まで挿入した。

アキはそれだけでイってしまった。

そのあとは俺も楽しませてもらい、アキの中に思いっきり射精してやった。

どうやらアキは俺に好意を持っていたらしく、『あなたに、こうされたかったよ…』と恥ずかしそうに言って1人シャワーしに行った。

それからは俺の女同然。

続きを読む

もう四十年近く昔の話である。
妻が切迫流産で入院すると実家から義母が駆け付けて来た。

幸い進行流産になる可能性は低いとの診断で一安心、義母に大丈夫だから帰るように言ったのだが、落ち着くまで泊まって行くと言い張る。
義父は数年前に他界しているので大丈夫との一点張り。

今回が私たちの初めての子供なのでアパートは1DK。
仕方ないのでなるべく離して布団を二組敷いた。

電気を消して暫くすると義母がもそもそしている。
すると私の布団をまくり上げて義母が入って来た。

左手に当たる感触は裸のようだった。

「お義母さん」
「いいからジッとして。パジャマ脱いで」

有無を言わせず脱がされ、半立ちのムスコを握られた。

「頼子とはどのくらいしてないの」

頼子は妻の名前である。
義母の手つきは大胆なことをする割にぎこちなく、一向に気持ち良くならない。

「妊娠したのが分かってから一度もしてませんよ」

私が激しいので流産しかけたと思ったのだろう。

「じゃあ、もう三月もしてないのね。その間どうしてたの」
「どうしてって、その辺は適当に」
「まさか、トルコなんかに行ってないでしょうね」

当時はソープをトルコと呼んでいた。

「とにかく溜まってるでしょ。早く出しちゃいなさい」

そう言われても全然気持ち良くない。
それに、手扱きだけなら自分が裸になる必要は無い訳で、義母の脚の間に手を伸ばした。

抵抗は無かったが、割れ目はピッタリ閉じたまま。
仕方ないので一旦起きて69の体勢になった。

「何するの」

義母はかなり慌てていた。
フェラやクンニなど素人は殆どしていなかった時代である。

答える代わりに茂みを分けて舌をこじ入れる。
慌てて脚を閉じるが、義母はかなり上付きでおさね(クリのこと)が丸見え。それも結構でかい。

銀杏くらいのおさねを吸い込んで舌の先でこね回すと義母の尻が暴れた。
その拍子に膝が割れたので頭をこじ入れる。

続きを読む

このページのトップヘ