【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

大昔の話になるけど、私は学生時代家庭教師やってました。
そこでのことです。

当時、私は大学生で中学生の男の子の家庭教師をしてました。
その子の母親にお世話になったんです。父親は、国家公務員で他県に単身赴任してました。

週に2回行ってました。
母親(奥さん)は、とても親切で優しい人でした。

7月の梅雨時だったでしょうか、勉強の休憩でトイレを借り洗面所で手を洗おうとしてたときです。

奥さんは、買い物から帰ってきて着替えをしてたんです。
風呂場の前に洗面所があって、雨で濡れたようでした。

奥さんは、上はブラジャーの格好でした。

私は、いけないものを見てしまったような感じです。
白いブラジャーに、大きなおっぱい。深い谷間です。

「す、すいません」
「雨で濡れちゃって・・・・」

私は、どこを見ていいのか目のやり場に困りました。
が、やはりというかしっかり谷間を見ました!

私のズボンの中は、これでもかというくらいかちかちのびんびんです。
その日は、もう勉強になりませんでした。

アパートに帰った私は、即、何度もオナニーしました。

それから、数週間後8月のあるとても暑い日のこと。
いつもの様に、家庭教師をしに行きました。

ところが子供は、友達の家に行ったとかで不在でした。

せっかく来たんだから、あがって行く様にいわれお邪魔したんです。
丁度、昼前で母親(奥さん)は、掃除機を使って掃除してました。

昼飯にカレーライス用意してくれました。
あと、サラダがあったかな。

その間、キッチン(広い台所)で椅子に腰掛けて待ってました。
母親(奥さん)と話しながら。

母親(奥さん)の後姿を見て、私のあそこは既にびんびんです。
大きなお尻、Tシャツ越しにうっすらと透けて見えるブラジャーの太い帯。

横を向くたびにわかる、大きく突き出たおっぱい、我慢できません

カレーはとてもおいしく、汗をかきながらいただきました。
食事が終わりそして、アイスコーヒー飲みながらの会話。

「○○さん、彼女は?いるんでしょ・・」
「いないです。高校時代は、部活だけだったし、浪人して一応受験勉強で」

「国立ですもんね。すごいわ〜」
「もてるでしょ」

「いいえ」
「大学には女の子もいるんでしょ」

「いますけど、工学部だから。そんなには多くないですよ」
「経験は?」

続きを読む

勤めていた会社に嫌気が差し、小さな会社にとある部門の責任者として転職しました。

泊まりがけで温泉地にて忘年会がありました。

宴会が終わり、各部屋にて2次会が催され、私はそのうちの若い者だけが集まった部屋で盛り上がってました。

酔いが回り、お茶が飲みたくなって部屋のある階の自動販売機コーナーでお茶を買い、

フラフラと部屋に戻ろうとすると、向こうから社長婦人が歩いてきました。

社長婦人は50代前半の美熟女なマダム。

ちょっと派手目で長身、胸はあまり大きくないんですけどいいお尻。

タイトなスカートを履くとついつい目が行ってしまう。

気さくに話しかけてくれてとても良くしてもらってました。

社長婦人もかなり酔ってるようで、すれ違いざまに、社長婦人が「顔真っ赤よww~」って声をかけてくれた。

「奥さんだってかなり酔った顔してますよ~ww」なんて他愛のない会話をしながらすれ違い、自分の部屋の鍵を挿そうとしたら、

浴衣の袖を後ろから引っ張られたのです。

振り向くと社長婦人がいて、口の前に人差し指を立てて「シィー」っとしながら立ってます。

どうしたのかと困惑していると、婦人が小声で「お風呂は入ったの?」

私も小声で「宴会の前に皆で入りましたよ?」と答えると社長婦人は誰もいない事を確かめ、

私の腕を引き、泊まってる部屋のある階より上の階に連れて来られました。

上の階についてから「どうしたんですか?」と聞いても「いいから!」と言うだけでそれ以上は何も言わず歩き続けます。

訳が解らないまま歩き続けると、その階にあるトイレに到着。

各部屋にもちろんトイレは付いてますし、夜中だったので人の気配は全くしません。

女性用トイレの個室に連れられ、鍵を閉められました。

ここまで来ても、酔っていたので何がなんだか全く分かりません。

鍵を掛け、一息ついた社長婦人がいきなり私のうなじにキスをしてきたのです。

何か内密な話でもあるのかと思ってた私の予想は嬉しい形で裏切られました。

私のうなじを舐め上げ、耳をいやらしく舐め、舌を入れてきます。

さすがに20代後半の私は理性が崩壊。

気が付くと艶めかしく舌を絡めていました。

婦人の手が、胸をさすり、腹をさすり、パンツの中へ。

もちろんギンギンです。

それを確認した社長婦人はしゃぶりついてきました。

50代の綺麗なセレブマダムのフェラ顔に大興奮。

片手で私の物の根元を握りつつ、もう一方の片手では自分のアソコを刺激しているのです。

AVでも見ているかのような光景に、もの凄い興奮をおぼえ爆発寸前。

ここで出す訳に行かずフェラを止めさせ、洋式便器に婦人を座らせ、足を広げアソコにむしゃぶりつきました。

続きを読む

現在、離婚した妻の母親と関係をつづけています。

16年前、前妻と結婚しましたが、母一人子一人の境遇で、また、とりあえず住む所もなかったので、妻の実家で新婚生活をはじめました。
当時、妻は22歳、義母は43歳でした。

しかし、1年もしないうちに、私と義母はことごとく意見があわないようになり口げんかがたえず、さらにお互いに顔をあわすこともさけるようになりました。

収入も決して多くなく、実質養子の身としても、これはたまらないと思い、別居の計画も進めていました。

ところが、妻が風邪をこじらせ、入院したところ、今で言う院内感染により別の感染症に罹患し、
3週間ほど後に退院したときには、妊娠の望めない体になっていたのです。

しばらくは、なにも手がつかず、妻にはできるだけやさしく接していましたが、義母との折り合いはさらに悪化の一途をたどりました。

ようやく、気を取り直して、前向きな生活を始めようと、新婚旅行以来の旅行と近くのアパートへの別居を決めていたところ、
妻と義母が思いもかけぬことを言い出したのです。

子供の産めぬ妻に代わり、まだ妊娠の可能性の残る義母が私の子供を産み、私達夫婦の子供として育てようというのです。
私は一笑に付しましたが、二人は真剣でした。

1週間毎晩話し合いました。二人は懇願し、時に泣き、時にわめきちらしました。

あまりの熱心さに、根負けして、人工授精のために自分の精子を提供するから絶対に他人に知られないように、
信頼できる産婦人科医をさがすように言いました。

ところが、二人はとんでもないことを言い出すのです。

人工的な方法は不安で、どんな危険があるかわからないので、自然な方法で妊娠を試みたいと言うのです。
私は拒絶しました。

また、毎晩、議論と懇願、口論と号泣が繰り返されました。

誰に相談する訳にもいかず、三人だけの閉塞された環境に自ら陥ってしまった私達にまともな思考はできません。
私自身、是が非にも子供が欲しい、他に方法はないと思い込み、また、義母と交わるようになれば、少しは折り合いもよくなると、
妙に実利的な判断を交え引き受けてしまいました。

翌日の晩から、義母と交わりました。

その日は、少し遅い夕食を三人でとりましたが、ぎこちない雰囲気でした。
11時に義母の寝室に行くことに決め、いったん夫婦の部屋に戻りました。

私達夫婦もほとんど話はせず、長く感じられる時を無為に過ごしました。
また、義母とうまく交われるか不安もありました。

義母は結構美しい人で、プロポーションもこの年代としては随分良いほうでした。

続きを読む

このページのトップヘ