【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

ようやく仕事につけた38歳の男です。
転職をしようと会社を辞め、仕事がなく、家族に見放されつつ、やっとの思いで仕事につけた。

でも正社員とかじゃなくて、完全歩合給の保険なしの宅配便の仕事。
でも、仕事が決まった時は、そうとううれしかった。

だって、月に30万くらい稼げて、繁忙期はもっと稼げる。
今まで固定給だったからやればやるほど稼げるって魅力的ですよね。

しかし、実際にやってみると、体が慣れるまでが大変。団地とかになるとエレベーターはついてないから、5階まで思い荷物を運ばないといけない。
1個で終わることがほとんどだが、たまに数個あったりする。

でも、「ありがとう」って言われた時はやっぱりうれしいね。

自分も失業中はけっこうなAVを見まくった。当然家族も冷たく、肝心の奥さんも、仕事が決まるまでは、エッチしてあげないって言ってたから、
家に1人でいて暇だし、シコシコする回数も増えた。

その中で、AVによくある物語で、宅配の兄ちゃんと奥様がエッチするっていうパターン。
巨乳奥様の作品だったから、3回くらい抜いた。

今は現実に宅配の仕事をして、そんなエッチなことも夢に見ていたけど、現実にそういうおいしいことって、あるはずがない。
たまにおばちゃんが夏場とかは、下着でいることもあるが、その中で、さすがに驚いたのが、いくら暑いからって、扇風機をつけて、
上半身裸で寝ている現場を目撃したときは、つい窓からじっくりと、おばちゃんのおっぱいを見てしまった。

その時、突然、パッと、そのおばちゃんが目を覚まして、自分と目が合った。
やばいと思い、ニコッとあいさつして、逃げようと思ったが、おばちゃんが、

「ちょっと待ちなさい」

宅配の制服を着てるから、変なこともできないし、怒られたら、素直に謝ろうと、窓のところに戻った。おばちゃんは、バスタオルで、おっぱいを隠して、

「見てたね?」
「えっ、いや、その~・・・見えたんで・・・」

けっこうのおばちゃんは、よく見ると、昔は美人だったんだろうなって感じで、思ったよりもシワも少なく、
化粧して、髪もちゃんとしたら、若くは見えるし、美人だと思った。

「ちょっとあがってきて」
「いや、でも、配達が・・・・」
「いいから玄関から入ってきて」
「あ、はい、わかりました」

玄関から上がり、テーブルのところに正座をして、とりあえず謝った。

「いいのよ。謝る必要もないから」
「あ、はい、すみません」

続きを読む

僕は、叔母に彼女ができないと話をすると

『じゃあ、ほのかと付き合っちゃえば良いじゃんw』

叔母さんは、とても母親とは思えないようなことを言います。まだ、ほのかちゃんは5年生です。

僕は、ほのかちゃんはまだ子供だし、年上の方が好きだと答えました。

『そうなの?じゃあ、私と付き合っちゃう?w』

叔母さんは、冗談っぽく言います。

「叔父さんがいるじゃないですか!」

僕は、顔を真っ赤にしながらそう言いました。

ドキドキして、声も裏返っていたと思います。

『今は出張中だし、良いんじゃない?』

叔母さんは、僕のアレを握ったままそんな事を言いました。

ぼくは、今日はほのかちゃんと初体験が出来ると舞い上がっていました。

それが、まさか叔母さんとこんな状況になるなんて、夢にも思っていませんでした。

「そんなのダメです!それに、ほのかちゃんだってもう帰ってくるでしょ?」

僕は、どうしていいのかわからず、とにかく必死でした。

『なに恥ずかしがってるの!私に火をつけといて、それは無いんじゃない?』

叔母さんは、イタズラっぽい顔で言いました。

僕は一方的に握られただけですし、火をつけたつもりもなかったので、そう言いました。

『あの人、出張ばっかりで全然かまってくれないのよwあっくんもさ、ボランティアだと思って相手してよ!』

『こんなおばちゃんでも、練習くらいにはなるでしょ?』

叔母さんは、冗談を言ってるような感じではありませんでした。

僕は、何も言えなくなってしまいました。

すると、叔母さんが僕のズボンのファスナーを降ろし始めます。

僕は緊張しすぎて動けず、叔母さんのなすがままでした。

『あら?あらあら!これはまた立派なモノをお持ちでw』

叔母さんは、僕のモノを見つめながらそんな事を言いました。

僕自身は、自分のモノが大きいとか思っていなかったので、その言葉に少し驚きました。

「そ、そんなに大きいですか?」

僕がそんな風に質問すると、叔母さんはイキなり僕のモノをガシッと掴みながら、

『う?ん、パパのより大きいね。間違いないw』と言いました。

僕は、前回のほのかちゃんとの経験がなければ、射精していたかもしれないと思いました。

それくらい、叔母さんの手の平の感触は気持ち良かったです。

続きを読む

若い頃の実話の思い出です。

高校を卒業してまもなく一人暮らしを始めた。風呂無しボロアパートの1階に部屋を借りた。

親元を離れて自由な暮らしを夢見たが、彼女も出来ずAV鑑賞の毎日に満たされない欲求が膨らんでいった。

刺激を求めて近所を徘徊しても何かあるはずもなく、アパートに戻り一人寂しく過ごしていた。

いつしか、同じ棟に住む平山さんという50前後の女性にも性欲を感じてしまう有様で、

平山さんの自転車のサドルに触りちんこを勃起させる様な変質者ぶりだった。

隣の棟に木村さんという夫婦と小学校1年生くらいの男の子の家族が住んでいて、

そこの奥さんが平山さんは仲が良いようで、立ち話をしているところを見かけた。

木村さんの奥さんの方がはるかに若くて美人なのだが、性欲は向かなかったのが不思議だった。

ある朝、ゴミを捨てに行くと平山さんとすれ違った。ゴミ捨て場には袋が2つ置いてあり、衝動的に手前の袋を持って来てしまった。

部屋に入りゴミ袋を開ける時は身震いするほど興奮した。

しかし、ゴミ袋の中から小学校の手紙が出てきてしまい、間違えて木村さんのゴミ袋を持って着てしまったことに気づいた。

残念な気持ちでゴミ捨て場に戻そうとしたが、バレてはいけないので袋を入れ替えることにした。

ガサガサと入れ替えていると怪しげな紙袋を発見、中を開けるとたくさんのティッシュと一緒に使用済みのコンドームが数個出てきた。

衝撃的だった。当たり前だが、あの夫婦はセックスしてるんだと思い物凄く興奮してしまった。

その夜、木村さんが住んでいる棟をうろついてみた。蚊取り線香の匂いがして、軒下には子供の海水パンツとバスタオルが干してあった。

すりガラスの向こうには蛍光灯の明かりとテレビの光がチラチラして団らんが伺えた。

「明かりが消えたらもう一度徘徊しよう」そう思い部屋に戻り、向かいの部屋の様子をうかがう事にした。

11時過ぎに電気が消える、静かに近づき耳を澄ます、今にもいやらしい声が聞こえてきそうで股間が硬くなった。

木村さんの奥さんは中肉中背だが引き締まった感じの体で、少し目の小さい可愛い顔立ちだった。

「あの奥さんがセックスしてるかも」そう思いスウェットのパンツに手を入れちんこをしごいた。

暗い部屋に青白い明かりがつき、テレビの音声が聞こえてきた。

「???」なんだ?

耳を済ますと、テレビの音に紛れた微かないやらしい声が聞こえる。

「んーーん、はぁ~~」みたいな感じで、興奮が頂点に達してその場に射精してしまった。

「子供を寝かせてからテレビの音声でごまかしながらセックスするんだ」そう想像した。

電気が消えた後にテレビがつく日は週に3回くらいあった。その度に聞き耳を立てセンズリをした。

その日も部屋の明かりが消えて10分位経つとテレビがついた。スウェット姿で近づき窓に耳を寄せた。

続きを読む

このページのトップヘ