私は大学在籍中に知り合い、交際している彼氏の仕事を手伝っています。

私にとって趣味と実益を兼ねたような仕事で、楽しくて笑いが止まりません。

彼氏は無届け、モグリの個人向けの金貸しで生活してます。

初めは資金5万円で始めたそうです。

彼氏もパチ好きで、パチプロみたいな生活をしていたそうですが、

波があるので最低限の生活資金はパチンコみたいなギャンブルじゃなく確保したかったそうで、

パチで呑まれた主婦を相手に少額の金貸しを始めたそうです。

私が彼氏と知り合ったのもパチ店でした。

私は大学に通っていてアルバイトでパチ店の中の売店で売り子をしてました。

バイト料は安かったけど仕事は楽だし、パチンコで儲けたお客さんがお小遣いをくれたりプレゼントくれたりしたので意外と効率は良かったと思います。

土曜日とか日曜日は男性客が多かったですが、平日の午前中から午後4時頃までは主婦のお客さんがが多かったです。

特に若い子連れのお母さんは旦那さんも若くて、まだ給料も安い為か生活資金を稼ぐつもりでパチ店に来るような気迫でしたが、

出る時は出るのがパチで、どうすれば出るのか判らないし台を見ても判らないお母さんが大半でした。

注ぎ込んだ資金を回収しようとして更に注ぎ込み、持ち金を全て無くしてしまい、夕飯のオカズの購入にも困る人もいます。

パチプロ時代の彼氏は僅かなお金で股を開く主婦を目当てに、

儲けたお金の中から数千円から1、2万円をあげて駐車場に停めた車の中でセックスしたそうです。

一度ヤッた主婦は負けた時には彼女の方から彼氏を探し出して「やらせるから、お金回して」と言ってくるそうです。

彼氏は基本生中出しですが、それで良いと言う主婦が大半だそうです。

そんな主婦が1人2人なら良かったのですが、彼氏は彼氏の好きなタイプの子と、

そうなりたいので段々とお金をあげるような子は限られてきて、性欲処理だけの女にはお金をあげなくなりました。

個人的に貸してやるけど、アンタのマンコに金を得る価値はないとか、腐れマンコとかユルマンとか結構、酷い事を言ったのに

「お金を貸して下さい」とパチンコ店の駐車場で土下座までした主婦もいたそうで、その姿を撮られても「お金を貸して」と頼まれたそうです。

主婦と言っても、まだ若い20歳代の女の子がまだ明るい空の下でアスファルトの上で土下座するので、

彼氏も「貸してやるけど必ず返せよ」と個人間の貸し借りをするようになったそうで、その頃に私と知り合いました。

私と彼氏は付き合い始めて間もなく同棲しました。

パチンコ店の近くの短期間契約更新タイプのアパートで、2Kの狭いアパートです。

彼氏はお金を貸した主婦にアパートまでお金を返しに来る事を義務付けました。

次に借りたい時にはアパートまで申し込みに来いと言っていたので、

彼氏の携帯には常に「借りたいコール」が掛かり、午後3時前後からアパートに元ヤンみたいな主婦が赤ちゃんを抱いて訪れるようになりました。

彼氏のやり方はこうでした。

貸すお金は万円単位、貸す期間は10日、貸し出す時に利息と手数料名目で10%引いた金額を貸し、返す時は借りた額面の金額を返す。

最初の期日に返せない時も、アパートには顔を出すように命じて、もしシカトした場合は自宅まで行き御主人に立て替え返済して貰うことになっています。

全額を返せない場合は、返せる金額を差し引いた残金を新たに借りた形にして先の借金を返した形にします、借り換えです。

全額を返せない場合は、前に借りた金額そのままを新たに借りて先の借金を精算します。

そうすると利息と手数料名目での10%分が不足しますので、主婦に現金で支払わせるか1万円単位で別に借金を申し込ませるか、どちらかです。

返してないのですから、借金が増えるのは当然です。

2度目の借金を返せない時は、御主人に立て替えて貰うと申し渡します。

そうすると旦那には言わないで欲しい、10日後には必ず返すからみたいな事を言いますが、

今返せないものが10日後に返せるという言葉が信用出来ないので、僕らが信用できる姿勢を見せてくれと言います。

主婦は「どうすれば・・・」て言いますが「どうする」とは言いません。

そこで私が「返せるお金が無いんだから何も無いのを証明して頂いて、返せない事実を詫びて頂きたい」と言います。

具体的には裸になっていただいて頭を下げて詫びてから、

「待って欲しいとお願いして下さい、そうすれば次の10日間は無利子で待ってあげます」と言うと、

人それぞれ決心するまでの時間は違いますが、皆私たちの目の前で衣類を一枚ずつ脱いで裸になり土下座します。

返すお金がないのだから、しょうがないですね。

当然ビデオ撮影してあります。

デジカメで着衣のまま立たせた写真と、

全裸で立たせて「期日までにお金を返せなくて申し訳ありません」と書かれた紙を頭の上に掲げさせた姿も写真に撮り、土下座している姿も撮ります。

私より少し年上で生意気そうな顔をしたおばちゃんが恥ずかしい姿を私の言うままに晒すのです。

気味が良かったです。

「次回、返済出来ればビデオも写真も返すか消すかしますから」とは言いますが、返済出来ればダミーを返すか消すかして、オリジナルを残して保存します。

何かの折り、友人や知人にプレゼントしたりサイトの掲示板に投稿します。

また、パチンコ絡みだけでなく、お金が必要な女子には貸すようになりました。

客層は女子大生です。

私の先輩や同級生、後輩が第一ターゲットで次いで、その友人らが第二ターゲットです。

私に意地悪したとか子供みたいな理由で私は彼女らを陥れました。

コレクションは増える一方でした。

ということは返済がされないと言うことですので、私は彼女らにアルバイトを斡旋します。

見知らぬ相手に裸を見せて多少は触らせて口を使うだけ、本番は無し、後は本人同士の合意があればウチは関与しないから、と言い含めます。

これは主婦も同じです。

客の指定する場所まで私が彼氏が、或いは2人が送り届けます。

そして入室するところと出てくるところを写真に収めます。

主婦に対しては私はあまり感情をいれませんが、女子大生に対しては相手によっては感情が入りました。

例えば「見知らぬ相手」だと言って実は同じ大学の男子のところに連れて行ったり、当然1人と思っている相手が複数だったりという状況です。

大学系男子の手配は私がそれとなく情報を流し、男子の方は初めから同級生のあの子が来ると承知しています。

同級生の男子数人の元に送り届けた事もあります。

アルバイトを斡旋しなくても、同窓だからとか言って私たちのアパートに飲み会と騙して集め悪酔いしない薬として睡眠導入剤を飲ませ、

酒を勧めて眠らせて、正気に戻って聞かされたら恥ずかしいだろうなと万人が思うような画像を撮影します。

特に彼氏は女子大生大好きですのでハメ撮り、フェラ顔など増えていきます。

更なる過激なコレクションです。

基本的には無修正で、私の気分次第でサイトに流します。

サイトに流したのと同じものを大学の同級生らに「サイトに、こんなのあったけど○恵じゃない?」と流します。

だいたい、画像をネタに身体を強要されたりするんですって、私は知らないけど(笑)
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事