社会人生活も慣れた頃、私が勤めていた会社のトイレで小用をしていた時というか、

トイレの入り口に清掃中と書いてあったが、我慢できない状態だったので、かまわず中に入り、便器に向かった。

当時の俺はブリーフ愛用派

前のファスナーを下ろした状態では小便をちびることが出来ない

で、ベルトを緩め、ズボンのファスナーを下ろしズボンを下げた状態で用を達していた。

掃除をしている人の姿はなく、大便室の中を掃除しているようなので、ほっとして、用を足す準備をしていた。

もう漏れそうな位溜まっていて俺のペニスも興奮している時のようにピンピンになっていた。

古いビルなので誰もいない時にしないと用をしている人のペニスを見ようと思えば横に来ると簡単に見えてしまうのだ。

ところがである。

後ろでドアが開く音がしたと思うと、悪いことに俺の小便器の横にお掃除おばさんが突入してきた

容姿から見ると五十路のおばさん当然、俺の方など見ないで便器を掃除するものだと思いながらも掃除をしている人の姿を見ていると、思わず眼があってしまった。

ばっちり見られているのである。

かといって途中で隠すことも出来ず、そんな時、ずいぶんと溜まっていて、簡単には止まらない。

ましてや、ピンピンになっているのである。

俺のおふくろより少し若い位の年齢

たぶん50代前半かそれ以上のおばちゃん

とは言っても、【ばばあ】でも、女性である。

やっと終わって気まずい思いで手を洗っていると

「ごめんね。すっかり、おしっこしてるトコを見てしまったわ。でもりっぱな物を持っているのね」と。

俺は彼女募集中でもあり、毎晩マスをかいていて、少しからかって見たくなって、

「でも、俺、彼女いないから、これを使うこと出来ないんだよ。だれかいい彼女紹介してよ」

と言うと

「そんなりっぱなものを持っていたら、どの女性でも喜ぶよ。私なんか亭主と別れてからずっと一人だから、

こうして男性が用を足した後の清掃をするだけなんですよ、」と。

俺は続けた。

「お互い募集中の身だったら慰め合ってもいいんじゃあないの。おいしそうなヒップしてるし」

「まあ、冗談ばかり言って。こんな中年のおばさんをつかまえて。立つものも経たないんじゃあないの。」

「試してみようよ。立つかたたないか?」

「本当なんだね。じゃあ仕事が終わってから・・ね」俺はお掃除おばさんに連絡先の電話番号を教えてその場を後にした。

夕方6時前電話が来た。

まさかとは思ったが。

俺は待ち合わせの場所に行き、ホテルに直行部屋に入り、おばさんに裸を見せてほしいというと、以外に素直に、従ってくれた。

白いスリップを脱ぎ白のブラとパンテイーはさほど若い女性のものとは違って大きめであったが、

それでもまあるいお尻の生肌に俺のぺニスはあっというまに大きくなった。

俺も全裸になりおばさんの顔の前にその勃起したペニスを突き出した。

だまってしゃがんでぱくりと咥えてくれた。

溜まっていた俺の精液はあっというまに喉の奥に流れていった。

一緒にシャワーを浴びているとすぐに回復した俺のペニスは今度はおばさんの身体に埋め込みたい一心で、

すぐに部屋に行き念願のバックでの生チンポ挿入を果たした。

おばさんも我慢できなくなったのか卑猥な言葉を次々に発した

喘ぎ声がとにかくでかくガチ興奮させられた。

おまんこからピストンに合わせてブヒブヒとでてくる淫靡な音は、今でも忘れられない。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事