嫁が実家に里帰りした日のこと。

近所のスナックに行ったらエロいハプニングに遭遇した。

千鳥足で家路に向かう公園を横切っているとパジャマの女性がベンチに座って泣いていた。

気になって声をかけるとマンションの隣に住んでる奥さんだった。

挨拶程度しか会話したことがなかったけど、40歳くらいのキレイな人だと以前から気になっていた人でした。

そんな美熟女系の清楚系奥さんが、夫婦ゲンカになって、夫が暴力を振るいだしたから飛び出してきたと言った。

携帯も財布も無くて、途方に暮れているところだった。

それにこの季節にパジャマの上に薄手のガーディガン1枚では寒過ぎます。

私は妻もいないしと思って、家に連れ帰った。

体が冷え切ってると思う奥さんにシャワーを貸してる間に、余り物で軽くおつまみを作って、出てきてから一緒に飲んだ。

酒が入ると奥さんの口からは、旦那の愚痴ばっかりだった。

でも、1時間ほど飲んでいると、愚痴は夫婦生活、いわゆる夜の愚痴になってきて、急に怪しげな雰囲気になってきた。

実は妻が妊娠してから半年以上御無沙汰だったから、ついつい手を出してしまった。

奥さんも「ダメ・・・」

なんて言いながら、首に腕を回して、ねっとりと濃厚なキスをしてきた。

パジャマを脱がせて、脂の乗った豊満な胸を揉んで、濡れたアソコを指で弄った。

体を震わせて

「あっ・・・ああん」

と甘い声を出した。

私の股間はすぐにでも発射してしまいそうなほど興奮してきてから、奥さんの目の前に突き出した。

トロンとさせた目を向けてからイチモツを握って、ゆっくりと舌を這わせた。

キスも濃厚な感じでしたが、フェラも濃厚で唾液と舌が絡んできてサオ全体を刺激して、

タマは指先でくすぐられているので、ガマンできずに奥さんの口の中に発射してしまった。

奥さんは少し咳き込んだあと、ゴクリと飲み干した。

私は回復までの間、奥さんを責めまくった。

両手でおっぱいを揉んで、乳首も吸ったり摘んだり噛んだり、アソコも指2本入れて高速でかき回した。

激しく手マンを続けていると、

「ダメ、ダメ、おかしくなっちゃう、何?何これー」

と言いながら潮を吹いてイッた。

吹かせたのは初めてだった。

奥さんも潮を吹いたのは初めてだったみたいで、ずっと体をピクピクさせてた。

潮吹きを見た私は、イチモツが完全に回復してきたので、正常位で入れた。

「ああっ、いい、旦那のよりいいわ、もっともっと突いてぇ~~」

と奥さんは激しくヨガった。

正常位からバック、騎乗位、また正常位と体位を変えてから、奥さんの顔面にブッカケ射精した。

久しぶりのSEXで、久しぶりの妻以外とのSEXだったので、メチャクチャ興奮した私のイチモツはすぐに回復してきた。

奥さんも久しぶりだったようで、マン汁まみれのイチモツを舐めてから自分の方から跨がってきた。

お互い疲れ知らずのように明け方まで、と言っても2~3時間程度だが、ハメまくってヤリまくった。

奥さんが作った朝食を食べてから、昼過ぎまで寝て、奥さんは帰っていった。

一応、妻の服を貸してやった。

後日、それを返しに来た時も思う存分SEXしまくり、今ではこっそり密会している。

そろそろ妻が子供を連れて帰ってくると思うが、奥さんとの不倫が止められそうにない。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事