母と日帰り温泉に行き、その帰り道を、わざと道を外れた。

「大丈夫?暗くなってきてるわよ」
「よくわかんないけど他に道が見当たらないね、これじゃ戻るに戻れないや」

ここは国立公園で交通量のない山道だった、

「どうするの?」
「ビジネスホテルなんかありそうもないね」
「車の中で寝るのは嫌だわ」

この先を行くと県境で山をまだまだ越えなければならない、

「戻るに戻れなくなったわね、ガソリン大丈夫?」
「一晩中走ったら危ないかも」

「どこでもいいからホテルに入りましょ」
「わかった」

1時間程走ると街明かりが見えだした、この先にはボロボロのラブホが二軒ある、その一つがSM専用の部屋があり、
とてもマニアックなのは一度来ているから知っていた。

「母さんはどっちのホテルがいい?」
「どっちでもいいわよ」

ハンドルはそのマニアックなホテルの敷地へ入った。

部屋は全て離れになってある、目当ての部屋は空いていた、

「此処にするよ」
「・・・」

颯爽と車から降り部屋の扉を開けて中に入った。

「これを見たらびっくりするだろうな」

と期待と興奮で俺は母とのセックスをイメージした、母を入口に迎えに行くと真っ赤な照明にア然と立ち尽くしていた、

首輪と手錠、蝋燭と鞭、アイマスクにロープ、浣腸噐にディルド、貼付用の壁と吊す天井が妖しく見えていた。

手を掴むと腰が抜けたらしく歩けなくなっていた・
肩を貸してベットに座ると

「あなた、何をしたいの?何をするつもり?」
「別に何もするつもりはないよ、俺はもう寝るよ」

と着替えてベットに入った、母は別の部屋で着替えている。

その間に寝室を見渡すと浴室とトイレは硝子でベットの隣には三角木馬、これらを使うことはないかと諦めていた。

母はガウンを着て中は下着一枚のパンティーだけだった。
俺に背中を向けベットの端に寝た、俺は興奮して寝れなくなった、ベットから起き上がり煙草に火を付けた。

部屋を見渡しながら煙を吐き出すと母が「私にも頂戴」と起きてきた。
ガウンから見える胸の谷間に視線がいった。

「凄くマニアックなホテルね、ビックリしたわ、いろんな趣味があるのね、あなたもこんなの好きなんでしょ?」

見透かされたようだった。

「そんなことないよ」
「してみたい?アハハハ」

と煙草の火を消した。

「シャワー浴びるね、覗かないでね」

と浴槽に向かった。
硝子越しに見える母の背中とお尻は格別な女体であった。

髪を洗っている間にペニスは痛いほど硬くなり直ぐにでも射精しそうだった。
浴槽が湯気で見えなくなると堪らず裸になり浴槽に入った。

「ななに!」

と叫びシャワーを掛け抵抗した。

シャワーを投げ付け逃げようとしたが硝子を背にして逃げ場がなくなり

「辞めなさい!おかしいわよ!」
「おかしくないよ、男として当然だ!」
「ななんで私なんかで勃起するのよ!私はオバサンよ変よ!」

と狭く逃げ場のない浴室で抵抗した。
がっかりした俺は母の手を掴むとしゃがみ込んだ。

「止めなさい、止めないと叫ぶわよ!」
「わかったよ!なーにもしないよ、そっちこそ何を勘違いしてんだ?」

「だってだって、なんで勃起してんのよ、少し隠しなさいよ」
「男の生理現象だよ、仕方ないよ小さくならないよ」

と母を浴槽に入れシャワーを浴び体を洗った。

「母さんこそ何を見てんだよ!」
「エッ!そう?あなたの勘違いよ」

湯舟に二人で入り深呼吸をすると。

「凄くエッチなホテルね、鏡に映る自分にがっかりよ、歳は取りたくないわ」
「今でも十分若いよ」
「あらっ嬉しい!上手くなったわね」

とペニスを握り擦りだした。

「ななにすんだよ!」
「あら、敏感ね!」
「・・・・」

風呂を出てソファーに座りビールを飲んでいた。
すると母は颯爽とベットに入り寝た。

ビールを残しベットに入り隣に寄り添うと

「ねぇ出さないと寝れないんでしょ?」

と囁くと俺の上に乗り優しく握って扱きだした。
気持ちが良くなり我慢が出来なくなった俺は母をベットに倒し両手を押さえ込んだ。

「ダメヨそれはダメ!止めて」

と下半身を左右に捩り抵抗した。
パンティーの上からペニスを押し当て乳を吸いながら突いたり擦りつけた。

「ヤメテお願い、それだけはヤメテ」

と抵抗していたが急に無抵抗になった。
母の顔を見れない罪悪感のまま手を離して覗き見た。唇を噛み締めていた。

パンティーの上から息を掛けた、じっくり焦らしながら唇で撫でたり舌で舐めてると唾液でパンティーが濡れた。

舌でアソコの部分のパンティーをずらし舌を押し込み上下に動かしていると

「もういいでしょヤメテ」と身体をくねらせ上に逃げた「わかったやめるよ!」

と離れると母の顔は紅く目がとろけていた。

両手で顔を隠すと「恥ずかしい、ヤメテ」と言うと布団で身体を隠すと顔も埋めた。
沈黙が続き白けた俺は母の耳元で、

「そうだよね、やめるよ、でも母さんと関係をもっても後悔はないよ、母さんはいつも奇麗だし大切な存在だよ、母さんで射したら嬉しいね」
「・・・恥ずかしいから全ての電気を消して」

俺は全ての電気を消し非常口の明かりだけの暗い部屋にした。

真っ暗闇に沈黙が続き寝れない、微かに母の手が俺の顔に触れながら吐息が漏れた。

「ハーフー」

母の唇が俺の胸から下半身へと時間を掛けて移動する。
言葉を交わす事なくお互いの吐息が部屋に響く。
母の胸をと尻を触ろうとすると手を払いのけられ母に身体を支配された。
唇がペニスに纏わり付くとピチャピチャと音を発てた。

口に含まれると激しいフェラに耐え切れなくなった。
母の頭を両手で押さえ込み小刻みにペニスを上下に動かした。

突き上げると母は噎せるが直ぐにフェラを続けた、何かに憑かれたようにフェラを続けた。
唾液がペニスの根元を濡らしジュポジュポジュポ響き渡る。

フェラに疲れたのかパンティーをずらしペニスをアソコに当てると熱い肉に差し込まれた。
自分で腰を上下に動かしクチュクチュ音がする。

下から両手で胸を揉むと「ハッハッハッ」と息が上がりぐったりと俺に倒れ伏した「ハーハーフー」息切れをしていた。

「俺が動くよ」と母を下にし両足を抱え母に深く突き刺した。
顔を背け声を堪えているのが感じた。

「ンンン-」と我慢していたので俺は意地になり射精を我慢して母の喘ぎ声が聞きたくなった。

動くのを止め濡れた肉に埋もれるペニスを手で握り母の穴を広げるように掻き混ぜた。

グチュグチュ音が大きくなり左手でクリを摘むと母は両手で頭を抱え左右に振り続け「アー!」と声を発すると上半身を反りグッタリと動かなくなった。

もしかしてイッタのかな?と思い母から結合を外し顔を近づけ様子を見る。

「ハーハーハーフーでたの?」
「まだだよ」
「エッまだ?私は身体が動かないわ、早く出して寝かせて」「ん?わかった」

俺は敏感になっるペニスを今でも射精しそうなのを我慢して母を俯せに尻を持ち上げた。
アソコを舐めても抵抗はなくなり母の身体を支配した。

指二本で掻き回しアナルに舌を入れると「そこはダメ汚い、恥ずかしい」と左右に尻を振るのが精一杯の抵抗のようだった。

尻を鷲掴みにアナルを広げアソコにペニスを挿入するとグチュグチュと音がする。

肉に差し込む感触に合わせ亀頭に何かが当たるのがわかった。
亀頭で軽く突いてみると母はシーツを握り反応し始めた。

背中を撫でると「アン」と甘く喘ぎだした発射しそうなペニスに全体から亀頭へ精子が込み上げてきた。

まずいと思い、慌てて抜いた瞬間に背中から尻へと何度も射精してしまった。
背中の精子をペニスで撫でて余韻を愉しんでいた。

「フー出たの?」
「出たよ」

と近くのティシュで拭き取りった。

「電気点けていい?」
「いいわよ」

明るくなると眩しい裸体に母は俯せのままでいた。

「こんなオバサンでも出るのね?男は皆そうなのかしら?」

母の腰を指で撫でているとまた反応してきた。

「私は身体が動かないわ、ヤメテ」
「もう一回いい?」

今度は明るい部屋で母の口にペニスを含ませ残りの精子を吸い取らせた。

仰向けにしアソコを広げてみると陰毛は薄く小指の爪程のクリがあった。

「結構でかいね?」
「ヤメテ恥ずかしい、」

と顔を隠した。

二度目はマグロ状態の母を乱暴に犯した。
深く深く突き刺した。

乳房を掴みながら乳首を摘み、腰を振り続け抱き上げた。

鏡には白い綺麗な尻に黒い棒がクチュクチュ出入りして見えた。
アナルにも指を入れキスして激しく舌を絡ました。

俺の視線はロープと浣腸器にあり、次に使うことを想像しながら母のお腹の上に発射した。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事