高校受験前の夏休み。

エロアニメ的妄想SEXを体験した。

某県に住む知人のN君は僕の幼なじみで1つ年上だった。

(小◯生の頃転校した)N君の実家は漁師

そんなN君のところへ旅行に行った時の話です。

N君の地元では当時まだ海女さんはふんどし一丁であとは丸裸で漁をしていた。

そんな光景を見た若干15歳の僕はチンポを立てずにはいられなかった。

N君の母親(30代美熟女)もふんどし一丁で、なかなかセクシー。

ところがその母親の妹、つまりN君の叔母のマキさん(31歳)はさらにムチムチの鍛え抜かれた妖艶な裸体を晒しだしていた。

N君の誘いで体験漁とばかりにN君も僕もふんどし一丁になり、マキさんともう一人20代半ばの海女さんの佳代子さんと一緒に船に乗って沖に出た。

佳代子さんもちょっと細目だがなかなかのグラマーである。

マキさんのTバックよりも際どい赤いふんどしと佳代子さんの白の食い込んだ女ふんどしはそそるものがあった。

勃起が止まらなくて、ふんどしからチンポと陰毛がはみ出しっ放しの僕を見たマキさんは「脱いじゃいな」と言ってきた。

僕が勃起した巨根を丸出しにするとマキさんと佳代子さんは「まるで核弾頭だぁ〜!!」とからかう。

すると猛暑も手伝ってか、いつの間にか隣のN君は鼻血を垂らしており、こちらも勃起気味・・・。

N君もふんどしを脱いだ。

するとこのチンポ、まるで小◯生みたいな短小で先細りの真正包茎で先っちょの皮が余っている。

爆笑するマキさんと佳代子さん・・・。

沖の大きな岩場に着いて、全員船を降りるや否や、マキさんと佳代子さんはいきなりふんどしを脱いだ。

まるで野生の馬の鬣のように黒々としたバリバリのワイルドな剛毛の陰毛を晒すマキさんと

布海苔のように柔らかくふんわりした陰毛を晒す佳代子さんに勃起の止まらない僕とN君・・・。

マキさんは僕の勃起した剥けチンを見て大人並みと言い、突然パックリくわえた。

佳代子さんはN君の極小チンポをつかんで

「もう高◯生でしょ・・・。こんなのじゃ情けないよぉ・・・。僕(僕のこと)君のチンポを見習いなさい」

と言いつつ扱いたところN君は泣き笑いしながら即射した。

それをお掃除フェラする佳代子のいやらしさに興奮したのか自分もマキさんの口の中で果てる・・・。

「Nは意気地無しの童貞なのよ!!だから今日男になってもらうためにここへ呼んだのさ!!

僕君もご一緒のプレゼント!!良かったね〜!!」とマキさん。

マキさんは独身のようで女子プロレスのバイソン木村似の凄みのある姉御タイプでなかなか豊満である。

一方の佳代子さんは2児のママさんで女優の叶和貴子にやや似た大人っぽさがある。

僕はマキさんの塩辛いカラダを舐めまわし、ついに剛毛に覆われたまんこに到着!!

海女さんらしく強烈な磯の香りがプンプンし、それにそそられてマキさんのお豆をペロペロ・・・。

そして巨根を挿入したままマキさんの母性溢れる豊満なおっぱいにかぶりつく!!

マキさんは冷静を装って、大人の女性を魅せていたが息遣いが徐々に荒くなっていく。

しかしさすがに海で鍛えた女性のエネルギッシュな体力には根負けしてドバッと射精・・・。

N君も佳代子さんのテクニックには翻弄されっ放しである。

結局3ラウンド続いたセックスは僕もN君も完敗!!おみやげにマキさんの陰毛をもらって受験の御守りにした。

その数年後、大学に進学した僕はN君やマキさんたちと久々に再開。

マキさんの女体を久々に今度はホテルで味わえた。

相変わらずの絶倫さには脱帽した。

海女さんのまんこってホントにセックスしてるんだなぁと思うテイストがあるよ
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事