私♀30代バツイチ、崩れた広末似

相手学生♂21才自称小栗旬似、会ったら安住アナ似

面接前にLINEでしゃべった感じではヤリたくて仕方ない風、でも具体的なお誘い言葉はナシ。

でもかわいい子っぽいし、ホテル断ってもネカフェでフェラくらいは応じてもいいかな?

予定が合わず、面接見送ろうと思って断りメール送った矢先に相手が一時間だけでもというので日中に待ち合わせ。

こちら指定のカフェで初対面、メールの不遜な雰囲気とは違い気弱な理系男子。

押しも弱いので、お茶して解散かなと思いながら話を聞く。

コーヒー二杯で店を出て、「どうしますか」「どうしたいですか」な押し問答のままホテル街へ。

イチャイチャできればいいです、という控えめな誘いに乗る形でコンビニ経由ホテルへ。

ホテルに入って、コンビニで買ったチューハイなどを飲みながら初体験の話、やってみたいプレイの話など。

服の上から乳首をサワサワ…でもすぐ手を引っ込める。

太もももサワサワ…でも引っ込める。

やるのかやらないのか!とイライラしてきて自分からキス、タバコ臭いのを堪えつつ舐めまくって手を下に。

フル勃起なう。

そんな状態でも相手は受け身なので、諦めてとっとと終わらせようとフェラで吸いまくり口内発射。

お風呂のお湯を入れていたので入りたいというので髪と身体を洗ってあげて、浴槽に。向かい合って二回戦。

若いだけあって回復が早い。またフル勃起なう。

お風呂にゴムを持ってきて装着即挿入。またすぐイッてしまい終了。

ベッドに戻り三回戦。またまたフル勃起なう。

よく勃つな…と思いながら騎乗位→正常位、膣に力を何度か入れて締めたら即発射。

「一度出したらしばらく持つはずなのに…」というのを笑って流して、サービスタイム終了と共に退出。

相手は満足げだったけど、こっちはイったような不完全燃焼のような、そんな気分で解散。

ホテル代もお茶代も律儀にワリカンでした。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事