妻の母は60才を過ぎてから
近所の体育館で社交ダンスにはまり
併設されているジムでも軽いトレーニングをするようになった

そして正月に家族皆で妻の実家に行った時の事だ

元旦は義父と夜遅くまでお酒を飲んでしまったので
次の日は二日酔いになってしまった

そんな俺を置いて
子供、妻、義父の三人で車で出かけしまったのだ

義母は婿の俺を一人にしておくのは
可哀想だから残るわ!とお茶目な事をいって
二人でお留守番をする事になった

二日酔いの俺はリビングのソファに座って
正月番組を見ているとスパッツに着替えた義母がやってきた

バランスボールに乗ったり柔軟体操をしたりと
ストレッチしたりしはじめたのだ

ストレッチに夢中な義母は
俺の方にお尻を突き出し
スパッツからパンティラインが浮き出ている

大きくて柔らかそうな豊満なお尻に
下半身が反応してくる

娘の旦那が視姦しているなんて気づかずに
義母は無邪気に

「どう?一緒にやらない?
汗を流すと二日酔いも消えていっちゃうわよ」

と言い、胸を反ったり
四つん這いになっている

まるで俺を誘惑するような悩殺ポーズで
酒のせいもあったのだろう
ついスパッツの上から義母のお尻を触ってしまった

「ちょっと、何しているのよ」

ヤッてしまってから素に戻った俺

謝ろうと思ったが
義母は俺にお尻を触られながらも
逃げる様子がないのだ

「もう駄目よー還暦のお婆さんに何してるのよおお」

口では拒否しているが
お尻を突き出したまま逃げようとしないのだ

これはいけるのか?

俺は試しに人差し指で
アナルからマンコラインをスパッツの上から
なぞって愛撫してみた

「あぁんもうーケンジ君ったらエッチなんだからー
だめよー娘に怒られちゃうわぁああ~」

確信した!義母も俺とSEXしたがっている・・・

そっからは俺は無我夢中で義母を抱いた

汗臭いスパッツに顔を密着させて
お尻の匂いを嗅ぎながら顔を押し付けた

「あぁんこんなはずじゃなかったのぃ~
ただ一緒にストレッチしようと思っただけなのにぃー」

「お義母さん嘘言っちゃいけませんよ
俺を誘っていたでしょう
この大きくスケベなお尻を突き出して
俺を誘惑してたんでしょ?」

「そんな事ないわよぉー
勘違いしないでぇー」

カマトトぶる痴女老婆の義母

俺は義母のスパッツを脱がせて
下着を触ってやるとお股の部分が
ぐっちょりと濡れているのだ

清楚のイメージだったのに
こんなドスケベな義母だっとは

「お義母さん、オマンコが凄い事になってるじゃないか」

「だってケンジ君が触るからぁ~あぁんぁん
そんなに激しく触らないでーー」

義母の大きな膣穴に指を三本挿入して
高速手マンするとあっという間に潮吹き絶頂

「はぁはぁもう凄いんだからー」

さらに虐めて楽しもうと思ったが
エロい義母が

「早くしないと皆帰ってきちゃうわよ・・・・」

とポツリと呟いてくるのだ

たしかにその通りだ!

俺は屹立したペニスを取り出すと
義母に正常位で挿入した

胸を揉みながら義母と唾液交換キスをし

そして汗臭いスパッツを手に取り
匂いを嗅ぎレロレロと舐めながら義母と交尾をした

「いやーそんなの舐めないでよー
汗臭いでしょ?あぁああん」

「だから良いんだよ
お義母さんの汗をいっぱい舐めたいんだよ」

「もうケンジ君変態なんだからー
ユキ(娘)ともこんな事してるのぉ?あぁあん」

「ユキとは普通のSEXばっかりですよ
スケベなお義母さんが僕を狂わせたんだから
責任をとってもらいますよ」

パコパコパコ

「あぁんいいわー
責任とってあげるわー
ハァハァ私の時だけ狂って
いっぱい狂ってーーー」

皺が目立つ64歳の義母がAV女優のように
下品な事を言いながら俺のチンコに狂っている

そして俺は義母とキスしながら
そのまま閉経マンコに膣内射精したところで・・・

駐車場に車が止まる音が聞こえてきたのだ

俺と義母はすぐに洋服を着て
何事も無かったように妻、子供、そして義父を迎える事が出来たが・・・

焦った義母はパンツをはくの忘れていたらしく
俺が咄嗟に床に落ちた染みパンティをポケットにいれて危機一髪

そして義母を見るとスパッツの上からマンスジが浮き出て
中出ししたザーメンが逆流してきたのか
股間の部分が少し白くなっていた
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事