ネットで知り合った64歳の熟女・幸子さんは、私の母親よりも年上。

会って即ホテルへ……シャワーも浴びずにいきなり69から始めた。

アソコは白髪交じりで大きなビラビラ、少し匂いのきついマンコにむしゃぶりつくと、幸子さんはすぐにいきそうになった。

「ねぇ~、もうマンコに入れて。

もう我慢できないよ。

ねえお願い、おマンコいっぱい突いて」

と、自ら騎乗位で乗っかり挿入してすぐにいってしまった。

がっくり倒れこんできて濃厚にキスして、舌を侵入させて来る幸子さんを下から突き上げる。

「あっ、あっ、だめ、またいっちゃう。

チンコ固くてすごい。

奥あたる。

あーいくいくいくっ。」

すぐにイく。

そのまま突き上げ続けるとまた数分で、

「あーーだめだめ、また。

おマンコの奥まですごい。

あーーーいくいくいくいく、いくよーーっ、んんーーっ」

あっけなくいってしまう。

それでも突き続けると、2-3分おきにおもしろいようにいく。

6-7回いかしたところで、俺もイきそうになってきた。

「幸子さん、いきそうだよ」

「すごい、すごい、いいよ、いいよ、いって、マンコ、マンコでいっぱいいって。

また、またよ。

いっしょにいこ、いっしょに、あーーーー、いくーーーーっ、ふんんんーーっ」

幸子さんのマンコにたっぷり中出し。

幸子さんもビクビク、数分間痙攣が止まらなかった。

挿入して20分ほどで射精したと思うが、幸子さんは早くも意識朦朧。

少し休んで2回戦。

一回出しているので、私は長く続き40分以上ピストンを続けた。

幸子さんは一回目同様に数分おきにひっきりなしにイっている。

途中からうわ言のように、

「マンコが、マンコがおかしい」

「チンコすごい、チンコ、チンコ」

と言いながらいき続け、最後は口内発射すると、むしゃぶりついてすべて飲み込んだ。

その後少し疲れたので、電マで幸子さんのマンコを攻め続け、最後のイキ地獄に。

あっという間に3時間経ってしまった。

ホテルを出てからも、幸子さんの家に誘われたのでついて行き、翌朝まで4回ほどSEX三昧。

アナルも頂き、マンコにバイブで2穴攻めすると、悲鳴に近い声を上げいきっぱなし。

翌日の午前に帰るとき、意識はボーっとした様子ながらも、

「チンコすごかった。

またしてね。今度いつ来てくれる?」

……当分楽しめそうだ。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事