工場でパートタイマーとして働いていた妻だったが、自動化の波が押し寄せ首になった。

ですが、数か月前から、妻がまた仕事を見つけた。

ようやく手に入れた準社員の仕事。

事務職と言う事と、9時~17時の仕事で残業は、それ程多くないらしい。

私1人の給料では、家のローンと子供を育てるのに足りない事もあり、妻の稼ぎが必要だった。

初出勤した妻。

「色々分からない事だらけで大変だけど、頑張るしかないでしょ」と妻は笑顔で語っていた。

仕事を始めて3ヵ月が過ぎようとした頃、私は偶然にも妻の働く姿を目撃したんです。

外出先から車で戻る際、銀行の前に妻は居た。

制服姿を見た事が無かった私は、”ドキッ”としてしまった。

薄ピンクの制服に白いブラウス姿。

タイトスカートは凄く短く、しゃがむと太腿半分位露出するタイプ。

パンチラは当たり前

制服のブラウスは透けてブラジャーの形も分かるし、首元も大きく開き、胸の谷間が見える。

妻はあんな格好で仕事をしていたんだ…そう思うと何だか嫉妬心に火が付いた。

その夜、妻に昼間見かけた事を聞くと。

「見てたの?話掛けてくれれば良かったのに」

「それにしても、制服凄くエロっぽくないか?」

「えっ・・・そうかな?まぁ初めはそうも感じたけど、慣れるとこんな物かなぁって思ってた」

「スカートも短いし、他の社員にパンチラ見られてるんじゃないのか?」

「あら、ヤキモチ?」

「そうじゃないけど、短すぎるでしょ」

「そうだけど、仕方ないでしょ?」

「事務所って、お前の他に女性いるのか?」

「居るよ、もう1人」

「その子も同じ格好?」

「そうよ」

「他に男性もいるんだろ?」

「ん~いるけど、皆おじさんよ」

「エロ爺さんが見てるんじゃないか?」

「もう!見せている訳じゃ無いんだし、仕方ないでしょ」その週末、私は妻に頼み込んで、制服を着て貰う事にしました。

目の前で見るとやはりエロく見え、座って貰うと予想道理に太腿は大きく露出し、ちょっと低い体勢からは妻のパンチラが見えたんです。

エロ親父に毎日妻のパンチラ見られていると考えると、異常な嫉妬と興奮が私を襲い、妻の許可なく私は妻をベットに押し倒し、制服を脱がせたんです。

妻も初めは嫌がっていましたが、脱がせてみればマンコには透明な汁がたっぷり出て、満更でも無い様子。

肉棒を差し込みながら、妻に「他の男に見られて興奮しているんだろ?」などと聞き込みをする。

初めは「何言ってるの?そんな訳ないでしょ」と言って拒んでいたが、だんだん盛り上がって来ると、凄い暴露が始まった。

「おじさん達見てるんだろ?」

「凄くガン見してくるおじさんが居るの」

「どんな奴だ?」

「ハゲ気味のおじさんで、何度も見られたと思うわ」

「見られて、どう思った?」

「ん~嫌だけど・・・ちょっと興奮しちゃった!」

「興奮って?」

「見られる興奮?見て欲しいって言うか?」

「見せたいんだろ!お前もエッチな所そのオヤジに見せつけて興奮させたいんだろ」

「そうよ…私、見られて凄く興奮するの!おじさんに見せてあげてるの・・・欲しくなるの」

「何をだよ!オヤジの巨根か!」

「そう!彼の股間いつもビンビンで凄く大きいの!見せつけて来るの」

「そいつのが欲しくて、見せてやるのか?」

「そうなの私も変態なの!他の男性の巨根が見たくて、私のを見せて興奮させてるの」

「お前が股を開いたりしてるのか?」

「大きく股開いたり、彼の近くで前かがみになってお尻の方からパンチラさせてるのよ」

「生で見せたいんだろ!このマンコを見せてやりたいんじゃないのか?」

「そうかもしれないわ・・・」

「今度、ノーパンで見せつけろ!いいぞ!お前がドンドン変態になる姿見てやる」

「いいの?本当にいいの?!私おかしくなっちゃうかも・・」

「他の男性はどうなんだ?」

「他にもいっぱい居るのよ…私の身体を求めて来る人も・・・でもあなたを裏切れないから」

「どんな事言われるんだ?」

「ホテルに行こうとか、倉庫で触って来る人も居たの」

「会社で痴漢されているのか?」

「ごめんなさい…私、何人かのおじさんに胸やアソコを触られて感じちゃったの」

「ヤラれたのか?」

「それは無いけど・・・倉庫でいつも誰かが後ろから触れて来るの」

「触られて感じているのか?」

「そう…私、彼らに弄ばれ悦んでいるの!体が求めているの」妻のまさかの告白に、私は興奮し妻の中に大量放出しました。

制服姿にムラムラした私、しかし他の従業員もムラムラするに違いありません。

そんな妻を自由に抱ける私は嬉しくもありましたが、不安が込み上げて来たんです。

ハァハァ息を荒らしながら「今の話は本当か?」と聞くと妻はコクリと首を縦に降ろしたんです。

「見せつけるのは良いけど、触られたり抱かれる事は認められない」

「分かってるわ、大丈夫」

「もう1人の女性も、同じ事を・・・」

「私だけだと思うわ・・・倉庫整理は私が担当だし」

「そうなんだ」今日も妻は会社に向かった。

こうしている間も、妻は他の男性の視線を感じ、パンチラを見られながら仕事をしている事でしょう。

また、妻を抱きながらその後の経過を聞いてみようと思います。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事