私は、これまで音楽活動をしてきました。

数年前の話になりますが、以前某所でライブを行った際に他のバンドの応援に来ていた菜織と言う娘が

私達のステージが始まると一番前に来てくれて、中々頑張って盛り上げてくれました。

盛り上げてくれましたって言っても私達はメタルなんですがね。

ライブも私が歌詞を間違えた以外にミスはなく、まあ、無事終わりを迎えることが出来ました。

私はメイクも簡単に落とした状態で入り口に挨拶に行きました。

すると、先程ステージ前で盛り上げてくれた菜織が、ちょうど帰り支度をしながら友達と出てきました。

菜織は、身長150cm前後、体重は直接は聞いてないけど、

おそらく80kg位だろうと推測される俗に言うデブスの部類に入る森三中の村上に良く似た感じ。

その友達はヤバイ位に可愛いメタルオタクだと言うことでした。

まあ、ここに書くということは……勿論その可愛いメタルオタクには興味はなく、森三中の村上の方に非常に興味がありました。

他のメンバーがメタルオタクとコミュニケーションをとっている最中、

私は菜織に感謝の言葉を述べながら、彼女の色んな事を聞き出し、彼女の笑顔を引き出す事に成功した。

彼女はその友達の部屋に居候させていただいてるようで、今夜はその友達の彼氏が部屋に訪れる予定だから、

これからブラブラしたり、ネットカフェなんかに行き、朝を迎える予定だと聞いたので、そこで誘わない手はない。

俺「じゃあさ、この後、一緒に飯食おうよ!まだ、色んな話を聞かせてよ!」

菜織「いいよ。

でも、あたし、デブだし、ブスだし、頭悪いから連れていて恥ずかしくなると思うよ。」

と俯きながらいい放つから、尚好印象!やっぱり謙虚なデブは大好き!己を知ってるけど、

ちゃんと生活出来ている明るいデブは、私にとっては天使です。

私はメンバーとの打ち上げにも行かず、機材を片付けると、

彼女と待ち合わせたライブハウスから1キロ先の国道沿いのファミレスに向かいました。

彼女が笑顔を振り撒いて、待っていてくれた。

座っている菜織はオッパイが大きすぎてテーブルの上に全部が乗っていた。

凄い興奮を覚えたのを今でも鮮明に覚えている場面です。

私は飯を食いながら彼女の事を色々聞き出しました。

一時間位話してから店を出て、彼女を助手席に乗せドライブを始めました。

が、そんなに土地勘があるわけでもないので、何となく車を停めた場所は、静かな工業団地の中でした。

明かりもそんなにはなく、彼女の顔があまり見えない場所でしたが、一瞬会話が止まったところで、私はキスをしました。

菜織は嫌がる素振りは見せないものの、消極的です。

しかし、唇を離さず胸を揉み始めると強い鼻息が徐々に喘ぎ声に変わって行きました。

「んふっ。んふっ。。。あっ。あっ。」

菜織の上着を持ち上げようとすると、

菜織「これ、ワンピースなんだ。。。」

と言ってきたので、すぐさま、パンツの方に手を移動させました。

パンツの上からクリを探していただけなのに、演技か?と思わせるほどのすごい喘ぎ声。

パンツの脇から指を差し入れて直接クリを探したら、あった、あった、結構小さいのが。

ワンピースを首の辺りまで捲り上げ、ブラを上げて大きめの乳首をくわえながらクリを刺激しました。

暫くしてオマンコに指を入れると凄くびしょびしょ!

人差し指。中指。薬指。

あれ?小指……え?入っちゃうもんなの?気にしながら、ズボズボとほじっていたら気になるくらいシートがびしょびしょ!

この次を!と考えていたところに赤い赤色灯が車のすぐ後ろで回り、ドキンとしながら首に掛かってるワンピースを降ろし、

曇った車内をどうにかしようとA/Cボタンを押したところで、運転席の窓がトントンと鳴りました。

「すいません♪運転手さん。免許証~」

のやり取りのあと、時間は午後10時過ぎ。

場所を移動することにしました。

俺「菜織ちゃん?今夜、一緒に居ない?嫌じゃなければね。」

菜織「うん。

だって、どっかに泊まらなくちゃいけなかったし。

でも、泊まるお金ないからね。」

俺「大丈夫、任せなさい。

じゃあ、コンビニで飲み物買って、行こうか!」

ここまでこんなに長い話をしていながらここからは意外に、端的に話が纏まり、

コンビニで飲み物をやたら購入して、工業団地に点在するラブホの一つで古ぼけた安めのところに入りました。

部屋に入るとすぐに菜織は風呂にお湯を貯めに行きましたが、私はそんなの待っていられる訳もなく、

風呂場で蛇口を捻り中腰になっている菜織のワンピースを捲り上げ、芸術的なお尻に顔を埋めて大きく息を吸い込みます。

チンポが最大級にビンビンになってきたので、すぐさま菜織のパンツを降ろし、後ろからオマンコに思い切り突っ込みました。

さっきの感触どおりちょっと中は広かったけど、充分気持ち良く、風呂場にこだまする喘ぎ声に大興奮。

ブラジャーを外しながら爆乳に手をやると先程車でしゃぶり付いた乳首が1.5倍位におっ起っていたので、

それもビックリ!そんなビッグな乳首をちょっと強めに摘まみながら突っつくこと数分。

俺「ねえ?もう、いって良い?どこに出したら良い?」

菜織「・・・」

我慢もできなかったので、とりあえずチンポを抜いて、菜織の尻から背中にかけてぶちまけました。

多少ワンピースに掛かってしまいました。

彼女は風呂場に膝を付き、ハァハァしています。

菜織「あたし、イったの、初めて。

ありがとう。」

そんな彼女が可愛く感じ、強く抱き締めました。

その後、一緒にお風呂に入って、一緒に酎ハイなどをやたら飲ませて、ソファーで今度は正上位で、

激しく揺れるオッパイを見ながら菜織のオマンコを突っつくだけ突っつきました。

俺「どこに出したら良い?」

菜織「いいよ。

好きなとこに出して!」

と聞いて思わず……菜織の深いオマンコの奥の方にぶちまけました。

暫くそのまま放っておいたら私のチンポとザーメンをオマンコに閉じ込めたまま菜織はグッタリ眠ってしまい……一緒に寝ることに。

ここで誤算が二点。

結構飲ませたはずなのに酔う素振りがなく、すごいイビキ。

飲ませて酔っ払いを犯そうと考えていただけに、単にジュースを腹一杯飲ませたような感じであったのには驚きました。

まだ眠くなかったのでスヤスヤ眠っている菜織のオッパイやお腹、オマンコをイタズラしているうちに、いつの間にか眠りに就いていたようです。

しばらくして、トイレに行くのに目が覚め、また、ベッドに戻ると菜織は気だるい感じで目を開けていました。

菜織にキスをします。

舌を差し込むと舌を絡ませてきました。

そこでまた、元気なチンポを菜織のオマンコに挿し込みます。

ゆっくりピストンを繰り返し、彼女の足を私の肩に担いで力の限りぶちこみ、菜織の中に3回目のザーメンをぶちまけます。

菜織「あたし、こんなに優しくエッチされたのも、こんなに愛があるエッチされたのも初めて!だって、キスなんかあんなにしないもの。」

俺「いやいや、キスは基本だべ!こんなに可愛い奴にキスをしないのは肉だけ食って、飯を残すのと一緒だべ!」

終わったあとも可愛い菜織。

思わず激しくキスしてしまいます。

チェックアウトまでにもう一度彼女のオマンコに思い切り吐き出して……チェックアウトギリギリでホテルを出ました。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事