44歳の中年ですが、なぜだかここ4,5年の間に小学校時代の同級生数人からお声が掛っています。

入れ食いです。

一人目は、初恋の子だった。

綾という子。

結婚して、子供もおり、少し離れた所に住んでいますが、定期的に逢瀬を楽しんでいます。

大学時代、小学校の少し大きな同窓会を開催したことがきっかけで、

以来、定期的に集まる様になり、中には2~3か月に一度のペースで集まるメンバーもいます。

そんな中、綾は当時は参加できていたのですが、結婚してからは連絡は取っていたものの、集まりからは少し足が遠のいていました。

お互いに30になったくらいの時に、綾から連絡があり、当時彼女がいなかった俺に紹介したい女性がいると言われました。

とりあえず会ってみることになりました。

当日、俺と綾ともう一人の女性が来ましたが、俺と綾が話しているだけで、会話を振っても女性は人見知りで応じてくれませんでした。

綾もその女性の態度には腹が立ったようで、その日はその女性を先に帰したあと、2人で飲み直しに行きました。

その日は何もなく帰り、なぜだかそこから綾からの連絡が頻繁に来るようになりました。

夜に会うのは、まずいよな~と思っていた時に、偶然にも綾の家の近くで仕事があり、早めに終えて、夕方早めの時間帯から会う事になりました。

車で家の近くまで迎えに行くと、お子さんを連れてくると予想していたのが、一人で綾が待っていました。

初恋から20年以上経過していても、少し緊張してしまいました。

少し綾が住んでいる町から離れて、お茶をしているうちに、綾が自分から夫婦生活の事を語り始めました。

簡単に言えば、旦那さんとは妊娠して以来なく、お子さんが産まれてからは、

『女』ではなく、『母親』として見られていて、興味すら失われていると思っているという事でした。

まだ結婚もしていなかった俺からすれば、適当に相槌を打つしかなく、人妻で子供もいる小学校の同級生をそんな簡単に誘う気もありませんでした。

ところが、少し怪しげな空気になったのでうまく誤魔化して帰る事にしました。

帰る途中に綾を少し説得する感じで、綾を家まで送っていきました。

しばらく綾からの連絡が途絶えましたが3、4か月くらいしてからまた綾から連絡がありました。

その頃、大きな仕事で悩んでて、少し自暴自棄地味だった俺は綾をやや強引に誘いました。

翌日。

綾は理由を付けて、実家に戻ってきて、お子さんを預けて、俺と会いました。

夕飯も食べずに、そのまま二人でホテルに入り、シャワーも浴びずにお互いに服を脱がせて、ベッドへ。

お互いに貪る様に愛撫を繰り返し、綾は人生初の潮まで吹いていました。

初恋の綾の体を壊すくらいの勢いで愛撫をし、挿入すると、綾は体をのけぞらせ、快感に埋もれるように理性を失っていきました。

一度目は綾の首から上にだし、舌を出させて、液体を指で集めさせて、舐めさせました。

2回目は少しおかしくなった綾の中に出すと、綾はそこからぐったりと動かなくなりました。

しばらく寝かせて、意識が戻った綾は「すごかった・・・」と呟く様に言うと、俺に抱きついてきました。

以来、綾とは月1回くらいのペースで会うようになり、今でも続いています。

2人目は、車で30分ほどの所に住んでいる智子です。

華奢を絵に書いたような子です。

早くに結婚して、子供はもう自立しています。

智子は、今でも2~3か月に一度集まるメンバーの一人で、幼い頃から俺が相談相手となってきました。

まだ彼女が独身の時、旦那さんと付き合っている頃の話です。

飲んでいる席で、彼氏(現旦那さん)とのHが、すごく淡白だと話していました。

具体的に聞いてみると、その場にいた全員が引くくらい淡白でした。

家も近い事もあり、比較的会う機会が多かったのですが、ある時、悪ふざけした智子が『ホテルに連れてけ』という事になりました。

断っていたら、何だか覚えてないけどゲームを始めて、俺が負けて、結局連れていく事になりました。

まさか、智子とはそういう関係にはならないだろうと思っていたし、少し開き直って、ホテルに入り、テレビでも見て時間をつぶそうと思っていました。

ところが、通信で無料で映画やAVなどが見放題のホテルで、たまたま智子が見たい映画が揃っていたこともあり、泊まることになってしまいました。

始めは映画を観ていたのですが、俺は別に興味がなく、一人でシャワーを浴びて、浴衣みたいなものを着て寝てしまっていました。

途中で、体に違和感があることに気付きました。

目を覚ますと、部屋の灯りを薄暗くした状態で、テレビの映像にはAVが流れていて全裸の智子が俺に跨ると言うか、

69の状態で俺のを咥えているような体勢でした。

智子のあれも薄暗いとはいえ、丸見えでした。

一瞬、状況が分からず、されるがままの状態でいると、

智子が顔を上げて、ベッドの上の方にあったゴムに手を伸ばして、俺に装着させようとしていました。

装着させ終わると、俺の先っちょで自分の股間の筋を何度かなぞり、腰を落としていきました。

智子は俺の上で自分で腰を動かしていて、そこそこ感じているような声を上げていましたが、

ちょっとぎこちなかったので、俺は寝たふりをしたまま、智子の腰を固定して、下から上に突くように腰を動かしました。

智子がこちらに倒れ込んでくると、智子のアナルを指で刺激しながら、あそこを広げるように腰を動かすと、

「太いから、ダメ・・」と呟きながら、俺に抱きついてきました。

指が太いのかあれが太いのか分からず、無視して、そのまま続けていると、智子はイッテしまいました。

さすがに寝たふりはもう出来ないので、体を入れ替えて、俺が上になり、

抱きかかえるように智子のあそこを突いていると、「太すぎる・・・」と涙を流し始めました。

それから一晩掛けて、智子の体を開発するようにHをして、家に送り返したのです。

智子とは、普通に会って話すだけの時もありますが、時には智子の方から誘ってきて、ホテルに行くような関係になりました。

旦那さんには、『少し広がったな~』と言われてしまうそうですが、智子は構わず俺を求めてきます。

3人目は、子供がいないひろみです。

ひろみとは、共通の友人の2次会の幹事を一緒にやり、その打ち上げの後、なんでかホテルに行ってしまったのです。

お互いに解放感を求めているときに、どちらからともなく連絡を取り合い、関係を持つような仲になってしまっています。

……が、H自体は特に特徴が無く、おかずにならないくらいです。

旦那さんも俺と会っている事は知っていますが、さすがにそういった関係であることは知らないと思います。

4人目は小学校教師・純子。

身ですが、スタイルや顔は良いのですが、性格が悪くて、今では誰も彼女を誘いません。

幼い頃からいじめの対象を常に見つけていたような女ですが、ベッドではドMなのです。

何度か同窓会に来るたびに、色んな人を傷つけていて、それを見かねて、俺が呼び出して、2人で会った時にすでに泥酔していたのです。

まぁ、その態度にも頭に来て、その女をそのままホテルまで連れ込んで、無理やりやってしまったのが、きっかけでした。

ところが、思いのほかお互いに相性が良く、尚且つベッドの上では従順でこちらが支配できるので、俺も満足していました。

それから純子にはこちらから迫り、始めのうちは純子は嫌々と会っていたと思いますが、3回もした頃から、純子の方から求めてくるようになっていました。

性癖は、羞恥系のドMで外での露出やHの最中に他のメンバーに電話をしたりすると一気に体が火照っていくのが分かります。

当初、アナルを弄られるのを嫌がっていたのに、今ではアナルHも出来るようになりました。

下着を着けていない状態で、純子が勤めていた学校近辺を歩かせてみたりもしました。

学校の裏手に車を止めて、車内とは言え、全裸にさせただけで、純子は濡れたのです。

純子は馬鹿な女でさらなる辱めを受けるべく、実家を離れて、うちの近所で一人暮らしを始めました。

ベランダは人通りが少ない道路に面していて、ベランダでの露出には最適な場所です。

休日の昼間、たまに全裸で表に出て、俺に電話している女を見掛けたら、それが純子だと思います。

もしかしたら、これを読んでいる人のお子さんが教え子としているかもね……。

5人目は、愛。

子持ちの人妻だが、旦那の稼ぎが悪く、俺にある程度の金額の借金が元々ありました。

返せなくなって、体で払うような女ですが、スタイルが良く、相性も悪くありません。

こちらの都合で会えるので重宝しています。

旦那が子煩悩なので、休日はよく利用させてもらってます。

……というような感じで、元同級生とちょこちょこエッチしています。

同窓会も捨てたものではないですよ。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事