運送会社で毎日一所懸命働く
サラリーマンです

自分は事務職なんて、
いつも会社で仕事をしています

そして、同僚に
憧れの美熟女マダムがいるんです

雪乃さんという53歳の美熟女OL

彼女はバツ1の五十路子持ちマダム

顔は宮崎美子さんみたいな感じの垂れ目で
体系はむちゃくちゃグラマーな
官能小説に出てきそうな雰囲気

中年太りと言えばそれまでですが、
20代の僕から見てもそそられる感じがするぐらい
胸はボーンと出てて、
お尻は事務服のスカートがはち切れんばかりに
ムチムチな豊満美熟女

女性の年齢の感覚はよく分かりませんがいつも笑顔で、
五十路にしては若いと思います。

仕事中は業務上の
会話以外あまり話しません。

でも、いつも机の下に物が落ちたりしたら、
お尻を僕の方に向ける様に拾ったりするので、
ムチムチ豊満なお尻を鑑賞しています

でっかい桃尻を見ると、
仕事中でも僕のあそこはフル勃起する事があります。

ある日のお昼休みに、雪乃さんが

「松下くん(僕)は、彼女とかいるの?」

と聞かれました。

そんな事を聞くようなタイプではないと
思っていたのでちょっとビックリ

「いえ、彼女いたんですが、去年別れちゃいました」

「あらそうなの、
じゃあ今度の土曜日の夜ヒマ?」

と誘われました!

本当に暇だったので、

「はい暇です」

って言いました。

「私、今度の土曜日誕生日なの。
子供は、一人暮らししているし
誕生日って歳でもないんだけど、
1人っていうのもちょっと寂しいから、
松下君一緒に祝ってくれないかな」

って言われました。

「はい、いいですよ、僕なんかでよければ、
一緒にお祝いしましょう」

「本当!?嬉しい!」

って、いや嬉しいのは僕なんですが

電話番号を交換して、住所と家の場所を聞いて、
土曜日午後18時頃にドキドキしながら、
ワイン2本と、ケーキを持って
美熟女マダムの家に向かいました。

少し古いマンションで、
オートロックではないので部屋の前まで
住人以外でも上がれるタイプでした。

で、エレベーターで6階へ。

602号室の前で、チャイムを鳴らしました。

すると中から、

「いらっしゃ~い」

という声と共に雪乃さんが出てきました。

僕は雪乃さんの格好にビックリしました。

なんと、ネグリジェみたいな下着
ベビードールという奴でしょうか?

がスケスケのピンク色のベビードールをきての
お出迎えだったからです。

水色のブラジャーに包まれたデッカイボインと、
水色のムチムチなお尻で、
はち切れそうなパンティーが丸見え、
僕のあそこはすぐにマックスになりました。

今来たばかりなのに。

僕よりかなり歳上ですが、
こんな色気満点の美熟女なら全然オッケーだ、
みたいな事を考えながら、
部屋に上げてもらいました。

雪乃さんは、格好こそ大胆でしたが
話し方はいつもと変わらずな感じでした。

「松下君、ここ来るの迷わなかった?」

とか、

「何か飲む?」

みたいな、なんかそんな事言ってたような?

でも僕の頭の中は、
それどころではありません

チンコからは、カウパー液が滲みでてきます

雪乃さんの爆乳を、
ずっと見てました。

「いやだぁ松下君私の胸ばっかり見て、
私の話全然聞いてないよ~
恥ずかしいよぉ、ちょっと大胆過ぎたかなぁ」

と言って、おっぱいを隠すどころか、
自分で揉むような仕草をして
ぶりっこしまくりでエロエロ天国

かなりのド変態で痴女なぶりっこ美熟女

「雪乃さん、すみません僕、我慢出来ません」

って言ったのは、ハッキリ覚えてます。

「えっーいきなりなの?
若いなぁ、こんな年増のおばさんでもいいの?」

そう言う雪乃さんも少しハイテンションで、
雪乃さんもしたいんだって思いました。

「じゃ一緒にお風呂入ろう」

って、言われました。

そして、ピンクのベビードールと、
でっかいIカップブラをリビングで外しちゃいました。

大胆な雪乃さんに、
僕は押されっぱなしでした。

そのまま手を取られてお風呂の脱衣場へ
脱衣場で僕の服を脱がされて、
パンツを脱がされました。

マックスになった僕のせがれが、
初対面の雪乃さんにいきり立ってました。

「すごーい怒ってる、怒ってるぅ」

「でもなんか嬉しいなぁ」

というような事を雪乃さんに言われました。

次に、雪乃さんが、

「お願~い私のも脱がせてー」

ってエロ声で、水色のTバックの
デカい桃尻を突き出してきました。

僕はゆっくり脱がせました。

脱がせてゆくに連れて、
更に桃尻を突き出してました。

お風呂の中で、

「雪乃さん、おっぱい触らせて下さい」

って言いました。

「いいわよ、好きなだけ揉んで吸って、
松下君の好きなだけいいよ」

と言ってくれました。

それと

「雪乃さんなんてイヤ、
雪乃って呼び捨てにして」

と言われました。

僕はもう頭おかしくなるぐらい、
Iカップのデカ乳を揉みしだいて、
少し黒ずんだ大きめの乳輪と乳首を吸いまくりました。

「おっぱいばっかりじゃなくて、こっちも舐めて」

って、デカい熟した桃尻を、
お尻の穴を天井に向ける様にして、
おまんこを僕に丸見えになる様に、
擦り付けてきました。

「松下君にこんな事して恥ずかしいー」

とか自分で言ってました。

ビチョビチョになるまで舐めてから、

「雪乃もう我慢できない。
お願いもう突っ込んで」

って言われたので、
僕のビッグミサイルをズブズブって入れちゃいました。

「雪乃の中最高~」

っ言いながらピストンしたのを覚えてます。

「松下君いいよ~、すごお~い、ねぇ逝っていい、
あ、あ、いっちゃう、いっちゃう」

って僕も一緒に同時イキ

お風呂の中で、また雪乃さんの
デカ乳を触ってたらまた大きくなってきたんで、
調子に乗って、

「雪乃もう一発やらせろ、お前の爆尻をこっち向けろ」

って言ったら、

「はい孝信さん(僕の下の名前)、
いっぱい突いて下さい」

って笑顔で言ってました。

今度はさっきみたいながむしゃらではなく、
雪乃さんが逝きやすい様に僕の
全性体験と実績を駆使して、
雪乃さんを4回ぐらい膣イキさせました

雪乃さんはもうヘロヘロでしたが、
後は雪乃さんのベッドで、シックスナインで1回、
騎乗位で1回、朝方、バックで1回

またお風呂で立ちバックで1回いきました。

帰り際に、

「松下君また来てくれるよね?」

と言った後に、

「もう離さないから」

って言われました。

もうメロメロです

ベビードール姿で
Iカップの垂れた爆乳が透け透けになった
桃尻美熟女マダムとの濃厚なアバンチュール天国です!
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事