ボクはママっ子で
ママが大好きなマザコン高校生です

高校生になってマザコンって言うと
馬鹿にされるけど
僕のママはとっても綺麗だから
ママの息子になれば誰でもマザコンになると思う

今は、パパは仕事で中国に単身赴任中だから
大好きなママと二人っきりの母子生活

でもいくらママの事大好きでも
ママとSEX出来る訳もなく

僕は同級生の麻里という彼女と付き合って
自分の部屋で
同級生の麻里とセックスをしていました。

そしたらある日、
留守だったママがいつの間にか帰っていて、
ボクの部屋に入って来て、
見られてしまいました。

ママは

「あなたたち何してるの?
やめなさい」

って絶叫してしまいましたが
ボクは麻里の中に入れているところだったので、
ママの声を無視して腰を振り続けました。

ママは強引に2人を離れさそうと、
ボクの手を引っ張りました。

でも、彼女の麻里が

「おばさんやめて。もう少しで逝けるの」

なんて言うと、呆れて部屋を出て行きました。

その時、ボクは麻里の中に
精子を出していました。

でも麻里は途中で邪魔されたから
逝けなかったらしく、ボクが麻里の中から抜くと、
フェラしてきて

「浩ちゃん、もう一回して。
今度は後ろからして」

って、ベッドの上でお尻をつきだして
四つん這いになりました。

ボクもまだHしたかったので、
麻里の中に入れてあげました。

今度は2人で同時イキしました

でも、ママがドアの隙間から
ボク達を覗いてました。

麻里が帰って、ボクがリビングに行くと、
ママがソファーに座ってオナニーをしていました。

ボクはドアの隙間からずーっと
ママのオナニーを覗いてました。

ボクのオチンチンはまた勃起してきました。

ボクは我満出来なくて、
ママの所にオチンチンを出したまま行きました。

ママはボクのオチンチンを見て、
オナニーをやめました。

ボクは、

「ママ、部屋出てからも
ボク達のセックスを覗いてたでしょ?
ボクも今までママのオナニーを覗いていたよ。
だからまたオチンチン、
勃起しちゃった。ママ、手でしてよ」

ママはボクのオチンチンを
握ってくれました。

でも、さっき麻里の中に二回も出したから、
逝けそうなく、

「ママ、手じゃ逝けそうないから
口でしてよ」

というと、
ママはフェラチオしてくれました

ボクはママの大きなおっぱいを
触ってあげました。

ボクはママの口の中に
精子を出してしまいました。

ママはボクにね

「浩ちゃん、まだできるでしょ?
ママにも麻里ちゃんみたいに
オチンチンちょうだい」

って言って、ソファーに手をついで
綺麗なお尻をつきだしました。

ボクはママのパンティーを
ずらして入れてあげました。

ママは大きな声で、

「浩ちゃん、いいわ、ママ
気持ちいいわ、もっとしてぇ~」

と狂ったみたいに自分から
腰をボクに打ち付けてきました

ボクもガンガン腰を振り続け
大好きなママと近親相姦できたんです

そしてボクが逝きそうになると、

「浩ちゃん、ママの中はダメよ。
ママの顔に浩ちゃんの精子かけてぇ」

と言い、ボクが抜くと振り返って
ボクのオチンチンの前に顔を出してきたから、
ママに顔射したんです

ママはボクが出し終わると、
お掃除フェラしてくれて
綺麗にザーメンがついた
オチンチンを舐めてくれました。

そしてママは言うんです

「ね~浩ちゃん
ママとこれからHしていいから
あの変な女の別れなさい
あの子は駄目よ。ろくでもない阿婆擦れだわ」

正直、僕は彼女よりもママのが大好きだったので
ママとH出来るなら、彼女ともう付き合う必要がないと思い

「うん!わかった別れる!
大好きなママとH出来るなら僕別れるよ!」

そう言うと、ママは目に涙を浮かべて

「浩ちゃん!大好き」

てキスしてきてベロチューしました

ママの涎はとっても甘くて
いっぱい射精したのにまたオチンチンが
大きくなってしまいました
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事