僕は毎週、母に精子を出してもらうようになってから、精子の量が前より増えました。

母はますます困って、「たまには、自分で出しなさいって、言ってるでしょ!」

と僕を叱りましたが、絶対にオナニーはしませんでした。

二人の姉の目が気になったからです。

でも週一だと、母が口から溢れさすくらいに出る時がありました。

溜めすぎないように時々、水曜日にも出してもらいました。

母は僕を「言うことをきかないんだから…」と叱りましたが、

「これが悪いのよ…」と嬉しそうにチンポを舐めて、マンコに入れさせてくれました。

母とのセックスは、お風呂に入りながらしてましたが、

だんだんお風呂の時間が長くなっていったので、

さすがに変だと言われるようになりました。

晩酌を欠かさなかった父には、大して気にされませんでしたが、

二人の姉には怪しまれました。

でも上の姉は、自分の受験が忙しくなり、僕たちの事などかまっていられなくなりました。

そして全寮制の学校に受かると、家から出ました。

姉が一人いなくなったので、僕は時々オナニーができるようになりました。

でも、ほぼ毎日母も口でしてくれました。

母は「今日は少ないのね…」とちょっとがっかりしてました。

僕は全然夢精をしなくなったのですが、母は僕とセックスをしたがりました。

家で二人っきりになると必ず誘ってきました。

それまで母が上になって僕が射精するやり方をしてましたが、

小五の夏休みになると、母がしっかりセックスを教えてくれました。

正常位で母の顔を見ながらすると、とても興奮しました。

母も自分のいやらしい顔を、僕に見られるのと、物凄く乱れました。

「いやだわ、恥ずかしい…」と言いながら、母は顔を見られないように、

四つん這いになってチンポを入れました。余計に興奮してました。

お正月に帰ってきた上の姉が、「お母さん…、何だか変わったね?」と言いました。

僕と父は何とも思いませんでしたが、姉たちは口々に「変わったよ!」と言いました。

元日に初詣でから帰って、みんなコタツでうたた寝しました。

母はスカートを捲って、ノーパンのお尻を突き出しました。

僕は父と姉たちにバレないように、ゆっくりマンコに出し入れしました。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事