しばらくするとリビングの入口付近に気配を感じたのがわかりました。

おそらく義母です明らかに義母の下着とわかる角度ですからわかったと思います。

見られてるという状況に興奮し激しいシコリになりました。

普段なかなかイキにくい俺は母親に見られてるという状況にイッてしまいました。

しばらくすると足音を隠す義母が和室の寝室へ入るのがわかりました。

後処理をしてもう一度チンポを洗いモヤモヤした気持ちが収まらなく寝室へ向かいました。

寝たふりがわかる義母を見てニヤケる自分がいました。

妻もそうですがノーブラにネグリジェパンティ一枚で寝てました。

色はベージュが好きなのか熟女そのままって感じのベージュでした紐パンティじゃなかったけど。

義母の耳元に近づいて「お義母さん見てたんでしょ」っていいふくよかな体を撫で回しおっぱいをわしづかみした

「うぅ~」わずかに体がピクリと反応があったネグリジェを上げ少し黒ずむ乳首を舐め回したら小さいながらも

「うぅ~はぁ~んぁぁぁ~はぁ~はぁ~」ピクピク体が動く。

パンティに手を伸ばしマンコ辺りを触るとめちゃくちゃ湿ってて

「お義母さんかなり湿ってるじゃないですか~スケベですね~俺のセンズリ見て濡らしたんですねHな女~」

かなり敏感なのかパンティの上からでもかなり体をビクつかせ小さいながらもエロ声が出るクリを必要以上に攻めてると

「あっやっあっあ~あ~あ~あ~やっはぁ~んいっあっやっ出るぅ~出るぅ~あっ出ちゃうぅ~」

パンティの中からピチャピチャとすごい量の潮吹きでした。

布団もびっちょり濡らした。

体も何度も反らしビクビク動くパンティを下ろしてふくよかな脚を開き持ち上げマンコをクンニしました。

「あ~あ~やっ~い~あ~ああァァァァ~は~ああああぁ~」ひくひく腰が動く

「あっだめ~イッちゃっイッちゃうぅぅぅぅ~ああああぁ~」

イッてしまった息を荒くしもはや母親じゃなくただのエロい熟女でした。

手マンではさっきまでより大きめのあえぐ声に変わり大量に潮を吹くマンコはびちょびちょでした。

自慢できるほどではないがまあまあおおきいチンポを持ってる俺はデカマラの部類には入ります。

硬さには自信あるおまけにさっきイッたから超かたくなってた母親の手をとり握らせると自分からしこりはじめました。

手つきがいやらしい母親の顔に持っていき口に入れさせたら自分からフェラチオしてきた

これがまたなんてうまいフェラチオなんだろうって思うくらいいいフェラでしばらく堪能した

そして我慢の限界で寝てる義母の脚を開き上からチンポをゆっくり入れためちゃくちゃ温かい

しかもかなり絡みつく肉めちゃくちゃ気持ちいい~

妻のマンコより数段気持ちいいマンコ狂うように腰を振りました。

「ああぁ~ああああ~いいいぃぃぃ~あ~いいぃ~あ~」

そしてそのまま抱き上げ俺が下になり義母が上から腰を振る

めちゃくちゃ腰使いがうまい

しかもだんだん高速化し勝手に何度もイキ俺に倒れこむ義母でした

義母に四つん這いにならせふくよかな大きいお尻をみて最高の四つん這い姿

俺は突いて突いて義母もイク

立って突いたり寝バックしたり何度もバックから突いた

お尻を叩くとキュとチンポを締め付けるマンコが気持ちいい

お尻の蕾に指を入れるとなおさら締まる指を二本入れたらすぐイク義母がいやらしかった

また最初の体位に戻して突いてやると三度ほどイク義母を確認した

まだ50歳という女盛りの義母に「いいぃ~なかに~なかに~出すよいいだろお義母さんあ~ああぁ~」バンバン腰を高速化して突き

「あぁ~あああ~いいよ~きて~きて~きて~あああ~」さっきも出したのにかなりの量を発射しました

チンポを抜くとドロドロとマンコの中から出てくる

俺はそれを拭き取ると義母はチンポをくわえお掃除フェラチオをしてくれた

そのあとDキスを交わし部屋を出て子供の寝室へ寝に入りました。

朝目が覚め会社の総務の子に電話をし有給休暇を取った下に下りると子供達は朝食が終わり学校へ出る前でした。

義母とおはようの挨拶を交わすなんとなく愛する男を見るような目つきに見えた。

容姿もロングTだが胸元は開いたやつで谷間がよくわかるくらい

下はスカート膝上10cmってとこで生脚

「朝食食べるでしょ待ってて用意するから」

キッチンに立つ義母に「あ~ゆっくりでいいですよ今日は休みなんで~」

「えっそっそうなの~」ちょっと恥ずかしげな義母をわかりました

考えてることも……台所で準備する義母のお尻と生脚を見て昨日のことを思い出したらチンポがひどく勃起してきた

ボクサーパンツ一枚だからすぐにわかるくらい義母の後ろに回り尻をわしづかみすると

「ひやっあっあんだめよ~包丁持ってるから危ないよ~しょうくんぅ~だ~め~」

っていいながらも抵抗しない

スカートを上に上げたらパンツは赤のTだった肉つきのいい白くて大きなケツが出てきてTをずらして舐めた

「あ~あ~あ~だめっだめっだってぇ~あ~あ~ああああ~」

自分から舐めやすいように少し脚を拡げ腰を突き出した

すぐにびちょびちょになり体もビクビク動く

マンコに指を入れるとかなり絡みつく

マンコはいやらしく手マンをするとすぐに潮を噴いたおかげで床はかなり濡れた。

何度もイカせたあと立ってる俺の前に座り込みパンツを下ろして口にふくみフェラチオが始まった

明るいせいかくわえてる義母がかなりあやらしく時々上目遣いで俺を見る

義母を立たしてキッチンに手をつかせると後ろからマンコに入れ込んだ

立ちバックですびちゃびちゃと音がなりいやらしくパンパンパンパンおしりに当たる音がなる

しばらく突いてると床に潮噴いた汁がたくさん落ちます

めちゃくちゃエロい母親です

「あああ~いいぃ~あ~あ~気持っ気持ちいいぃ~あ~あ~」

とにかく最後までそのまま立ちバックで突きました。

かなりあえぎました中に出すとこのあとがめんどくさいからとりあえず口内射精してまたお掃除フェラで終わりました。

それから朝食を作ってもらい食卓に座りいただいてると義母は食卓の反対側から潜りこみ朝食を食べてる俺のチンポを何も言わずフェラチオしてきました。

金玉から竿もうただのさかりのついたエロ女でした

義母は裸のままです食べ終わる頃にイキたくなり頭を抑え口に出しました。

朝食のフェラチオを終えるとしばしご休憩に入りました昼過ぎ義母の下着姿を見てたらムラムラしてきだし義母にフェラチオを頼むと喜ぶようにくわえてきた

くわえながら自分でオマンコを弄る始末十分に濡れた頃合いを見て俺の上に乗らせて入れさせた昨日と同じく腰を高速化し感じる義母でした

床に手をつかせ四つん這いからバックで突く

「あ~あ~あ~いいぃ~あ~いいぃ~あ~あ~しょうくん~H強すぎよう~あ~すきぃ~すきぃよ~このオチンチンいぃ~あ~ああああああ~」

ほんとにバカな母親です

娘の旦那にやられて感じてます

この時ふと昨日を思い出しました

アナルが感じることを………

突きながらアナルを弄りました

するとめちゃくちゃ感じる義母

義母に「ここに入れて欲しいか?」って聞くと「うん欲しい欲しいわ~あなたのオチンチン入れて~」

義母のアナルに入れ込みました。

「あああああああ~いいいぃ~おおきい~おおきいわ~さけちゃうぅ~あああああ~いいぃ~」

アナルきつくて病み付きになりそうです俺はそのまま中に出してしまいました。

二人でシャワーを浴びて上がった頃に下の子供が帰宅し昼間の休日Hは終了しました。

夜もまた一回し最終日の朝出勤前にフェラチオだけしてもらい終わりました義母とセックスしてから

三日後セックスが忘れられず仕事中妻の実家へ行った義母は専業主婦

義父はマグロ船に乗ってるのでほとんど海に出てて留守です

玄関先で俺を見ると二人で抱き締めあい濃厚なキスしながら義母はチンポを撫で回す靴も脱がない状態で脱がされフェラをされた狂ったメス猿のようでした

しばらくくわえてもらうとバックの姿勢ですぐに挿入二人で狂ったようにガツガツしたセックスでした

玄関先で一発出した後シャワー浴びてると義母のお尻を見てたらまたしたくなりボディーソープをアナルにつけアナルに生でいれ風呂場でしました

ご存知の通り風呂場ではめちゃくちゃ声が響きます

義母は声が大きいので寝室に移動しセックスしました

次の日嫁の妹あかりちゃんから電話がありました

あかりちゃんからの電話は珍しいのですが結婚してた

27歳、子供は一人

18で産んで今は独身です

自宅に呼ばれ訪ねると「しょうくんお母さんと関係持ってるでしょう~?」

とぼける俺に「昨日の説明してよ~」

「あ~見てたんだ~……」

それは、私達の関係はもちろんのこと、全てが終わった瞬間だと思いました
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事