私達は、五十路の変態な熟年夫婦です

1人息子も就職し家を出ました。 

元々SMに興味を持つ私と、M系の妻は年を追う毎に変態プレイを楽しむ様に なり、息子が家を出た事で毎回SMプレイをする様になりました。 

初めは家の中でのSMプレイを楽しんでいましたが、やがて夜の公園での露出や海や山での露出を楽しむ様になり、お互いすっかりハマってしまいました。 

その日は休日出勤の代休日で、妻と昼間から出掛ける事にしたんです。 

車で30分程走った山中、辺りは林で覆われ人気はありません。 

妻を全裸にすると、既に興奮しアソコはダラダラ状態です。 

”恥ずかしいわ”と言いながらも期待で待ち遠しいと言わんばかりの妻。 

SM道具の入ったカバンを持ち、近くの開けた場所に立つ木に両手を後ろに縛り、 足をM字に縛ると吊るしたんです。 

下から見上がると妻のマンコからは透明な汁が溢れ、滴り落ちそうでした。 

指を這わせると”あ~ダメ・・・早く欲しい”と哀願する妻。 

道具を取り出しマンコに極太バイブを刺し込むと同時にアナルにもバイブを刺し込みました。 

胸を揉み、唇を奪うと妻はハァハァ息を荒らし、やがて体をブルブル震わせながら逝った様でした。 

マンコにバイブを抜き、私の肉棒を差し込むと”生チンチンは最高!”とエッチな言葉を吐きながら喘ぎ声を上げる妻。 

パンパンと妻を責めると2度・3度と妻は痙攣し逝ったのでした。 

そんな妻を更に興奮させる為、目隠しをし他人棒を差し込まれた事を想像させると更にエッチな汁を出すマンコ!そして”もっと犯して下さい!私の肉便所をご自由に使って下さい”と私も興奮する言葉を吐き出す妻。 

そんな時でした。林の中に人気を感じたんです。 

”誰かが見ている?”そう感じた私ですが、妻は目隠しをしているので、全く気付いていません。 

それ処か、犯される事を想像しもっとエッチな言葉を発する妻。 

”もし!妻をこのまま放置したら・・・”他人棒に逝かされる妻が頭を過り、嫉妬と興奮で頭が真っ白!見て見たいと言う願望に、私は事もあろうか?妻をその場に1人にする事にしたんです。 

”ちょっとトイレに行って来るから”と言い残し、妻をその場に残し林の中へ身を隠したんです。 

少しすると、林から出て来たのは20代の男性2人で、私の方を気にしながらも妻へ近づいて行きました。 

やがて妻も人気に気づいたのか?”誰?あなた?目隠し取って・・・”と言うと同時に、男達は妻の胸を揉み、マンコに指を指し込み始めたんです。 

”やだ!誰?あなた・・・助けて~”と言う声!口を押えられ耳元で何かを囁かれると妻は声を出すのを止めました。 

男性達は妻の胸を舐め、マンコを舐めると固く大きくなった肉棒を差し込み始めたんです。 

”うっ・・・主人がいるんです。早く済ませて・・・”アナルにはバイブを差し込まれ、マンコには肉棒。

始めて見る妻が他人棒を受け入れる姿!興奮で私の股間もフル勃起でした。 

やがて、男の肉棒に遂に感じてしまったのか?妻は喘ぎ声を出し、エッチな言葉を発し始めたんです。 

”前も後ろも自由に使って下さい!私は肉便所です。嫌らしいマンコにミルクをいっぱい注いで下さい” 

男達も妻の言葉に遂には両穴同時責めです。 

”凄い!前も後ろも生のチンチンが入っているの?凄い・・・もう逝っちゃう”

また体を震わせ、逝った様子の妻! 

男性達も限界が訪れ、妻の体内に精液を吐き出した様子でした。 

抜かれた穴からは精液が溢れ垂れ落ちていました。 

辺りを見渡した2人は、そそくさとその場から離れ林の中へ消えて行ったんです。 

暫くして戻った私は、何も知らないフリをして犯されたマンコとアナルへチンポを差し込み中へ精液を出したんです。 

木から降ろした妻の縄を解くと、満足げな表情で私のチンポを舐める妻。 

心の中では”ごめんねパパ!私他人棒を受け入れちゃったの!”と言っている様でした。

車に戻り着替えた妻と山中を降りると途中、池の近くに止まっていた白い車! 

そして池では、さっきの若者がこっちを見ながら釣りをしていたんです。 

彼らを見ながら、妻が他人棒を受け入れる姿を思い出し、またヨロシク・・・と心で呟く私でした。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事