義母の家の近くに出張の為、宿泊する事になりました。

義母は×1独身で若い熟女みたいな感じです。

手料理をご馳走になり、妻ととりあえず電話して風呂、そのあと義母と飲んでるうちに変な雰囲気に…夫婦生活の質問責めでした。

真っ赤な顔した義母は私の腹筋を触り出し「ええ身体やね」と、うっとり…だんだん、距離が近くなりました。

なんとなくおかしいなと、うすうすは感じてはいたのですが。

すると義母は、いきなり

「私、まだいけるかな?」

「彼氏出来るかな?」

とパジャマのボタンを外し豊満な乳房を出してきました。

「まだまだ若いし、大丈夫ですよ」と私が言うと義母が抱きついてきました。

「ねぇ、娘に内緒で試してみて」と私の股間を触り始め、

「お願いだから…」何度も何度も私に懇願してきます。

義母は妻とは違って巨乳で正直目のやり場に困るくらいでした。

その義母のお願いとあってはと、抱かせてもらいました。

柔らかな乳房に大きい乳首、フェラも妻とは違い丁寧で気持ちよく、我を忘れて義母に夢中になりました。

何度も中出しして、何度もフェラしてもらって、いろんな体位でたっぷり義母の豊満な身体を味わいました。

翌朝、妻から電話がありました。

でも義母はお構いなしで、妻と会話する私の股間に顔をうずめてフェラをしていました。

その後、義母が私の家に頻繁に来る様になりました。

妻の目を盗んではキス、フェラ、風呂に入ってる間はバックで挿入したりクンニしたり…

妻とはほとんどセックスしていませんが、義母とは沢山セックスしています。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事