息子夫婦が結婚したのは5年前。

その後、2年前に私たち夫婦が離婚してしまい、昨年の夏より、息子夫婦が一緒に暮らしてくれるようになりました。

私(茂)は55歳になります。

農家をしており、最近は息子の嫁が不慣れな農家の仕事を手伝ってくれるようになりました。

息子(聡史・30歳)はサラリーマンをしていますが、毎日帰りが遅く、早くても10時、下手したら日にちが変わることも。

その嫁(麻由美・26歳)は、中、高とバレー部で、肉感的なムッチリした身体つきをしています。

2人が結婚したときから、いつか一度でいいから、自分のものにしてみたいという欲望を持ち続けていました。

それが、2ヶ月前のある日、チャンスが訪れました。

いつものように、2人で夕食を済ませ、順にお風呂も済ませ、私は1階の自分の部屋で読書をしていました。

麻由美さんも風呂を済ませ、2階の部屋にいました。

田舎の静かな夜は少しの物音もよく響きます。

しかも、麻由美さんのいる部屋はちょうど、真上にありました。

みしみしとベッドが軋む音が響いていました。

私は心配と興味半々で2階へと向かいました。

隣の部屋と麻由美さんのいる部屋は、ベランダでは繋がっているため、外から様子を窺うことにしました。

ある程度想像はついていましたが、部屋の中では、激しく指を動かし、オナニーで悶えている麻由美さんが見えました。

両脚を開脚し、おっぱいを曝け出し、まるで昼間の麻由美さんからは想像できない表情を見せています。

田舎は噂が広まるのも早く、下手な浮気もできないし、街に出て遊ぶにしても、街まで出るのも遠いし、これは私が何とかしてあげるしかない・・・。

私も離婚してから、女性のぬくもりを感じていないし、ちょうどいいのでは・・・。

もうすでに、義父としての立場も理性もなくなっていました。

その証拠に、AV鑑賞のときの下半身の勃起具合とは比べ物にならないくらいの、何年も経験していない硬さになっていました。

私は何も知らない振りで、麻由美さんの部屋の前に立ち、ドアをノックし声をかけました。

中で慌てて対応しようとしている麻由美さんが想像できます。

私は間を空けず、中に入って行きました。

「お父様、ちょっと待って、って言ったじゃないですか・・・。こんな時間にどうされたんですか?」

「私のほうこそ、部屋で静かに本を読んでいたんだが、上の部屋が騒々しいから、どうしたものかと様子を窺いに来ただけだが・・。何もなければいいんだけど・・・。

「なっ、何も・・・何もないですよ・・・。スイマセン・・・。読書の邪魔したんだったら・・。スイマセン」

辛うじて寝巻きを被っているが、後ろのベッドには脱ぎ捨てられたショーツが残っており、麻由美さんの中に出入りしていたディルドーも見えました。

すぐにすべてを隠すのは無理な話でした。

「普段、この部屋は入れないし、ちょっと中を見させてもらうよ。ほんとに何もなかったのか、私にはそうは思えないほどの騒々しさだったけど」

そう言って、ずかずかと中に入りました。

「お父様、勝手に入らないでください。何もないんですから」

そう言いながらも、散らかっているショーツとディルドーにまっすぐ向かっていく麻由美さん。

それを後ろから私はついていきました。

そして、後ろから麻由美さんを羽交い絞めにすると、両手で覆うように隠していたものを取り上げました。

「麻由美さんが悪いんじゃない・・・。こんなにきれいな妻がいるのに、満足させられない息子が悪いんだ・・・。

麻由美さんはもっとしたいんだろ?本当は、聡史にもっと気持ちいいこといっぱいして欲しいんだろ?

あいつ、毎日忙しいといって、帰りが遅いし、すぐにベッドに入るし・・・。麻由美さん、要は硬いチンポが欲しい・・・。そういうことなのか・・・?」

「お父様、見てたんですか?恥ずかしいです・・・。本当はそんな女じゃないんです・・・。

でも・・・。聡史さんとは、この家に来てから一度もなく、キスすらしてません。

でも、聡史さんは・・・。下の部屋にお父様がいるからやらないとか言って、逃げるのです。

しかも一度財布の中見たのですが・・・。風俗の名刺が数枚入っていて・・・。仕事帰りに自分だけ気持ちよくなってるみたいで」

さすがにそんな事情は私も初耳で、一瞬ドキッとしました。

まあ、男なら風俗通いも仕方ないところもあるけど、少なくともバレないように妻とも行為をするはずです。

「そうだったのか・・・。ますます聡史が悪いんだ、麻由美さんは悪くない・・・。これは麻由美さんがよければの話だが・・・。私から提案があるのだが」

躊躇うように、でも気持ちはもう決まっていましたが・・・。

「お父様・・・。提案って・・何ですか?」

「絶対に2人だけの秘密ということで・・・私が聡史の代わりに麻由美さんの相手をしてあげようと思うのだが・・・。

いや、いけないことは重々分かった上でのことだ。だから、絶対に秘密のことだ」

「お父様・・・。それは」

下を俯く麻由美さん。

でも何度かちらちらと、私の顔と股間を交互に目をやる動きが確認できました。

私も風呂上りでパジャマ姿のため、天を突くような勃起状態は服の上からでも十分に確認できます。

「お父様・・・。それは・・・できません、それだけは・・・。私が我慢すればいいことなので・・・。浮気もしないですから・・。

今まで通り、お父様の仕事を手伝うということで」

そうは言っても、私のほうが収まりがつきません。

時間も進み、聡史が帰ってくるかもしれません。

そこで麻由美さんの携帯が鳴り、聡史から残業で遅くなるという電話でした。

しかし一瞬向こうのほうから、『12番でお待ちの方!どうぞ』の声。

もう遊びの最中決定です。

「麻由美さん、本当にすまない・・。私は大丈夫だから・・・。いいだろ・・・。本物のほうが気持ちいいぞ!」

そう言って私は下半身を一気に曝け出しました。

穿いていたパジャマのパンツとブリーフも一気に擦り下げました。

硬くなったチンポがブリーフに引っ掛かり、弾けるように麻由美さんの前に現れました。

「お父様・・・。すごい・・・。私のことを見て、こんなになっちゃったんですか・・・。こんなの、見たことない」

「麻由美さん、好きにしたらいい。麻由美さんがしたいように私のチンポを使ってくれたらいいから・・・。今までの分、存分に気持ちよくなりなさい」

そう言うと、こっくりと頷き、私の両脚を抱えるようにすると、大きく口を開け、チンポを咥え込みました。

奥のほうまで美味しそうに咥え込んでくれました。

麻由美さんは唇がいわゆる『たらこ唇』のような厚い唇で、ねっとりとした感触がたまらないです。

さらに私のことを仰向けにすると、私の顔に跨がり、股間を顔に擦り付け、麻由美さんはチンポを咥えるのを続けました。

私も、麻由美さんのオマンコをねっとりと舌を出して舐めまくりました。

やらしいうめき声が口から漏れてきました。

もう後はやることはひとつです。

麻由美さんは私のことを仰向けにしたまま跨がり、自分の手でチンポを迎え入れるようにオマンコに挿入してきました。

(麻由美さんは、こんなスケベな女性だったのか?)

そんなことを思いながら、私の上で腰を動かし、大きなおっぱいを前後に揺らし喘いでいる麻由美さんが本当に愛おしくなりました。

「お父様、できちゃったらいけないから、外に出すね・・。これだけはお願いね」

そう言いながらも腰の動きは一向に止まる気配がありません。

そして、ついにそのときが来ました。

「麻由美さん!もうだめだ、イキそうだ!あっーーー!うっ・・・うっ・・・。もう・・・もうだめだぁーー」

麻由美さんは手際よく腰を抜くとチンポを口に咥え込み、私の大量の白い液を飲み込んでいきました。

「お父様、今日だけじゃないですよね・・・。これからも、私・・・。お父様のチンポ、使っていいんですよね?そうでしょ・・・?」

私も頷き、OKサインを出しました。

こうして2人の秘密の関係は始まりました。

私はそのときは、麻由美さんとの念願が叶ったことで舞い上がっていましたが、その後、思いもよらない事になっていきました。

私と息子の嫁との2人の秘密の行為があって、1週間は前の関係と同じ、私の農家の仕事を手伝ってくれる普通の嫁に戻りました。

(あの時は、「今日だけじゃないですよね?」と言っていたが、一度きりに決まってるよなあ・・・)

そう思いながら毎日が過ぎていきました。

そんなある日のこと、その日は天候が悪く特に仕事もなかったので、朝からゆっくりしていました。

もちろん息子の聡史は仕事に行ってます。

麻由美さんは朝食を終え、お茶と、ちょっとしたお菓子を用意してくれました。

2人でテレビを見ながらお茶を頂き、つまらない話をしていたのです。

しかし、そのうちに私の下半身が急に反応し始め、血が上るというか、熱くなっていきました。

ただ話をしているだけなのに私は理由が分かりません。

麻由美さんは立ち上がり、「パジャマだと誰か来るといけないから着替えてくる」と言って出て行きました。

それをいいことに私はズボンをずらし、自分のチンポを確認しようとしました。

やはりこれは、何か興奮した時のような、すでに硬く勃起寸前の状態です。

しかも自分で触っているのに、なぜか女性に触ってもらっているかのような興奮があります。

麻由美さんが着替えて戻ってくるのが分かっているにも関わらず、私はズボンをずらしたまま右手でチンポを握り、気がつくと手は上下運動を始めていました。

そうしているうちに麻由美さんが着替えて戻ってきました。

麻由美さんは驚く様子もなく普通に部屋に入ってきました。

「お父様、薬利いてきた?お茶に薬入れたから・・・。今日は1回じゃ終わらないよ」

そう言うと私の前にしゃがみ込み、右手を退かせると口に咥え込んできました。

この前味わった感覚が戻ってきました。

そう、バイアグラのようなものを飲まされていたようなのです。

私はその日、朝、昼、夕方といった具合で、何度も射精しました。

もうヘトヘトで、当分こんなことやりたくないと思うくらいに疲れました。

しかし麻由美さんの攻撃は収まることなく、週2回ペースで、丸一日、麻由美さんにチンポを好きなように使われ続けました。

私は自分の身体が持たないと思い、2人のための部屋を借りることにしました。

もちろん私がすべて手配し、聡史に自分たちで好きに生活しなさいと、私の仕事は自分でやっていくと告げて別に住まわせました。

麻由美さんも目が覚めたのか、たまに家に手伝いに来ますが、今ではまったくそんなことは無くなりました。

聡史とうまくやっていけているのか、それも聞きづらく、まあ大丈夫なのだろうと思いながら、今は自由に1人で暮らしています。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事