高校受験の合格発表の翌日
僕はまだ布団の中にいると
お母さんがベビードール姿で
僕の布団に入ってきてくれました

そして、肩紐をずらし
乳首を僕の口に含ませてきたのです

「洋ちゃん、起きた
ほら、オッパイ吸って
あぁ~ん可愛いわー
今日はいっぱい高校合格の
お祝いしましょうねぇ~」

とお母さんがおっぱいを押し付けてきて
僕はオッパイを夢中で吸ってました

「いっぱい吸って
オッパイが好きだものね
あぁ~そう、もっと乳首カミカミして~」

母に抱き寄せられオッパイを吸い
肌を密着して乳首を吸い上げてました

「こっちも吸って
オッパイ吸ってもらうと気持ちいいのよ
もう赤ちゃんね
高校生なのに」

オッパイを吸っている最中に
ペニスが勃起を始め、
パジャマの前が大きくなり
母のお腹の辺りに触れてました

「洋ちゃんが元気になっているわ
オッパイ吸ったからいいのよ
今日はお祝いにお母さんをあげる
お母さんを好きにしていいのよ」

僕は乳首を口から出し
母の顔を見たのです

「母さん!?ねえHしていいの?」

「うんいいのよ
お母さんを脱がして」

母が布団を捲り、仰向けになり
ベビードールを巻くり上げ
頭からはずしてやり
僕の部屋の布団の中で、
まだ朝食前でしたが
母の裸に見とれてしまいました

「母さん綺麗だ」

「いやだわ・・・恥ずかしい
そんなに見てないで
洋ちゃんも脱いで・・早く」

急いで裸になりもう
一度オッパイに吸い付きました

「可愛い可愛い洋ちゃんにオッパイ吸われると
母さんのオマンコ濡れてくるの
もっとおっぱい吸って」

夢中で左右の乳首を交互に吸い付き揉んでました

「洋ちゃん、母さんが教えてあげる」

僕の口から乳首を離し、
母が両脚を立膝にして開き

「母さんの脚の間にきて」

僕のペニスが硬くなり上を向いて

「見える母さんのオマンコに入れて
前に教えたでしょうもっと下よ
ソコ・・・そうよソコに入れるのよ
ウッ・・・あん
そのままオチンチンを奥まで全部入れて」

「母さんすごく気持ちいい」

僕はそのまま母に重なり、
下から母に抱き締められた

「お母さんもいい気持ちよ
すごい硬いのね
洋ちゃん愛してるわ・・・動いて
母さんを突き上げるのよ
あんあん上手よもっと強くてもいいのよ
あっあっすごい」

「お母さんいいよー
気持ちいい~」

「母さんもいいわー
もっと強く突き上げて
あんあんあんすごいわー」

「母さん出ちゃう」

「いいわよ
お母さんのおまんこにいっぱい出して」

母の中が気持ちよく、我慢できず思い切り
母の中に発散した。

挿入したまましばらく重なってい

「洋ちゃんすごいのね
いっぱい出たわ
もう少しこのまま入れたままにしていて
よかったわ・・」

母の中から抜いた時
精液が少し逆流していた

母がティッシュでそれを拭きとってから
ベビードールをつけ起き上がり、
朝食の仕度に台所に行った

僕が起きて台所に行った時
母がベビードールの上に
カーディガンを着て
その上にエプロンをつけ、
ノーパン・ノーブラのままのエロい姿だった

その日は朝食後、母が和室に布団を敷き、
母とお風呂に朝から入り、出ると
また抱き合って母子相姦して

午前中からお昼ちょと
過ぎた頃まで抱き合い
オッパイを赤ちゃんの様に
吸わせてもらったのです

それからは毎朝学校に行く前には必ず
お母さんのオッパイを吸ってから
登校する様になり
お母さんのおっぱいは僕の
目覚まし時計になったんです
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事