友達の結婚式で司会をしていたのは
地方のテレビ局出身の
三十路過ぎの
フリーアナウンサーでした

地方アナとはいえ
綺麗な女性で
つい私は声をかけて
ナンパしてしまいました

この女子アナいつもミニスカスーツに
パンストにハイヒールの
セクシーなスタイルで

スタイル抜群だったので
Hしたいと口説いたんです

なんでも出産で仕事を休んでて
最近復帰したという人妻女子アナ

二回ぐらい食事後
彼女も大人の関係を望んでいたらしく
すぐに肉体関係になりました

ラブホに入ると服も脱がずに
立ったままディープキス

Eカップの爆乳をもんで
舌を絡めてると

ひざまづいてベルトをゆるめて
パンツの上からチンコを握って
手コキしてくる

なんでもフェラは
あまり好きじゃなく

旦那にはほとんどした事が
ないと言っていた

察するに男性器をしゃぶる行為を
屈辱的だと感じるプライドが高い
女子アナなのだと思いました

ならば無理やりにでも
フェラチオさせたいと思い

口に強引に勃起したペニスを突っ込むと

「イヤーン、凄く大きい」

とか言いながら
目をとろ~んとさせ
しゃぶってくれる

そんなに上手くはないけど
強制フェラに
かなり興奮しました

そのあと上着を脱がせて
ベッドに押し倒しました

ブラウスのボタンをはずし
派手なブラジャーのホックをはずすと

出産後の黒ずんだデカイ乳首と
デカ乳輪があらわれた

美人な顔とは似合わない
黒乳首にデカ乳輪のギャップに
興奮して吸い付くと
まだ母乳が出てきました

ミルクタンクな人妻女子アナとのH

もうシチュエーションだけで
たまりません

女子アナのオマンコも
もう既に愛液でビショビショで
パンストにまで染みてっている

「触って!触って!」

と痴女のように
何度も言うのでパンストと
パンティーを一緒におろすと

パンティーのクロッチから
オメコに愛液のエロい糸をひいていた

パンティーとパンストを片方だけ
脱がせてオメコを見ると

手入れをしてないせいか
ケツの穴のまわりまで
陰毛が生える剛毛なマン毛

オメコに吸い付くと
凄い声をあげて

「イヤッイヤッ
汚れてるのにダメェ!」

と絶叫しながらも
私の頭を押さえつけてくる

かなりエロい痴女な人妻女子アナ

そのうち私のチンポしごきながら

「早くして、入れて」

と催促してくる

ピルを飲んでいるので
生Hで言いと言うので
そのまま生挿入SEXに

そのままフィニッシュは
オメコに大量中出ししました

それからは会えない時は
テレフォンセックスをして
痴女な人妻女子アナとの官能的な情事を
楽しんでいます

会った時はラブホ
クルマの中や、公園のトイレ

山の中や野外でシートをひいて
青夜間SEXをやってました

最初は

「ほらほら、どこに欲しいねん?
何が欲しいねん?言ってみ!」

と言っても

「恥ずかしくて
言えない」

と生意気な事を言っていましたが
調教するうちに

「早くオメコして!
チンポちょうだい!
ザーメンちょうだい」

と淫語を言う雌豚熟女になりました

最中も、

「いっぱい射精して種つけして!」

と下品なエロ熟女に

その後、私がパンスト脚フェチだと
わかるといつも仕事が終わったあと

パンプスを脱ぎたての爪先を
私に舐めさせてきました

それを見ながら

「やらしいわ、変態やね!」

と言いながら口に押し込んできたり

夏場も汗でかなりムレムレで
酸っぱいですが
冬場もブーツ脱ぎたてはかなり強烈に臭いですが
それがたまらない匂いフェチでもある自分

コスプレで
セーラー服やナースとかにも
させてやってますが
本当に凄くエロい痴女人妻です

この前は長襦袢に
足袋をはかせてやりましたが

最後は足袋をはいた脚に
ぶっかけ射精しましたが
最高のSEXになりました

世の中には超エロエロな
人妻がいるもんです

気に入った女性がいたら
たとえ人妻でも声をかけて
ナンパしてみるべきですよ
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事