小学5年の夏、優子って女友達と一緒に
友達の母に海水浴へ連れて行ってもらった時に起きた出来事なのですが、
優子と2人で秘密にしていることがあります。

私と優子は水着に着替えて海へ、
優子のお母さんは黒ビキニに着替えて
主に私たちが遊んでいるのを浜辺で見ているだけでした。

2人で潜って遊びに夢中になってたら、
いつの間にか優子のお母さんはいなくなってました。

後から戻ってきましたがその間30分程。
何故か服に着替えていました。

何故服に着替えて戻ってきたのか、理由は知っています。

実はずっと待っていたのではなく、途中に車へ戻ってみたのです。

そしたらワゴンの後部座席でレイプされかけていました。

UVカットガラスで黒くて中が見えにくいけど、
換気のためわずかに開けていた窓から声が漏れています。

見つからないよう覗いたら
男性が上から乗っかっていて、
見えたのは男性の背中と優子の母と思われる両足だけ。
しかも片足には穿いてたビキニが引っかかっていました。

助けを呼ぼうにも海岸には沖の方へサーファーがいるだけ。

優子に、これ以上見ちゃだめだよって言われ、
足の震えがおさまらないまま、途中振り返りつつ海岸へ戻りました。

その後戻ってきたお母さんの顔を見るのが恥ずかしくて、
どうやっても、見たことがない姿を見てしまったのが忘れられません。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事