先日、嫁のお母さんとしてしまいました。

俺は29歳、嫁は24歳、義母は42歳です。

義母は、童顔でスタイルが良くて嫁さんと姉妹に間違えられる感じです。

義父は俺と嫁が出会う前にに他界してます。

俺と嫁はアパートに二人で暮らしており、嫁の実家はアパートから車で15分くらいの場所にあります。

嫁は看護師で病院で働いており嫁が夜勤で夜いない時などは、義母がアパートに来て夕飯を作ってくれたりしていました。

先日、嫁が夜勤の日、俺が仕事から帰宅するといつも通り義母が、夕飯を作って待ってくれていました。

一緒に食事をし、いつもなら食器を洗い終えると帰る義母がその日は「一緒に、お酒を飲もう」と提案してきました。

断る理由もなくビールで乾杯し、しばらくは他愛ない話をしていたのですが、次第に嫁との夜の話になっていきました。

孫が待ち遠しいとかそういう話から徐々に下ネタに進みました。

俺も酔っていたので結構生々しく話をしていたように思います。

「嫁はフェラが嫌い。。。」とか話すと義母は

「私は好きなのに…」とか「夫に先立たれて淋しい」「たまに一人エッチしてるの。。。」とかそんな話をしているうちに、

俺は冗談のつもりで、『俺の身体使いますか?』と、言ってしまいました。

ほんとに冗談のつもりだったんですが、義母は「ほんと?」と、わりとマジなテンションで問いかけて来ました。

俺は、その言葉にビビッてしまい『えぇ…』と、少し言葉を濁し気味に答えました。

しかし、義母は笑顔になり俺の横に移動してきて座ると「じゃあ、ちょっとだけ…」と言いながら胸を押し付けながら抱きついて来ました。

義母は顔を真っ赤にし、かなり酔っているようで、俺は、『お義母さん。

飲み過ぎじゃないですか?』と問いかけましたがそれに対する返答はなく、いきなり俺のズボンの中にてを入れてきました。

『お、お義母さん。まずいですよ。』と、俺はしどろもどろになりながら言ったのですが、

完全に無視し首筋にキスをしながら俺のチンポを握りしめました。

俺は、やんわりと『ダメですよ。』とか、否定の言葉を並べたんですが義母は無視しチンポをしごきはじめました。

この段階で俺は、勃起していました。

嫁のお母さんという背徳感はありましたが、俺もムラムラしてきてしまい、俺は腰を浮かせてズボンと下着を一緒に下ろしました。

すると、義母は顔を股間の方に顔を埋めてきて、いきなり俺のチンポをくわえました。

ジュボジュボ音をたてながら頭を動かしています。

そのフェラは今までの誰よりも気持ち良かったです。

多分5分くらい義母のフェラをうけて俺は、限界で、『お母さん。

イキそう…』と言うと義母は、さらに激しくフェラをしてきました。

手を添えしごきながら口にくわえ頭を激しく上下させ、俺は、まずい!と思い、

チンポを義母の口から離そうと思いましたが抗えず、義母の口に出してしまいました。

射精すると義母は精液を吸い出すように吸い付きながら、チンポから口を離すと顔をあげて俺の精液を飲み込み、俺は、『すいません。

』と声をかけたのですが義母は無視し、自分の服を脱ぎはじめました。

下着も脱ぎ、全裸になると義母は、「今晩だけ抱いてほしい」と訴えてきました。

嫁よりスレンダーで見劣りしない身体に心を奪われた俺は無言で頷くと、服をぬいでいました。

自分のチンポは義母の唾液と自分の精液でテカテカ光っており半だち状態でした。

俺と義母は、いつも嫁と寝ている布団に移動しました。

俺が仰向けに寝ると義母は上から身体を重ねてきました。

キスはしませんでしたが、乳首を舐められました。

それが気持ちよくて、すぐにチンポは元気になりました。

69になるように義母を誘導しました。

すると、義母は、すかさずチンポに吸い付いてきました。

少し首を持ち上げると、義母の口が俺のチンポに繋がっているのが見えてかなり興奮しました。

俺は、顔前にある義母の股間に手を伸ばしました。

灯りをつけたままだったのでオマンコやアナルまでしっかり確認できました。

手で割れ目を開いて覗きこむと濡れているのが、すぐわかりました。

触られて感じているのか義母はチンポをくわえたまま、『ん、ん、』と声をあげていました。

俺は義母の、おしりを掴むとそのまま自分の顔に向かって引き落としました。

そのはずみで、義母の口からチンポが離れ、ちょうど顔面騎乗のようになりました。

口まわりに陰毛がまとわりつきました。

割れ目を探しながら舌を這いずり回すと、ほどなくして、コリコリになったクリトリスに舌が触れると義母の体が震えました。

しばらく舐めてると義母の体は何回も震えながら大きな声をあげていました。

次に割れ目を探そうと舌を移動させようとすると、義母は体を離してきました。

立ち上がり俺の下半身側に移動すると…チンポの上に腰を下ろしてきました。

手でチンポを握りながら自分のマンコに向けています。

チンポとマンコが、ふれあいい先端が少しだけ中に入っています。

そのまま、義母はチンポから手を離し勢いよく腰を下ろしてきました。

亀頭が吸い込まれたあたりで少しだけ引っ掛かりを感じましたが、引っ掛かりが外れ根本まで吸い込まれていました。

子宮の入り口にチンポがあたっていました。

義母は、大声をあげながら腰を振っており俺もその動きにあわせてチンポを突き上げていました。

締まりは嫁の方が良かったですが、中の濡れ具合は義母の方がすごかったです。

義母は挿入している間に何度かイッテしまったようでした。

今、思うと生での挿入でまずかったんですが、俺はイク寸前おもっきり子宮にチンポが当たった状態で中にだしてしまいました。

そのあと、義母の提案で一緒にシャワーに入り、義母は俺のチンポを丁寧に洗ってくれました。

義母の股間から白濁液が垂れてきておりシャワーをマンコにあてながら丁寧に流していたのを覚えています。

この日以来、嫁の夜勤はありませんでしたが、今日は嫁が夜勤です。

今日も義母がやってくるようなので、隙あらば……。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事