誰しも人には絶対に知られてはいけない隠し事が少なからずあると思う。

自分にとってのそれは義母(63歳)との体の関係だ。

きっかけは二人目の子供の出産で妻が入院していた時のこと。

上の子供の面倒見るために義母が泊まり込んでくれていたとき、子供が寝た後、2人でお酒を飲みながら話をしていた。

そんな中で酔いもかなり回り、妊娠中はセックスレスで欲求不満だという話をしてしまい、勢いで頼み込んで最後は力ずくで無理矢理やらせてもらった。

押し倒してズボンとパンツを脱がせ、自分の唾をチンポに塗りたくり、一気に腰を突き出すとヌルっと入って、後はもうこっちのもの。

ガッシリと義母を抱きかかえて狂ったように腰を振りまくり、義母の中に大量の精子をぶちまけて果てた。

久しぶりの挿入があまりに気持ち良すぎてあんなに激しく尽きまくったのは今までに何度もないくらいだった。

義母のあそこからドロッと流れてくるものをティッシュで拭き、まだビンビンだったのでもう一度挿入。

今度はゆっくりと腰を動かしながら義母に謝罪。

でも、自分は義母に前から好意を持っていたことを告白。

義母のことが好きだったからこうなれて本当にうれしいと伝え、無理にしてしまったことを謝罪。

義母からは前から気持ちには気づいていたと言われた。

義母は家に時々泊まりに来るが、洗濯籠に下着を入れておくと触られた形跡があるのに気づいていたとのこと。

俺はいつもパンツの汚れのにおいをかんだり、舐めてみたり、

パンティーをチンポに巻き付けてしごき、あそこの汚れに射精したり、いたずらをしまくっていた。

義母と一つになりながら告白し、義母も気持ちをわかってくれて2度目はディープキスをしながらゆっくりと腰を動かし、親密な感じで果てた。

そんなことから義母と関係するようになり、今では義母の方から誘ってくるようになった。

俺にとっては夢みたいだ。

妻とはあまり時間が取れずセックスレス状態だが、義母とは最低でも月に2回はラブホで密会してやりまくっている。

最初は下手だったフェラも今ではかなり上手くなった。

義母はクンニが大好きなので、いつも69にはかなりの時間を費やしている。

義母以外とはあんなに長くやったことはない。

還暦過ぎの超熟女を相手に興奮しまくる自分は異常なのかもしれない。

でも、義母のことは愛しているし、今となっては義母なしの生活に戻ることなんて考えられない。

妻には本当に申し訳ないが、このままずっと隠し通して義母とは関係を続けていきたい。

最近は残業だと妻に嘘をついて、週に1度は義母とやりまくってる俺は最低な人間だ。

***

義母って妻の母だから、似たところもあって違うところもある。

似たところはやっぱり好きだし、違うところが気に入ってしまうと義母じゃないと満たされないって部分ができてしまう。

ルックスは断然、義母が劣る。

でも、裸にしたときの興奮は断然、義母の方が上だ。

あそこの感触も不幸なことに義母の方が上なので、理性に逆らってでも義母を求めてしまうのだ。

厄介なのは性欲を満たすために義母を抱いているのではなく、心底、義母を愛してしまっていることだ。

義母と正常位でディープキスしているときは、快感も半端じゃなく、この上なく幸せな気持ちになれる。

精神的・肉体的な満足感をこんなに高いレベルで同時に得られるのはやっぱり義母だけだった。

だから妻には本当に申し訳ないし、悪いことだとは十分にわかっていてもやめられないどころか、ますます義母を求めてしまう。

***

この前はついに念願の一泊旅行を実現した。

旅館では食事のとき以外はほとんど義母とハメまくりで、ヤリにヤリまくった。

泊まりのときは部屋に入るなり押し倒してディープキス。

そのまま上を脱がせて乳首にむしゃぶりつき、自分も服を脱ぎながら下も脱がせてクンニ開始。

だいぶ濡れてきたところで仁王立ちになり、義母に跪かせてしゃぶらせて、フル勃起したところで下に移動し、一気に貫いてやった。

座布団を敷いてのプレイに異常に興奮し、激しく腰を振って中に全部ぶちまけた。

義母があそこから出てくるものを拭き取っている最中も、汚れたチンポを口でたっぷりと掃除させ、

それで大きくなってしまったチンポを再度挿入して、今度は激しくはせずに、ゆっくりと腰を動かし長い時間をかけて射精。

この密着感がたまらない。

義母はとても感じてくれて俺にしがみついて喘ぎ声を出しまくりだ。

ラブホじゃなくて旅館なので、声が聞こえるのを気にして義母の口を口で塞ぎながら腰を振っていたので、バックでするとき以外はキスをしながらのプレイ。

食事以外の時間はハメているかキスしているか、いずれにしても義母とはずっと密着してた。

食事のときはバカップルばりに「あ~ん」とか言って食べさせ合ってた。

誰かに見られたら寒すぎる光景だが、妙に楽しくてその後のプレイはかなり盛り上がった。

しまいには精子が出なくなった。

それでも義母にしゃぶられるとビンビンになってしまうので、朝食を食べてからチェックアウトの時間ぎりぎりまで楽しんで、

シャワーも浴びずに着替えて帰った。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事