私の嫁の母(56)は細身で見た目より若く見える。

結婚したてのころは何も感じなかったが、最近すごく気になってる。

先日の話だが嫁の実家に帰ったとき、暑くてシャワーを借りた。

着衣室の洗濯機をチラっと見ると脱いだ義母の下着が見えた。

私はそれを手に取ると、あそこはすでにフル勃起状態。

臭いをかいて、勃起したあそこに下着をくるんでオナって、最後はそのまま下着に射精した。

それから数日してまた実家に帰ったとき、

兄弟連中でイオンに行く話になっていたが、

私はまた下着オナニーしようと思いそのまま家で留守番すると申し出た。

すると義母も残ることになった。

みんなが出て行ったあと義母に家事の手伝いを頼まれ、それが終わると、

「シャワーあびてきな」と言われたのでオナるチャンスと思いシャワーに行った。

洗濯機を見ると、前に見た下着より派手な下着が入っていた。

オナろうとすると、足音が近づいてきたのでとっさに浴室に入ってシャワーを浴びた。

すると義母が入ってきて、

「手伝ってくれたから背中流してあげる」

と言ってきたので、とまどったがお願いした。

義母は洋服のまま入ってきて石鹸で背中を洗ってくれたが、

スポンジではなく、手のままヌルヌルと洗ってくれた。

少し不思議に感じていると、そのまま手が前に伸びてきて

乳首の辺りも洗ってくれた。

私は乳首が弱いのでまたあそこが反応して……

後ろにいた義母もさすがに気が付いて

「元気ねぇ~」

と言ってきた。

「すいません」

となぜか謝ったのを気にする様子もなく、

義母は次は乳首を触り始めた。

あまりの気持ちよさに「あぁ」と声が出てしまう。

そこへ突然、義母が私に

「こないだ私の下着にいたずらしたでしょ?」

と聞いてきた。

もうあまりの気持ちよさに素直に「はい」と言った。

すると義母が服を脱ぎだし、お互い素っ裸に。

私は耐え切れずに義母に抱きつき、

ひざまずいて義母の乳首を舐め、マンコも舐めた。

義母がフェラしてくれて、

「入れていいよ」

と言ってくれたので、

「ゴムいいですか?」

と聞くと閉経してるから生でいいよとのこと。

そのままカチカチのあそこをバックから義母のオマンコに入れた。

あまりの興奮とありえないシュチュエーションからか、

1分くらいで射精しそうになり、

「もう逝きそうです」と言うと、

「そのまま中に出して」と言われ、

思いっきり奥で大量に射精した。

これほどすごく気持ちいSEXは初めてだった。

それ以来、嫁の実家に行ったとき、

義母と2人きりのときは濃厚なSEXをしています。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事