妻の典子と結婚したのは17年前。

28歳の時でした。

妻の両親はまだ50代半ばでとても親しみやすい人でした。

両親ともお酒が好きで、よく一緒に晩酌して度が過ぎるほど酔うことも度々ありました。

妻が外出していない夜、3人でいつものように夕食前の一杯を楽しんでいると、義父が「典子とは楽しんでるのか? 」と不躾な質問が・・・。

酒の勢いで「毎晩やってますよ」と答えると急に神妙な顔になり、実は若い頃から糖尿で何年も義母を抱いていない、と義父が告白してきました。

しかも、よければ抱いてやって欲しいということでした。

義母笑って聞き流していましたが、義父の話では生理も上がって出し放題だからと勧めてきます。

義母に、中で出せるならさせてくださいと真顔で言うと「お父さんがいない時にね」とはぐらかされました。

後日。

義父から、今日出かける振りをするから寝室のカーテンを少しだけ開けてやってみたら との提案がありました。

義父が出かけたと義母に近づき後ろから胸をもんでみました。

最初は冗談だと思い笑ってましたが、次第に感じ始めたのか息を漏らします。

言われたように寝室に連れて行きカーテンを隙間が残るよう閉め、義母を裸にし自分も脱ぎました。

50代の熟れた体に興奮し勃起したペニスをしゃぶらせました。

クリを触ると大きく勃起しています。

アソコは濡れてグチュグチュです。

思う存分熟女の舌技を堪能し挿入、騎乗位、バック、正常位で中出ししました。

当然ですが、カーテンの隙間から義父が覗いていました。

それに興奮し、再びフェラして挿入を繰り返し、3回射精したのを覚えています。

ふと思い出すと、妻とのセックスの最中に視線を感じたり、ドアの向こうに人の気配を感じたりしたことがありました。

きっと義父母が覗いていたんでしょうね。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事