私と妻のひとみは同い年の42歳、

高校生の頃から交際を始め、

別れたり復縁したりを何度か繰り返しながら、

13年程前に結婚した夫婦です。

子供にはまだ恵まれておらず、

妻は不動産屋で夕方から閉店までの仕事をしています。

妻はかなりの美人で、私の友人からも

「おまえの奥さん、20代に見えるし

綺麗でいいなあ。一度でいいからデートしたいよ」

と羨ましがられます。

ただ、美しくしかも男から言い寄られることが多いのに

身持ちが堅いというのも、妻の長所ですね。

私はそんな妻を嬉しく思いながらも、

物足りなさを感じていました。

4日前の日曜日でした。

不動産屋の忘年会があるとの事で、

私が出勤する夜8時半頃、妻は普段より少しお洒落をして、

出掛ける準備をしていました。

忘年会は夜10時からとの事で、

当日出勤の人は閉店後に合流するのだそうです。

私はいつも通り仕事に行きました。

日曜日は暇なので、深夜2時すぎには一仕事終わります。

トラックを走らせながら営業所に戻る途中でした。

たまたま妻が忘年会を行うと言っていた居酒屋のある通りを走っていたので、

私は何の気なしに、ちょうど終わったくらいなら送ってやろうと思い、

妻に電話をかけました。

コールは鳴るものの妻は出ません。

私達夫婦は、

お互いがそれぞれの友達などと飲みに出たりしている時も、

楽しい時間を邪魔しないために、

電話などは極力しないようにしています。

あまり干渉し過ぎない事が夫婦円満のコツかな…

とも話し合っていますので。

その時もたまたま通りがかったから電話したという程度なので、

妻が出ない事はそれほど気になりませんでした。

さらに一仕事終えて朝を迎え、

帰宅すると妻は熟睡中でした。

翌月曜日は私も妻も休みだったので、

夜は二人で晩酌しました。

「昨日の忘年会はどうだった?

たまたま店のとこ通ったから電話したけど、

盛り上がってて出なかった?」

私が話を振ってみると、

妻は携帯を開き確認したようで、

「ごめん、気付かなかったよ。

2時半くらいだとカラオケに移動してたなぁ。」

と返してきました。

その後妻は忘年会の様子を話し始めます。

開店から夕方までの勤務は、妻と同年代のパートも多いらしいのですが、

やはり夫や子供がいるので忘年会に参加する人はおらず、

当日は店長以外では妻が最年長で、

ほとんどが20代前半の若い子達だったそうです。

「私はお姉さん的なポジションで慕われてるから…」と、

笑いながらうそぶく妻ですが、

やはりカラオケとなると世代の違いを感じた、と嘆いていました。

私が、

「お姉さん的に慕われてるって言ってもなぁ…

やっぱりひとみさんに惚れてます、

みたいな奴でもいない事には…」

と、何の気なしにからかったのですが、

それに対して妻が気になる話を始めたのです。

「ちょっと、バカにしてるみたいだけど、

私だって結構捨てたもんじゃないんだから…」

「お?若い同僚にコクられでもした?」

私が冷やかしながら返すと…

「う~ん…コクられたっていうか…

まぁ、飲みの上での話だから、

怒んないで聞いてよ?」

と、妻が前置きして話したのはこんな話でした。

妻は不動産屋で働き始めて2年程経つのですが、

同じ時期に入ったKくんという男の子がいるそうです。

Kくんは現在22歳で社員として入社しました。

同時期に入ったものの、社員であるKくんは覚える事も多く、

仕事の責任も重かったので、

一時期悩んでいたそうで…

そんな時妻が相談相手になっていました。

実際に二人の弟を持つ妻なので、

Kくんにしても良いお姉さん的な感じで色々話せたのでしょう。

立ち直ったKくんは仕事をよくこなし、

現在はバイトをまとめるチーフなのだそうです。

妻は自分が少しでも役にたってKくんが頑張っている姿を見ると、

本当の弟のように嬉しいと話します。

そのKくんなのですが、

忘年会の居酒屋でだいぶ酔っ払ったようです。

若い女の子達は面倒くさがっていたので、

妻は自分が飲みながらも、Kくんの相手をしていたそうです。

その時一人の若い女の子が、

「なんだかチーフとひとみさん、

年の差カップルみたいでお似合いですよね。」

とからかいました。

「ちょっと、年の差って失礼ね。」

と、妻は笑いながら返したそうですが、

Kくんは、

「でしょ?俺はずっとひとみさんが好きなんだよ…

でもさ…ひとみさんには旦那がいるんだもん…」

と、呂律がまわらないながらも、

そんな事を言ったそうです。

結局その場は、

「ひとみさんは旦那さんとラブラブなんだから、

チーフじゃ無理ですよ~。」

という若い子のからかいに、

Kくんが怒りながらも落ち込んでという、

酒の席に有りがちなグダグダな展開で終わったそうです。

一次会が終わりカラオケに移動という事になりました。

妻はあがろうと思ったらしいのですが、

まともに歩けもしないKくんが、

それでもカラオケに行くと言ってきかず心配で一緒に行く事に。

カラオケは結構盛り上がったらしいのですが、

そこでちょっとした事件が起きました。

トイレに行ったきり帰って来ないKくんを、

他の男の子が見に行くと案の定ぐったりしていたそうで、

肩を貸して部屋の前まで連れてきたものの、

「ひとみさんが迎えに来てくれないなら部屋に入らない。」

と、訳のわからないくだを巻いているとの事。

妻は仕方なく面倒を見る事にしたそうです。

ロビーで水を飲ませながら介抱していると、

酔ったKくんは妻にコクり始めたそうです。

「嬉しいけど私はおばさんだしさ、

旦那もいるし…

Kくんにはもっと良い子がきっと見つかるよ。」

と、妻がやんわりたしなめると、

Kくんはフラフラした足取りで外へ出て行きました。

当然妻は心配で付いて行きます。

するとKくんは車に乗り込みエンジンをかけたそうです。

悪い事に居酒屋からカラオケまで、

運転代行を頼んでKくんの車に乗り合わせて来ていたのでした。

あわててKくんを止める妻。

かなりの泥酔状態ですから運転させるわけにいきません。

助手席に乗り込んでなだめすかし、

なんとかエンジンを止めさせるところまでいったそうです。

「いい加減にしなさいよ。飲酒運転なんて最低だからね!」

妻はそう叱りつけました。

すると酔いのせいもあるのか、

Kくんは泣き出す始末。

放っておけば良いのに、と思ったのですが、

妻は年長者でもあり母性をくすぐられたとかで、

放っておけず慰めたのだそうです。

ぐったりしているKくんを抱くようにして、

頭を撫でたりしながら、どうにか無事に帰宅させる方法を考える妻。

「好きなんです…好きなんですよ…

ひとみさんが好きなんです…」

と、Kくんはうわ言のように呟いていたそうで…

妻は、

「そんなに私の事好きでいてくれるなら、

言う事聞いてくれるでしょ?」

と語りかけました。

何度も頷くKくん。

「じゃあ今日はもう帰ろうね?」

妻が言うと、Kくんは素直に頷きました。

運転代行を頼み、後は任せようと思ったらしいのですが、

少し心配になった妻は面倒ではあったものの、

一緒に乗っていきKくんの家からタクシーを頼む事にしました。

車の中では、妻に寄りかかりずっと眠っていたKくん。

ふらつく身体を支えながら部屋の前まで連れて行ったそうです。

「で、何事もなくタクシーで帰って来たの?」

妻が一通り話し終えたところで聞きました。

「う~ん…何事もなく…ではないか…」

と妻。

「なに?そのまま襲われたとか?」

と聞き返すと、

「それはないけど…キスされた…」

意外とあっさり話す妻。

「怒らないでよ?Kくんはかなり酔ってたし。

普段は真面目な良い子なんだから…」

と言う妻に、

当然怒りと嫉妬はあったのですが、

同時にちょっと楽しみな感覚もあるのでした。

「なんで?無理やりされたの?」

と聞くと、首を横に振る妻。

「キスしたい…って言われたから…

なんだか可哀想な感じがしたし、

断ってまた泣かれてもね…?」

妻はそこまでしか話しませんでした。

それ以上の何かあったのか、無かったのかわかりませんが…

この先何か展開があるのかな…などと考えていますが、

このサイトの体験談のように過激な事はなかなか起こらないのでしょうね。

つまらない話ですみませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回の投稿では、

昨年末、妻が職場である不動産屋の忘年会で、

泥酔した年下の同僚に告られ、

キスをされるという事件があった事を書きました。

今回はその後の話を少し書こうと思います。

忘年会後の出勤で、妻に告ったKくんがどんな様子だったのか、

妻に尋ねてみました。

「だいぶ酔ってたけど、記憶が全く無いわけじゃないみたいね。

一応、迷惑かけちゃってみたいなお詫びはしてきたんだけど、

明らかに私と顔を合わせるのを避けてるみたいだったもん。」

「キスした事は覚えてるのかね?

ちょっと追い詰めてみれば?

無理矢理にでも二人になる時間を見計らってさ。」

私が意地悪な笑顔でけしかけると…

「何よ追い詰めるって?

だいたいね、若い男の子が酔った勢いで年上のお姉さんに甘えただけの話よ。

そんなのを真に受けて、覚えてるの?とかしつこく聞いたら、

私の方が格好悪いでしょう?」

妻らしいなと感心する答えでした。

しかし妻がKくんに対して、全く関心が無いのか…

というとそうでも無いようで。

以前からKくんとは時々メールをやり取りしていたようなので、

メールで何か忘年会の事を話したんじゃないのか探りを入れてみると、

「別に何も。」

と、とぼける妻。

「お前ね、酔ってたとは言え、

人妻がキスまでしたらそれは立派に不倫ですよ?

せめて犯人とのメールくらい夫に見せてもいいんじゃないのかい?」

私がふざけて言っている事は理解しているようで、

「犯人って、かわいそうでしょ。

別に見られて困るような話はしてないもん…

Kくんとのメールだけだよ?」

と言いながら、案外素直にメールを見せてくれました。

確かに忘年会の後はメールのやり取りが途切れているようですが…

それ以前は私が想像していたよりも頻繁にメールをしていました。

他愛も無いメールだったり、

仕事や職場の人間関係などに関して相談だったり…

そして時々ではありますが、

やはりKくんが妻の事を好きだというのは本当のようで、

「もし旦那さんと結婚してなかったら、

俺にもチャンスはありました?」とか、

「ひとみさん以上の女が居ない限り、

彼女なんか作れないですよ…」

と、遠回しにアピールをしていました。

それを見て嫉妬というよりも、

妻を女として見ている若い男が居る…という事に興奮を覚えました。

そんなKくんのアピールメールに対して、

妻がどんな返答をしているのか大変楽しみだったのですが、

どうもそれにあたる送信メールが見当たらず、

妻に聞いてもしらばっくれています。

送信してすぐに消してしまっているとすれば、

どんな事を書いたのかますます気にかかりました。

結局メールを見る限りでは、Kくんが妻の事を好いているのが本当なんだという事がわかっただけでした。

ちょっとだけ期待していた、浮気メールみたいなものは見つけられず…です。

年が明けても私の興味はKくんの事でいっぱいでした。

二日、昼間ではありましたが、

早々と姫初めをさせてもらう事に。

そこで妻に目隠しをして妄想プレイをしてみたのです。

もちろんネタはKくん…

初めは「バカじゃない…」と笑っていた妻。

しかし私の必死の前戯で気持ちが昂ってくると、

様子が変わってきました。

「今ひとみがしゃぶってるのは誰のちんちん?」

「ん…パパの…」

「違うよ。目隠しされててわかんないんでしょ?

誰のかちゃんと言わないと、

入れてあげないよ?」

恥ずかしながらそんなやり取りをしました。

すると妻は私の意を理解したらしく、

「…今しゃぶってるのはKくんのです…」

と乗って来ました。

私は普段とは違う大興奮にノリノリです。

「俺がいるのに、KくんとHしちゃうの?」

「だって…パパが…」

「Kくんのちんちん美味しいの?」

しゃぶりながら頷く妻。

「不動産屋さんの事務所で、

Kくんのちんちんしゃぶってるひとみは悪い奥さん?」

首を横に振る妻に、さらにノってしまう私…

「ひとみは悪い奥さんだから、

Kくんにコンドーム着けないで入れてもらう?」

妻は頷きます。

妻はコンドームを着けると痛いらしく、

普段から生Hをしてはいるのですが、

この時ばかりは自分の台詞に興奮してしまいました。

妻の口から息子を抜いて妻の股間を触ってみると、

そこは普段よりも大洪水になっていて、

妻が妄想プレイに興奮している事が伝わってきます。

「入れて欲しい?」

「入れて欲しい…」

「じゃあKくんにお願いしなくちゃ?」

「え…っと…入れてください…?」

「ちゃんとお願いしないと入れないって。」

「あの…Kくん…のおちんちんを入れてください…?」

もう我慢しきれず挿入しました。

まさに貪るように腰を振る私。

「俺が見てるのにKくんとHしてるの?」

「あっ…あん…そう…そう…パパが見てるのに、

Kくんとしてるの…」

「どこでしてるの?」

「あぅっ…あの…あん…不動産屋さんの、

事務所でKくんとしてるの…」

妻の台詞は私の期待以上で、

息子も長くは持ちませんでした。

興奮が覚めやらず呼吸を整えながら、

妻に感想を聞いてみました。

「興奮した?」

「ちょっとだけ。」

「Kくんの事イメージした?」

「それは…まあ…ね。」

最中とはうって変わって強気な妻。

「Kくんに妄想Hしたよって、メールしてみれば?」と言うと、

「ば~か」

と叩かれました。

しかしなかなか無いチャンスだと思い、

「なあ、真面目な話…Kくんとしたいとか思わない?」

と聞いてみました。

「は?何それ?あり得ないでしょ…」

「いや、もしもだよ。

俺が、ひとみが他の誰かとしてるのを見たいなぁ…

なんて言ったら…?」

「え~考えた事もないよ。」

「もしそんな事をするとしたら、

相手はKくんにするのかなぁ?

なんて思っただけ…」

「そうね…」

と呟いたまま考えている様子の妻。

「なに、私に浮気させたいの?」

と切り返され、結論は言わないまま、

私が責められる立場になってしまいました。

と、こんな感じの姫初めとその後のやり取りでした。

なかなか妻と他人のセックスまで持ち込むのは難しいですね。

つまらない話ですみません。

また何か進展があれば、この場を借りて報告したいと思います。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事