スマホにしてから出会い系アプリで
素人女を漁るのが趣味なのだが

最近出会い系で妊婦や子連れの主婦が
ひっかかるようになった

5,6年前は全然見なかったのに
格差社会のせいなのか
ここ一年ぐらいで妊婦や
小さい赤ちゃんを連れた母乳ママと数回援交した

妊婦が1回に
赤ちゃん連れの母親が3回

違う腹ボテ妊婦ともSEX出来るチャンスはあったが
一度目のSEXで懲りたので辞めておいた

腹ボテの妊婦との援交は物凄く怖い

ギャルママ系の妊婦だったが
パンパンに膨らんだお腹の中の子供の事を考えると
SEXに集中できないのだ

妊婦の方は全然気にしてない様子なんだが
いざ腹ボテ全裸を目の前にすると
ものすごい迫力がある

「本当に大丈夫なの?」

と聞くとギャルママ妊婦は

「大丈夫。大丈夫、よくやってるしぃー」

と私のペニスを触ってくる

結局SEXはしたが終始エッチに集中出来ずに
後味の悪いSEXで妊婦はスルーする事にしている

その一方、赤ちゃん連れの援交ママさんとの
援交は気にいっている

丁度一ヶ月前に梓という子連れママとラブホにいった

SEXする前に梓は赤ちゃんに母乳を与えて
寝かしつけようとしていたが
私は背後からチンコを押し付けるに密着した

「あっちょっと待って
もう少しで寝そうだから」

そう言う梓の首筋を舐めると
官能的な吐息を漏らしはじめる

腕には赤ちゃんを抱え母乳をあげている人妻が
会ったばかりの男に体を舐められて感じている

坊や、この世は地獄だぞ

こんぐらいでびっくりしてちゃ駄目だぞ

と乳首を吸っている赤ちゃんに心の中で話しかける

そして私は赤ちゃんが吸っていない黒乳首を掴み
絞りとうように指を動かすと

ピューピュー

と母乳が吹き出てくる

「あぁんだめぇーもうちょっと待ってぇええ」

梓を無視するようにキスをしながら
抱きかかえるようにベッドに誘導する

今にも寝そうな赤ちゃんをベッドの中央に置かせ

梓のミルクタンクおっぱいに吸い付く

「子供の前で吸われている気分はどう?」

「ハァハァァ意地悪言わないでぇ・・・」

「子供に見られてるんじゃないの?
こんなスケベなお母さんでごめんなさいって
謝りなよ」

「いやぁ・・そんなの言えるはずないじゃない・・・」

「言ってくれたら
5000アップしてあげるよ」

「本当?」

「あぁー払うよ」

「わかったわぁ・・・・
なんて言えばいいの・・?」

「こんなスケベなお母さんでごめんなさいって
言ってごらん」

梓は辛そうな顔をしながら言ったのだ

「あぁん・・こっこんな・・・スケベな・・
お母さんで・・・ごめんなさい・・」

「よくできたねー偉い偉い
いっぱい気持ちよくしてあげるからねぇー」

私はすべて母乳を飲み干す勢いで
ミルクタンクに吸い付いた

口の中にはまさに「母乳」としか形容しがたい味が広がり
この背徳的なプレイにハマっていく

そして寝ている赤ちゃんの前で
梓にフェラチオさせたり、
オマンコを広げて手マンして
意地悪してやった後

四つん這いにさせて後背位で挿入したのだ

梓の顔が赤ちゃんのすぐ近くにくるようにしながら
思いっきりバックでつくと

梓は大きな喘ぎ声を発する

「あぁあああーーいぃいぃぃーー気持ちいぃいいい」

その喘ぎ声に寝ていた赤ちゃんは起き
泣き始めるが、さらに私は梓を鬼ピストンする

「ほら、もっともっと自分の子供に喘ぎ声聞かせてあげな」

「あぁんもうもうどうでもいいぃいい
もっときてええええええ」

子連れで売春する馬鹿な母親だ

気持ちよくなってしまえば
赤ちゃんの事なんてどうでもよくなるらしい

私は淫乱で馬鹿な人妻の尻肉を掴み
レイプするように激しく腰を動かして射精した

ラブホの部屋には

「ハァハァ」と梓の官能的な吐息と
赤ちゃんの泣き声が混ざりあっていた
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事