高校生の時、近所の人妻に童貞を捧げた時の事を思い出したので、書いてみる。

お袋に電話がかかって来たが、夜間まで不在と伝えると、

ちょっとの間をおいて探したい物が有るから手伝ってと言われ、30分程して行った所、「台所に来て~」の声。

行って見ると、胸元が開いたシャツにミニスカートの格好。

お袋と仲が良いのでよく会うが、こんな格好は初めてで、尚且つスタイルの良さにびっくり(谷間くっきり、バスト80後半くらいだったと思う)

ちょっと俯き加減で近づくと、上の棚から食器を探すからと言われ、椅子と足を抑えていて欲しいとの事で、

椅子に座って足を押さえてたけど、スカートの中が丸見えの状態。

白の下着が目の前に有り、心臓バクバク&下半身膨張。

ようやく、お目当ての食器が見つかったらしく、椅子から降りる時には胸の谷間が目の前(下と同じ白のブラ)。

高校生だった私は、顔が真っ赤。

「下着見えた?」と聞かれうなづくと、

「触っても良かったのに」と言われて思わず、まだ経験が無いと言った所、

「私が教えてあげるわよ」と言いつつ寝室に連れていかれそのまま裸にされた。

「硬くなってる」と言いながらいきなりのフェラ。

発射まであっという間の出来事。

謝ると、「若いから元気ね、まだ大丈夫でしょ?」と言って、ヒロ○さんは下着姿に。

今度は私が上の体勢になり、唇を重ねるが緊張状態にある私が上手くいかなかった為リードするようにヒロ○さんが重ねてきた。

唇を離すと、「私のブラとパンティーを脱がせて」と言われ、

背中に手を回してブラを外し(無論すんなりは外せなかった)、パンティーもどうにか脱がせる事が出来た。

思わず、「綺麗です」と声を掛けると「有難う、嬉しいわ」と言いって私の手を取り、

型の良い乳房を触らせるので揉みながら吸い付くとヒロ○さんの喘ぎ声。

暫く乳房を吸っていた所、私の右手を導かせて、「ここも触ってね」と誘導。

既に濡れていて、中指(だったような)で触ると、ビクンと反応し、

更に大きな喘ぎ声我慢できなくなって両足を広げると、はじめて見る女性のアソコ。

私の名前を出し、「○君のオ○ン○ンをここに入れて」と言いながら私のアレを握ったまま導いてくれたので、挿入は何とか成功。

奥まで挿入した時の感触がなんとも言えず、数回腰を動かしただけで、思わず声が出てしまい、思わず中に出てしまった。

「やばい!」と思ったが、「初めてだからしょうがないわよね」と言って、

私を抱きしめて、「生理前だから大丈夫よ」と言ってくれたのが嬉しかったのを今でも覚えてる。

当然、そこで終わるはずは無く、夕方まで何度も求め合った。

騎上位の時は円を描く様に乳房を揉みながら、激しく突き上げたり、

バックでは、鏡の前で激しく攻めたり、正常位はお互いに抱きしめ合って名前を呼び合いながらいった。

何回イッタかは覚えてないが、腰がふらふらだったので、相当出したと思う。

帰る前、「誘ったんですか?」と何気に聞いたら、私が童貞じゃないかと思って誘惑したとの事。

以前からチャンスを狙ってたらしい。

その後も、お袋の目を盗んでは、体を求め合ったのはいい思い出です。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事