【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

2014年07月

僕には不倫を始めてかれこれ4年になる、同じ団地内に住むかなという2歳年下の人妻がいます。
当時、僕は30歳、かなは28歳でした。
出会いは団地内の公園で。よくある話です。
彼女には子供が2人いるんですが、彼女の旦那さんが仕事の関係で出張が多いせいで子育ての負担は彼女一人にかかってきます。
家の中にこもっているとストレスが溜まるのでしょう。よく公園で子供を遊ばせている姿を見かけました。
最初から狙っていた訳ではありませんが僕も子供を連れて遊びに行くことが多く、よく顔を合わせるうちにお互いの家庭内の話をするようになり、カミさんと違ってヤセ型でひ弱な感じのかなのことを何となく「いいなあ」と思っていました。
でも、近所の目が怖いので、こちらからはあえてアプローチはかけないでいました。

ある日のことです。何と彼女のほうから
「今、旦那が出張でいないから飲みにいきませんか?」と誘ってきたではありませんか。
今までモテたためしのない自分には信じられない出来事でしたが、もちろん断る理由はありません。
その日のうちに
「ちょと友達と飲みにいくから」と適当に理由をつけて出掛けることになりました。
彼女もいつもより早く子供を寝かしつけて待ち合わせ場所にきました。
ただ小さな田舎町のこと、下手に飲み屋に行って見知った顔に出会ってもマズイと今更ながらに気付き、急きょドライブデートに変更。
続きを読む

先日、会社の井出部長と飲みに行った時のことです。
何軒かハシゴした後、井出部長の自宅で飲むことになりました。

以前から、部長の奥さまは32と若く綺麗で男性社員の憧れの的でした。
その奥さまに会えると思うとドキドキと胸が高鳴ります。

いよいよ部長宅です。奥さまが笑顔で出迎えてくれました。
今日は部長宅に泊まるれるので遠慮なく、奥さまの手料理をつまみに飲んでいました。

しかし、しばらくすると、部長が寝てしまいました。
奥さまは、ごめんなさいね!主人、お酒弱いのに無理しちゃって!
部長が寝てるのに居ずらくなり、帰ろうとしましたが奥さまに気にせずに遠慮なく休んでいってくださいね!
と言われ、お風呂に入りました。

お風呂から出て布団に入ってる時も奥さまと同じ家にいると思うと興奮して眠れません。
すると、お風呂を使っている音が…
いけないと思いながらも奥さまの裸を見たくなりお風呂場へ。
シルエットを見ながら激しくしごきました。
気持ち良さから思わず、声を出してしまいました。
あなたいるの?ドアが開き目の前には全裸の奥さまです!
いきりたった息子を握りしめた自分と目が合いました。
しばらくの間、言葉を失いましたが…直ぐにごめんなさい!
ずっと、奥さまに憧れてて、今日も嬉しくて嬉しくて…
布団に入っても同じ家に奥さまがいると思うと眠れなくて…
お風呂にきて…自分でも何を言ってるのかわからないまま一緒に土下座しました。
奥さまは許してくれました。 
続きを読む

お金貸してください

そんな出会い系の書き込みに暇つぶしにメールしてみた。
相手は24歳だか25歳だか忘れたがそのくらいの男
金に困ってて10万貸して欲しいと言う。
こっちは冷やかしなので適当に話だけ聞く。

妻がいるが生活に困ってる
助けて欲しい
消費者金融からは借りれない

消費者金融から借りれないってことは
返せないって言ってるようなもんだと思うんだが違うのか?
そもそも返す気あるのか?
冷やかしではあるが、ふとそんな疑問が湧く。

こっちが渋っていると向こうからとんでもないことを言い出した。
もし返せなかったらなんでもします。
妻を抱いてくれても構いません。

はぁ?
意味がわからない
話が突拍子もない
しかもよくよく聞くと奥さんに許可取ってるわけでもない
なんか無茶苦茶な奴だなと思ったけど、
とりあえず奥さんがOKしてなきゃ話にならないって突っぱねたら
話合うので時間をくれと言ってきた。

この辺からなんだか興奮してたのを覚えてる
続きを読む

俺は47歳の地方都市に住む平凡な会社員です。

この話は同じ街に住む女性の過去から現在に至る話です。

俺が見たことだけでなく連れや知り合いとかから聞いたことも含めての彼女の話になります。

彼女の名前は いくみ (仮名)といい今は同じ47歳、パートで週5日ほど事務の仕事をしてる小太りな平凡な中年女です。

彼女を初めて知ったのは高2の時でした。

連れの昇平(仮名)の彼女でした。

ポチャでしたが可愛い顔をした普通の女子高生ってとこでした。

彼女は昇平にゾッコンでしたが昇平には便所女ぐらいにしか思っていなかったと思います。

他に何人か女がいたのは俺だけでなく他の連れも知ってましたので冗談で

「そんなに何人も女を独り占めせんと廻してくれよ。」

と言ったら いくみを回してくれたんです。

そりゃあ彼女もハイハイとは言いませんから知り合いのアパートで半ば無理やりでしたが・・

あれは高3の夏休みに入る直前だったのかな? 7月20日前後(当時は25日から夏休み)だったと思います。

昇平と打ち合わせした時間にアパートに行くと約束通り鍵は開いてて中に入るとドアが少し開いてて中を覗きました。
続きを読む

私は冷凍倉庫の事務員をしている44才の主婦です。

会社のパソコンのインターネットで嬉しい体験をお送りします。

倉庫に日系三世のブラジル人の男の子がアルバイトで来ました。

小さな倉庫なので、男性社員は配送とかでいなくなり彼と2人きりになることがよくあります。

彼は黒人50%白人25%日系25%のタイガー・ウッズに少し似た21才の子です。

事務所にいるとカタコトでよく話しかけてくれ、仲良くなりました。

私には子どもがなく主人とは別居中なので、仕事の帰りに一度私の家に夕食に誘いました。

私の家はバスルームとキッチンが隣り合わせになっていて、私が食事の支度をしている間に彼にシャワーをするように言いました。

彼はおどけてバスルームから裸で出てきて大きなペニスを私に見せました。

20数センチはありそうで彼のひざ近くまで伸びる黒くて太いペニスです。

「いやねー、速く服着なさい」彼は服を着て座っていましたが食事の支度をしている私の胸やお尻に何か彼の視線を感じました。
続きを読む

このページのトップヘ