【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

2015年03月

出会い系で、超馬鹿で頭の悪い18歳の女の子とメールで知り合った。

彼女は少し色黒で、化粧が濃いめの黒ギャルだった。
顔とスタイルは中の下って所で、
スペックは正直低いと思う。

ヤリマソなのか、会ったら即ホに直行だった。

ビール瓶をバックからおまんこに、
ガシガジれられるのが好きだと言うメンヘラギャル。

こいつやべーなと思いながらも、
俺も漫画でしかそんなシーン見た事ないので、
やってみようと思ったけど、ビール瓶って最近売ってないのなw

仕方なく大きめのバイブを購入して突っ込んであげた。

彼女の喘ぎ声が、まるで悲鳴の様だったので、
何度も心配になって手を止めるが、その度に

「気持ちいいから続けて」

続きを読む

7月上旬の平日、午前中。仕事で営業車を運転していた俺(29)は、近道しようと郊外のラブホテル街を通り抜けた。

ラブホテルの立ち並ぶ路地、カップルを乗せた車と何台もすれ違う。
「くっそー、平日の昼間からイチャイチャしやがって・・」
とイラつきながら走っていると、ホテル駐車場の植え込みの影からクラウンが飛び出し、急ブレーキを踏んだ。

向こうも急停車。間一髪セーフだ。えっ・・・助手席に乗っていたのは、子どもが通う幼稚園PTA委員の安達麻由美さん(30)。

運転席は、安達さんの旦那ではなく、中年の男。俺は目を丸くして助手席を見つめ、助手席の女性もハッと気がついた様子だ。

一瞬の間の後、クラウンのドライバーは手を上げると、路地に車を出して猛スピードで走り去った。

安達さんの旦那(33)は公務員で、仕事が忙しいことから幼稚園行事は全て奥さんが出ている。
俺も幼稚園PTAの役員をやっているので、話ぐらいはするのだが、明日からどうやって顔を合わせたものか・・・その日の仕事は上の空で、ミス連発。

安達さんの旦那の顔が目に浮かぶ。愛妻家で優しそうな人なのに。家に帰っても、妻に話すことなく、ぼーっとしていた。

7月下旬。
キャンプ場では、幼稚園PTA主催による川遊び&バーベキューが行われた。

続きを読む

あれは俺が厨1の時だった。
隣の家に越してきた奥さん(当時24~5)との想い出。

割と記憶はハッキリしてるので、話した事やらは正確なはず。

俺の家も奥さんの家も同じボロい貸家だから、今で言うセレブって感じでは無かったな。
高岡早紀似で優しそうな顔立ちで、新生児を持つママさんだった。
俺は赤ん坊に興味を持ち、あやしたりしに良く遊びに行っていた。
奥さんも歓迎してくれ、お菓子を出してくれたりTVゲームをやったりと仲は良くて。

当時流行ったディスクシステムを持って無かった俺は、半分はディスクシステムをやる目的で通った。


スペックを。
俺→フツメン、運動は出来るタイプ。暗くも明るくもない。
奥さん→高岡早紀似、小柄でエプロンが似合う笑顔の可愛いロリ顔。

仮に名前を早紀としよう。
ある日、いつものように遊びに行き…赤ん坊をあやしていたら大泣きした。
赤ちゃんが大泣して焦った俺は早紀さんを呼んだ。

続きを読む

初産の子供を持つ乳児の親同士のサークルで仲良くしてるメンバ
ーが居るんだが、その中の一人の母親がモロ好みのママさんだったんで、
色々と話掛けては仲良くしていた。

旦那が参加する家庭は思ってたより少なくて、そういう意味で雑用なんか
に重宝されてた。
知り合って半年ほどした時に、何故か夫婦生活の話になり、出産してか
らやった?と聞かれた。
俺は子供が生まれてからはやってなかったし、正直に言うと彼女も同様に
出産してからやってないって。

どうやら悶々としていたらしく、話は段々と過激な方向へ向かっていき、俺の
休みの日に一度遊ぼうという話になった。

続きを読む

私は某デパートの社員で地下の売り場を担当をしている頃(2年前)
の話しを告白しましょう
当時私は27歳で売り場の副責任者をやっていました
ご存知の通りパートの女性がたくさんいます

主婦・バチイチ・女子高校生等色々います

ある日仲のいいお寿司売り場の前で
パートの女性達4人が温泉に行く話しをしてました

俺「どこの温泉行くんですか?」
主婦1「女4人で伊豆の温泉に1泊で行くんです」
俺「温泉好きなんですか?」
主婦2「好きですよイイところ知ってるんです」
俺「混浴とかですか?」
主婦2「混浴とかもありますよ」とみんなで盛り上がっていました
主婦1「一緒に行きます?」と冗談っぽく聞かれたので
俺「ヒマだしもう何年も温泉行ってないから行こうかなぁ」

という事で5人で行く事になりました

続きを読む

このページのトップヘ