【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

2015年06月

向かいのデスクのパートの主婦
38歳柔らかい巨乳の吉野さんを飲み会の時に犯してしまってから
僕の中ではどんどん欲望が募ってきてました

酔ってたことや外出ししたこと、仲が良くなっていたこともあり許してもらえました
というか巨乳の人妻が笑顔で話しかけるから、勘違いしてしまうんです

先日、5時に吉野さんが退社し、6時に僕が退社し駐車場に向かうとバッタリ遭遇
車を置いて近くで買い物をしていたらしい

吉野さん、何か運命的な出会いを感じますね」
「なにそれ?」
「ちょっとだけ僕の車乗りませんか?
見せたいものがあるんです、なにもしませんから」
「絶対変な事するでしょ?もーー、乗るだけだからね」

続きを読む

私は、新婚当初に仕事先の上司にレイプされて、お決まりの写真を撮られて脅されて強制的に関係が始まりました。朝他の人が来ないうちに出社して口での奉仕とその日、着けてる下着を脱がされて仕事を昼休みに近くの公園のトイレで、抱かれ仕事が終わってから指定されて場所でカーセックス、少しずつ調教されていきました。

危険日も全て中出しされてました。妊娠して仕事をやめましたが、昼休みに家にまで来て昼食を取りながら私を抱きました。二人目の子供を出産してからは、主人とのゴムなしを禁止されてそれを確認するために、朝外で主人が仕事に出かけた後、家に来て調べるようになり、安全日に主人に力づくで抱かれて中出しされたのを知ると、その場でアソコの陰毛を剃られてしまいました。

続きを読む

スペック。俺:デジタルドカタ。20代後半独身。相手:中学の同級生M子は身長は低めで、髪は黒髪ロング。胸は結構ありそうな感じ。結婚二年目。子ナシ。

お盆に帰省したは良いが、ツレの休みと合わず、一人でパチ屋へ行ったら二つ隣の席に、見覚えのある顔のねーちゃんが座ってた。だれだっけなー?と思いつつチラ見していると、向こうも俺に気付いたようで、こっちの顔をチラ見してきた。

お互い「誰だっけ?」って感じでしばらくチラ見し合ってたが、「もしかして俺君?」と向こうが声をかけてきた。「俺だけど、ごめん名前思い出せない」というと、「M子!中3の時同じクラスやった!」と自己紹介してくれ、やっと思い出せた。


やっとどこの誰か記憶がつながったところで、お茶に誘ってみた。車で幹線道路沿いのコメダ珈琲へ移動。M子の左手薬指に指輪を確認したが、彼氏からのプレゼントなのか実際に結婚してるのか、ちょっと気にはなった。喫茶店でお茶を飲みながら、お互いの近況について話をしてた。

M子は2年前に結婚して、派遣で事務の仕事をしている事。旦那は以前バイトしていた飲食店の店長で、盆は当然のように仕事の為、休みが合わずに暇つぶしに、パチ屋に行ってみたという事だった。

続きを読む

私は、中3のひとり息子を持つ33歳の看護士です。主人は月に半分近く出張で留守がちです。今年の夏休みに明日友達が遊びに来るからと拓也が言ったので、夜勤明けでちょうどいるからいいよと言いました。午前中は寝て午後から買い物をすぐ済ませ飲み物など準備していたら拓也が「近くまで迎えに行って来る」と。掃除も済ませ夜には友達と会う約束があったので、下で洋服を選んでいました。

拓也が友達4人と帰って来ました。「こんにちは。おじゃまします」となかなか礼儀正しくて好感を持ちました。私が居間にいると階段を降りる足音がして、私の寝室に入ったような気がしました。「拓也なの‥?」「うん」「どうかしたの?」「何でもない」と足早に二階へ‥少しして飲み物を持って行きドアを開けました。

飲み物を渡し戻ろうとしたとき1人の友達が「おばさん」と呼んだので振り向くと「こんなのしてるの?」と両手を伸ばしました。

続きを読む

Aさんと関係を持ってた時は、だいたい俺からメールするのが流れで、いつも「お久しぶりです」というタイトルでした。もし万が一ダンナのいる前でメールを受けても、ごまかしが効くように、俺の微々たる配慮です。

その日も『最近お仕事の調子どうですか?俺は今日休みで家でゴロゴロしてます』ちなみに金曜日。Aさんからは『ここのところずっと忙しくて、今日も月曜の資料作りで、ものすごく忙しいです。

今日は帰りが遅くなりそうでブルーです』と返ってきました。社内という事がわかったので『あらら、今日あたりご飯でもどうでしょうか?』と誘ってみると『多分晩御飯食べてる時間ないと思うので、今日遠慮しておきま~す』と断られてしまいました。

『じゃぁ俺は一人さびしく家でお酒でも飲んでゲームでもしますよー』と返したら『そんなに暇なら今日夜会社まで来て、送ってくださいよ』とお誘いがありました。これは今日出来るな?と思って了解の返事を出し、迎えに行く時間を決めました。

続きを読む

このページのトップヘ